都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


渋谷区宝泉寺



渋谷区東には、明治通を参道の入り口とする氷川神社がある。その参道の途中から右へ折れると、 すぐに宝泉寺と言うお寺がある。 近くに室泉寺等お寺もあるから要注意。鉄筋コンクリート製の本堂だが山門を入ると広くもない境内の左手に手水鉢がある。 その脇に人の高さほどの「常磐薬師堂」と書いてある碑があって、台座前面中央下部に几号がある。
「不」の字の横棒は8cm、縦棒は9.5cm、地上高は30cmの場所にある。  上西勝也氏のHP参照

(渋谷区宝泉寺 2002年02月24日16時00分 Sony DSC-P1)





















都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


新宿区大京町路傍



全くの偶然で発見した独立標石である。 外苑西通が千駄ヶ谷で中央線と首都高をくぐる。すぐ北側に創価学会の建物があってその北側に左へ入って新宿御苑 の方角に行く路地がある。路地を入ってすぐ左側民家の前に独立標石がある。
たまたまここを通りがかったとき、何故か几号標探しのことを思い出す。しかし都内の几号標は探し尽くされて、 こんなところにあるはずもないと思いつつ、キョロキョロする。左側路傍に花崗岩の石が目に入る。 そういえばこう言った石に彫られているものだとも思う。 有る筈もない几号標を、それでも花崗岩の石の上に行って見て驚いた。目を疑った。 幻ではないかと2度3度見直した。上面にはっきりと几号標が刻印されていた。 あたかも几号標が呼んだようだ。不思議なことのあるものだ。
こういうときに限ってカメラもGPSも無い。 取り急ぎ戻って出直して写真と経緯度を計測した。
標石は20cm四方、高さ20cmほどの下部は基礎部で、基礎部も道路上からせり出している。そのすぐ脇に 新宿区と渋谷区の境界標識があって、独立標石は1cmだけ新宿区側にある。 最寄りの駅は千駄ヶ谷、新宿御苑の裏手でもある。
地理寮雑報にある近傍の独立標石は2カ所ある。 「青山六道辻甲賀町一番地新設石柱(新宿区霞丘町六道の辻)」と「四ッ谷元大木戸玉川上水堰際新設石柱」が近い。 今では両方とも行方不明である。しかし大木戸のものは玉川上水堰そのものが撤去されており撤去亡失と思われ、 青山六道辻とある方は場所の同定が出来ないため位置不明となっている。 一方新宿区と渋谷区にまたがる霞ヶ丘は今でも中央線のすぐ南側にあって、今は首都高と中央線によって 分断されているが当時はこの独立標石の位置も霞ヶ丘の一部であったかも知れない。
この標石が元位置であることは考えにくいが、地理的に見て「青山六道辻」の独立標石の可能性が濃厚である。

経緯度 北緯35度40分53秒7 東経139度42分50秒3

(新宿区大京町路傍 2009年10月05日15時55分 CANON IXY 900IS)