埼玉県の几号水準点を訪ねる

<戻 る>


塩竃基線は東京千住素盞雄神社の几号(霊巌島から10番目)から奥州街道を下って、 栗橋に至り茨城県に入る。この間14カ所中推定で8カ所程度が現存していると言われている。
しかしその取材は首都圏に近い奥州街道の混雑と駐車場難もあって、 とりわけ近傍では電車と徒歩でこまめに探さなければならない事情は都内と全く同じである。
このような事情の中で草加浅間神社と草加神明社は2003/2に徒歩で、その他は池沢重幸氏の調査結果を参考に、 氏に随行して2003/9に車で調査を行った。さらにその後の浅野氏、池澤氏の調査で粕壁にて所在が判明し、2005/10 徒歩にて調査、県内の几号は9カ所が確認された。

行 政 区 名 場   所   名 訪座年月日 備        考
草加市瀬崎町 瀬崎村浅間社 2003/02/11 1430 石造手洗鉢右手前下(摩耗)  草加町道路元標  
草加市神明町 草加駅6丁目神明社 2003/02/11 1600 正殿左手水鉢背後に旧鳥居台座残骸上面     伊藤 新発見
越谷市大沢 大沢町字天神前管社 2003/09/06 1130 香取神社鳥居2基目左台座内側
春日部市大枝 大枝村字屋敷前普門品 2003/09/06 1115 歓喜院供養塔台座背後塀との間 撮影困難
春日部市粕壁一丁目 粕壁神明社 2005/10/22 1410 粕壁神明社社殿右脇 神明社道標下部 
杉戸町堤根南 堤根村206番屋敷九品寺 2003/09/06 1045 青面金剛供養塚兼道標台座正面左側
杉戸町下高野 下高野村字小谷塚株巖島社 2003/09/06 1030 厳島神社鳥居右石灯篭台座右手前
幸手市志手橋際 幸手駅馬之助神明社 2003/09/06 1000 神明神社境内右石灯篭台座残骸下部        池澤氏新発見
栗橋町南栗橋 小右衛門村香取八幡華表 2003/09/06 0940 南栗橋交差点そば香取八幡神社鳥居左脚台座奥
栗橋町栗橋関所跡 栗橋渡場旧関所跡石崖 2003/09/06 0930 茨城・埼玉県境 利根川埼玉側栗橋関所跡 石崖なく亡失


その他の几号ほか

行 政 区 名 場   所   名 訪座年月日 備        考
行田市横塚 雷電社裏独立標石 2003/11/29 1630 行田市利根川岸須加小学校脇南へ入る埼玉用水路近くの雷電社
深谷市上手計 二柱神社独立標石 2005/02/04 1110 熊谷BP終点右折355号・45号線交差点近く二柱神社、参道右
本庄市小和瀬 稲荷神社独立標石 2005/02/04 1150 血洗交差点45号線を西へ小和瀬交差点稲荷神社神楽殿北側
さいたま市鈴谷 与野の大カヤ近傍独立標石 2005/11/25 1215 JR埼京線南与野近く国道463号線鈴谷交差点近くの大カヤ近傍
さいたま市下落合 与野駅南西交差点独立標石 2008/12/10 1420 JR京浜東北線与野駅南西方向200m駐車場鋭角交差点角

<戻 る>