樺太国境画定標石

2011年11月10日開設
<表紙に戻る>
樺太国境画定標石第四号の場所 樺太国境画定標石第四号模造
(神宮外苑絵画館内) 2011年11月07日12時14分 RICOH CX5 樺太国境画定標石第四号
 日本側刻印 2011年11月07日12時14分 RICOH CX5 樺太国境画定標石第四号
 ロシア側刻印 2011年11月07日12時17分 RICOH CX5 樺太国境画定標石第四号天測標
(神宮外苑絵画館内) 2011年11月07日12時14分 RICOH CX5
樺太国境画定標石の場所 樺太国境画定標石     樺太国境標石日本側刻印  樺太国境標石露側刻印    樺太国境標天測標 明治神宮外苑聖徳記念絵画館
 2011年11月07日12時22分 RICOH CX5 樺太国境画定標石第四号
の説明板 2011年11月07日12時12分 RICOH CX5 樺太国境画定作業(絵画館説明板より 2011年11月07日12時12分 RICOH CX5 樺太国境警備隊による国境警備(.wikipediaより) 樺太国境概念(.wikipediaより)
  明治神宮外苑絵画館      樺太国境画定標の説明板      樺太国境画定作業          樺太国境警備隊       樺太

樺太国境画定標石第四号(模造)位置  北緯35°40′41″62 東経139°43′91″48

樺太国境画定標石が明治神宮外苑絵画館構内にあると聞いた。以前に池澤さんから根室市にあると聞いたので遠方につき、そのままになっていたのは誠にうかつだった。まさに灯台下暗し、レプリカとはいえ由緒ある模造だった。

旧樺太(現サハリン)の国境画定

日露戦争に勝利した日本は、その後の1905年、ポーツマス条約により樺太の北緯50度以南を日本が領有することとなり、 翌1906年から1908年にかけて天文測量による日露両国の国境画定作業が行なわれ、東のオホーツク海沿岸から西の間宮海峡までの、およそ130kmの間に4基の天測境界標、17ヶ所に平均6kmごとに中間標石、19ヶ所に木標が建てられた。
1945年8月9日、ソ連は対日参戦し、国境を侵略、樺太全土を実効支配した。 その後日本は対日講和条約により北緯50度以南の樺太南部を放棄、 ソ連を引き継いだロシアが事項支配して現在に至っている。

国境標石の概要

標石の大きさは高さ64、正面幅30〜50、側面幅18〜30cm程度で将棋の駒のような形になっている。標石の一面には菊花紋章(菊の紋章)と「大日本帝国」、「境界」の文字、他面にはロシア帝国の双頭鷲紋章とキリル文字でロシア(РОССИЯ)、1906、グラニーツァ(ГРАНИЦА 国境)の文字、側面には「天第1一〜四號 明治三十九年」、反対側面もアストロ(АСТР 天測)の刻字がある。
なお標石の頂部にある「模造」の文字は、明治神宮外苑絵画館構内に保存されているレプリカのみで、 樺太に設置されていた標石には「模造」の文字はない。

国境標石の所在地と現状

「天第一號」  敷香郡散江村遠内-1987年にソ連国境警備隊が撤去、台座も破壊された。 境石はユジノサハリンスク(豊原)のサハリン州郷土博物館(旧樺太博物館)に保存されている。
「天第二號」 敷香郡敷香町幌内川左岸-1994年に銃弾の跡が残る標石を現地住民が確認。1997年、北海道根室市郷土資料保存センターに移転された。
「天第三號」 敷香郡敷香町半田沢 -1949年に撤去され、ユジノサハリンスク(旧豊原市)のサハリン州郷土博物館(旧樺太庁博物館)にあり天第一號と並べて展示されている。
「天第四號」 名好郡西棚丹村安別-本物は行方不明だが、1926年に樺太庁より明治神宮聖徳記念絵画館に模造品(レプリカ)が寄贈されて現存している。