旧海軍の遺した標石

2006年12月17日開設
<表紙に戻る>
町や山を歩いて目にする三角点や水準点や道路元標、しかし時には変わった標石にお目にかかることがある。
横須賀、久里浜を取り囲む丘陵地にあがると、数多くの「海軍用地」と刻印された標石に出会う。 今でこそ尾根道にある草蒸した路傍の石だが、かっては横須賀軍港を仕切る境界石で、底のは憲兵の厳重な見張りがあって、 場所によっては東京湾を守っていた砲台跡もあって、1945年までの歴史の証がまだ遺されている。
このページでは都内にも多い陸軍標石を訪ねて紹介するものである。
種 類 所 在 地 現  状  位  置訪座年月日陸軍代々木練兵場南境
海軍標石失東京都北区西ヶ原4丁目51番地東京外語大跡地西側境 海軍標石亡失2006/12/19海軍下瀬火薬製造所西境
海軍標石 神奈川県横須賀市畠山登山道 独立標石 海軍省第十四号2007/03/12東京湾要塞地帯標石
海軍標石 神奈川県横須賀市畠山登山道 独立標石 海軍省第十三号2007/03/12東京湾要塞地帯標石
海軍標石 神奈川県横須賀市畠山登山道 独立標石 海軍省第十二号2007/03/12東京湾要塞地帯標石
海軍標石群 神奈川県横須賀市巡視路 独立標石 海軍省8基 境界石57基2007/05/22海軍敷地境界石ほか



























都心に残された旧海軍標石(東京外語大周辺−亡失)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<北区東京外語大跡地へ> <横須賀市畠山へ> <横須賀市久里浜へ>

東京都北区西ヶ原4丁目51番地 東京外語大跡地 亡失海軍標石

外語大東側道路の工事用塀(西ヶ原4-51) 海軍標石のあった場所 2006年12月19日14時25分 Canon IXY D9000IS 外語大跡地(西ヶ原4-51) 公園として整備工事中 2006年12月19日14時25分 Canon IXY D9000IS 北区西ヶ原一帯は海軍下瀬火薬製造場だった。広大な土地が今でも広がり、公園整備工事が始まっている。 この東側の境に海軍標石があるとホームページは報じている。
しかし現在工事用の塀が張り巡られて、かってあったであろう塀も今はなく、その際にあったと思われる海軍標石も今は亡失している。 公園完成後に再びこの地に設置される淡い期待を込めるばかりである。
海軍標石のあった場所    跡地は公園として整備中


























横須賀港を囲む旧海軍標石(東京湾要塞地帯標)

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<北区東京外語大跡地へ> <横須賀市畠山へ> <横須賀市久里浜へ>
海軍標石の位置を示すGPSトラック 旧海軍横須賀軍港には海軍境界石があると聞く。しかし未だに公表された標石は見ず、その存在は定かではなかった。 とりわけ横須賀港を囲む境界は横須賀港を見下ろす稜線上にあると想像され、山の中の標石探しは困難と考えられていた。 このたび秋村氏がかって歩いたコース上に標石があったことを思い出し、偶然にもこれが海軍標石であることが判明した。 (左図はGPSトラックによる海軍標石の位置)
14号標石の設置状況 2007/3/12 11:45 14号標石に刻まれた文字  2007/3/12 11:45 Canon IXY 500D 13号標石の設置状況 2007/3/12 12:05 Canon IXY 500D 13号標石に刻まれた文字  2007/3/12 12:06 Canon IXY 500D 12号標石の設置状況 2007/3/12 12:51 Canon IXY 500D 12号標石に刻まれた文字  2007/3/12 12:53 Canon IXY 500D
海軍標石14号       同 左       海軍標石13号      同 左         海軍標石12号       同 左 

海軍標石は、三浦アルプスの東端にある乳頭山から三角点のある畠山に至るルート上に3基あることが秋村氏によって明らかにされた。
2007年3月12日、池澤氏とともに秋村氏に案内され、海軍標石を確認することとなった。 当日は東逗子駅→二子山分岐→乳頭山→畠山→安針塚駅を歩き、ルート上にある海軍標石を取材した。 それぞれの海軍標石は同時期に設置されたことが刻字から明らかになり、12号、13号、14号と発見されたことから周辺の尾根筋を 探索したが新たな発見は出来なかった。 刻字は「東京湾要塞第一区地帯標」とあり、左面に第十四(十三、十二)号、右面に「昭和十六年七月三十日建設」、 裏面に「海軍省」とある。大きさは15cm角、地上高で約1m、66年を経てグラグラしないところを見ると 少なくとも地上高程度は埋まっていそうである。
なお探索記録を参考にされたい。


























東電横須賀火力発電所を囲む旧海軍標石

<表紙に戻る> <目次に戻る>
<北区東京外語大跡地へ> <横須賀市畠山へ> <横須賀市久里浜へ>
海軍標石の位置を示すGPSトラック 久里浜にある東電横須賀火力を取り巻く丘陵地帯の稜線に沿って海軍標石が多数あるとの情報を秋村さんから頂き、 それを探索しようと秋村さんと池澤さんと3人で出かけた。
東電横須賀火力発電所を取り巻く形の稜線は今は発電所の敷地境となっているが、 その境の稜線に沿って歩くと、かっては旧海軍の用地であった証拠として、 多数の海軍境界石と波印の付いた海軍省標石が設置されている。 当日の発見数は海軍境界石57基、波印の海軍省標石8基、これだけ多くの海軍標石が集中して現存している 場所は他に発見されていない。
これらの標石はその存在がまだ知られておらず、 従って今回の探索は広く公開するそのための現場調査で、その多くの標石の第一発見者となる旅となった。 (左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)  探索記録

海軍境界石1 10:04 海軍境界石9 10:10 海軍境界石19と三等三角点「千駄ヶ崎」 10:10 海軍境界石32 11:11 海軍境界石34 12:01 藪の中にも・・・海軍境界石54 12:48
 海軍境界石1       海軍境界石9      海軍境界石19     海軍境界石32      海軍境界石34     海軍境界石54 
波印海軍省標石1 11:18 波印海軍省標石1 11:18 波印海軍省標石2 11:26 波印海軍省標石2 11:26 波印海軍省標石3 11:30 波印海軍省標石4 11:33
 波印海軍省標石1   波印海軍省標石1    波印海軍省標石2    波印海軍省標石2   波印海軍省標石3    波印海軍省標石4
海軍省波印海軍省標石5 11:37 海軍省波印海軍省標石6 11:40 海軍省波印海軍省標石7 11:42 海軍省波印海軍省標石8 11:48 海軍省波印海軍省標石8 11:48 波印海軍省標石の点在する小径 11:31
 波印海軍省標石5    波印海軍省標石6   波印海軍省標石7    波印海軍省標石8   波印海軍省標石8   波印海軍省標石の小径

この尾根にある海軍標石は、「海軍用地」と印した境界石と「海軍省」と印した波印のある大型の標石の2種類がある。 境界石は鋳型でコンクリートを流して作り、さらに刻印部分を別の鋳型で作って張り合わせたものである。 設置状況は巡視路の脇にあるもの、倒れているもの、三角点に並んであるもの、道から外れて藪の中にあるものなど様々であり、 番号の刻印がないため、実際に順を追ってすべて探し出したかどうか、漏れがあったかどうかも分からない。
今回はトラックによる東電社宅入り口から巡視路に入って三等三角点千駄ヶ崎までの間に19基、波印海軍省標石地点の間に13基、 さらに県木の広場までの間に25基、合計5基を発見したことになる。

波印海軍省標石はトラックの2カ所のウェイポイント(標石1 N35°12′ 56″28 E139°42′31″46 標高96m〜 標石8 N35°12′56″92 E139°42′35″07 標高73m)の間に集中している。 標石は御影石で出来ていて、海軍のマークを現す3本の波があり、その下に海軍省とあるほかは記述がない(確認できない)。 この標石が何故ここに8基が集中しているのか、その理由は全く謎であるが、8基の内3組が対に設置されていて、 その内2対が道路の両側にある。 この道路は下の敷地から登ってくる道路で、上には大きな人工的な孔もあることから重要施設を示す標石かも知れない。
標石の一部は藪の中にあり、道路を歩いているだけでは発見が困難であることから進入困難な藪の中に、未発見の 標石が残されているかも知れない。  なお探索記録を参考にされたい。