都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

文京区湯島天神

湯島天神は東京では大変良く知られた神社である。 地下鉄千代田線の湯島下車、地下鉄ホームから案内標識があり迷うことなく本殿まで行ける。 ただしこちらは裏口の方で急な階段の「男坂」と緩やかな「女坂」の2ルートがあるが、 いずれも本殿の脇にでる。本殿から南にまっすぐに参道が延びていて、神域の境の正面鳥居はすぐ分かる。 この銅製の鳥居は1667年建立とある。 本殿に向かって鳥居の左側台座正面に几号がある。
ところで湯島天神だが、言わずと知れた菅原道真公が祀られている。 だから合格祈願の学生でごった返す。また境内の梅は都内の名所でもある。 本殿は長いこと改装工事をやっていた記憶があるが1995年に完成したとある。 参道に並ぶ門前町も未だに賑わいを見せているが、地下鉄千代田線の開通以来人の流れが逆になって、 賑わいが徐々に寂れていくのが心配である。

 上西勝也氏のHP参照

(湯島天神 2002年05月19日14時10分 Sony DSC-P1)

































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

文京区小石川宗慶寺



小石川植物園は江戸時代の小石川療養所の薬草園である。
この植物園の最寄りの鉄道は地下鉄丸の内線茗荷谷駅であるが、1km以上あって大変不便である。 従っておよそ20分毎に上野駅から地下鉄千代田線根津駅、地下鉄三田線春日駅、小石川植物園前、JR大塚駅、 JR池袋駅に至る都営バスがあるからこれらの駅から乗り換えるのがよい。
小石川植物園BSの脇にあるのが共同印刷社屋、社屋に沿って上り坂があるがこれが吹上坂、その坂を100mほど上った右側に 宗慶寺がある。すでに鉄筋コンクリート化された本堂だが、門前に「極楽水」と書いた碑がある。ツツジの植え込み などがあってその台座はほとんど見えない。 このあたりは地下水が今でも出ていて、この碑の脇に今でも使われている井戸がある。現在でも生きている正真正銘の ”標識”でもある。
さて几号だが、これが完全に埋没している。狭い植え込みのある場所だが、この碑の台座正面(道路側)の地表面下 約10cmの所に不の字の水平部分がある。寺の方に断って三方を掘ったが結局は正面の出てきた。 几号のことをご存じ無かった寺の方に見ていただいて、掘った後をそのまま残して見える状態にして引き上げた。
それにしても完全に埋没している几号をどうやって見つけたものだろうか。 地理局(現在の国土地理院)の資料によれば「小石川久堅町85番地極楽水碑臺石」とあるので、近所から 移設されて現在地にあるものと推定されるだけに、場所の調査、几号の発掘など、その執念には驚かされるものがある。

 上西勝也氏のHP参照

(小石川宗慶寺 2002年06月16日14時00分 Sony DSC-P1)
































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

文京区小日向水道端本法寺



本法寺周辺の小日向は寺町である。隣もその隣もすべてお寺と言う場所である。 その中にあって何故この寺に几号があるのか、その選ばれた理由は推定不可能である。
さてこの辺り一帯は、都内でも大変地味で知られざる地域であるが、この寺に行くには地下鉄有楽町線がよい。 池袋に向かって前方から降りると、出口は江戸川橋交差点である。地下鉄は目白通りに沿っている。 その交差点の川を渡って、川の向こう側(北側)に目白通りと平行した車道がある。 その車道を飯田橋方面に向かうと500m程で区立五中前交差点がある。さらに進むと200m程で 右側に水道端図書館がある。右側は寺また寺だが、この図書館の斜め前にあるのが鉄筋コンクリート製の本堂を持つ 本法寺がある。正面に本堂を見て右側に庫裏がある。その庫裏の玄関前に「尾」と書いた台座がある。 台座の上に載っている大きな鉢が印象的だ。 その台座の左側奥に几号がある。
さてこの台座、地理局資料によれば「鉄水鉢臺石」とあり、この寺の鉄製の天水受けの台座であったようだ。 従ってもともとは本堂前にあったようだが、現在は台座だけが庫裏の玄関前に移設されたものと思われる。
ところで本法寺ではwebサイトを開設している。当世webサイトを持っている社寺は少なくないが、 几号水準点のページを有する社寺のwebサイトは珍しいことだ。 上西勝也氏のHPと共に本法寺のホームページも参考にされたい。

 本法寺のHP参照

 上西勝也氏のHP参照

(小日向本法寺 2002年06月16日13時20分 Sony DSC-P1)
































都区内の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>

文京区千石3丁目路傍


  付近図     千石三路傍几号     千石三路傍几号     付近の二等水準点   付近の二等水準点

巣鴨に未発見の几号高低標があることの池澤氏からの情報があり、猛暑の訪問した。 山手線巣鴨駅から国道17号線に沿って南下(上り)、不忍通りとの交差点の「千石一」の一つ手前の 角を西に入る。約400m先右側(北側)電柱脇の路傍に表面だけ路面に出して几号標がある。
この地点の几号に対応する地理寮雑報の記述は、 「向丘(駒込追分町)駒込追分町八番地際道路傍新設石柱(74.26尺 路傍)」がある。
これに対し現地標高は26m、現地現住所は仙石3丁目である。、 しかし当地は国道17号線(中山道)を挟んで東側は本駒込であり、 追分町と言う地名から推定すれば中山道近傍だと考えられる。 今の場所は中山道から西400mほどにあるが標高も一致しており、 元位置から若干の移設はされたものの、この几号が 「駒込追分町八番地際道路傍新設石柱」である可能性は極めて高いと考えられる。
また現在は殆ど埋没して上面だけが路面に出ているが、 「石柱」とあることと一致している。

北緯 35°43′37″01  東経139°44′24″83 標高26.56m

 (千石四路傍 2010年08月06日16時30分 CANON IXY 900IS)