栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栃木県那須基線南端

那須基線は関八州大三角測量を行うに当たって、その距離を正確に測るため、那須野ヶ原の直線部で 実測を繰り返した所である。また標高を与えるため、塩竃基線からの相対的な標高差を測定した地点でもある。 南端と北端は約10km程離れており、その測定距離はメートル法で10,628.310589mであり、 その測定誤算は30万分の1であったと聞く。
南端は写真のように保存され、蓋を開けた所も撮っておいた。 その中は、ほんの点でしかない1点があって、北端も同じ構造で、この2点間を測定したものである。 那須野ヶ原にあるライスラインは、測定したそのままを道路にしたのではないかと思われるほど一直線で、 国道461号線との交差点の南東1km、道路がようやく左に曲がる所の右側にある。
千本松にある北端とは櫓を組んで見通せたそうである。 なお、ここには几号標はなく、北端に独立石標としてあるだけである。
すぐ脇には3等三角点「南区」がある。

(那須基線南端 2002年04月28日14時40分 Sony DSC-P1)

栃木県那須基線北端

那須基線北端は東北道那須塩原ICから塩原方面へ向けてすぐに千本松牧場がある。 車の多いところだが、その手前左側に広大な草地試験所がある。その正門が国道400号線に沿っていて、 正門脇に芝で整備された塚がある。 独立石標があってここに几号標がある。 塚の中は南端で見た仕掛けと同じものが入っていると見られる。
現地にある説明板によれば、もともと50メートルほど南東にあったもを、ここに移設下と記されている。

(那須基線北端 2002年04月28日14時15分 Sony DSC-P1)



























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栃木県大田原上町金灯篭台石

奥州道中は大田原市の手前で国道461号線に合流して、そのまま市の中心部に入る。 そのもっとも中心部にある交差点が金灯篭交差点だ。交差点の脇に整備された敷地に金灯篭 があって、几号標はその台座正面にある。

(大田原市上町金灯篭 2002年04月28日15時20分 Sony DSC-P1)



























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栃木県中田原村蛇尾川北方黒羽道旧供養塔台石

国道461号線は大田原市中心部を北東に抜けると、 蛇尾川を渡ってすぐに右に折れる。奥州道中の方はここから左へ折れて県道に入り、芦野へ向かう。 蛇尾川をわたって県道にはいると河原集落である。右に松本豆腐店がある。
黒羽道旧供養塔はその豆腐店の庭先から入った裏手の奥にあった。 几号標は3座ある供養塔の中央台座正面左にあるが、かなりすり切れていて、 水に浸した筆で文字を濡らして、ようやく撮影した次第、池澤氏の苦労の結晶が忍ばれる写真である。

(黒羽道旧供養塔 2002年04月28日15時30分 Sony DSC-P1)



























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栃木県練貫村字下町観音阪下十九夜塔

奥州道中は随所に「奥州道中」の立て札を見せながら一路北東に向かう。途中新幹線那須塩原駅へ向かう県道とクロス、 間もなく練貫集落である。
十九夜塔は、そんな奥州道中の左側、練貫公民館の入り口付近の、文字通り”道ばた”にあって、 草むらの中に静かにたたずんでいる。 几号標は十九夜塔の台座中央にあるが、かなり薄れてきている。

(観音阪下十九夜塔 2002年04月28日15時40分 Sony DSC-P1)



























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栃木県鍋掛那珂川西岸馬頭観音(石塚)



奥州道中は鍋掛集落で那珂川を渡る。このあたりの那珂川はまだ清流でこの付近は浅い渓谷となって 心地よい風景を与えてくれる。 那珂川を渡る橋の手前左に茂みがあって、その木立の中に馬頭観音石塚がある。 几号標はその馬頭観音石塚の台座中央にある

(那珂川西岸馬頭観音 2002年04月28日15時50分 Sony DSC-P1)


























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栃木県越堀那珂川東岸村境標

奥州道中は鍋掛集落で那珂川を渡ると越堀集落に入る。 右側の小さな丘の上にある浄泉寺の境内にあがると黒磯市指定文化財(史跡)黒羽領境界石と書いた市の標識があって、 境界石がある。そして境界石の由来を書いた案内板がある。 市の史跡に指定されているから、その台座正面にある几号標も、便乗して当分は保存されるだろう。

(那珂川東岸村境標 2002年04月28日15時55分 Sony DSC-P1)




























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栃木県芦野駅奈良川高橋際石地蔵

奥州道中をさらに北東へ、やがて芦野集落に入る。 石細工が盛んな集落なのだろうか、道ばたに多くの石塚があり、また歴史や郷土史を大切にする町として、 大変整備された史跡が多い。294号線を突っ切ると、すぐに奈良川があって、その脇に地蔵像を納めたお堂がある。 几号標はその台座正面にあるが、地蔵自身の保存が行き届いていて、几号標の保存にも安心感を与える。

(高橋際石地蔵 2002年04月28日16時05分 Sony DSC-P1)

芦野町道路元標

芦野町の中心部、芦野町の道路元標があり、よく保存されている。

(芦野町道路元標 2002年04月28日16時07分 Sony DSC-P1)


























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栃木県横岡村峯岸地内牛石

国道294号線となった奥州道中を奈良川に沿って北上、 やがて横岡集落に入る。 この付近では有名な牛石(ベコ石)は、国道から左に入った、樹林の中にあるが、標識がしっかり しているので迷う心配は全くない。 この大石は牛が寝そべっているように見えるから牛石(ベコ石)と言う。そう言われれば・・・・。 大石にはなにやらびっしりと書き込まれており、読む時間も無かったが、その縁にあるのが几号標、 よくこんな所に几号標を彫ったものと感心ひとしきりである。、

(牛石 2002年04月28日16時15分 Sony DSC-P1)


























福島県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


福島県川篭村吉次八幡脇地蔵



馬頭観世音大菩薩几号から国道294号線を北上する。切り通しとなっている峠には栃木側、福島側とも にそれぞれの明神様を祀っており、その上には白川の関で有名な二所の関跡があって、今は訪れる人も 少ない。 峠からすぐの所の左側に東北で財をなした吉次の墓があって、八幡神社となっている。 写真はお地蔵様の位置から吉次八幡神社を背景にした池澤重幸氏、そしてお地蔵様の几号標の 位置を指さす私、それに几号標、栃木県串刺しの几号標をわずか1日で早回りの旅も終わって、 ほっとした瞬間でもある。

(吉次八幡脇地蔵 2002年04月28日16時40分 Sony DSC-P1)

二所の関

峠にある二所の関碑、白川の関は白川城趾にあるが、往事に関所として機能したのはどちらなのだろうか。 今は下草に埋もれているが、その下草のニリンソウが一面に咲き誇っていて、思わず目を奪われてしまった。 この際はニリンソウを前景に撮ろうとシャッターを押した一枚の写真である。

(二所の関 2002年04月28日16時45分 Sony DSC-P1)


























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


市野澤村界標傍新設石標



大田原市市野沢の几号は最近浅野氏によって発見されたものであり独立標石である。
県道72号線(旧陸羽街道)がライスラインと交差する市野沢交差点からおよそ250m北上した地点左側の 草むらの空き地にある。几号は道路に対して正面を向いており、おそらく設置した当時そのままの 状態であったか或いは再現されたものであろう。
鳥居や碑に刻印されたものと異なり、標石自体の歴史的価値が分からないまま 亡失のおそれがあり、何らかの手を打つことが必至と考えられる。

(市野沢 2005年10月20日10時05分 Nikon COOLPIX 8700D)

























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


寄居村両国界標石崖



国道294号線の栃木・福島の県境が白川の関である。 ここには切り通しとなっている左側の小高い石垣の上の 雑木林の中に県境標がある。几号はその直下、石垣に刻印されていて殆ど埋没しているので 、掘り起こして撮影したものである。
上段左は国道右側の境界標識、中は県境から福島側をみたもの、右は栃木側を見たものである。 几号はやや大きめで「距仙台oo里」の里程標に刻印されている几号に似ている。

(国道294号線栃木・福島県境 2005年10月20日11時10分 Nikon COOLPIX 87000D)

























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


寺子村街道中央大黒天臺石



JR黒磯駅の東10km、北東に走る県道72号線(陸羽街道)の寺子交差点の手前 100mほどの左側に小高い森がある。急な階段を登ると社があり、左右に石灯篭と大黒天がある。 几号はそのどちらかにあるはずだが、左右共に4方を10cm程度掘ってみたが、 表面が荒い材質が現れて几号刻印には適さないと思われ几号の確認ができなかった。

(寺子 2005年10月20日10時30分 Nikon COOLPIX 8700D)




























栃木県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


寄居村字大久保壷瓢箪石

294号線に沿って牛石から1.8km、目印らしいものはないが、穂と座と離れた緑の崖っぷちに 瓢箪石と言われる路傍の石がある。 その脇には瓢(フクベ)石と描いた碑がある。 すぐ脇には「初花清水100m先」と描かれた標識があってうまい清水が出るのだろう。
両方の石の地際をつぶさに調査したが几号は見あたらず、また表面も荒く几号刻印には適さないと 推測される。

(寄居瓢箪石 2005年10月20日11時00分 Nikon COOLPIX 8700D)