都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


新宿区市ヶ谷八幡宮

千代田区と新宿区は外堀を挟んで北側が新宿区である。市ヶ谷八幡宮はJR市ヶ谷駅から外堀の外側を走っている 外堀通りにでる。正面に「シャープ」の建物があるがその左2軒目に参道入り口がある。見上げるような急な階段があって 上り詰めると正面に社殿がある。左側には稲荷神社があって階段の下から見えている。 社殿手前右側には屋根のある手水鉢が見えている。

屋根のある手水鉢は綺麗なものだが、その屋根の支柱が曲者となっている。 几号は手水鉢の向かって左側に下部あるが、その支柱が邪魔になって写真がよく撮れない。

 上西勝也氏のHP参照

(新宿区市谷八幡宮 2002年05月18日15時00分 Sony DSC-P1)























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


新宿区神楽坂善国寺

千代田区と新宿区は外堀を挟んで北側が新宿区である。神楽坂はJR飯田橋西口から外堀通りを 直進する上り坂である。古くからの商店街で外堀通りから見てもその賑わいぶりが伺える。 その神楽坂を約400mほど、上り詰めると左側に善国寺の赤と白の派手な社殿がある。 毘沙門天の方がよく目立ち、一瞬善国寺はどこか?と迷うほどである。 正面に社殿があり、左右に虎石がある。

几号は右側の虎石の土台正面にあって、遠くから見えるほど鮮明に残っている。

 上西勝也氏のHP参照

(新宿区市神楽坂善国寺 2002年05月18日15時45分 Sony DSC-P1)