都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


港区白金台覚林寺



白金一丁目は目黒通りが国道一号線と分かれるところである。交差点の名前は古くから「清正公前」、 つまり加藤清正公を祀った寺が、この覚林寺である。寺の山門は国道から一段下がっ狭いとおりにあるが、 「清正公大明神」とある、2.5mはあろうかという巨大な碑は、電話ボックスとともに国道の一角を占めている。
その碑の台座左下、つまり電話ボックス側の向こう側に几号がある。 「不」の字の横棒は8cm、縦棒は9.5cm、地上高は25cmの場所にある。  上西勝也氏のHP参照

(港区白金台覚林寺 2002年03月16日14時00分 Sony DSC-P1)


























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


港区赤坂氷川神社




赤坂六丁目にあるこの氷川神社は大変わかりにくい。 アークヒルズの向い側になるのだが、わずかに米国大使館の宿舎が目印になるであろうか。 この社殿は1730年八代将軍吉宗が建立したと言われる簡素な建物である。 境内には港区第2の巨大な銀杏がある。
東に向いた参道入り口には鳥居があって、本殿前にまた鳥居がある。 几号水準点はその鳥居の左足基盤に正面をむいてある。「不」の字の横棒は7.5cm、 縦棒は10cm、地上高は30cmの場所にある。  上西勝也氏のHP参照

(港区赤坂氷川神社 2002年04月20日16時50分 Sony DSC-P1)


























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


港区芝愛宕神社



地下鉄日比谷線神谷町駅にほど近く、標高26mの愛宕山がある。NHKが放送開始したことはよく知られており、 超高層部ビルに囲まれた愛宕山の一角に放送文化会館がある。
愛宕神社はその山頂に位置し、正門の鳥居をくぐって階段を登ると正面に赤い鳥居の奥に社殿が見える。 その赤鳥居の手前右に背丈ほどの「愛宕神社起倒流拳法碑」があって、几号水準点はその台座の南 (右−桜や山吹がある側)側面にある。現場は横棒が辛うじて地表に現れていて、掘り起こして縦棒を見いだしたが、 この几号は「T」の字を示していて、縦棒の下が広がっている非常に珍しいものである。 横棒は6.5cm、縦棒は7cm、底辺は1.5cm、横棒が地表すれすれであることはすでに触れた。 現地には三等三角点もあって、25.69mとなっている。  上西勝也氏のHP参照

(港区芝愛宕神社 2002年04月20日15時40分 Sony DSC-P1)




























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

港区神谷町八幡神社




飯倉交差点から神谷町に向かって100m、左側に鳥居と石段がある。ここが八幡神社で境内は桜が美しい。 石段を登り詰めると社殿が正面に見えるところに鳥居がある。
几号はこの鳥居の左側の足の部分にあって、横棒は8cm、縦棒は9cm、地上高は約30cm程度である。  上西勝也氏のHP参照

(港区神谷町八幡神社 2002年04月20日16時00分 Sony DSC-P1)

(桜は神谷町八幡神社境内 2002年03月21日15時00分 Sony DSC-P1)





























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

ロシア大使館前

飯倉交差点から六本木へ向かう左側は狸穴で知られたロシア大使館がある。その長い塀の西端に 狸穴坂がある。この付近は東京タワーが大きく仰ぎ見ることが出来るところでもある。


ロシア大使館に沿って、3カ所ほどの警察官の見張り所があるが、その西端は狸穴坂の所にある。 その見張り所の足下の歩道上に几号が埋め込んである。 水準点の目的からすれば本来垂直面に表示すべきであるから多分移設したものと推定される。
几号はの大木さは、横棒は8cm、縦棒は9cm程度である。
聞けば、この日も盛岡からの訪問者があったそうで、見張りの警察官もそれなりの知識を習得していた。
 上西勝也氏のHP参照

(港区ロシア大使館前 2002年04月20日16時20分 Sony DSC-P1)





























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

港区南青山七丁目

オーム真理教東京本部で図らずも知られた、青山学園手前の六つ角から日赤本社病院へ向かう細い道がある。 200mほどで3差路の合流点がある。そこに郵便ポストがあって、そのポストの右側に住宅境の塀がある。 住居表示は南青山七丁目13−29とある。
この塀の基礎に几号がある。「不」の字の半分が下のコンクリート土台に埋まっているが、見えている部分の 横棒は7.5cm、縦棒は5cmが確認できる。
変化の激しい東京で住宅に残っている几号は大変珍しく、上西氏によればここだけではないかという。 今の持ち主は昭和初期にこの地に引っ越して以来、今のままにしているとのことであが、戦災も受けなかったのだろうか?

 上西勝也氏のHP参照

(港区南青山七丁目 2002年04月20日12時00分 Sony DSC-P1)





























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

港区芝東照宮



芝東照宮は芝公園の一角にひっそりとある。日比谷通りに面した所に 都営地下鉄三田線の最北の出口が芝公園の中にあるが、 そこから70mほど増上寺寄りに参道の入り口がある。 参道の入り口から芝園橋方面を見ると首都高と芝公園のランプが見える。 すぐに大きな鳥居が見えて、その両側に駐車している車がある。 その鳥居は両足とも囲いがあるが、几号は右足の囲いの中、正面にある。

 上西勝也氏のHP参照

(芝東照宮 2002年05月18日17時30分 Sony DSC-P1)




























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

高輪大木戸



京浜第一国道の名前で親しまれている国道15号線は東海道そのものである。 高輪大木戸は江戸の玄関口として、見送りもここまで、外から来たものはここで”通関”、旅支度を 改める。
伊能忠敬はこの大木戸を全国測量の基準としたことでも知られる。
交通量が激しく、現在は8車線の国道だが、昭和初期に関東大震災史跡に指定され、両側にあった石垣の 片側が保存されて現在に至っている。その記録は、大木戸の石垣の車道側にある 昭和7年の東京市長によるレリーフによって明らかにされている。
場所は京浜急行泉岳寺駅の最北の都心に向かって右側出口のすぐわきで、場違いの石垣が広い歩道の一角に長さ 7m、高さ4mにわたっていて、木々が茂ってこんもりとした小山を作っている。石垣の南側は史跡の碑がある。

几号はその石垣の車道側、北端の最下段にあって、きわめて保存状態がよい。 しかし問題は車道側にあることだ。激しい交通量の”一国”である。 容易なことでは撮影はおろか見ることさえかなわぬ。石垣の100m程北側にある信号が赤になった時、 この短い赤信号の間が唯一の撮影タイムだ。
ついでに前述の東京市長のレリーフも車道側にあるので、あまり知られていないのではないか。

 上西勝也氏のHP参照

(高輪大木戸 2002年05月18日17時45分 Sony DSC-P1)





























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

白金西光寺



渋谷駅から田町駅まで都バスがある。恵比寿から国道一号線まで恵比寿通りを走るバスである。 昔からある路線で都バスではNo1の売上を誇っているそうだ。 このバスの田町駅行きに乗るとバスが恵比寿を通り、外苑東通りを横断すると北里病院のバス停があり、 そのもう一つ先に三光坂下バス停がある。 バス停の目の前に三光坂がある。西光寺はその恵比寿通りと三光坂の角にある。
この界隈は寺町で、西光寺はそのひとつであるが規模は小さい。その寺の山門を入ると正面に本道があり、 左手に「南無阿弥陀佛」の石碑があって、台座正面には「渡陸尺」と刻字されている。 その台座の左側側面に几号がある。

 上西勝也氏のHP参照

(西光寺 2002年05月19日12時45分 Sony DSC-P1)





























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

三田綱坂



渋谷駅から田町駅まで都バスがある。恵比寿から国道一号線まで恵比寿通りを走るバスである。 昔からある路線で都バスではNo1の売上を誇っているそうだ。 このバスの田町駅行きに乗ると慶応義塾大学の正門前にバス停がある。 国道1号線に面した交通量が激しいところだが、このバス停の少し手前で三叉路になっている。 右に緩やかに曲がる方が1号線、直進する狭い道を入ると左に慶応義塾中等部がある。 その前を通過して間もなく上り坂となる。これが綱坂である。
この綱坂には名前の由来を記した案内板があるが、それによると「羅生門の鬼退治で有名な 平安時代の武士 渡辺ノ綱 が生まれたところ」とある。 よくぞへんぴな当地が平安時代まで遡れるものだと感心しきりである。
綱坂の下から上まで左側は全部古い塀が続いている。三井クラブの敷地だが、越後屋(後の三越) からスタートした紀伊の商人だった三井家の往年の栄華が偲ばれる。 右側にはイタリア大使館があるが、この界隈は先進国の大使館が多いところでもある。
綱坂はあがりきると突き当たって三叉路となる。左側は三井クラブ、正面は保険局である。
綱坂は一方通行の道である。従って上から見ると通行止めの標識が道路の両側にある。 几号がある所は、綱坂の右側(下から見て)、三叉路から見て左側、通行止めの標識の直下の舗道上に埋め込まれている。 当然のことだが垂直面に掘られているはずの几号が路面にあると言うことは、どこからか移設されてきて几号の部分だけが 今のように路面に残っているからであろうと推定される。

 上西勝也氏のHP参照

(三田綱坂 2002年05月19日13時10分 Sony DSC-P1)





























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

芝鹿島神社



芝鹿島神社は地元の私でも、どこにあるのかさっぱり分からない。 地図にも載っていないし、マピオンにも掲載されていない。 上西氏のHPを頼りに田町駅東口(芝浦口のことではないか?)を探し回ったが見つからない。 芝浦口に近い交番に聞いたら分かった。なんと西口である。 西口をおりて激しい交通量の都道に出ると、もう都心そのものである。三菱自動車本社の建物が東京三菱銀行の隣にある。 その左側にわずかな隙間があって、線路方向に狭い道路が延びている。そこを入っていくと線路際に今や朽ち果てようとしている神社がある。 字もかすれて良く読めないが鹿島神社とある。
本殿に向かって左奥に本来神社本殿の両側にあるはずの狛が2基、片づけられたがごとく無造作に置いてある。 その奥の方に台座には大きく赤で、「若者中」とある。几号はその「者」と「中」の間の下にある。
なぜこのような荒れ果てた神社に几号があるのか不自然に思い、昔の栄華を訪ねて付近を歩いたところ、 線路に沿って本芝公園があって、その中に往年の様子が書いてある案内板があった。 曰く「往時はこの公園(勿論東海道線始め今の線路も)は海中に位置し、鹿島神社が海を睨んで海岸にあった」と記されている。 神社には由来を書いた案内板も無く、この情報が唯一の手がかりだが、海を睨んで漁師達が無事を祈願して、 鹿島神社に集うたのではないだろうか。  上西勝也氏のHP参照

(芝鹿島神社 2002年05月19日13時45分 Sony DSC-P1)

2006年11月建て替え後の様子

 2007/01/12 16:30 携帯電話カメラ  2007/01/12 16:30 携帯電話カメラ  2007/01/12 16:30 携帯電話カメラ  2007/01/12 16:30 携帯電話カメラ  2007/01/12 16:30 携帯電話カメラ

ところが2006年になってから浅野氏から「鹿島神社が無い」と言う衝撃的な情報を頂いた。 急遽現場に急行したところ、鹿島神社の位置は建設現場と化し、白いシートで覆われて囲いの中は掘り返して神社は跡形も無くなっていた。 建設は神社の建て替えであることも分かったが、狛犬はどうなっている事やら少なくとも見える範囲内の視界には 入ってこなかった。
この状況を見て、一縷の望みを託しながらも亡失の可能性が大であると判断せざるをえなかった
2007年1月、たまたま乗り合わせた山手線の車窓から新装なった鹿島神社が目に入った。 夕暮れ迫りカメラもない状態だったが、ともかく途中下車することにした。 現地はすっかり整備され、コンクリート造りの社殿は往時の朽ち果てんばかりの面影はなく、すっかり生まれ変わっていた。
あまりキレイになると古い狛犬がかえって心配ではあったが、何と神社を守る狛犬として見事に復活していた。 それは周囲の石造りの社殿や鳥居には不釣り合いであったが、狛犬には由来があるのかも知れない。 ともかく明治以前の狛犬は鳥居の左右に置かれて、几号はその右側の狛犬に無事刻印されていた。 これで当分保存されると思うと安堵の気持ちで一杯であった。