都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区赤坂見附



赤坂見附にはお堀を渡る弁慶橋がある。その上に立って三宅坂の方を見ると、首都高が千代田トンネルへ入って行くのが よく分かる。その千代田トンネルの入り口に石垣が見える。
首都高と平行している国道246号線を三宅坂の方へ行ってみよう。赤坂プリンスホテルの方角だが、石垣はその手前 にある。「赤坂見附跡」の碑があってこんな所に石垣が残されているかと驚く場所である。
几号はその石垣の歩道寄り、赤坂見附交差点に寄った最下段にある。
見附とは見張り場のこと、江戸城への侵入者をいち早く発見する場所として見附があった。赤坂見附、四谷見附 などが相当する。

 上西勝也氏のHP参照

(赤坂見附跡 2002年05月18日14時30分 Sony DSC-P1)






















都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区市ヶ谷新見附橋東



市ヶ谷新見附橋はJR市ヶ谷駅と飯田橋駅の中間にある。ちょうど外堀と中央線を跨ぐ形で橋が出来ている。 市ヶ谷付近の外堀通りから眺めると外堀の水面に緑の影が映え、中央線や総武線の橙色や黄色の電車が お堀の縁を走っている。橋の向こうには法政大学の巨大なビルが見えている。
さて、几号は外堀通りから橋を渡って右側、橋のたもとに公衆トイレがある。 そのトイレの入り口前の歩道に埋め込まれている。 当然のことだが、移設されてここに埋め込まれたものと理解できる。

 上西勝也氏のHP参照

(市ヶ谷新見附橋 2002年05月18日15時15分 Sony DSC-P1)
























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区靖国神社大灯籠



田安門の前から靖国神社の大鳥居をくぐって神殿に向かって行くと大きな神門がある。 正面に本殿が見えている。 その神門をくぐってすぐに大きな灯籠が左右にある。 几号はその左側の灯籠の基台下、本殿側にある。

 上西勝也氏のHP参照

(靖国神社 2002年05月18日15時30分 Sony DSC-P1)
























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区ニコライ堂主教館



お茶の水のニコライ堂の場所の説明もいるまい。言わずと知れた日本ハリスト正教会の総本山である。 その礼拝堂は重要文化財に指定されているおり、礼拝堂の正面入り口の前に主教館がある。
その主教館の北側(JR寄り)に回り込むと、訳の分からぬ碑石のようなものがある。 多分宗教的な意味があるのだろうか?几号はその碑石のようなもののすぐ左に新しく作ったと思われる階段の 一段目の所に建物にある。モルタルが塗られ、階段に埋没しそうな状態であるが、しかし不鮮明ながらまだ完全な 姿である。教会側の意味は知ってか知らずか、意識的に保存している意図が伺える。

 上西勝也氏のHP参照

(ニコライ堂 2002年05月18日15時50分 Sony DSC-P1)

























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区日比谷公園亀石



日比谷公園には2ヶ所の几号があると聞く。 その一つは日比谷交差点に近い心字池の畔にある。心字池がどこにあるかをくどくど説明するよりは、 日比谷公園内にある案内看板を見れば一目瞭然、日比谷通りに沿って細長いこの池には鴨やサギが羽を休める。
この池の日比谷通りとは反対側のほとりに亀石と言われる亀の甲に似た踏み石がある。 その大きさは長さ2m、巾1.5m、高さ20cm程の大きな亀の甲だ。 几号はその亀石の池に向かって手前上面にある。この石には多くの人が立ち止まって池を見る。しかし何人の人が 几号に気づくのだろうか。
水平面に刻まれている几号は必ず移設されたものである。日比谷公園の開園が1903年(明治36年)であり、 開園時には几号はすでに過去のものとなっている。元々はどこかで垂直に立っていた亀石だったはずであり、 それが造営時にどこからか運ばれてきたのであろうか。

 上西勝也氏のHP参照

(日比谷公園心字池 2002年05月18日16時20分 Sony DSC-P1)

























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区日比谷公園烏帽子石



日比谷公園内2ヶ所目の几号は内幸町寄りにある。 日比谷公会堂が目の前にある、内幸町交差点の交番の裏に、烏帽子のような石がある。 ちょっと離れて写真を撮れば内幸町のビル群と交番の2階建ての建物があって、その手前に 烏帽子のような石が写る。
近づけば下草が生い茂った交番の裏の一角に烏帽子石があって、その案内板もあるから間違えることはない。
几号はその烏帽子石の中央下部にある。日比谷公園が明治36年開園だからこの烏帽子石も移設されたものである。
上西氏のHPによれば、「烏帽子石は江戸時代に江戸城外郭市ヶ谷御門の石垣にあったもので形が烏 帽子(えぼし)に似ているため烏帽子石と呼ばれていました。明治時代に道路 拡幅のため石垣が取り壊された際、日比谷公園に移されました。」と解説している。

 上西勝也氏のHP参照

(日比谷公園烏帽子石 2002年05月18日16時30分 Sony DSC-P1)

























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区皇居大手門



皇居の門はいくつもあるが、その基本形は門がダブルになっていることである。 最初の門から入ると左右どちらかに直角に曲がっていて、そこに大きな城壁を持った門がある。 侵入者から江戸城を守るために出来た形である。 しかし几号の場所を説明するときにどちらの門なのか分からないので、ここでは内の門、外の門と言う記述で 場所を説明する。
さて大手門は大手町ビル街の近くだ。 広い地下鉄大手町駅のC1出口が近い。目の前にパレスホテルがある。
几号はその大手門の外の門、扉外側の右側石垣最下段側面にある。

 上西勝也氏のHP参照

(大手門 2002年05月19日14時20分 Sony DSC-P1)

























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区皇居田安門



皇居の門はいくつもあるが、その基本形は門がダブルになっていることである。 最初の門から入ると左右どちらかに直角に曲がっていて、そこに大きな城壁を持った門がある。 侵入者から江戸城を守るために出来た形である。 しかし几号の場所を説明するときにどちらの門なのか分からないので、ここでは内の門、外の門と言う記述で 場所を説明する。
さて田安門は靖国神社の大鳥居の向かい側にある。九段下でもあるが、桜で名高い千鳥が淵は田安門から始まる。
几号はその田安門の外の門、扉外側の右側石垣最下段正面にある。 この几号は上半分が破壊されて三脚だけになっている。破壊された所には金属片が突き刺さっていて、心なき者の仕業か痛々しい限りである。

 上西勝也氏のHP参照

(田安門 2002年05月19日15時30分 Sony DSC-P1)

























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区皇居桜田門



皇居の門はいくつもあるが、その基本形は門がダブルになっていることである。 最初の門から入ると左右どちらかに直角に曲がっていて、そこに大きな城壁を持った門がある。 侵入者から江戸城を守るために出来た形である。 しかし几号の場所を説明するときにどちらの門なのか分からないので、ここでは内の門、外の門と言う記述で 場所を説明する。
さて桜田門は地下鉄有楽町線桜田門駅が目の前にある。多くの地下鉄が乗り入れている霞ヶ関からもほど近い。 大手門が東側、田安門が北側に位置するに対し、桜田門は南側に位置する。 桜田門は井伊直弼の暗殺現場で知られるが、今では桜田門に立つと交差点の左側に赤レンガの最高裁、右側に警視庁があって、 奥に向かって霞ヶ関官庁街が見え隠れする都心真っ直中である。
さてその桜田門を入ると右に直角に曲り、すぐに内の門がある。 几号はその内の門内側左の石垣最下段側面に地表から5cmの所にある。

 上西勝也氏のHP参照

(桜田門 2002年05月19日16時45分 Sony DSC-P1)

























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区皇居天守台跡



天守台跡は皇居本丸にある。北桔梗門が近い。 あまり馴染みがない門だが、国立近代美術館の先に国立公文書館があって、その左から北の丸公園に直進する車道がある。 その車道と反対方面を右折すると北桔梗門になる。 地下鉄では竹橋が近い。 北桔梗門を入ると目の前に大きな石垣の城壁があるからすぐ分かる。
晴れた日には天守台の上から都心方向がよく見える。 天守台城壁は1607年2代将軍秀忠によって造営、その後1638年に3代将軍家光によって大改造された。 しかし1657年明歴の大火(振り袖大火)によって焼失、その後は再建されないで今日に至っている。
ところで几号は、この城壁の北東隅、石垣の最下段の東面にある。 この天守台跡は上西氏のHPによよば、「石垣の上面に陸地測量部と刻字された現行の三等三角点や わが国で最初の大三角点と思われる×が彫ってある標石などありますが、この天守台跡は明治中期に 内務省地理局の天文台が設置されていたことがあり測量とは縁の深いところです。」とある。

 上西勝也氏のHP参照

(天守台跡 2002年05月19日14時45分 Sony DSC-P1)


























都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


千代田区皇居竹橋



地下鉄竹橋駅から竹橋をわたると国立近代美術館である。 道路を挟んで反対側にはこんもりとした木々がはえる石垣があって、お堀に面した木陰がある。 ここからお堀を見ると竹橋や、お堀の水面とともに、毎日新聞社が大きく視界を遮る。
几号はこの石垣の最下段の側面、青い手すりの脇にあり、「不」の三脚部分の先が地表面に埋まっている。

 上西勝也氏のHP参照

(竹橋 2002年05月19日14時10分 Sony DSC-P1)