都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


中央区一石橋迷子知るへ石



霊巌島水位標から始まる東京・塩竃間の几号水準点は、霊巌島から奥州街道に沿って遠く塩竃神社まで65カ所が文献に残されており、 そのうち4カ所目の几号が、ここ東京駅八重洲口に近い一石橋にある。現存が確認されている几号では 東京・塩竃間最初のものである。
八重洲口を出て外堀通りを左の方に歩くと、すぐに呉服橋交差点にでる。江戸時代から 伊勢の越後屋(後の三越)、近江の高島屋など呉服商が集中して一大繁華街を形成したところである。 今は日銀本店の裏手裏手にも相当する。
その呉服橋交差点を過ぎた所にあるのが一石橋、半分は首都高に潜っている。 その橋の手前(八重洲口寄り)左側の橋桁の脇に東京都指定有形文化財になっている迷子石が金網の中に保存されている。
「迷子知るへ石」とは、迷子の告知板、江戸版”訪ね人”である。江戸時代後半に入ると前記のように繁華な 場所となり、迷子が多く、1857年(安政5年)に迷子石が設置された。 正面には「満よい子の志るへ」右側には「志らする方」、左側には「たづぬる方」とあって、それぞれ上部に窪みが あって、そこに似顔絵、特徴など書いた紙を張り付ける、いわば庶民の告知板として使われたものである。 同じものは湯島天神内、浅草浅草寺に合ったという。 とは、現地にある史跡案内に記された内容である。
几号は、正面の「満よい子の志るへ」とある「へ」の字のすぐ下に鮮明に彫られている。  上西勝也氏のHP参照

(中央区一石橋 2002年06月15日15時08分 Sony DSC-P1)





















東京市道路元標

<目次に戻る>


中央区一石橋迷子知るへ石



霊巌島水位標から始まる東京・塩竃間の几号水準点は、霊巌島から奥州街道に沿って遠く塩竃神社まで65カ所が文献に残されており、 そのうち4カ所目の几号が、ここ東京駅八重洲口に近い一石橋にある。現存が確認されている几号では 東京・塩竃間最初のものである。
八重洲口を出て外堀通りを左の方に歩くと、すぐに呉服橋交差点にでる。江戸時代から 伊勢の越後屋(後の三越)、近江の高島屋など呉服商が集中して一大繁華街を形成したところである。 今は日銀本店の裏手裏手にも相当する。
その呉服橋交差点を過ぎた所にあるのが一石橋、半分は首都高に潜っている。 その橋の手前(八重洲口寄り)左側の橋桁の脇に東京都指定有形文化財になっている迷子石が金網の中に保存されている。
「迷子知るへ石」とは、迷子の告知板、江戸版”訪ね人”である。江戸時代後半に入ると前記のように繁華な 場所となり、迷子が多く、1857年(安政5年)に迷子石が設置された。 正面には「満よい子の志るへ」右側には「志らする方」、左側には「たづぬる方」とあって、それぞれ上部に窪みが あって、そこに似顔絵、特徴など書いた紙を張り付ける、いわば庶民の告知板として使われたものである。 同じものは湯島天神内、浅草浅草寺に合ったという。 とは、現地にある史跡案内に記された内容である。
几号は、正面の「満よい子の志るへ」とある「へ」の字のすぐ下に鮮明に彫られている。  上西勝也氏のHP参照

(中央区一石橋 2002年06月15日15時08分 Sony DSC-P1)