山手線の外周を歩く

2006年12月27日開設

 
[表紙へ戻る]  [解 説]  [ルートマップ]

目  次

 [池袋〜新宿]  [新宿〜恵比寿]  [恵比寿〜品川]  [品川〜東京]  [東京〜田端]  [田端〜池袋]





























池袋〜新宿を歩く

2006年11月16日

 
[目次に戻る]  [解 説]  [ルートマップ]

 [池袋〜新宿]  [新宿〜恵比寿]  [恵比寿〜品川]  [品川〜東京]  [東京〜田端]  [田端〜池袋]

池袋西口 2006/11/16 13:56 Canon IXY D500 池袋→目白間の西武池袋線をくぐる 2006/11/16 14:05 Canon IXY D500 目白駅と目白通り 2006/11/16 14:09 Canon IXY D500 目白→高田馬場間の西武新宿線踏切を横断する 2006/11/16 14:19 Canon IXY D500
池袋西口 13:56           西武池袋線をくぐる14:05     目白駅と目白通り 14:09      西武新宿線踏切を横断 14:19 高田馬場さかえ通り商店街から駅を望む 2006/11/16 14:23 Canon IXY D500 新大久保駅 2006/11/16 14:42 Canon IXY D500 青梅街道 2006/11/16 14:56 Canon IXY D500 青梅街道の先に新宿駅西口を望む 2006/11/16 14:57 Canon IXY D500
高田馬場駅 14:23          新大久保駅 14:42         青梅街道 14:56          青梅街道から新宿駅西口 14:57

山の手の下町・・・ちょっとごみごみしたまとまりのない区間
池袋西口スタート13時55分、広場から西口を見ると駅の出入り口がまるで判らない。 それもその筈、駅入り口はエスカレーターで下った地階にある。
目白に向けてややジグザクの道路であるが、とにかく線路から離れないように南下する。 やがて山手線の線路際の道路にでると西武池袋線の跨線橋がある。地図からはこれを越えることが出来ないように見えるが、 何のことはない。下を山手線沿いに道路が続いている。
そのまま目白通りに出ると、そこは目白駅だった。 さらに線路沿いに歩く。新目白通りに突き当たると西武新宿線の踏切のある道路を探して、そこを越えて南下する。 さかえ通り商店街を歩くと高田馬場駅が前方に見える。
新宿駅西口京王デパート入り口 2006/12/05 15:21 Canon IXY D500 駅の北口を横に見て、さらにホームに沿って南下する。新大久保まではほぼ線路に沿って道路がある。 やがて新大久保駅にでるが、まだ1時間を経過していない。線路に沿って歩けるから効率が良いようだ。
新大久保を過ぎると線路沿いの道が無くなる。 中央線大久保駅の南側をくぐって西側にいったんでてから広い都道を南下する。そのまま青梅街道にぶつかると新宿駅西口が近い。 15時05分、混雑する新宿西口へ到着する。この出入り口も分からない。JRの入り口は小田急デパートや京王デパートの出入り口 の地下にあるからだ。こちらは分かっているが地方から北人には新宿西口にたどり着くことは不可能であろう。

山手線池袋〜新宿間4.8km 歩程5.3km 標高33m(池袋)〜13m(高田馬場)〜42m(新宿) 所要時間1時間10分 
                                                                      新宿駅京王デパート入り口
























新宿〜恵比寿を歩く

2006年12月05日

 
[目次に戻る]  [解 説]  [ルートマップ]

 [池袋〜新宿]  [新宿〜恵比寿]  [恵比寿〜品川]  [品川〜東京]  [東京〜田端]  [田端〜池袋]

JR新宿駅西口は地下にある 2006/12/05 15:20 Canon IXY D500 新宿駅西口から副都心を望む 2006/12/05 15:22 Canon IXY D500 小田急南新宿駅手前の踏切をわたる 2006/12/05 15:30 Canon IXY D500 代々木駅とNTTビル 2006/12/05 15:37 Canon IXY D500 明治神宮北参道口付近 2006/12/05 15:42 Canon IXY D500
地下のJR新宿駅西口 15:20 西口から副都心 15:22   小田急の踏切をわたる 15:30 代々木駅 15:37 明治神宮北参道口付近 15:42 明治神宮境内を歩く 途中で本殿に寄る 2006/12/05 15:51 Canon IXY D500 明治神宮境内の紅葉 2006/12/05 15:58 Canon IXY D500 参宮橋から原宿駅を望む 2006/12/05 16:01 Canon IXY D500 参宮橋 2006/12/05 16:02 Canon IXY D500 原宿→渋谷間の線路沿いの道路からNHK 2006/12/05 16:08 Canon IXY D500
明治神宮本殿 15:51     明治神宮境内の紅葉 15:58 参宮橋から原宿駅 16:01  参宮橋 16:02          NHK 16:06 道路越しに疾走する湘南新宿ライン 2006/12/05 16:09 Canon IXY D500 渋谷東急デパート東横店 2006/12/05 16:20 Canon IXY D500 渋谷駅ハチ公口広場 2006/11/16 16:21 Canon IXY D500 ハチ公の銅像 2006/12/05 16:22 Canon IXY D500 渋谷→恵比寿間の東急東横線跨線橋 2006/12/05 16:36 Canon IXY D500
湘南新宿ライン 16:09     渋谷東急デパート 16:20  渋谷駅ハチ公広場 16:21   ハチ公銅像 16:22      東急東横線の跨線橋 16:36

緑豊かな空間・・・明治神宮やオリンピック施設の広がる山の手らしい区間
新宿西口15時20分、地上に出るとすぐに目に飛び込むのは新宿副都心ビル群である。このあたりはもっとも東京らしい風景でもある。 人でごった返す西口広場を南へ下ると新宿駅南口のある甲州街道(国道20号線)にでる。 ロマンチックな道路の名前に反して甲州街道は車があふれている。
甲州横断してやや狭い道路を南下する。小田急の踏み切りをわたってまっすぐ代々木駅西口に突き当たる。 エンパイアステートビルを真似たと言われるNTTビルが駅舎の背後にそびえている。ここまで15分しかかからない。 新宿〜代々木間は山手線でも有数の短距離区間(700m)だからだ。
さらに南へ下ると、高架になっている首都高の下の広い道路に出る。向かい側は明治神宮の森が広がっていて 緑が鬱そうとしていて、このあたりから原宿に欠けて山手線随一の緑の多いところを歩くことになる。
明治神宮の境内に北参道から入る。ここを通らないと代々木公園を大回りする羽目になるので明治神宮が開門している (16時半に閉門)時間帯に通過するようにする。 参道は照葉樹の多い木々の中に混じる広葉樹の紅葉が美しい。 ついでに明治神宮本殿に寄り道するのも良いだろう。 さらに表参道に向けて歩いて行くとやがて原宿駅臨時ホームのある改札口の前を通過して正門に出る。 参宮橋は原宿駅の南側にかかっている。
渋谷駅まではオリンピック施設と山手線の線路に挟まれた広い緑の多い道路を南に下る。 屋内プールを右に見て、岸記念館を通るところで遠くにNHKの殿堂が見える。
緩い下りとなって山手線が高架となっていく頃、線路をくぐるガードがあり、このあたりから雰囲気は一変し、 渋谷の繁華街に突入して、混雑で歩行が困難になる。電力館、西武デパート、丸井などの前を通り、旧国道246号線をわたると ハチ公広場である。暮れの日はイルミネーションが美しい。16時20分、新宿から丁度1時間経過した。
恵比寿駅西口 2004/08/19 Canon IXY D500 渋谷駅の構内を入っていく。駅の西側のバスターミナルの広場を通過し、青山通り(国道246号線)を歩道橋で越え、線路に沿って 車は一方通行の狭い道を恵比寿に向かう。
あとは恵比寿まで線路に沿って道路が続いている。 恵比寿との中間付近で東急東横線が山手線をまたいで代官山へ向かう跨線橋をくぐる。 ほぼ線路沿いに恵比寿にでる。駒沢通りをわたって16時45分に恵比寿駅西口に到着する。

山手線新宿〜恵比寿間5.0km 歩程5.5km 標高42m(新宿)〜13m(渋谷)〜15m(恵比寿) 所要時間1時間25分 
                                                                          恵比寿駅西口
























恵比寿〜品川を歩く

2006年11月17日

 
[目次に戻る]  [解 説]  [ルートマップ]

 [池袋〜新宿]  [新宿〜恵比寿]  [恵比寿〜品川]  [品川〜東京]  [東京〜田端]  [田端〜池袋]

恵比寿駅西口 2006/11/17 13:35 Canon IXY D500 大人の街 恵比寿ガーデンプレース 2004/18/19 Canon EOS KISS D アメリカ橋から目黒方面を望む 2004/08/21 Canon IXY D500 日の丸自動車裏手から線路越しに恵比寿ガーデンプレース住宅棟を望む 2004/08/19 Canon IXY D500 目黒駅西口 2006/11/17 13:56 Canon IXY D500
恵比寿駅西口 13:35     恵比寿ガーデンプレース    アメリカ橋から       裏手から恵比寿ガーデンプレース 目黒駅西口 13:56 目黒→五反田への下り坂を下りきると首都高をくぐる 2006/11/17 14:07 Canon IXY D500 五反田駅西口 2006/11/17 14:14 Canon IXY D500 大崎駅手前で山手線の内側へ入る山手通の跨線橋 2006/11/17 14:22 Canon IXY D500 大崎駅西口 東口の再開発に対して取り残されている 2006/11/17 14:23 Canon IXY D500 りんかい線、湘南新宿ラインをまたぐ跨線歩道橋を見つけて大回りを避ける事が出来た 跨線橋から北側の大崎方面を望む 2006/11/17 14:33 Canon IXY D500
目黒→五反田間 14:07    五反田駅西口 14:14     山手通の跨線橋 14:22    大崎駅西口 14:23   りんかい線の跨線歩道橋 14:33 跨線橋から南側を見ると新幹線と横須賀線がすぐ先を走っている 2006/11/17 14:33 Canon IXY D500 八ツ山橋の手前にこんもりとした高台があって山手線を見下ろす 2006/11/17 14:51 Canon IXY D500 京浜急行北品川駅と国道15号線 2006/11/17 15:00 Canon IXY D500 京浜急行八ツ山橋 この線路をわたるのが難儀する 2006/11/17 15:09 Canon IXY D500 品川駅港南口のビル街 2006/11/17 15:16 Canon IXY D500
跨線橋から横須賀線 14:33  八ツ山橋手前から 14:51  京浜急行北品川駅 15:00  京浜急行八ツ山橋 15:09 品川駅港南口ビル街 15:16

山の手から臨海部へ・・・おしゃれな街恵比寿から最新臨海オフィス空間へと変化する区間
恵比寿駅西口13時35分、戦後の恵比寿の大変革を思い起こす。 すぐに線路に沿って目黒方面に歩く。ほぼ線路に沿って道路があって、坂を上りきるとアメリカ橋のたもとに出る。 ここからは目黒まで道路が通じているが、恵比寿ガーデンプレース を見ながら線路際の細い道を歩く。有名人が多い日の丸自動車教習所の裏手で本通りにでる。この通りは西側に目黒川があって深く切れ込んでいて、 富士山方向がよく見えたところだ。今時珍しいが、ホテルプリンセスの脇の急坂からは今でも富士山を望むことが出来る。
目黒までは一歩き、恵比寿から20分の歩程である。 目黒からも引き続き線路に沿って道路があって、山の手台地を下っていく。首都高の高架の下をくぐると国道1号線を横断して すぐに五反田駅西口に着く。
五反田駅からは出来るだけ線路から離れないように、ややジグザグの道を辿りながら、やがて山手通に合流する。 合流点は山手通が山手線の内側に入るための跨線橋になっているところである。 跨線橋をやり過ごしてさらに線路の外側を行くとすぐに大崎駅西口にでる。ここまで50分、早いものである。
山手線はここから大きくカーブして殆ど向きが逆になって品川駅に進む。 その南端は東海道線、新幹線・横須賀線、臨海線・湘南新宿ラインなどの線路が錯綜し、山手線に沿って道路がつながっているなど 到底考えられず、地図を確かめ、さらに現地で使える跨線歩道橋や歩道トンネルなどを見つけて歩くことになる。
多分駒込〜田端付近と並んで山手線外周の最大の難関であろうと思われる。
ともかく大崎駅西口をそのまま南下すると山手線は左にそれて行き、臨海線・湘南新宿ラインの線路に沿って歩くことになる。 このまま歩いたら山手線からどんどん離れるばかりで、早く左折して線路の向こう側に行きたいものである。 幸い跨線橋が見つかった。しかも歩道橋である。これを渡って橋の上から見ると全体の位置関係がよく分かる。 山手線外周最南端の眺めは、北に大崎の再開発地区、南には新幹線と横須賀線が壁のように見える。
跨線橋を渡って、新幹線の高架の脇を古川まで進む。この川も渡らないと海に出てしまう。 橋があるところまで下って向こう側にでると、今度は東海道本線である。これもくぐる。 やれやれ、これで複雑な場所はクリアしたと思った。 そのまま行けば国道15号線に出るが遠回りになるので出来るだけ東海道線に沿って歩き路地に入り込む。 線路に沿った高台から山手線を見る。
国道15号線に出て、やがて八ツ山橋である。道路の横断が出来ない。 やむなく京浜急行北品川駅まで戻って歩道橋を渡って国道の向こう側に渡る。 京浜急行の線路に沿って京急の八ツ山橋へ行く。言うなればかって京急と国道が一緒になって東海道線を跨いでいた橋で、 いわば国道15号線(第一京浜国道)の旧道である。今は車道と京急が走っている。
ここでも難関があった。八ツ山橋の踏み切りまで来たが線路が渡れない。渡れるところは遮断機が閉まるとその中になってしまう。 ともかく電車と車の両方の安全を確認して線路の向こう側に渡る。 渡ってからが、品川駅の東口に行き着けない。高低差が10mほどあってすぐ見えるのだが道路がない。 東口へ行ける道路は見えているが、落差とビルに阻まれてどうやっていくのか分からない。 やや戻って見るとビルの構内(公開空地)があって、こちら側から向こう側の道路まで行けそうである。 ほかに行けそうな道路が見あたらないから、その空地を歩いてどうやら品川駅に向かう道路に出ることが出来た。 あとはわずか、思わぬ時間を浪費しながら品川駅港南口(東口)に着いたのは15時16分、1時間45分を要していた。

JR新宿駅西口は地下にある 2006/12/05 15:20 Canon IXY D500 僅かでも内側を歩いて良いのならば五反田から品川までは4車線道路で結ばれており地図無しで行くことが可能であるが、 山手線の外周となると途端に道路が少なくなるものである。
結局は、山手線では5.6kmだが歩程は7.5kmとそれなりに距離もあった。

山手線恵比寿〜品川間5.6km 歩程7.5km 標高15m(恵比寿)〜30m(目黒)〜2m(品川) 所要時間1時間45分 
                                                                          品川駅港南口(東口)
























品川〜東京を歩く

2006年12月29日

 
[目次に戻る]  [解 説]  [ルートマップ]

 [池袋〜新宿]  [新宿〜恵比寿]  [恵比寿〜品川]  [品川〜東京]  [東京〜田端]  [田端〜池袋]

JR品川駅はホームの上の自由通路の中にある 2006/12/29 10:14 Canon IXY D900IS 品川駅港南口(東口)に立ち並ぶビル群 以前は倉庫街だったのに・・・ 2006/12/29 10:17 Canon IXY D900IS 水再処理場と新幹線 こんなところに水の再処理場があるあんて・・・この狭い道を北上する 2006/12/29 10:31 Canon IXY D900IS 札の辻はこの先にある もう田町が近い 2006/12/29 10:42 Canon IXY D900IS JR田町駅東口が先に見えている 2006/12/29 10:46 Canon IXY D900IS
自由通路の品川駅 10:14   品川駅港南口 10:17     水再処理場と新幹線 10:31 札の辻近く 10:42       田町駅東口 10:46 JR田町駅も自由通路の中にある 2006/12/29 10:49 Canon IXY D900IS 田町駅の自由通路から田町駅ホームと新幹線 2006/12/29 10:49 Canon IXY D900IS 田町を過ぎて東京モノレールの真下を歩く 2006/12/29 10:55 Canon IXY D900IS 東芝本社の公開空地を歩くとその先に浜松町駅へつながる通路の入り口が見える 2006/12/29 11:07 Canon IXY D900IS 浜松町駅への自由通路を歩く 2006/12/29 11:08 Canon IXY D900IS
田町駅改札口 10:49     自由通路からホーム 10:49 頭の上にモノレールが 10:55 公開空地を歩く 11:07    浜松町駅への通路 11:08 浜松町駅への通路から芝離宮を見下ろす 2006/12/29 11:10 Canon IXY D900IS 通路から浜松町駅ホームを見る 2006/12/29 11:11 Canon IXY D900IS 新橋駅銀座口に到着 2006/12/29 11:40 Canon IXY D900IS 通路を引き返して、ここに見える芝離宮の脇の道を海岸通まで歩く 2006/12/29 11:15 Canon IXY D900IS 芝離宮を大回りして迂回し、竹芝にでる。ようやく貿易センターが見えてきた 2006/12/29 11:22 Canon IXY D900IS
浜松町駅通路から芝離宮 11:10 通路からホーム 11:11  浜松町駅改札口 11:11   芝離宮の脇の道 11:15    世界貿易センター 11:22 汐留再開発地区のビル群 脇に「ゆりかもめ」の線路が 2006/12/29 11:26 Canon IXY D900IS 汐留の日テレの仕掛け時計 2006/12/29 11:34 Canon IXY D900IS 新橋駅銀座口に到着 2006/12/29 11:40 Canon IXY D900IS 新橋駅から西銀座を見る 2006/12/29 11:41 Canon IXY D900IS 西銀座ショッピング街は首都高連絡道路の下に当たる 2006/12/29 11:44 Canon IXY D900IS
汐留地区のビル群 11:26   汐留の仕掛け時計 11:34 新橋駅銀座口に到着 11:40  西銀座方面 11:41       ショッピング街 11:44 数寄屋橋の手前から銀座方面を見る 2006/12/29 11:51 Canon IXY D900IS 有楽町駅中央口 2006/12/29 11:54 Canon IXY D900IS 有楽町駅中央口の前から東京方面を見る 2006/12/29 11:54 Canon IXY D900IS 鍛冶橋手前のガード下の飲屋街を歩く 2006/12/29 11:55 Canon IXY D900IS 鍛冶橋にでる。あと300mで八重洲口だ 2006/12/29 12:00 Canon IXY D900IS
新数寄屋橋と銀座 11:51   有楽町駅中央口 11:54   中央口から東京方面 11:54 ガード下の飲屋街 11:55  あと300mで八重洲口 12:00

最も新しい顔をした東京・・・再開発のビル群が建ち並ぶ都心の大オフィス空間
年末のひととき、サラリーマンが消えた後、東京の新ビジネス街を貫く品川から東京間の外周を 歩いてみた。
品川駅港南口発10時15分、自由通路を港南口に降りると周り中高いビルだらけである。 ともかく地図にもあるとおり線路沿いに歩くことにした。 左側は新幹線ホームから新幹線が高架になって東京駅に続いている。 右は浄水場、と言うより看板に寄れば水の再処理場だ。こんなに土地の高価なところに大きなプールを要する再処理場があるなど 信じられないことであるが、巨大なオフィス街で消費される水をリサイクルしようとすれば、このような広大なスペースも無駄では無かろう。 再処理場が終わると海側の新幹線の電車区へ行く線路が前方をクロスするのが見える。
その下をくぐって川(運河)に沿って北上するとまもなく広い通りにでた。札の辻からレインボウブリッジへ通じる都道である。 ここまで来ると土地勘が働く。右に関電工本社を見ながら歩くとやがて左手に田町駅西口が見えてくる。 駅までは100mほど、自由通路を上って改札口を写真に撮って自由通路の入り口(田町駅西口)に戻る。 所要時間33分、山手線最長の2.2kmの区間は歩きでたっぷりだった。
田町駅西口からすぐに線路に沿って北上する。 すぐに羽田〜浜松町を結ぶモノレールの下に出る。しばらくモノレールの下を歩くと、電車がやってきた。 普段見ることのないモノレールの台車がよく見える。
モノレールに沿ってつかず離れず北上するとチサンホテルの前を通って、東芝ビルと線路にはされたところに入り込む。 ここからは地図には緑地になっているだけで道がない。無ければ首都高の走る海岸道路を歩かなければならないし、浜松町駅までは遠くなる。 懸命に直進路を探すと、東芝ビルの公開空地が線路際にあった。緑豊かな公園風の散策路のように出来ている。 そして突き当たりに駅に通じる高架の通路が見えてきた。これを歩くのは初めてだが電車からいつも見ている通路だとすぐ分かったから これで駅までは行けると確信した。 長い通路だった。平日ならサラリーマンで賑わう通路だが年末ではがらんとして人がいない。 通路が左折するところで前方に芝離宮公園が見えた。電車からはいつも見る公園だが、こうやってじっくり見るのは初めてだ。 こじんまりとしていて素晴らしい公園である。さらに海よりには浜離宮公園が見えている。この一帯はこの2つの公園によって緑豊かな空間を作り出している。 駅までは通路を左折して、山手線ホームの内側に位置する改札口まで行った。
このまま内側に行けば線路際の貿易センタービルの前に出てすぐに竹芝桟橋へ行く道路に出られるのだが、 今回は内側に一歩も入れないと言うルールで始めたことだ。 やむなく通路を戻って下の道路に降りられるところを探した。かなり戻ったところに芝離宮の南境を走る狭い道が 見えた。階段もあって自由通路から降りることもできた。どうやら東京ガス本社へ通じている道のようだ。
左側は芝離宮だからそのまままっすぐ歩くしかない。結局は海岸通に出る羽目となった。芝離宮が切れるところで左折、 浜松町駅を通って大門へ津汁広い道にでた。駅に向かって歩くと貿易センタービルが見えてきた。随分遠回りしたものだ。 この間15分、内側に入ってここに来るなら3分位で来るだろう。
品川駅を出発して、1時間5分、わずか2駅しか歩いていないが、このあたりが駅間距離が長いところなので仕方がないことだ。 広い通りから右折して北上開始、すぐに「ゆりかもめ」の線路の下にでる。このまま汐留の再開発地区を通れればしめたものである。 再開発地区だけに地図は全く当てにならない。がそれでも「ゆりかもめ」の汐留駅に出た。階段を上がって通路が新橋の方に通じているようだ。
大型ビル群ばかりだからビルに沿ってつながっているかもそれないし、地上の道路もあったがビルで日陰で寒風で 寒いので通路に上がった。大きな仕掛け時計があって、12時に始まる仕掛けを見る人が集まってきていた。 こちらはタイムを計ることも目的だからここで見物しているわけには行かない。 でもこういうところがあって、いつでも見に来られることを知って一安心、そのまま先を急いだ。 やがて通路が切れて下の道路に降ろされた。向かい側には「ゆりかもめ」の新橋駅が見えるのだが通路がつながっていない、 ともかく降りて「ゆりかもめ」の新橋駅を通過すればすぐにJR新橋駅である。 新橋駅銀座口到着11時40分、所要時間1時間25分だった。
ここからはお手ものの、フランチャイズである。土橋を経て西銀座の首都高連絡道路の下のショッピングセンターの前を歩いた。 懐かしいところだが店がすっかり変わっていた。あれから30年が経っている。 新数寄屋橋に出た。有楽町駅に立ち寄った。交通会館の前が中央口である。ここから先も線路沿いに歩けるはずだ。
東京駅八重洲中央口 2006/12/29 12:07 Canon IXY D900IS 高架の線路沿いに歩くとまもなくガード下の飲屋街に入る。全然変わっていない。30年前の雰囲気そのままだ。 やがてエンド、外に出て鍛冶橋に出る。都心と言うのにごみごみした飲み屋街を歩いた最後は鍛冶橋から八重洲口へ出たかった。
八重洲口は大勢の帰省客が長距離バスを待っていた。 八重洲中央口到着12時7分、所要時間1時間50分、アップダウンの全くない8.4kmの歩程だった。

山手線品川〜東京間6.8km 歩程8.4km 標高4m〜2m 所要時間1時間50分 
                                                                        東京駅八重洲口 12:07

東京駅の鉄道元標

東京駅5番ホーム(山手線品川方面行き)から鉄道元標 2006/12/29 12:10 Canon IXY D900IS 東京駅5番ホーム(山手線品川方面行き)から鉄道元標のプレート 2006/12/29 12:11 Canon IXY D900IS 東京駅6番ホーム(京浜東北線南行き)からの鉄道元標 2006/12/29 12:11 Canon IXY D900IS 東京駅6番ホームから東海道本線下り列車と鉄道元標 2006/12/29 12:12 Canon IXY D900IS
          5番線の鉄道元標 12:10  同左プレート 12:11      6番線の鉄道元標 12:11   同 左 12:12

東京駅は鉄道の起点である。
道路の起点が日本橋で、その中央にあった市電のポールが、かって「東京市道路元標」で、これが日本全国の道路の起点であった。 今は移設されて橋の神田川の袂にあるが、かっての位置には「日本国元標」と書いた円盤が埋め込まれている。
同様に東京駅は日本の鉄道の起点であり、新幹線のホームのほぼ中央に鉄道元標があることは良く知られている。
今回はたまたま見かけた5番線と6番線の鉄道元標であって、5番線だから山手線の元標とは限らない。 5番線のものは古く、銘板の字も大変読みづらいが「起点」「国鉄キロ程基準原標」「昭和44年12月20日」「東京駅開業55周年記念」 などの文字が読みとれる。 昭和44年、つまり1969年から55年前、1914年に東京駅が開業したことを示している。多分その記念で設置したものと 思われる。
6番線のものは1996年6月23日とはっきり読める。デザインが0kmを現していることは歴然としている。 ほかの番線にもあるはずだし、全部の番線にあるとも限らないので、どれが何線の元標と決めつける必要も無かろう。 とにかく日本の鉄道の起点であればそれで良いのでは無かろうか。
東京駅は、東海道本線の起点であり、東北本線の起点であって、他の路線は便宜上、旅客サービス上、走っているのであって 本物が番線の数だけあっても構わないことが道路元標とは事情が違うようだ。
























東京〜田端を歩く

2007年01月13日

 
[目次に戻る]  [解 説]  [ルートマップ]

 [池袋〜新宿]  [新宿〜恵比寿]  [恵比寿〜品川]  [品川〜東京]  [東京〜田端]  [田端〜池袋]

東京駅八重洲口 2007/01/13 14:16 Canon IXY D900IS 東京駅八重洲口前 2007/01/13 14:18 Canon IXY D900IS 呉服橋の脇にある一石橋の「知るへ石」と几号標 2007/01/13 14:24 Canon IXY D900IS 東京〜神田間は新幹線の下を歩く 2007/01/13 14:31 Canon IXY D900IS 神田駅東口 2007/01/13 14:34 Canon IXY D900IS
 八重洲口改札付近14:16   八重洲口前 14:18    一石橋の知るへ石と几号 14:24  新幹線の下を歩く 14:31  神田駅東口 14:34 秋葉原に向けて線路下を歩く 2007/01/13 14:46 Canon IXY D900IS 川を渡るため新幹線下にある階段を上がり歩道橋渡る 2007/01/13 14:47 Canon IXY D900IS 歩道橋方の眺め 2007/01/13 14:47 Canon IXY D900IS つくばエキスプレスの秋葉原駅 2007/01/13 14:49 Canon IXY D900IS JR秋葉原駅中央口 2007/01/13 14:50 Canon IXY D900IS
 線路下を歩く 10:46     歩道橋を渡る 14:47     歩道橋からの眺め 14:47   つくばEXP秋葉原駅 14:49  秋葉原駅中央口 14:50 秋葉原駅総武線ホーム 2007/01/13 14:51 Canon IXY D900IS 再び線路下を歩く 2007/01/13 15:03 Canon IXY D900IS ガード下の御徒町駅入り口 2007/01/13 15:03 Canon IXY D900IS 相変わらず賑わうアメ横 2007/01/13 15:08 Canon IXY D900IS 上野駅が見えてきた 2007/01/13 15:12 Canon IXY D900IS
 秋葉原駅 14:51       再び線路下を歩く 15:03   御徒町駅入り口 15:03    アメ横 15:08          上野駅が近い 15:12 上野駅コンコースは都内唯一の”終着駅” 2007/01/13 15:14 Canon IXY D900IS 寂しい上野駅入谷口 2007/01/13 15:19 Canon IXY D900IS 線路脇の幅2mの道路を歩く 2007/01/13 15:29 Canon IXY D900IS ホテル街を抜けて鶯谷駅に出る 2007/01/13 15:34 Canon IXY D900IS また線路際を歩く 2007/01/13 15:37 Canon IXY D900IS
 上野駅コンコース 15:14   上野駅入谷口 15:19    線路脇の狭い道を歩く 15:29 鶯谷駅 15:34         また線路際を歩く 15:37 日暮里駅前の広場 2007/01/13 15:47 Canon IXY D900IS この跨線橋を渡ると駅舎がある 2007/01/13 15:48 Canon IXY D900IS 跨線橋の上の日暮里駅駅舎 2007/01/13 15:50 Canon IXY D900IS こちらはビルの中の駅入口 2007/01/13 15:53 Canon IXY D900IS 常磐線と別れる 2007/01/13 15:57 Canon IXY D900IS
 日暮里駅前の広場 15:47  跨線橋を渡る 15:48     跨線橋の上の駅駅舎 15:50 ビルの中の駅入口 15:53  常磐線と別れる 15:57 西日暮里駅入り口 2007/01/13 16:01 Canon IXY D900IS 東北本線と山手線の間の狭い道路を歩く 2007/01/13 16:04 Canon IXY D900IS 左新幹線、京浜東北線・山手線 遠くに田端駅 2007/01/13 16:08 Canon IXY D900IS 田端駅入口は山手線の内側にある 2007/01/13 16:18 Canon IXY D900IS 田端駅改札口を入る 2007/01/13 16:19 Canon IXY D900IS
 西日暮里駅入り口 16:01  線路と線路の間を歩く 16:04 跨線橋から田端駅 16:08  田端駅駅舎 16:18      田端駅改札はいる 16:19

古い街並みの東京・・・鉄道に飲み込まれそうな生活の匂いのする狭い街並み
年が明けた週末に、サラリーマンが消えた東京駅から田端駅まで線路沿いの、生活の匂いのする狭い道路を歩いて、山手線の 北の果てにあたる田端駅までその外周を歩いてみた。
東京駅八重洲口を出ると都心のど真ん中を感じさせる。しかし都心の風景はここ止まりである。 すぐに呉服橋の交差点に出ると一石橋の袂にある”知るへ石”を点検する。 ここに刻まれた几号高低標(明治初期の水準点)が健在なのを確かめる。
一石橋から三越本店や日銀を右に見ながら常磐橋に向かう。高架の上は新幹線が走っているがその下に2mほどの幅員 の道路があるのでそこを歩く。車が来ないので意外にゆっくり歩けるし、都心の騒音も聞こえず静かで良い。
東京〜田端間は7.1km、この間に東京、神田、御徒町、上野、鶯谷、日暮里、西日暮里、田端と8つの駅があり、 平均駅間距離は1kmにしかならないから、すぐに次の駅に着く。 東京〜神田駅間も例外ではなくすぐに神田駅に着いた。
神田駅のガード下から秋葉原に向けて狭い道路が延びていた。やはり幅2m弱、歩行者専用である。 夜などは危なくないのだろうか。 よく見れば新幹線の橋脚の真下に位置し用地的にはJRの用地に見える。 やがて歩道橋となって川を渡り秋葉原に一直線に道路が続いている。
すぐに秋葉原駅前に着く。真っ先に目に入るのが筑波エキスプレスの地下駅入り口である。 東京メトロと違った赤い雰囲気の地下入り口である。そのすぐ先にJR秋葉原駅がある。
駅舎を回り込んで総武線の下をくぐるとまた線路際を歩く。そのまま御徒町駅にでて、アメ横につながる。 アメ横は高架の下を中心に線路の内側、外側と一体となっているが、もともとは戦後、線路の内側の焼け跡に 不法占拠した露店から始まる。
人混みの中を歩くとすぐに上野駅にでる。コンコースの中を歩いて、入谷口へと歩を進める。 またまた線路沿いの狭い道歩きである。 このあたりのい道路に近い線路は常磐線である。上野駅の新幹線ホームは地下駅となっている。
線路沿いに北上を続けるとにわかにホテル街にぶつかる。複雑に曲がりくねった道を鶯谷駅方向に進む。 こんなに沢山のモーテルがあるのかと驚きつつ、早く出たいと歩を急ぐ。 やがてホテル街に取り囲まれたように鶯谷駅にでる。
再び線路際を歩く。やがて日暮里駅前の広場が見えてきてほっとする、だが駅舎が見つからない。 広場の手前に跨線橋があって、大勢の人が行き交うので、跨線橋の先に駅舎があると確信し跨線橋を進む。 駅舎は跨線橋の上にあった。今時珍しい瀟洒でクラシックな駅舎である。
再び跨線橋を戻り、駅前広場を突っ切り、さらに北上する。前方に高架と踏み切りが見える。 このあたりは常磐線と京成電車が山手線から東へと別れる地点である。
踏み切りの警報機が鳴って常磐線が通過する。目の上の高架には京成電車が走っている。 幸い道路は線路に沿っているのでそのまま西日暮里へ向けて歩く。 やがて西日暮里駅に着く。千代田線開業時に作られた山手線で最も新しい駅だが、 もう20年以上にもなる。
駅を過ぎるとすぐに高架の線路が二叉に別れ始める。 このあたりから山手線・京浜東北線・新幹線と東北本線が別になって本線は尾久駅に向かう。
「山手線外周を歩く」中でもこのあたりと大崎〜品川間、田端〜駒込間は最も複雑な難所である。 いずれも変曲点か線路が複雑に入り組んでいるところだから道路がどうなっているのかよく分からない。 場合によっては跨線歩道橋や歩道地下トンネルなどに頼らざるを得ないこともある。
ここの場合は東北本線に沿って歩いたら山手線とはますます離れ、戻れなくなりそうである。 幸い両線路の間に道路があって、これしかないとわかりにくい道路の入り口から入ったら 坂を上がって高架と同じレベルになって視界が開けた。 やはり図星であった。左には新幹線が、右には東北本線が走っている。山手線は新幹線の線路のさらに向こう側にある。
操車場のような幅広い鉄道用地を眺めながら道路を右に外れないように歩く。やがて広い道に出る。 田端駅前が目の前にあるが駅舎が分からない。確か田端駅は跨線橋の上か内側にあった記憶があるので跨線橋を渡る。 やはり線路の内側だった。
余力的にはまだ池袋まで十分歩けるが16時を回っている。暗くなって写真が撮り辛くなって来る時刻でもある。
田端駅到着16時19分、東京駅を出発して丁度2時間、アップダウンの全くない8.5kmの歩程だった。

山手線東京〜田端間7.1km 歩程8.5km 標高4m〜2m 所要時間2時間00分 

























田端〜池袋を歩く

2007年01月23日

 
[目次に戻る]  [解 説]  [ルートマップ]

 [池袋〜新宿]  [新宿〜恵比寿]  [恵比寿〜品川]  [品川〜東京]  [東京〜田端]  [田端〜池袋]

田端駅北口を出発 2007/01/23 14:36 Canon IXY D900IS 田端駅の線路の外側に出る 2007/01/23 14:39 Canon IXY D900IS 尾久と田端の操車場の間を行く 2007/01/23 14:55 Canon IXY D900IS しばらく歩いてここまで引き返して明治通に出る 2007/01/23 15:03 Canon IXY D900IS 尾久駅 2007/01/23 15:08 Canon IXY D900IS
 田端駅北口 14:36      線路の外側に出る 14:39  操車場の間を行く 14:55   明治通に出る 15:03     尾久駅 15:08 尾久駅の南端に操車場をくぐる地下通路がある 2007/01/23 15:08 Canon IXY D900IS 地下通路を歩く 頭の上は操車場 2007/01/23 15:10 Canon IXY D900IS 地下通路を歩いて再び田端の操車場に出て、京浜東北線に沿って北上する 2007/01/23 15:20 Canon IXY D900IS 上中里駅に近くなってやっと跨線橋を渡ることが出来た 2007/01/23 15:23 Canon IXY D900IS 跨線橋を渡って田端方面に南下する線路沿いの細い路地を歩く 2007/01/23 15:26 Canon IXY D900IS
 尾久駅地下通路 15:08   地下通路を歩く 15:10   京浜東北線沿いに北上 15:20 上中里に近い跨線橋 15:23  細い路地を南下 15:26 細い道から線路の方を見ると山が見える。筑波山だ! 2007/01/23 15:30 Canon IXY D900IS 赤羽から池袋に行く上り湘南新宿ラインがトンネルをくぐって山手線に合流する 2007/01/23 15:34 Canon IXY D900IS ようやく山手線の駒込駅近くに出る 2007/01/23 15:38 Canon IXY D900IS 狭い商店街に埋もれたような駒込駅(西口) 2007/01/23 15:46 Canon IXY D900IS 本郷通に面した駒込駅(東口) 2007/01/13 15:50 Canon IXY D900IS
 筑波山が見える! 15:30  トンネルをくぐる電車 15:34 山手線の線路に沿う 15:38  駒込駅(西口) 15:46     駒込駅(東口) 15:50  巣鴨駅までは線路に沿って細い道を歩く 2007/01/12 15:50 Canon IXY D900IS 巣鴨駅 少しずつあか抜けて来る 2007/01/23 16:00 Canon IXY D900IS 巣鴨駅 白山通り(国道17号)に面した駅舎 2007/01/23 16:02 Canon IXY D900IS 大塚駅に向けて再び線路に沿って桜並木道を歩く 2007/01/23 16:04 Canon IXY D900IS 途中にゴルフ練習場がある 2007/01/23 16:06 Canon IXY D900IS
 駒込〜巣鴨間 15:50    巣鴨駅 16:00          国道17号の駅舎 16:02   巣鴨〜大塚間 16:04     ゴルフ練習場 16:06 大塚駅に出ると都電が走っている 2007/01/23 16:14 Canon IXY D900IS 大塚駅北口の前を通る 2007/01/23 16:15 Canon IXY D900IS 再び線路沿いの狭い路地を歩く 2007/01/23 16:21 Canon IXY D900IS 途中に銭湯があった 2007/01/23 16:26 Canon IXY D900IS やっと広い道に出ると前方に首都高が見えてくる 六辻の交差点が近い 2007/01/23 16:33 Canon IXY D900IS
 大塚駅と都電 16:14    大塚駅北口 16:15      線路沿いの路地を歩く 16:21  銭湯が残っている 16:26  六辻交差点 16:33 埼京線が合流するところに出て、山手線の内側に入らないよう階段を上がって右に折れる 2007/01/23 16:37 Canon IXY D900IS ようやく池袋西口へ通じる道路に出る 2007/01/23 16:39 Canon IXY D900IS 池袋西口の大きな看板は山手線随一の大きさ 2007/01/23 16:45 Canon IXY D900IS 南口へ出てこれで山手線外周完歩 2007/01/23 16:47 Canon IXY D900IS 南口の改札口から電車に乗る 2007/01/23 16:49 Canon IXY D900IS
 埼京線合流点 16:37    池袋西口まであと一息 16:39 池袋西口の大看板 16:45  池袋南口でゴール 16:49  南口改札口 16:49

武州の色濃い東京・・・北行の鉄道に挟まれてどことなく北関東が息づいている雑然とした街なみ
田端から池袋まで、山手線外周歩きの最後のコースである。
山手線は田端から駒込に大きく左へカーブして行くが、外周を歩くとなると大変な難所となる。 まずは田端駅から外側にでるが、尾久へ延びる東北本線と操車場、王子へ延びる新幹線や京浜東北線と新幹線基地や操車場、 これらを横切って左へ行かなければならない。
地図によれば田端駅北側に内外を跨ぐ跨線橋があるほかは、上中里までまるまる一駅跨線橋がない。 地図に載っていない歩道橋でもないものかと、田端駅を14時36分に歩き始めたが、 操車場を挟む線路の幅は跨線橋の長さを遙かに超えているのを見てこれは甘かったかと実感する。
尾久と上中里の間にある僅かな住宅空間を北に延びる狭い道路を歩き始めたが、 果たして線路の左へ行けるのか自信がないので引き返した。明治通りに出て結局尾久駅を見た。 尾久駅の南側に操車場をくぐる地下通路がある。これで尾久操車場をクリアできるとくぐって出て 地図に従い新幹線の走る線路敷きへでた。何のことはない先ほど引き返した地点に出た。 とにかく上中里の手前まで行かないと跨線橋はない。
ようやく跨線橋を渡るところで線路の北を見たら上中里のホームが見えた。京浜東北線の一駅を北上したことになる。 線路を渡って線路に沿って南下した。川の向こう岸を遠回りするのと同じ事である。
ひょっとその向こう側を見ると山らしきものが見える。おや?筑波山!こんなところの地面から筑波山が見えるとは思わなかった。 一瞬の安らぎを得た思いである。
とにかく線路から離れないよう道路がある限り線路に沿って歩いた。幅員3mも無いような道路を歩いた。 軽ナンバーの車がやっとの思いで徐行して走ってきた。
やがて湘南新宿ラインが目の下のトンネルを出てきた。ここから田端駅が近い。 右にカーブしながら、山手線の内側に入らないよう橋のあるところでは注意深く道を選んだ。ようやく駒込に行く山手線沿いにでた。 やれやれ、これで大塚までは線路沿いのほぼ直線歩きである。
駒込駅はゴチャゴチャした商店街の中にあった。15時45分、なんと1時間10分もかかった。 我々の知っている駒込駅は東口である。東口は六義園や古河庭園があるから、よく知っている範囲になるが西口は始めてである。 東口まで来るとようやく認識の範囲内に入って安心する。
巣鴨まで線路沿いにルンルン気分で歩くが陽が傾いてきた。あまりのんびりしていられない。 途中に銭湯があった。どことなく埼玉風情である。巣鴨駅を通過して大塚駅に向かう。 線路に沿って桜並木を歩く。狭い線路沿いの道を電車の中からもよく見えるゴルフ練習場の前を通ってやがて大塚駅にでる。 都電が走っている。
大塚駅からいよいよ最後の難関である。池袋までに大行く左へ曲がる屈曲部分があって埼京線が合流して道路がどうなっているのか分からないからである。
このあたりも田端〜駒込や大崎〜品川間と同様、線路の内側を歩けば何と言うことのないところだが、そうは行かない。 とにかく闇雲に線路に沿って歩く。2mくらいの狭い線路沿いの道路を東へ進む。 ゴミ焼却場の長大な煙突が少しずつ近づいてくる。やがて大きな道路の下をくぐる。 明治通にしてはあか抜けない通りに見えるし、距離的にも近すぎる。
さらに進む。まだ線路に沿って歩ける。やがて大通りの下をくぐる。今度は明治通りのようだ。 地図はもう当てにならない。ここはどうやら六辻のようだ。以前は複雑な交差と貨物線(今の湘南新宿ライン) の踏み切りが複雑にあって、いつも渋滞するところだったが全部立体化されている。 そしてすぐ向こうに首都高速道路が見える。まだ線路に沿って歩ける。 ここまで歩けるなら埼京線を跨いで池袋の西口へ出られないかと期待する。 首都高を過ぎて、やがて埼京線を跨ぐところにきた。そこに山手線内外を結ぶ跨線橋があって内側に入らないよう一旦西へ進む。 すぐに池袋西口へ通じる道路に出る。 これで難関をすべてクリア、あと5分で完歩となる。
西口のあか抜けない、ばかでかい駅の標識を見ながら、最初にスタートを切った南口へ行く。 何故かスマートに見える南口にたどり着いて、ついに完歩を実感した。 ”人類初”の山手線外周歩きだったがでもあっけなく終わった。
西日が落ちて周囲はライトに照らされ始めていた。 池袋駅到着16時49分、田端駅を出発して2時間13分、標高4mの田端駅ホームから標高33mの池袋まで、 跨線橋などによるアップダウンもあるが地形的にも高い池袋まで8.9kmの歩程だった。 だたし田端で引き返した分が1.1kmほどあって、この分を加えると10mを歩いたことになった。

山手線田端〜池袋間5.2km 歩程8.9km 標高4m〜33m 所要時間2時間10分 


山手線外周を歩いた結果

山手線 
池袋〜新宿間  4.8km 09分 歩程5.3km 1時間10分 標高33m(池袋)〜13m(高田馬場)〜42m(新宿) 

山手線 新宿〜恵比寿間 5.0km 08分 歩程5.5km 1時間25分 標高42m(新宿)〜13m(渋谷)〜15m(恵比寿) 

山手線 恵比寿〜品川間 5.6km 09分 歩程7.5km 1時間45分 標高15m(恵比寿)〜30m(目黒)〜2m(品川) 

山手線 品川〜東京間  6.8km 11分 歩程8.4km 1時間50分 標高4m〜2m 

山手線 東京〜田端間  7.1km 14分 歩程8.5km 2時間00分 標高4m〜2m

山手線 田端〜池袋間   5.2km 09分 歩程8.9km 2時間10分 標高4m〜33m 

合計   山手線一周   34.5km 1時間00分 歩程44.1km 10時間10分 標高2m〜42m