東京麻布 日本経緯度のルーツを訪ねる

<目次に戻る>


東京麻布 日本経緯度原点



日本経緯度原点(Geodetic Datum Origin of Japan)は、東京都港区麻布台2−18−1 にある。
飯倉交差点から六本木の方へ行くとすぐにロシア大使館の塀がある。 その塀の手前を入るとロシア大使館の敷地の先にアメリカンクラブがある。 2つの超大国の施設が隣り合わせにあるのが何とも平和である。 そしてその間にあるのが日本経緯度原点である。
この場所は明治初期から関東大震災まで海軍観象台、のちの東京天文台があったところでる。
左の写真の奥に見える説明版によれば
「日本経緯度原点は、我が国における地理学的経緯度を 決めるための基準となるところである。明治25年(1892年)に東京天文台の子午環 の中心を日本経緯度原点と定めた。その後、大正12年(1923年)の関東大震災により子午環 は崩壊し現存しない。このため、日本経緯度原点の位置に金属標を設置した。
平成13年(2001年)に測量法が改正され、測量の基準として世界測地系を採用することとなった。 これにともなう原点の新たな経度、緯度および方位角の数値は、最新の宇宙測地技術を用いて 定めたものである。
原点数値  経 度 東経139°44′28″8759
        緯 度 北緯 35°39′29″1572 
        方位角     32°20′44″756    
      (つくば延長基線電波感傷計観測点に対する値)
平成14年4月1日 国土地理院」

とある。
少しわかりにくいが、中央の写真の丸い直径8cmの金属標には長さ2cmの十字があり、 その中心が1923年(大正12)の関東大震災によって破壊した観測用器械(子午環) の中心を表している。厳密に言えば関東大震災で子午環は破壊されて中心位置も変動した。 そして現在の原点数値の示す位置は震災前より北西1メートルのところに相当する。
原点の標高値は明記されていないが、当時の天文台敷地内であったと思われる、 1等三角点(東京大正)の標高値は25.4mである。
方位角というのは、この地点からつくば市の国土地理院内にある超長基線電波干渉計VLBI 観測点金属標の十字の交点を見た方位角である。
上西勝也氏のHP によれば、「これが測量法第11条(測量の基準)と同施行令第2条(日本経緯度原点及び日本水準原点) で定められた日本の緯度、経度の原点です。また原点方位角がきまっているのは三角網中の各三角点の位置 をきめるために原点からほかの1点(1点だけでよい)への方位があたえられていなければならないからです」 とある。
なお平成13年(2001年)の新測量法による世界測地系と旧測量法との差は以下の通りである。
(旧)東経139°44′40″5020 (新)東経 139°44′28″8759 (差)-11″6261(東に450m)
(旧)北緯 35°39′17″5148 (新)北緯 35°39′29″1572 (差)+11″6424 (南に450m)

測量法の改正にともない日本経緯度原点の説明板などが2001年に再整備されたが、 その時に原点に異常があった場合、復元を必要とするような事態にそなえて「引照点」が3点設置された。 いずれも原点から数メートルの距離にあり、地中金属枡のなかに直径5センチメートルの金属標がある。 西側数メートル地点に「引照点1」、南側数メートル地点に「引照点2」、東側数メートル地点に 「引照点3」が埋設されている。(写真右)

 日本経緯度原点上西勝也氏のHP参照

(東京麻布日本経緯度原点 2003年03月21日11時00分 Sony DSC-P1)