旧陸軍の残した標石

2006年12月17日開設
<表紙に戻る> <都内陸軍標石探訪マップへ>
町や山を歩いて目にする三角点や水準点や道路元標、しかし時には変わった標石にお目にかかることがある。
東京代々木公園周辺などには「陸軍用地」「陸軍省所轄地」などと書いた独立標石が路傍にひっそりと立っている。 今でこそ繁華な場所だが、往時には練兵場や兵器廠、戦車工場など旧日本陸軍の敷地があって、 憲兵によって厳重に監視されていた場所である。 そんな1945年までの歴史の証がまだ遺されている。
このページでは都内にも多い陸軍標石を訪ねて紹介するものである。
種 類 所 在 地 現  状  位  置訪座年月日陸軍代々木練兵場南境
陸軍標石 東京都渋谷区宇田川町1番地東急ハンズ前自転車置き場金網外2005/11/18陸軍代々木練兵場南境
陸軍標石 京都渋谷区代々木4丁目2番小田急参宮橋駅境界2006/12/16陸軍代々木練兵場北境
陸軍標石 東京都千代田区市谷八幡町11番地亀岡八幡宮 神域内裏手2006/12/07陸軍省 参謀本部南境
陸軍標石 東京都世田谷区桜ヶ丘1丁目4番地東京農大北境庚申塔脇 標石12006/12/18陸軍機甲整備学校北境
陸軍標石 東京都世田谷区桜ヶ丘1丁目4番地東京農大北境民家門柱脇 標石22006/12/18陸軍機甲整備学校北境
陸軍標石 東京都世田谷区桜3丁目33番地付属高校北境塀際 標石32006/12/18陸軍機甲整備学校北境
陸軍標石 東京都世田谷区代沢1丁目8番地駒場学園高校東境 標石12006/12/18陸軍獣医学校東境
陸軍標石 東京都世田谷区代沢1丁目23番地駒場学園高校東境 標石22006/12/18陸軍獣医学校東境
陸軍標石 東京都北区滝野川3丁目53番地国税局第二宿舎西境擁壁際 標石12006/12/19陸軍造兵廠滝野川工場西境
陸軍標石 東京都北区滝野川3丁目53番地国税局第二宿舎西境擁壁際 標石22006/12/19陸軍造兵廠滝野川工場西境
陸軍標石 東京都北区滝野川3丁目53番地国税局第二宿舎西境擁壁際 標石32006/12/19陸軍造兵廠滝野川工場西境
陸軍標石 東京都北区王子本町3丁目31番地王子3 都営アパート3号棟付近 陸軍標石2006/12/25陸軍造兵廠王子工場東境
陸軍標石 東京都北区王子本町3丁目31番地王子3 都営アパート3号棟付近 陸軍標石2006/12/25陸軍造兵廠王子工場東境
陸軍標石 東京都文京区大塚5丁目40番地護国寺西交差点 陸軍標石2009/08/08  不  明



























都心に残された旧陸軍標石(渋谷東急ハンズ前)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<渋谷東急ハンズ前へ> <小田急参宮橋駅境界へ> <市ヶ谷亀岡八幡宮へ> <東京農大周辺へ>

<駒場学園周辺へ> <東京国税局第二宿舎西境へ> <王子本町3丁目都営アパートへ> <護国寺西交差点へ>

東京都渋谷区宇田川町1番地地先 東急ハンズ前 陸軍標石

渋谷東急ハンズ前 2005年11月27日15時40分 Canon IXY 500D 渋谷東急ハンズ前 2005年11月18日15時22分 Canon IXY 500D 渋谷東急ハンズ前 2006年02月28日12時47分 Nikon COOLPIX 8700D 渋谷東急ハンズ前 2006年02月28日12時47分 Nikon COOLPIX 8700D 二二六事件慰霊碑 2005年11月27日15時44分 Canon IXY 500D
神南小前交差点左自転車置き場 同左右側東急ハンズ 自転車置き場の奥にある標石 陸軍標石     二二六事件慰霊碑 

池澤氏からこともあろうに渋谷東急ハンズの交差点の脇に陸軍の標石がありそうだという調査 情報を頂いた。自宅から近いので、すぐに探索に出動した。
若者でごった返すこの地に標石は似合わないし、変革が激しいこの地で保存されていることさえ 奇跡的である。、
案の定。当該カ所はここ数年で改修され、標石らしきものは全く見あたらなかった。 その後単身で1回、池澤氏と1回、計3回調査したが発見できなかった。
池澤氏のその後の情報をもとに4回目の調査を試みて、ついに発見したものがこの 「陸軍用地」と刻印してある旧陸軍の標石である。
このあたりは今でこそNHKや渋谷区役所などがあるが、かってはこの地を境に 原宿参宮橋までの広大な地が陸軍練兵場であった。日本陸軍の兵士が訓練してい たことを、鉄条網越しに見ていた幼い頃の記憶が蘇る。
敗戦後米軍に接収され、ワシントンハイツとなったが、1964年の東京オリンピック 開催決定を契機に米軍から返還され、ワシントンハイツは調布へ移転した。
その後のこの地の発展は目を奪うばかりであり、オリンピック施設を始め、岸体育館、 織田フィールド、代々木公園、NHK、区の施設などなどが広い敷地を埋め尽くしている。
東急ハンズはその練兵場の敷地堺の民地側で、道路を挟んで向こう側が練兵場だった。 標石は数年前まで神南小前交差点近くの元位置(らしき)場所にあったものが、道路改修のため位置が変わっており、 渋谷区清掃事業所宇田川分室の建物の植え込みの中に立っていた。 その前面は自転車置き場で金網で仕切られており近づくことは出来ない。
現時点では(この地で)発見されている唯一の標石であり、 高さはおよそ50cm程度の独立標石と推定される。

フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」によれば
この地は大名・旗本などの屋敷であったが、1909(明治42)年、陸軍代々木練兵場となった。 1910年12月19日に徳川好敏大日本帝国陸軍工兵大尉が日本初の飛行に成功したとことでも知られている。
代々木練兵場は敗戦後の1945年にアメリカ軍に接収され、米軍の宿舎敷地・ワシントンハイツになり、 その後1964年に東京オリンピック選手村となった後、23区内の都市公園の中で4番目に広い公園として (540,529.00m2、およそ東京ドーム11個分)1967年10月20日開園された。
1990年5月には株式会社東京ランドスケープ研究所の設計により高さ15m-30mに及ぶ大小3基の噴水や 水回廊をもつ水景施設が設定された。(平成6年度社団法人日本造園コンサルタント協会賞設計部門)
同公園には織田幹雄の業績を称えた「織田フィールド」(陸上競技場)が、周辺にはNHK放送センター、 NHKホール、NHKみんなの広場ふれあいホール、国立代々木競技場第一体育館・第二体育館などがある。

近くに二二六事件の慰霊碑がある。現在の平和ボケした若者の街と、 70年前の、ことの善し悪しはともかく国家を憂うて行動を起こした若者達の慰霊碑 が隣り合わせとは如何にも皮肉であり、日本国の現在に警句を与えているようである。
70年近い歳月にも拘わらず仏花が供えられ、清掃が行き届いているのが妙に印象的である。
この事件に関与した者は若い兵士で遺族が居るとは思えないのだが、 日本国が戦争へ一気に突き進む予兆のような事件であった事を思い起こす。



























都心に残された旧陸軍標石(市ヶ谷八幡宮)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<渋谷東急ハンズ前へ> <小田急参宮橋駅境界へ> <市ヶ谷亀岡八幡宮へ> <東京農大周辺へ>

<駒場学園周辺へ> <東京国税局第二宿舎西境へ> <王子本町3丁目都営アパートへ> <護国寺西交差点へ>

東京都千代田区市谷八幡町11番地 亀岡八幡宮 神域内 陸軍標石

亀岡八幡宮正面 2006年12月07日14時37分 Canon IXY D900IS 亀岡八幡宮神殿の右側通路 2006年12月07日14時22分 Canon IXY D900IS 亀岡八幡宮神殿裏 自衛隊との境界にある標石 2006年12月07日14時18分 Canon IXY D900IS 標石の上面には境界方向を矢印がある 2006年12月07日14時18分 Canon IXY D900IS
 亀岡八幡宮正面       亀岡八幡宮神殿の右側通路 自衛隊との境界にある標石 標石の上面

旧陸軍標石は雑踏の東急ハンズの前にあることを発見したが、その後、池澤氏が市ヶ谷の八幡宮境内にもある ようだとの情報を得た。
この八幡宮は市ヶ谷亀岡八幡宮と言い、八幡宮があることからこの界隈の地番は八幡町となっている。 八幡宮は右から奥の2方向が陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地となっていて、かって陸軍参謀本部として数々の大事件の舞台でもあった。 そこで早速池澤氏と現地に出かけることなった。
神社の自衛隊駐屯地との境界を重点に探索したら意外にも直ぐに見つけることが出来た。 神社本殿の右側を国は入り、裏側の狭い通路の敷地境に「陸軍用地」とある標石が見つかり、 上面には境界の方向が示されていた。



























都心に残された旧陸軍標石(小田急参宮橋駅)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<渋谷東急ハンズ前へ> <小田急参宮橋駅境界へ> <市ヶ谷亀岡八幡宮へ> <東京農大周辺へ>

<駒場学園周辺へ> <東京国税局第二宿舎西境へ> <王子本町3丁目都営アパートへ> <護国寺西交差点へ>

東京都渋谷区代々木4丁目2番 小田急参宮橋駅境界 陸軍標石

小田急参宮橋駅 2006年12月16日16時00分 Canon IXY D900IS 参宮橋駅と区道との境界 2006年12月16日16時00分 Canon IXY D900IS 上面のば+印は南北を向いていない 2006年12月16日16時00分 Canon IXY D900IS
 小田急参宮橋駅       参宮橋駅と区道との境界   上面の+印は方角と無関係

旧陸軍の代々木練兵場跡地周辺の代々木公園やNHKの近傍には、渋谷東急ハンズ前に「陸軍用地」と刻印された標石があるが、 このたびその反対側に当たる代々木公園北口に近い小田急参宮橋駅に「陸軍省所轄地」と刻印された標石が見つかった。
小田急参宮橋駅の1カ所しかない改札口をでて狭い通りを参宮橋(新宿)に向い、10mほど行った地点に 参宮橋駅と区道との境の縁石上に標石が立っている。
この標石には「陸軍省所轄地」と刻印されており、東急ハンズ、市ヶ谷八幡宮の「陸軍用地」とは異なる刻印である。 また上面には+印があって、かっては方角を向いていたと推定される。
渋谷東急ハンズ前の標石は上面がはげ落ちて刻印が判らず、市ヶ谷八幡宮のそれは明らかに、境界を意味する矢印がある。
標石は左側側面が欠け落ちているが全体としたはしっかりとしている。
この地にある理由として考えられることは、道路管理者などによって移設されたのではなかろうか。
陸軍代々木練兵場は今の代々木公園一帯であり、小田急と首都高の東側であったから、戦後陸軍練兵場からワシントンハイツとなり、 東京オリンピックの1964年に返還されて再開発がなされたとき、当時境界にあった標石は、道路拡張などによってこの地に移設されたと 考えることが自然であろう。
この情報を寄せて下さった池澤氏に感謝申し上げます。


























都心に残された旧陸軍標石(東京農業大学周辺)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<渋谷東急ハンズ前へ> <小田急参宮橋駅境界へ> <市ヶ谷亀岡八幡宮へ> <東京農大周辺へ>

<駒場学園周辺へ> <東京国税局第二宿舎西境へ> <王子本町3丁目都営アパートへ> <護国寺西交差点へ>

東京都世田谷区桜丘1丁目 桜3丁目地先 東京農業大学北境 陸軍標石

東京農大北境(桜ヶ丘1-4)庚申塔と陸軍標石1? 2006年12月18日15時54分 Canon IXY 500D 東京農大北境(桜ヶ丘1-4)庚申塔の脇の陸軍標石1?側面  2006年12月18日14時57分 Canon IXY 500D 東京農大北境(桜ヶ丘1-4)庚申塔の脇の陸軍標石1?側面 2006年12月18日14時57分 Canon IXY 500D 東京農大北境(桜ヶ丘1-4)民家の門柱に半分埋められた陸軍標石2 周囲の状況 2006年12月18日14時59分 Canon IXY 500D 東京農大北境(桜ヶ丘1-4)民家の門柱に半分埋められた陸軍標石2 接 写 2006年12月18日15時00分 Canon IXY 500D
農大北境の庚申塔     庚申塔の脇にある陸軍標石1? 同 左           農大北境にある陸軍標石2 同 左 
農大付属一高(桜3-33)塀の脇に半分埋まった陸軍標石3 周囲の状況 2006年12月18日15時05分 Canon IXY 500D 農大付属一高(桜3-33)塀の脇に半分埋まった陸軍標石3 接 写 2006年12月18日15時06分 Canon IXY 500D 農大付属一高(桜3-33)塀の脇に半分埋まった陸軍標石3 上 面 2006年12月18日15時06分 Canon IXY 500D 東京農大正門(桜ヶ丘1-1)正門の門柱は陸軍当時のもの? 2006年12月18日14時44分 Canon IXY 500D 東京農大北境(桜ヶ丘1-4)大学と高校を分ける農大通り北端にある門柱 陸軍当時のもの? 2006年12月18日14時50分 Canon IXY 500D
農大付属一高北境の陸軍標石3 同 左           同 左            東京農大正門門柱      農大通り北端門柱

東京農業大学は戦前常磐松(渋谷区)にあったが、戦災を受け戦後になってこの地に移転してきた。 構内には平成12年(2000年)に建てた五十周年の碑があるが、1950年に東京農業大学としてこの地にて 開学した記念碑なのだろう。
もともとこの地は陸軍機甲整備学校があり、大学の正門は当時の門柱が現役としてそのまま使われている。 また付属高校と大学を分ける通称「農大通り」の北端のT字路にはペンキで塗られた、場所にそぐわぬ古い門柱 らしきものが両側にあり、これも陸軍当時の遺構かも知れない。
農大前面は再開発の激しい世田谷通りに面しているため、遺構の存在はもはや望み薄だが、北側の”古道” は道路拡幅も少なく、当時の軍民境界がほぼそのまま残されているのだろう。
庚申塔はこの道が古い街道であったことを示す。 ただし台座は戦後作り替えられたもので、この台座の碑文に、この地の歴史が刻まれている。 それによれば大正5年(1915年)に学校設立が決まり、第一次買収があり、続いて大正10年(1920年)に第二次買収が、 昭和12年(1937年)にも買い増しがあったとある。
庚申塔の前面左(道路側)には標石らしきものがあるが文字も判然としない。 また標石らしきものの隣には同じ面積の標石が欠け落ちた様な跡がある。(写真の標石1) 標石らしきものの文字が読めないので断定出来ないが、もともと陸軍標石は地上高が 50cm以上(これも規格がわからないので断定できない)もあるはずだが、これは四等三角点 並の高さでしかない。陸軍標石であるなら大部分が埋没してしまっているか、或いは折れたか、 いずれにしてもこの位置が元位置であるとは考えにくい。
写真の標石2ははっきりと「陸・」と読むことが出来る。 以下の刻印は埋没していると考えるのが妥当であろう。なお民家の門柱は古く、いずれ朽ち果てるか、 立て替えられるかであろうが、標石もそのときまでの寿命と想像される。
付属高校側の標石3は付属高校の建物の塀の脇にある。これも「陸軍・・」とまでは読めるが それ以下は埋没していると考えられる。
印字は前者が細筆であるのに対し後者は太筆であり、買収時点の相違と考えられ、 場所から推定して前者が大正年間のもの、後者が昭和12年のものと想像される。
代々木練兵場境界の2カ所(参宮橋、東急ハンズ前)がいずれもほぼ完全な形で残されているのに対して、 機甲学校境界のそれは、跡地の開発が前者に比べて少ないにも拘わらず原型を留めていないのは どうしたことなのだろうか、残念なことである。
第一報を提供してくれた池澤重幸氏にお礼を申し上げます。


























都心に残された旧陸軍標石(駒場学園高校東境)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<渋谷東急ハンズ前へ> <小田急参宮橋駅境界へ> <市ヶ谷亀岡八幡宮へ> <東京農大周辺へ>

<駒場学園周辺へ> <東京国税局第二宿舎西境へ> <王子本町3丁目都営アパートへ> <護国寺西交差点へ>

東京都世田谷区代沢1丁目8番地 駒場学園高校東境 陸軍標石

駒場学園東境(代沢1-8)の陸軍標石1 境の反対側にある 2006年12月18日16時00分 Canon IXY 500D 駒場学園東境(代沢1-8)の陸軍標石1の接写 2006年12月18日16時00分 Canon IXY 500D 駒場学園東境(代沢1-8)の陸軍標石2は藪の中にあって見つけにくい 2006年12月18日16時06分 Canon IXY 500D 駒場学園東境(代沢1-8)の陸軍標石2 藪を払いのける 2006年12月18日16時06分 Canon IXY 500D 駒場学園東境(代沢1-8)の陸軍標石2の接写  2006年12月18日16時06分 Canon IXY 500D
駒場学園東境の陸軍標石1 同 左             駒場学園東境の陸軍標石2 同 左             同 左 

世田谷区の池尻から目黒区大橋にかけては騎兵第一連隊兵営があって、1910年には北西端の一角に目黒から陸軍獣医学校を 移転させた。
戦後になって獣医学校の跡地には駒場学園高校が建てられた。その駒場学園の東境に「陸軍標石」と刻印された2基の 標石が残されている。


























都心に残された旧陸軍標石(東京国税局第二宿舎西境)

<表紙に戻る> <目次に戻る>

<渋谷東急ハンズ前へ> <小田急参宮橋駅境界へ> <市ヶ谷亀岡八幡宮へ> <東京農大周辺へ>

<駒場学園周辺へ> <東京国税局第二宿舎西境へ> <王子本町3丁目都営アパートへ> <護国寺西交差点へ>

東京都北区滝野川3丁目53番地 東京国税局第二宿舎西境 陸軍標石

東京国税局第二宿舎西境(滝野川3-53) 陸軍標石の場所  東京国税局第二宿舎西境(滝野川3-53) 陸軍標石1の周辺状況 2006年12月19日14時41分 Canon IXY D9000IS 東京国税局第二宿舎西境(滝野川3-53) 陸軍標石1の接写 2006年12月19日14時41分 Canon IXY D9000IS 東京国税局第二宿舎西境(滝野川3-53) 陸軍標石2の接写 2006年12月19日14時43分 Canon IXY D9000IS
陸軍標石の場所        陸軍標石1の周囲状況    陸軍標石1の接写      陸軍標石2?の接写 東京国税局第二宿舎西境(滝野川3-53) 陸軍標石3の周辺状況 2006年12月19日15時47分 Canon IXY D9000IS 東京国税局第二宿舎西境(滝野川3-53) 陸軍標石3接写 2006年12月19日15時48分 Canon IXY D9000IS 石神井川西岸(滝野川4-10) 陸軍の見張り小屋? 2006年12月19日14時57分 Canon IXY D9000IS 四本木稲荷神社(滝野川3-61) 2006年12月19日14時46分 Canon IXY D9000IS
陸軍標石3の周辺状況    陸軍標石3の接写       陸軍見張り小屋?       四本木稲荷神社

北区滝野川一帯は陸運造兵廠滝野川工場であった。 南北に走る道路が民地を分けているが、今は往時の面影は全くない。 東京国税局第二宿舎の脇の擁壁を歩くと、10m間隔に3個の標石がある事に気づく。 南から標石1、標石2、標石3 としたが、標石1は「陸軍用・」と細筆で刻印してあるのが判る。 その下は埋没しているものと考えられる。
10mほど離れて、擁壁の下に地上から殆ど欠けている標石らしきものがある。 念のため寸法を測ったら18cm、標石1の寸法と同じであり、偶然か故意か一等三角点の寸法と同じである。 また標石3の台座と同じ台座が半分埋まっていて、その上に標石らしきものがある。 自然石にしては不自然であり、標石3の状態から推測すると、陸軍標石の残骸と見るのが妥当であろう。
さらに10mほど離れて、擁壁の下の茂みの中に標石3がある。 こちらはかなり保存状態が良く、台座の上に乗って、太筆で陸軍用地と刻印してある。
これら3個の標石が連続して設置されていることは何故だろうか。
石神井川に西側は全体が整備されている雰囲気荷も拘わらず、薄気味悪いコンクリートの建造物があり、 屋根部分は雑草が生い茂っている。入り口とおぼしきところは塞いであるが、周囲建物とは経年がまるで異なる。 憲兵小屋か?見張り小屋か?かっての陸軍時代の遺構と考えられる。
第一報を提供してくれた池澤重幸氏にお礼を申し上げます。


























都心に残された旧陸軍標石(王子本町3丁目都営アパート構内)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<渋谷東急ハンズ前へ> <小田急参宮橋駅境界へ> <市ヶ谷亀岡八幡宮へ> <東京農大周辺へ>

<駒場学園周辺へ> <東京国税局第二宿舎西境へ> <王子本町3丁目都営アパートへ> <護国寺西交差点へ>

東京都北区王子本町3丁目31番地 本町3丁目都営アパート構内 陸軍標石

本町3丁目都営アパート内(3-31) 陸軍標石の場所 都営アパート3号棟と陸軍標石 2006年12月25日 15時24分 CANON IXY D900IS 路肩の標石とその周囲状況 2006年12月25日 15時22分 CANON IXY D900IS 標石の接写 陸軍用地と辛うじて読める 2006年12月25日 15時23分 CANON IXY D900IS 標石の上面は読みとれない 2006年12月25日 15時22分 CANON IXY D900IS
陸軍標石の場所       都営アパートと陸軍標石  陸軍標石の周囲状況    陸軍標石の接写       陸軍標石の上面

北区王子本町一帯は陸運造兵廠王子工場であった。 今は南北に走る道路の両側は都営アパート群が立ち並んでいるため、往時の面影は全くない。 本町3丁目交差点(紅葉橋)は一見T字路である。北に細い道路が都営団地の真ん中を延びている。 緩い上り坂となっていて、その坂の途中、交差点から50mほども無いところの右側の路肩のアパート構内側に陸軍標石が立っている。 標石は左上部が欠けているが、ほぼ埋設当時の姿を留めている。上面は刻印が不明確となっている。 前面には辛うじて「陸軍用地」と読むことが出来る。
第一報を提供してくれた池澤重幸氏にお礼を申し上げます。
またこの標石の場所について詳細な情報を提供いただいた内田様に深くお礼申し上げます。


























都心に残された旧陸軍標石(文京区大塚5丁目40 護国寺西交差点)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<渋谷東急ハンズ前へ> <小田急参宮橋駅境界へ> <市ヶ谷亀岡八幡宮へ> <東京農大周辺へ>

<駒場学園周辺へ> <東京国税局第二宿舎西境へ> <王子本町3丁目都営アパートへ> <護国寺西交差点へ>

東京都文京区大塚5丁目40番地 護国寺西交差点 陸軍標石

護国寺西交差点は首都高護国寺インターがある 10:33 護国寺西交差点の陸軍標石 10:32 護国寺西交差点は首都高護国寺インターのあるところ。池澤さんの情報で出かけることになった。 標石は交差点の歩道の私有地側にあり、すぐに見つかる。 「陸軍省」とあり、このあたりが陸軍用地の境界だったのだろうか。上面には境界を表す直角の印がある。 ちなみにGPSによる位置は北緯35°43′11″5、東経139°43′30″7とあった。 探索記録参照
 護国寺西交差点       陸軍標石