栃木県の几号水準点を訪ねる

<戻 る>


栃木県は東京塩竃間の几号設置経過地でかつ那須基線の所在地でもある。 2005年10月現在判明している設置ヶ所は、那須北端几号標1ヶ所を含めて40ヶ所、このうち現在存在が確認されている 27ヶ所である。
これを最初に踏破したのが2002年4月、その後新たに発見される都度、2003年11月、2004年3月、 2005年10月と池澤氏の案内で調査を重ね、現在に至った。
これらの几号標の中には、池澤氏によって初めて存在が確認されたものもあり、貴重な実地検分となった。
なお、一部の水準点や道路元標も取材したので最寄りの几号標のページで紹介したい。

行 政 区 名 場   所   名 訪座年月日 備        考
栃木県野木駅字2丁目 七五三引稲荷華表 2002/04/28 1000 野木神社境内 稲荷神社の鳥居左下正面
栃木県友沼村 法音寺門内供養塔 2002/04/28 1010 供養塔の台座は弘法大師塔に転用 その台座正面     池澤氏再発見
栃木県間々田村南口 住正寺門前十九夜塔 2002/04/28 1010 龍昌寺の間違い 十九夜塔は門内に移設 台座正面    池澤氏再発見
栃木県粟宮村字東 道上観世音塔 2002/04/28 1025 粟宮公民館脇の共同墓地内 観世音塔台座正面
栃木県小山駅 須賀神社石造幟枠 2002/04/28 1045 本殿側の旧石造幟枠 短かい方の背面地表
栃木県喜沢村字溜端 陸羽結城分角新設 2002/04/28 1110 JR線路敷地内に移設された独立石標あり その線路側   池澤氏再発見
栃木県小金井上町 十九夜塔 2002/04/28 1125 上町公民館ポンプ小屋裏手に移設 十九夜塔台座側面   池澤氏新発見
栃木県石橋町石橋駅南口 花ノ木妙法供養塔 2003/11/03 0830 愛宕神社境内 供養塔台座正面中央
臺新田字堀越 妙法供養塔 2005/10/20 0905 栃木県宇都宮市台新田仁田村塚越供養塔台座正面
栃木県宇都宮南口 蒲生君平里 2002/04/28 1200 宇都宮市指定史跡 蒲生君平碑台座正面
栃木県宇都宮市海道町 供養塔台石 2003/11/03 0900 白沢海道海道町交差点先左小林家「感恩報徳の碑」台石中央  池澤氏新発見
栃木県上阿久津村字大坂 二十三夜塔台石 2003/12/05 0950 鬼怒川阿久津大橋手前上阿久津上町BS近く台石裏面半分埋没 池澤氏新発見
栃木県挾間田村弥五郎坂 一ノ堀際大黒天 2002/04/28 1255 「明治時代の水準点」の案内板あり 左側大黒天台座
栃木県下河戸村字引田 御野立場(新設) 2004/03/11 1100 明治天皇行幸所内独立石標正面                  池澤氏新発見
栃木県佐久山駅南口150 観世音堂境内 2002/04/28 1400 「水準点 観音堂境内」の案内板 案内板背後の積み石
栃木県佐久山駅北口 浄正寺阿弥陀如来像 2002/04/28 1405 正浄寺 石像台座は取替え 旧台座は本堂前植え込み     池澤氏新発見
栃木県大田原市 那須基線南端 2002/04/28 1440 ライスライン上野原 几号標なし
栃木県西那須野市 那須基線北端 2002/04/28 1415 千本松草地試験所正門前 独立石標
栃木県大田原上町 金灯篭台石 2002/04/28 1520 大田原市金篭灯交差点 金篭灯台座
栃木県大田原市市野澤 村界標傍石標 2005/10/20 1005 大田原市市野澤417境界石独立石標
栃木県中田原村蛇尾川北 黒羽道旧供養塔台石 2002/04/28 1530 蛇尾川河原集落内松本豆腐店裏手 3座の供養塔中央台座
栃木県練貫村字下町 観音阪下十九夜塔 2002/04/28 1540 練貫公民館入口 十九夜塔台座
栃木県鍋掛那珂川西岸 馬頭観音(石塚) 2002/04/28 1550 鍋掛集落那珂川西岸 茂みの中に馬頭観音石塚 台座中央
栃木県越堀那珂川東岸 村境標 2002/04/28 1555 那珂川東岸浄泉寺の境内 黒羽領界石台座中央
栃木県芦野駅奈良川 高橋際石地蔵 2002/04/28 1605 芦野町で奈良川渡る 左側地蔵像のお堂台座中央
栃木県横岡村峯岸地内 牛 石 2002/04/28 1613 横岡集落の牛石(ベコ石) 縁にあり
栃木県寄居村 界標石崖 2005/10/20 1110 栃木県那須町寄居字明神両国界標石垣正面

<戻 る>