変わりものの標石

2006年12月17日開設
<表紙に戻る>
町や山を歩いて目にする三角点や水準点や道路元標、しかし時には変わった標石にお目にかかることがある。
関東山地や八ヶ岳・南アルプスで目にする「宮」マークの三角点や境界石はかって宮内省の御料林であったことの証である。
そんな御料林の標石を集めてこのページに紹介する。
種 類 所 在 地 現  状  位  置訪座年月日陸軍代々木練兵場南境
御料局標石 栃木県唐沢山登山道 独立標石  2004/03/06御料林標石
御料局標石 飯田市御池山登山道 独立標石  2006/06/07御料林標石
御料局標石 八ヶ岳硫黄岳山頂山頂 独立標石  2004/10/16御料林標石
御料局標石 神奈川県加入道山登山道 独立標石  2006/05/15御料林標石
御料局標石 栃木県塩原町塩の湯無名峰登山道 測点 三角点 境界点など 2007/04/26御料林標石
御料局標石 湯河原町の竹ノ沢近傍登山道 自然石に彫られた御料局三角点 2008/01/17御料林標石




























各地に残る御料局三角点

 
<表紙に戻る>  <目次に戻る>

 <栃木県唐沢山へ>  <飯田市御池山へ>  <八ヶ岳硫黄岳山頂へ>

 <神奈川県加入道山へ>  <栃木県塩原町塩の湯無名峰>  <湯河原町の竹ノ沢近傍へ>

御料局三角点

栃木県の唐沢山山中にあったもの 2004年03月06日10時00分 Canon IXY 500D 長野県御池山にあったもの 2006年06月07日14時30分 Canon IXY 500D 八ヶ岳硫黄岳山頂にあったもの 2004年10月16日09時34分 Canon IXY 500D 神奈川県加入道山にあったもの 2006年05月25日11時00分 Canon IXY 500D
 唐沢山の御料局三角点       御池山の御料局三角点    硫黄岳山頂の御料局三角点  加入道山の御料局三角点

硫黄岳山頂の三角点と赤岳〜権現岳〜阿弥陀岳を望む 奥は南アルプス 2004年10月16日09時34分 Canon IXY 500D 御料局、つまり今の宮内庁である。 御料局用地の敷地境や用地内の要所に御料局専用の三角点がある。 多くは「御料局三角点」または「宮」マークが刻印されているから国土地理院の三角点とは区別がつく。
御料林の多い八ヶ岳や南アルプス南部、関東山地、栃木などに点在し、御池山(隕石クレーター)のそれは南アルプス山麓の御料林 であり、加入道山から大室山にかけては登山道に沿って多くの御料局三角点が見られる。
また八ヶ岳硫黄岳山頂の最高地点にあるものは 平面が三角形の珍しい三角点である。


























塩原の御料林に点在する御料局標石群

 
<表紙に戻る>  <目次に戻る>

 <栃木県唐沢山へ>  <飯田市御池山へ>  <八ヶ岳硫黄岳山頂へ>

 <神奈川県加入道山へ>  <栃木県塩原町塩の湯無名峰>  <湯河原町の竹ノ沢近傍へ>
海軍標石の位置を示すGPSトラック 塩原御料林には現存する御料林標石が多いとの情報を池澤氏と舘澤氏から得た。 それを見に行こうと池澤氏がセットしてくれて秋村氏と3人で探索の旅に出かけた。
塩原ビジターセンターには塩原御料林に関する資料があり、頂いた情報と資料に基づいて現場を探索することとした。
なお当日の記録は探索記録を参考にされたい。
(左図はGPSトラックと標石位置)
ビジターセンター所蔵の「塩原御料林史」 10:12 「塩原御料林史」に記載の標石位置 10:12 自然石に刻まれた境界石  10:24 Canon IXY 900IS 宮印のある境界石6基  10:27〜11:09 Canon IXY 900IS 御料林三角点  11:10 Canon IXY 500D 三等三角点「塩の湯」11:13 Canon IXY 900IS 三角点にて休憩 11:19 Canon IXY 500D
塩原御料林史(10:12)  自然石境界点(10:24) 境界石6基(10〜11)        御料林三角点(11:10) 三等三角点(11:13)  三角点で休憩(11:19)
三角点の脇にあるブナの幹の彫られた昭和18年以前の落書き 12:57 Canon IXY 900IS 御料局測点 11:37 Canon IXY 900IS 御料局境界点 11:41 Canon IXY 900IS 境界点の施設状況 11:41 Canon IXY 900IS 境界点の目の前に無名峰がある 11:38 Canon IXY 900IS 自然石に刻まれた境界点 13:52 Canon IXY 900IS
S18以前の落書き(12:57) 御料局測点(11:37)  御料局境界点(11:41)  同左地形(11:41)     無名峰(11:39)      自然石境界点(13:52) 

2007年4月26日、秋村さんと共に那須塩原駅で池澤さんと合流、塩原ビジターセンターに直行した。ここには御料林の資料があり、 ざっと目を通して参考になりそうなページを撮影した。裏手から遊歩道を進むと間もなく自然石に刻まれた測点にお目にかかる。 間もなく遊歩道が終点となり、ここからは山道となる。登山道と言うより御料林標石探索のための道路で訪れる人も少なく踏み跡 もかすかである。
数個の境界石を過ぎてブナ林の中を進むに連れてヤシオツツジが目に付くようになる。 やがて前方に御料局三角点が目に入る。斜面に経っているから大変目立つ。そのすぐ上の平らな場所に国土地理院の 三等三角点「塩の湯」がある。小広い場所だが山頂らしきところはさらに前方にある。 往きには気がつかなかったが三角点の手前のブナの幹にいたずら書きの彫り物がある。 「東京府」「世界平和」と読めるので東京都が発足した昭和18年以前の落書きと思われる。
ピークの手前の鞍部にある筈の御料局測点と境界点標石を求めてさらに前進、 やがて鞍部にさしかかるとそこに数十m離れて2基の標石があった。 手前が測点、奥が境界点標石である。いずれも始めてお目にかかるものであるが、測点と三角点の役割の違いが分からない。
空が暗くなり始め、風が吹き出した。天気が安定しないようだ。すぐ上の山頂まで上がった。 藪山で無名峰、勿論人工物は一切無い。昼食後下山、三角点から右へそれる。登山道と藪の区別が付かないほど踏み跡が少ない。 登ってきた尾根とは外れたが標石は見あたらない。やがて引き返す。三角点まで戻って登ってきた尾根に入る。塩の湯が下に見えてきた。
下山してから仙人吊り橋へ行く。自然石の境界石があるはずである。 情報通りに吊り橋の脇に発見した。沢に沿ってヤシオツツジが見事に咲いている。 国道にでてビジターセンターまで戻る。他に標石がないか周囲を探したが見あたらない。 今回の探索はこれで終了、予定の宿へ急いだ。
なお探索記録を参考にされたい。