都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

台東区谷中浄名院



谷中は東京有数の寺町である。 言うまでもなく寛永寺がその最たるもので、ここ浄名院も1667年(寛文6年)に寛永寺の一坊として 開かれたものである。 JR鶯谷駅から線路を越える言問通りの歩道にあがり、根津の方角(西)にしばらく行くと右側に浄名院の黒い門が見える。 ちょうど左側が寛永寺に当たる付近である。 門前右の碑の後ろに几号のある独立標がある。 この独立標の上面に几号がある理由は全く不明である。

 上西勝也氏のHP参照

(谷中浄名院 2002年06月15日18時25分 Sony DSC-P1)

































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

台東区浅草鳥越神社



鳥越神社のお祭りは大変大規模である。 もともと下町は古い東京の風情を残すところだが、ここ鳥越神社のお祭りは6月上旬に行われ、その規模はけた外れに 大きい。何しろ御輿が大きい。そこへ最近は若い女性が加わるからますます盛大になる。 東京でも屈指のお祭りである。
JR浅草橋ホームを上に見ながら、そのほぼ中央付近から、商店街をなす、通りが一直線に北に延びる。 広い通りに出るが、そこはもう鳥越神社があるところだ。地名も鳥越町だからのこの辺り一帯の交差点名も 鳥越X丁目である。

神社の正門はこの通りに面した南側で、大きな鳥居があるが、西側にも門があって鳥居がある。 几号はこの西側の鳥居の左足下にある。
この鳥越神社、これほど大きなお祭りを持っているからよほどに由来があると思い、神社の由来案内を撮ってきた。 それによれば、651年建造、日本武尊に由来する神社だった。

 上西勝也氏のHP参照

(浅草鳥越神社 2002年06月16日11時50分 Sony DSC-P1)

































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

台東区橋場伊勢金材木店前



明治通りが隅田川を渡る橋が白髭橋だ。このあたりは鉄道から遠く不便なところだが、JRか地下鉄日比谷線南千住駅の南側から 秋葉原行きのバスが出て、白髭橋の手前を右折して、すぐの「橋場2丁目アパート前」でおりると良い。 歩くなら南千住駅の南に出る歩道橋を渡ってBS停の前から南に下って明治通りにでる。 明治通りを左に行くと白髭橋があるので、その手前、「白髭橋西詰」を右折、すぐに左側に伊勢金の製材所があるが、 ここではない。見送ってさらに数十m進むと(株)伊勢金の建物がある。この建物の入り口の歩道上に几号がある。 この部分だけ舗装がかぶらないようにしてあるのでよく露出していて保存状態がよい。 舗装業者は意味が分からず、除けて舗装していると思われるが、風前の灯火かも知れない。 何故路上に、上面にあるのか分からないが、どこからか移設されて来たのだろうか。

 上西勝也氏のHP参照

(橋場伊勢金材木店前 2002年06月15日17時15分 Sony DSC-P1)

































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

台東区今戸社会教育会館前

先の伊勢金材木店からさらに南下、このあたりには都区の施設が多いところだが1kmほど行くと左側に 今戸社会教育会館がある。几号はちょうどその前の歩道上にあって、伊勢金前と全く同じ状態で、舗装から免れて露出している。 帰りの便は、BS停なら「東京都人権プラザ前」が近く、南千住か秋葉原に出ると良い。

 上西勝也氏のHP参照

(今戸社会教育会館 2002年06月15日17時25分 Sony DSC-P1)



































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

台東区下谷金杉三島神社



下谷金杉三島神社は地下鉄日比谷線入谷駅から近い。駅自体が国道4号線の地下にあり、地上に出れば4号線、すなわち奥州街道そのものである。 地下鉄の北千住寄りの出口から地上に出て3つ目の交差点が十字路の他に左斜め下(西南)に折れる路地がある。この狭い路地を入ると 左側に下谷金杉三島神社がある。几号はこの北門の入り口の敷石に埋め込まれている。 この几号は東京・塩竃間7番目のものである。何故路上に上を向いてあるのか理由は分からない。 本殿への通路の真ん中にあるのでかなりすり切れている。
当日はちょうど例大祭で、大変な賑わいを見せており、この辺一体の氏神様としてその健在ぶりを見た思いである。 なお正門は西側にあって、路地を突き当たるところで左折すれば正門に出る。

 上西勝也氏のHP参照

(下谷三島神社 2002年06月15日18時00分 Sony DSC-P1)
































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

江東区深川州崎弁天



深川州崎弁天(神社)は地下鉄東西線木場駅をおりる。地上に出れば永代通りである。東京寄りに首都高が高く大きくカーブして永代通りに交叉する 道路に乗っている。ここを左(南)に入る。すぐに横断歩道橋が目に入るが、その手前の路地を左に入る。正面に鳥居が見える。 州崎神社の正面からはいると、すぐ左側に波除碑がある。かなり痛んでいるし、神社の塀とは30cmも離れていない。 几号は、波除碑台石の裏側、塀側の下部にあって半分埋没していて、「不」の横棒は摩耗して分からなくなっている。 30cm程度の隙間からの撮影は撮るのに大変苦労する。
この波除碑は1791年(寛政3年)に高潮により深川、本所一帯が被害を受け、死者多数、1794年頃には幕府が州崎神社の西側を買い上げ空き地にして、 その境界に当たる2カ所に波除碑を立てたという。都の指定有形文化財になっているが、砂岩で出来ているためもろく、1923年(大正12年)の関東大震災 や1945年の空襲によって写真のように破損がひどくなっている。

 上西勝也氏のHP参照

(深川州崎神社 2002年06月15日15時40分 Sony DSC-P1)
































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

荒川区南千住新道通町円通寺



この円通寺も国道4号線、つまり奥州街道にあり、東京・塩竃間9カ所目の几号である。 地下鉄日比谷線南千住から北へ4号線に合流する交差点から400m南、南千住警察署入り口交差点があるが、千住大橋に向かって、この交差点の手前(南側) 右側(西側)に円通寺がある。 すでに鉄筋コンクリート化されてきらびやかなお寺になってしまっているし、玄関はゲートがあって入れない。インターホーンで訳を話して開けて貰い 入れて貰った次第、本来庶民の寄り合いでもある寺だがだんだん出入りが厳しくなるのだろうか。
百観音碑は入ってすぐ左側の塀のそばにある。その台座正面に半ば埋まっている几号を掘り出して撮った写真だ。
この寺は792年(延暦10年)開創、1868年(明治元年)に上野で戦死した彰義隊の墓所にもなっている。

 上西勝也氏のHP参照

(南千住円通寺 2002年06月15日16時40分 Sony DSC-P1)
































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

荒川区南組素盞雄(すさのお)神社

この素盞雄神社も国道4号線、つまり奥州街道に沿っていて東京・塩竃間10カ所目の几号である。 地下鉄日比谷線南千住から北へ4号線に合流する交差点の左側にあり、300m北はもう千住大橋である。 地域の氏神様として広く親しまれている。
正門は南に面しており、そこにある鳥居の左足下正面に保存状態の良い几号がある。
ところでこの神社の名前だが素盞雄(すさのお)とは神話の人物、年輩の人であればヤマタノオロチ退治の話とともに知っているだろう。 神社のいわれは何かと由来を読めば、石にまつわる言い伝えの中に素盞雄命が出てくるようだ。 そしてやはり祭神として祀られている。

 上西勝也氏のHP参照

(素盞雄神社 2002年06月15日16時30分 Sony DSC-P1)

































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

台東区谷中霊園路傍独立標石

日暮里の南口を出ると跨線橋を渡ってすぐに短い坂がある。その坂を上ると天王寺の新しい山門がある。 天王寺にはその先に古い山門もある。新しい山門から上野方面に向けて谷中墓地が広がっている。 天王寺の新しい山門を背にして谷中墓地を見通すと50mほど先の右側路傍に花崗岩で出来た独立標石がある。 一帯は谷中墓地であるが住所は谷中七丁目9番となっている。
すぐ近くには谷中浄名院があるが、この標石は谷中淨名院の几号標石とほぼ同じで上面に几号がある。 標石の地上高は15cmほど、で一部が欠け落ちている。
上西勝也氏によれば谷中浄名院の几号とともに1875年(明治8)頃、内務省による大三角測量の 「日暮里」として西日暮里の養福寺前に設置された三角点の附属予備点であろうと推定されている。
この通りの先には五重塔跡があり、さらに進めば徳川家代々の墓所がある。霊園内には地図が随所にあり、 それを頼りに上野桜木2丁目交差点に出て、右折すると淨名院がある。

 上西勝也氏のHP参照

(日暮里谷中霊園天王寺近く 2005年02月27日11時51分 Canon IXY D500 P)

































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

千住北組五丁目鎮守八幡社内石碑




千住大川の氷川神社の几号は長い間だ知られていなかった。 鎮守八幡神社がこの地に存在しないからであった。 浅野氏は文献を調査し、八幡宮が明治44年に開始された荒川路開削工事により 大正14年にこの地の氷川神社に移転合祀されたことを突き止めた。
氷川神社は殺風景な都内側千住新橋たもと付近の風景にあって、上流約200mほどの土手下に鎮守の森が残されており、 鬱蒼とした神域は安らぎを感じる。 参道を入ると左側に昭和32年まで使っていた千住新橋の標注がある。
神社の裏手には富士塚もあって今では殺風景となったこの地の往年の賑わいを想像させる。
正殿の両側には一対の灯篭があってその左側に「明治百年 御遷宮祈念碑」と刻印された巨大な碑がある。 さらに左には巨木があって、その左側に高さ1.5m程の碑がある。説明板があって 「紙すきの碑」だそうだ。
几号はこの碑の正面下部、縁取りを削って刻印されている。言うまでもなく奥州街道からは200mほど離れており、 八幡社とともにこの地に写されたものと推定される。


(大川氷川神社 2005年10月22日15時15分 Nikon COOLPIX 8700D)

































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

上野東照宮池之端参道下石華左横独立石票

仙台の浅野氏の報告によれば上野東照宮に新たな几号を発見したという。 そこで浅野氏に資料に基づき現地を調査した結果を掲載する。
上野東照宮には不忍池へ下る参道がある。この参道の石段の下に鳥居がある。鳥居の左横に独立石標があり、 上面に几号が刻印されている。石票は四隅が欠けており、几号は辛うじて原型を残している。 土台はコンクリートで固められている。
几号の大きさは8〜9cmほどで、周囲にある谷中浄名院などにあるものと同様と思われる。 上面にあることから移設されたものと思われるが移設元は不明である。 なお現石標は几号が北向きに設置されている。

(上野東照宮池之端参道下 2006年06月12日14時05分 Canon IXY 500D)


































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

板橋区赤羽北3丁目諏訪神社境内独立標石




JR北赤羽駅から何かすると500mほどの坂の上に諏訪神社交差点がある。その右手前に諏訪神社がある。 本殿左奥に独立標石の水準点がある。
明治初期の几号高低差とは異なり、標石にはBM1、昭和五年と刻印してある。 おそらくは荒川治水工事の測量に設置されたものであろうが、ここが元位置かどうかは定かではない。 BM1は1号水準点であるから近傍にもいくつかあるものと思われる。
昭和五年に至るもシンボルマークとして几号が使われていた事は新たな事実である。

(北赤羽諏訪神社境内 2006年04月28日14時17分 Canon EOS Kiss D)

































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

上野公園摺鉢山仮水準点

浅野氏による調査の結果、上野公園に仮水準点があることが判明している。 今回は浅野氏の素料に基づき現地を調査したものである。
上野公園の東京文化会館の左奥に樹林に覆われたひときわ高い丘がある。 摺鉢山呼ばれる全長70mの前方後円墳であることが分かっている。 その頂部は平で憩いの場所になっている。その北東端(東京文化会館方向) に標石と仮水準点を表記した木柱がある。
標石はおよそ9cm角、地上高20cm程度で上面に東京都の紋章の一部と思われる模様がある。 木柱には四方に「仮水準点」「東京都北部公園緑地事務所」 「AP(霊巌島)24.460m」「TP(東京湾)23.326m」と表記してある。
なお浅野氏によれば東京文化会館西南角の植え込みにも摺鉢山の公園管理事務所側の下にも同型の仮水準点があることことである。

(上野公園摺鉢山 2006年06月13日13時35分 Canon IXY 500D)


































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

深川富岡町 深川八幡宮

門前仲町にある富岡八幡宮  2007/11/09 11:04 Canon IXY D900IS 資料館の裏手に解体された旧鳥居 2007/11/09 11:08 Canon IXY D900IS 鳥居の柱体に刻印されている几号標 2007/11/09 11:07 Canon IXY D900IS 鳥居の台座には二組とある  2007/11/09 11:08 Canon IXY D900IS 伊能忠敬の像  2007/11/09 11:03 Canon IXY D900IS 三等三角点と世界測地系切り替え記念碑  2007/11/09 11:13 Canon IXY D900IS
富岡八幡宮        解体された旧鳥居    柱体にある几号     旧鳥居の台座      伊能忠敬の像      三等三角点 

深川の富岡八幡宮は門前仲町の商店街の中にあって、 隣の深川不動とともに大変賑わう所である。
この八幡宮の鳥居に記号があることは、地理寮雑報に記載の通りであるが、 几号が刻印されている鳥居はすでに建て替えられ、亡失したものと考えられてきた。
浅野氏は旧鳥居の現存することを突き止め、神社境内左側にある資料館の裏に解体されている鳥居を見つけ、 調査の結果、横倒になった柱体の上面に刻印されている几号を発見した。
浅野氏の几号発見の報を受け早速確認した結果がこの頁であり、浅野氏の綿密な調査と発見の報を頂いたことに深く感謝するものである。
なおこの神社には伊能忠敬の等身大の像があり、説明板によれば測量に出かけるたびにここにお詣りに来たとのこと、 その他三等三角点(富岡八幡宮)があり、何故か世界測地系導入記念碑もある。
また富岡八幡宮は1945年3月10日未明の東京大空襲のまっただ中にあり、その直後の3月18日には昭和天皇が 被災状況を視察に訪れた御野立場の碑もあって、江戸時代から平成にかけての歴史の断片がが凝縮されている。