都内陸軍標石探訪マップ

<目次に戻る>
都内に偏在する陸軍標石は、かって陸軍が工廠や練兵場、訓練所などで使用していた用地の境に施設し、 それが戦後60年を経た今日、亡失もせず残存しているものである。
この標石は三角点・水準点や道路元標などと異なり、学術的価値に乏しく、 ”発掘”する人もないため完全に忘れ去られている存在である。 しかしその地にまつわる昭和初期の歴史の証としてこの標石を後生に伝えたいと願い、 その場所を地図上に明らかにして、誰もが訪問できるようにしたものである。