埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


草加市瀬崎町 瀬崎村浅間社



浅間神社の几号は東京・塩竃間の几号標として埼玉県に入って最初のものである。 霊巌島から数えて13番目にあたる。
東武鉄道日光線谷塚駅は奥州街道が東側を走っていて、駅東口から100m程である。 その交差点の右前方に浅間神社がある。 神社は地図にも載っていないが、駅構内の付近図にはしっかりと載っていて地元の氏神様であることが分かる。
几号標は本殿右にある手水鉢の右側面手前下にあるが、摩耗が激しく、また苔がむしていて、よく見ないと分からない。 上西氏の調査に寄れば、手水鉢は1992年に現位置の南、数メートルのところから移設されたとのことである。
また明治12年の地理局雑報第拾四號には測量成果が「瀬崎村浅間社石造手洗 三、九五三一メートル」と記載されているとのことである。
この神社は名前の通り富士山信仰の神社で、公園が出来て分断されている境内の奥には富士塚がある。 富士塚には多くの碑が建っていて、それぞれが富士登頂した年月が書かれている。 富士塚自身は大正5年に出来て、その後毎年のように富士登山を行ったことがよく分かる。

 上西勝也氏のHP参照

(谷塚浅間神社 2003年02月11日14時30分 Sony DSC-P1)






















埼玉県の道路元標を訪ねる


草加町道路元標

草加町は宿場町であり、往事から草加町だったので草加町としての道路元標がある。 東武伊勢崎線草加駅から奥州街道へ向けて左側、旧奥州街道と思われる細い道路 を越える。その交差点の左先に道路元標がある。道路元標は現存しているものが少なく、 道路拡幅などによって亡失してしまうものもあって、早く保存措置を講じていきたいものである。

(草加駅近く 2003年09月06日12時30分 Sony DSC-P1)


























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


草加市神明町 草加駅6丁目神明社(保存措置前 保存措置後)



草加市内の几号は草加市の南に位置する前ぺージの浅間神社と、北に位置する神明町の神明神社の2カ所にある。 神明神社があると言うことで、このあたりの町名にもなっている。 東武伊勢崎線草加駅にて下車、地図にも無い神明社(神明神社)を訪ねて、まず駅前交番に赴いた。 良く知られていると見えてすぐに地図で見つけてくれた。 駅東側から200m程で奥州街道にでる。これを左折して下る。神明町と言う信号のある交差点まで800m位か。 さらに下って最初の信号を左折するとすぐに右側に社がある。小さな社である。
ここの几号の位置は「神明社華表」とあり霊巌島から14番目、山岡氏のホームページによれば 「移転したと思われるが現存」とあるが移設先は不明である。
華表すなわち鳥居は立て替えられており、地表から白木である。 考えられるのは旧鳥居の台座に彫ってあることである。そこで神社の中を古い台座を求めてうろうろ。 右に手水鉢があって、隣に伊勢大神宮碑がある。その隙間奥になにやらブロック上の固まりが積んである。 よもやと思いつつ覗いてみると上面に几号がある。台座を4個に分解して横倒しにしてあるようで、 意識してか、たまたまか、几号が上面にあった。放置してある割には状態は良く、摩耗などはない。 行方不明の几号を見つけて、大発見の一幕である。
しかしこの几号、このままにしておくと廃棄物として始末されかねない。もはや宮司もいない神社で管理も悪い。 何とか保存を草加市に働きかけてきたいものだ。

(草加神明神社 2003年02月11日15時30分 Sony DSC-P1)

草加市のHPには市長へのメールと言う郵便ポストがあった。 これを利用しての神明社と前ページの瀬崎村浅間社の几号について、保存をお願いしたのは 2/12だったように思う。 3/7になって、草加市長よりメールを頂いた。 その内容は
 「市長へのEメール」をありがとうございました。
 草加市神明一丁目「神明神社」及び瀬崎町「浅間神社」の几号高低測量(明治水準点) につきまして、市教育委員会では、2月18日の文化財保護審議会(審議委員の一人は、 別添の『草加市の文化財』18号において市内最古の水準点現状報告書を執筆し ています。)において、この水準点について協議したところ、今後の方向性を示してい ただくことができました。
まず、草加市神明一丁目の「神明神社」の件から回答いたします。
 神明神社は、常駐の神主がいないため世話役の方々にこの水準点が近代の貴重な文化 遺産であることをご理解いただくとともに、現在の場所に保管するご希望があるなら ば、屋根等設けるなど保存の方策をアドバイスさせていただき、もし地域の方々による 対応がはかれないようであれば、草加市立歴史民俗資料館でお預かりし、当面保管して いきたいと考えております。 
 また市の指定につきましても今後検討してまいります。 
 次に、草加市瀬崎町の「浅間神社」について回答いたします。
 こちらの水準点は、手洗石に刻まれておりますが、石質が悪く、また、一部磨耗して おり、現状のままで保存するのは極めて困難であると思われます。そのため、案内板を つくる方向で考えております。
 私達は、日常の何気ない風景のなかに貴重な文化財が存在していることを知って驚く ことがあります。今回の貴重なご意見をいただき、あらためて草加の埋もれている文化 遺産を発見・保管する契機となるものと確信し、心から感謝申し上げます。」

その素早い対応とすでに事実を掌握している市当局に拍手を送りたいし、 その審議会の結論に向かって保存への実現に向けて動き出したことに大いなる満足感を 覚ええつつ、お礼のメールを送ったものである。


 上西勝也氏のHP参照

草加市神明町 草加駅6丁目神明社(保存措置後 保存措置前)

前回調査の7ヶ月後、再訪の機会を得た。几号標の刻印のある台座は、鳥居の右手に積まれて誰にでも分かるように、 整備されていた。そしてこの場所の几号標についての案内板が設けられていた。朱色に塗られた几号標は いささか違和感があるが、保存呼びかけを行った結果が、今に見るような状態に整備されたことは大変喜ばしいことである。

(草加神明神社 2003年09月06日12時30分 Sony DSC-P1)




























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


越谷市大沢 大沢町字天神前管社

大沢とは現在の越谷市大沢、東武伊勢崎線北越谷駅西を走る奥州街道付近が大沢である。 北越谷駅から奥州街道にでたところが北越谷入り口交差点で、ここから400mほど南に上ったところに 大沢三丁目交差点がある。東京から見て左側に香取神社の鳥居があって参道が奥州街道に平行して北に のびていて、その先に本殿がある。鳥居は3基立っていて、几号標は2基目の鳥居の左台座奥にある。
この神社は香取神社であるが、案内板によれば天満宮、浅間神社、八幡神社、厳島神社、さては阿夫利神社 などなどが大沢総鎮守である香取神社に合祀されていて、3基の鳥居は最初が香取神社、几号標のある2基目 が天満宮のものとなっていた。(3基目は不明)
菅社とは菅原道真公のこと、天神前だから天満宮と言うことは分かるが、香取神社と推理することは 困難である。

 上西勝也氏のHP参照

(北越谷香取神社 2003年09月06日11時30分 Sony DSC-P1)





























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


春日部市大枝 大枝村字屋敷前普門品供養塔



東武伊勢崎線武里駅南側から奥州街道にでると武里駅入り口という交差点にでる。 香取神社が東京から見て左側にある。香取神社の奥に大きな境内を持つ歓喜院がある。 むしろ香取神社を見つけるよりも歓喜院の大きな本堂の方が目に入る。 「大枝村字屋敷前普門品」が何故歓喜院なのか、およそ見当がつかない。 大枝屋敷前に普門品なるものがあって供養塔があったのだろう。 現在は歓喜院の境内にあるが、発見者に敬意を表したい。
歓喜院の山門を入ると、左側が手前に広がっている。正面に墓所、右には大きな本堂がある。 左側の手前に入るとすぐに墓参りの桶や、柄杓、箒などがある水場がある。その脇に供養塔がある。
5基ある塔の中央の供養塔はひときわ高い。その台座の裏側に几号標がある。 しかし石塀の内側に柵ができていて、几号標との感覚は20cm程度である。カメラを構えて取ることも不可能で、 デジカメで角度をずらして10枚撮って2枚が写っていた。
几号の半分は埋没しており、撮影困難な代表格、よくぞ見つけたりとの思いを新たにする。

 上西勝也氏のHP参照

(歓喜院 2003年09月06日11時15分 Sony DSC-P1)



























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


粕壁驛上宿神明道標




上宿とは宿場である。神明道標とは神明社への道標である。 長い間道標はこの地の富豪であった田村家が現在の田村家の前の 私有地内に移設した(池沢重幸氏調査)道標と思っていた。そこには「東 江戸」「北 日光」「西南 いわつき」 と読める。
しかし春日部駅近くに神明社が存在するに及んで、神明道標は神明社への道標との可能性が気になっていた。 我が恵比寿にも「祐天寺」「目黒不動尊」などの道標があるからである。
粕壁神明社は春日部駅東口広場北寄りから50mほど奥州街道に行ったところに駐車場があって、 その背後に社殿が見えていて、すぐそれと分かる。奥州街道からはおよそ100m弱である。
道標は神明社の中にあった。神明社を入ると正面右手の駐車場の塀との間に隙間があってそこにいくつかの碑が まとめてある。柵あって鍵がかかっていて入りづらいが裏手の隙間から入ることが出来る。
道標は232cmと高く、正面には「さるたひこ乃神」左面に「神明道長廿四丈三尺広八尺」とありその下に几号が刻印されている。 およそ73mに相当する。脇には短い古い道標もあって、同様の距離が書いてあるので、作り替えられたものと考えられる。 いずれにしても欧州街道に面した参道入口にあったものと推定される。

  (粕壁神明社 2005年10月22日14時10分 Nikon COOLPIX 8700D)





























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


杉戸町堤根 堤根村206番屋敷九品寺青面金剛供養塚



東武伊勢崎線姫の宮駅の西側に走る奥州街道は、この付近では鉄道と大きく離れる。 地図によれば姫の宮駅の西北西に当たる奥州街道に堤根(南)という交差点がある。 この交差点を東京から見て左へ入ったところに九品寺がある。寺は金網の柵に覆われて一見寺とは思えない風情だが、 九品寺の石碑があり、間違えることはない。奥右手には本堂が、正面には墓所が見える。 入って左手に「右江戸」と書かれた道標がある。几号標はその台座正面左側にあって、保存状態は良好である。
この道標の解説が杉戸町教育委員会の案内板があって、青面金剛の関係する由来が説明されている。

 上西勝也氏のHP参照

(九品寺 2003年09月06日10時45分 Sony DSC-P1)



























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


杉戸町 下高野村字小谷塚株巖島境内石灯篭



東武伊勢崎線杉戸高野台駅のすぐ西側に奥州街道がある。700mほど南下した交差点が大島、 そのすぐ南側、東京から見て左側に厳島神社がある。 境内に入ると右手正面に本殿が、その手前の赤い鳥居の右脇に石灯籠がある。 その石灯籠の台座の右(外)側に几標がある。

 上西勝也氏のHP参照

(厳島神社 2003年09月06日10時30分 Sony DSC-P1)



























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


幸手市志手橋 幸手駅字馬之助神明社石灯篭(対策前)(対策後はこちら)



東武伊勢崎線幸手駅から東へ向けて400mほどで幸手駅入口交差点がある。 現在の国道4号線はさらに200mほど先にあるが、こちらの方が旧道で奥州街道である。 この幸手駅入口交差点から100mほど南下したところに志手橋があるが、東京から向かって 志手橋を渡って右側に神明神社がある。
この場所の地名は右馬之助町、「江戸時代から幸手宿の一番南の地区の名称であるが、 地元では現在も使われている」とは幸手市教育委員会のご指摘、地理局雑報が何故「馬之助」としたのか 分からない。
鳥居の奥には正面に本殿があって、その手前に左右に石灯籠があるが、これとは別に右側の塀に沿って 石灯籠の残骸が放置してある。 残骸をよく見ると、台座のような石が2個積んであって、その下段の石に逆さになった几号が見られた。
馬之助の地名は今は存在しないが、この神社の中にある黒い大理石の案内板によれば、 「昭和52年10月吉日 建之 馬之助町 奉賛会」とあって、最近まで存在したことを証明している。

幸手市は文化財保護に積極的と聞く。しかしここにある几号標は草加市神明社のそれと同様、亡失を待つばかりである。 多分幸手市は几号標の文化財としての価値を知らないのではないか。 早急な保護活動が急がれるので調査当日幸手市のホームページから、教育委員会あてに保存の要請のメールを 送った。

 上西勝也氏のHP参照

(志手橋際神明神社 2003年09月06日10時00分 Sony DSC-P1)



幸手市志手橋 幸手駅馬之助神明社石灯篭(対策後)(対策前はこちら)



幸手市の対応は素早かった。草加市と異なり几号高低標など始めて聞く言葉だったに違いない。 3週間後には最初のメールが到着した。曰く「現地に行って確認、地元の人たちの意見確認、 そして市が保存へ向けて動かないと先へ進まないこと、ついては文化財保護委員会に提案してみる」 と言う内容のメールだった。
そして文化財保護委員の方からご意見を頂戴した。大変前向きのご意見で意を強くした。
やがて委員会の結果がもたらされた。幸手市は町村合併で市長不在という異常事態にも拘わらず、 粛々と進められていることに敬意を表した。曰く「文化財保護委員会にて保存決定、具体的には 所管課で検討」と言うものだった。
12月初旬にメールがあったようである。しかしサーバーの制約で添付ファイル付きのメールは 受信できなかった。そして12月26日、サーバーを替えての送信をお願いした。
曰く「11月28日(金)に移設及び案内表示板の設置が完了し、今後広く一般公開できる体制が整いました。 なお、幸手市の広報紙(1月号)により、几号高低標について掲載し市民 の方々に周知する予定でおりますので、最終報告とさせていただきます。」 と言うものだった。
添付の写真によれば、神明神社の几号はすっかり整備され、将来にわたって完全に保存されるに至った。
幸手市の迅速な対応と事務局のご努力、保存委員会の理解あるご判断によって、明治の偉大な先達が残した 文化財が、市民に公開・理解されるに至ったドラマはこうしてめでたく完結した。

 上西勝也氏のHP参照

(志手橋際神明神社 幸手市提供)



























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栗橋町小右衛門(南) 小右衛門村香取八幡華表



東武伊勢崎線南栗橋駅の西側に走る奥州街道に小右衛門(南)と言う交差点がある。この交差点を 左へ路地を入ると、すぐに香取神社がある。 この境内にある鳥居の左脚台座内側に几号標がある。
境内には現行の一等水準点2024号も埋設されている。

 上西勝也氏のHP参照

(小右衛門(南)香取神社 2003年09月06日09時40分 Sony DSC-P1)



























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


栗橋渡場旧関所跡石崖

栗橋関所跡は埼玉県側の利根川土手下、国道4号線が利根川を渡る橋の左側にあった。 そこには関所跡を示す碑があって、案内板には往事の様子が描かれている。 しかし関所跡石崖なるものは跡形もなく、そこに刻印されたであろう几号標も亡失が確認された。

(小右衛門(南)香取神社 2003年09月06日09時30分 Sony DSC-P1)




























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


行田市横塚雷電社独立標石

行田市利根川岸の須加小学校の押ボタン信号機から南へ入ると、 埼玉用水路際の田圃の中の小さな雷電社がある。と言うより祠に近い。 事前に池澤重幸氏が訪問したがよくぞ見つけたものである。
雷電社の裏には二箇所の水準点があって、傍の標石の一面に几号標 が彫られ、一面にBM、一面に基標NO.29、一面に埼玉縣と彫られ ている。几号標の大きさもいくらか大きめである。
「いわゆる明治初期の水準点と異なり、明治初期の水準測量に携わった 内務省地理局出身の測量士が 利根川用水確保の重要な河川測量に従事し 水準点の表示標石に--- 不とBM ---という想いを残したもの」とは池澤重幸氏の推理である。  

(行田市雷電社 2003年11月29日16時30分 Sony DSC-P1)






























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


深谷市上手計 二柱神社独立標石

国道17号熊谷バイパスから深谷終点の矢島交差点を右折して355号線と45号線の交差点近く に二柱神社あり。
正面参道右に水準標石がある。その南面に几号刻印、西面に埼玉懸、北面に は基標No58、東面にBMと彫られている。几号標はいくらか大きめである。 参道奥に三等三角点がある。
「いわゆる明治初期の水準点と異なり、明治初期の水準測量に携わった 内務省地理局出身の測量士が 利根川用水確保の重要な河川測量に従事し 水準点の表示標石に--- 不とBM ---という想いを残したもの」とは池澤重幸氏の推理である。  

(二柱神社 2005年02月04日11時10分 池澤氏提供)






























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


本庄市小和瀬 稲荷神社独立標石

血洗交差点から国道45号線を西へ進み、本庄市の藤田小学校前交差点を右折し、小和瀬 交差点から稲荷神社に着く。
稲荷神社境内の神楽殿の北側に水準標石がある。その東面に几号標があり、南面に埼玉懸、 西面には基標No26、北面にBMと彫られている。几号標はいくらか大きめである。 本殿にはコンクリートで埋められた三等三角点がある。
「いわゆる明治初期の水準点と異なり、明治初期の水準測量に携わった 内務省地理局出身の測量士が 利根川用水確保の重要な河川測量に従事し 水準点の表示標石に--- 不とBM ---という想いを残したもの」とは池澤重幸氏の推理である。  

(稲荷神社 2005年02月04日11時50分 池澤氏提供)




























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


さいたま市中央区鈴谷4−14 妙光寺金比羅堂境内 独立標石


池澤氏の調査によって、与野の大カヤ近傍独立標石の几号がある事が分かった。 小春日和の11月に池澤氏と共に調査に出かけて発見した独立標石几号である。
JR埼京線南与野駅から北へ少し行くと国道463号が新幹線をくぐっている。左折して国道2つ目の信号を右折すると 前方に巨木が見えてくる。与野の大カヤとして知られる樹齢1000年、樹高21.5m、根回り13.5mを数える国の天然記念物である。 妙光寺金比羅堂境内のほぼ中央に位置して周囲を威圧する。その西側にブロックに囲まれた2基の碑がある。几号を刻印した 独立標石はそのすぐ西側脇にひっそり立っている。几号は大変小振りであり、横棒で約5cm程度である。
頭部には水準点と思われる膨らみがあり、几号は側面にあって、その下にはNo5と刻印されている。 明治末期の何かの水準測量に使用されたものと思われるが、鴻沼排水路が新幹線を挟んで東側700m付近に南北に流れているほかは 河川らしきものは他にない。No5とあるので他に4基以上の標石があるものと思われる。

(妙光寺金比羅堂境内 与野の大カヤ近傍 2005年11月25日12時15分 Canon IXY 500D)



























埼玉県の道路元標を訪ねる


金屋村道路元標

道路の角に頭だけ出している 14:11 元標から見た周囲状況 14:11 池澤氏とともに御荷鉾山に登った帰りに立ち寄った埼玉県児玉町金屋の道路元標である。 道路脇の塀と側溝の間に頭だけ出していて「金」の文字が判読できる。
(2005年12月28日訪座)
金屋村道路元標       道路元標の周囲状況




























埼玉県の道路元標を訪ねる


両神村道路元標

道路の角に頭だけ出している 05:46 元標から見た周囲状況 05:48 池澤氏とともに両神山に登る朝、両神村役場(現小鹿野町両神支庁)の前庭に残る両神村道路元標を 写真に撮った。保存状態は良好で文字がしっかりと判読できる。
(2007年11月04日訪座)
両神村道路元標       道路元標の周囲状況




























埼玉県の道路元標を訪ねる


秩父町道路元標

東電秩父営業センター 06:35 道路元標のある植込み 06:35 秩父町道路元標 06:35 説明板 06:35
 東電秩父営業センター  道路元標のある植込み   秩父町道路元標    説明板

東電秩父営業センターの植込みの中身秩父町道路元標があることは、池澤氏より聞いていた。機会を得て 早朝に出かけて見ることが出来た。東電により良く保全され、説明板によって解説が成されていた。 (2008年05月16日訪座)



























埼玉県の几号水準点を訪ねる

<目次に戻る>


さいたま市中央区下落合 土地区画整理組合先 駐車場鋭角交差点 独立標石

三角形の駐車場の先端鋭角の交差点先端部にある 14:20 独立標石は欠け、摩耗などで痛んでいる 14:20 道路際の縁石にある 14:20
(北緯35°52′58″68 東経139°38′14″40)

池澤氏の調査によって、与野駅近傍の鋭角交差点に独立標石の几号があるという報告がある事が分かった。 暖かい12月上旬に調査に出かけて発見した独立標石几号である。
JR京浜東北線与野駅西口から北浦和方面に少しもどると土地区画整理組合があるが、その先にある 駐車場の鋭角の交差点の道路際に独立標石があった。
頭部には水準点と思われる膨らみがあり、几号は側面にあって、その下にはNo6と刻印されているが、 摩耗していて判別しにくい。
明治末期の何かの水準測量に使用されたものと思われるが、鴻沼排水路が新幹線を挟んで東側700m付近に南北に流れているほかは 河川らしきものは他にない。大カヤのNo5に続くNo6と考えられることから、他に4基以上の標石があるものと思われる。

(与野土地区画整理組合先 駐車場鋭角交差点 2008年12月10日14時20分 Canon IXY 900IS)