皇居天守台跡・原三角点・経緯度原点 三角点のルーツを訪ねる

<目次に戻る>


皇居天守台跡

日本の三角点標石の始まりは、おそらく明治5年3月、当時の工部省測量司が東京府内の三角測量を行うために 設置した13か所であろうと、 山岡光治氏は述べている。
この測量は同8年11月に完成し、その後に内務省地理局(当初は地理寮) の手で増設されて、関八州大三角測量、全国大三角測量となり、そして参謀本部の一等三角測量へと発展していった。
その三角点のルーツとも考えられる13か所の所在だが、測量師館潔彦の残した「洋式日本測量野史」には 「明治五年三月 東京府下ニ三角測量ヲ施行セシム、仍テ其第一着手トシテ富士見櫓ニ大測旗ヲ建テ…」 とあることからも、皇居本丸「富士見櫓」のそれが第一点とみて間違いない。 その富士見櫓のそれは、未だ発見されていないが、北へ約500mの天守台跡に富士見櫓に設置したものと同じ規格の 標石があるとの報告があって、もし関連しているのであれば、存在するものうちでは、日本最古の三角点標石と思われる。
当時の標石の規格は、内務省地理局測量点標石の規格として「東京市史稿」に寸法の記載がある。
写真は皇居東御苑にある天守台跡、この上部に陸地測量部と刻字された現行の三等三角点もある。

旧日本政府の三角点−内務省大三角点上西勝也氏のHP参照

(天守台跡 2002年05月19日14時45分 Sony DSC-P1)





























 皇居天守台跡・原三角点・経緯度原点 三角点のルーツを訪ねる

<目次に戻る>


雲取山頂

明治5年3月の東京府下における13カ所の3角測量の後は内務省地理局(当初は地理寮) の手で増設されて、関八州大三角測量(明治8年)、全国大三角測量(明治11年)に発展していった。
この測量では関東一円から信越、中部まで100点が計画され、その際に埋められた三角点標石が、 東京都雲取山と新潟県米山、群馬県白髪岩の、「内務省地理局 原三角測点」と刻まれた大小二つの石である。
明治17年に陸軍に引き継がれるまで、内務省地理寮・地理局時代に設置、観測した三角点は約50点あるといわれるが、 その後陸軍の一等三角点に置き換えられで引き継がれた。従って基本的には存在しないが現存が確認されて いるのは上記の3カ所である。
左の写真は、雲取山山頂で、右手前から原三角点(大)で明治16年とある。その右奥に原三角点(小)、 左に説明版、その左に現在の1等三角点があって、山頂標識へと続く。
右の写真は、説明版と大小二つの標石である。

旧日本政府の三角点−内務省大三角点三角点写真館のHP参照

雲取山の原三角点三角点写真館のHPより雲取山参照

米山の原三角点三角点写真館のHPより米山参照

白髪岩の原三角点2003年11月29日白髪岩訪問記参照

白髪岩の原三角点三角点写真館のHPより白髪岩参照

(雲取山頂 2000年12月16日11時45分 50mm F11 1/350) 





























 皇居天守台跡・原三角点・経緯度原点 三角点のルーツを訪ねる

<目次に戻る> <日本経緯度原点へ>


日本経緯度原点近傍の三角点(東京大正)

東京麻布の日本経緯度原点の近傍には点名「東京大正」と称する1等三角点がある。 上西勝也氏の調査によれば、初期の点の記では点名は「東京」で、1883年(明治16) に陸地測量師三原昌により選定され、翌1884年(明治17)に同矢島守一が標石を 埋定しているが1892年(明治25)に撤去されている。 その後関東大震災後の大正13年に点名「東京(大正)」という三角点が設置されていて、 これが現在の1等三角点である。
しかしながらこれとは別に2002年3月末までは経緯度原点の位置にが国土地理院の一等三角点の記に存在したとのことである。
全国の三角測量のスタートは、明治11年に那須野基線測量(日本初の本格的基線測量)の実施で、 経緯度原点から那須野基線南端 まで電信測量を行ったことがはじめと言われている。 そして全国の三角網は、この経緯原点から出発して全国に広がったものである。
写真の1等三角点は、関東大震災後に設置された「東京大正」で、日本経緯度原点から東南東へ50mほど離れた場所に 埋設されており、コンクリートの蓋を開けるとその中に標石がある。 しかしルーツとしては日本経緯度原点そのものが正しいようである。

近代測量史要約 三角点写真館のHP参照

(東京麻布日本経緯度原点 2003年03月21日11時00分 Sony DSC-P1)






























 皇居天守台跡・原三角点・経緯度原点 三角点のルーツを訪ねる

<目次に戻る>


白髪岩山頂



明治5年3月の東京府下における13カ所の3角測量の後は内務省地理局(当初は地理寮) の手で増設されて、関八州大三角測量(明治8年)、全国大三角測量(明治11年)に発展していった。
この測量では関東一円から信越、中部まで100点が計画され、その際に埋められた三角点標石が、 東京都雲取山と新潟県米山、群馬県白髪岩の、「内務省地理局 原三角測点」と刻まれた標石である。
明治17年に陸軍に引き継がれるまで、内務省地理寮・地理局時代に設置、観測した三角点は約50点あるといわれるが、 その後陸軍の一等三角点に置き換えられで引き継がれた。従って基本的には存在しないが現存が確認されて いるのは上記の3カ所である。
この写真は白髪岩山頂に残された手つかずの原三角点である。

白髪岩(1512m)の原三角点は、大三角測量図から推測され、2001年5月に 天野若男氏 (飯島氏)よって現地にて発見された。現場に放置されていた雲取山山頂や米山山頂に次いで 3カ所目の発見だが、白髪岩のそれは明治15年設置当時の手つかずの状態で発見された。
池澤重幸氏は発見の情報を得ると2001年6月24日に現地を確認し、 三角点研究家の上西勝也氏を案内しようと言うことになっていた。 その後私の怪我で中断したが、今年になってようやく実現しての白髪岩行きであった。
雨の降りしきるあいにくの天気となったが、東京から上西氏を案内して本庄駅にて池澤氏と合流、 さらに飯島さんとおっしゃる原三角点既訪者も出迎えてくれた。 上西氏が白髪岩に行くに当たって情報を貰うためコンタクトしたもので、 わざわざ出迎えてくれたとの話を伺った。

(白髪岩へのルート) 本庄からは池澤さんの車で万場町役場の先の八幡神社の脇から御荷舗林道に入り、 赤久縄山西側登山口を過ぎてさらに走ると左にヘアピンカーブして目の前に通行止めの柵がある。 ここが峠になっているが杖植峠まで1km弱である。目印は通行止めの柵があることである。 そのその曲がり鼻の右側に3台程度の駐車スペースがあるのでここに車を止めた。
駐車スペースから右斜面を登る。登山道はよく探さないと登山口が見あたらない。 標識もない。右側の急斜面を木に捕まりながら直登(100mくらい)すると尾根筋に出る。 そこで踏み跡が出てくる。しっかりした踏み跡でこれが稲包山への登山道である。
黄色のテープを追いかけながら直進してアップダウンを続ける。 うっかり間違えるととんでもない方へ行ってしまう。この日もテープを見失って、 10分ほど行って引き返して、分岐で間違えたことを知った。 直進すべきところを踏み跡がしっかりしている左に曲がってしまったのだ。 しばらく黄色テープに沿って進み、緩やかに登り緩やかに下り、やがて「正面白髪岩」と書いてある 小さな標識が木に取り付けてある場所に出る。正面に岩場が見え、この岩場の向こうが白髪岩の山頂である。
標識から左へは稲包山への登山道が続いている。こちらも歩かれていないので踏み跡が判然としない。 標識方向は登山道が無い上に、岩を越えなければならないので、 ここは稲含山登山道に沿って、右に白髪岩の山頂部を見ながら進んだ。 およそ岩を通り過ぎたあたりから登山道から外れて右の山頂へと藪を直登する。 山頂までは100m位だが、大した急斜面ではなく、浅い藪である。

(山頂の様子) 山頂は少し広くなっていて、原三角点と三角点のようなもの(正確には現役三角点のたぐい)がある。 登山口からおよそ1.5km位、約1時間程度だ。 山頂は薄く樹林に囲まれているが 第一発見者の天野若男氏のwebサイト にあるような展望が望めるという。
現役三角点があると言うことは以前からここに原三角点があったことが 土地の人たちには知られていたことを意味する。 しかしそれがなんだか分からないまま放置されていたと思われる。 本庄駅に出迎えてくれた飯島さんは土地の人たちの話から、 これが大三角点地図上に現れた予想ポイントと一致することから現地に行って確認したのだと、 上西氏が解説してくれた。
昨夜降ったと思われる雪が一部に残っているが今は雨だ。 雨具を付けて藪の中を進んだため暑くなった。 特に迷って引き返す登りでは汗びっしょりとなってしまった。

(原三角点の様子) 山頂に立って目に飛び込んできたものはやはり原三角点である。 台石が苔むして、明治に設置された当時そのままに荘厳な印象を受ける。 今の三角点と違って大きな台形をしていて目立つ。
寸法は高さ60cm、上面が15cm角、下面が25cm角の台形で、台石は60cm角、高さ10cm である。
北面には「原三角測点」、東面には「明治15年10月」、西面には「内務省地理局」 とある。「一五」が「一三」にも読める。 私はしばらく写真を撮ったり寸法を測ったりの上西氏の執念を見ていた。
近くの木に公式に確認したという「関八州大三角測量之遺」 「日本土地家屋調査士会連合会 群馬土地家屋調査士会」とあり、 この標石が何であるか、そして「平成14年6月4日現認」との木の看板ある。 山頂は富士山が見えるこの山系の最西端だと言うことで、またアカヤシオがきれいなところだと言うことは、 先の天野氏のHPが示している。

旧日本政府の三角点−内務省大三角点三角点写真館のHP参照

雲取山の原三角点三角点写真館のHPより雲取山参照

米山の原三角点三角点写真館のHPより米山参照

白髪岩の原三角点2003年11月29日白髪岩訪問記参照

白髪岩の原三角点三角点写真館のHPより白髪岩参照

(雲取山頂 2000年12月16日11時45分 50mm F11 1/350) 

(白髪岩 2003年11月29日11時15分 Sony DSC-P1)