変わりものの標石

2006年12月17日開設
<表紙に戻る>
町や山を歩いて目にする三角点や水準点や道路元標、しかし時には変わった標石にお目にかかることがある。
時には寸法違いの三角点、自然石に彫られた三角点、我が国初の都内第三角点網の遺跡、 箱根富士屋ホテルの中には「重力点」と称する測点まである。
こんな変わりもの標石を集めてこのページで紹介する。
種 類 所 在 地 現  状  位  置訪座年月日  備    考  
日本最古の三角点 港区芝愛宕神社池の中2006/06/12日本最古の三角点
一等三角点 栃木県晃石山山頂   2005/01/06異常に大きな一等三角点
 重力点 箱根富士屋ホテル資料館内   2006/12/12東京〜京都間の中間点   
仮三角点 筑波山山頂女体山山頂一等三角点脇 2006/12/23自然石に刻まれた+印
仮三角点 恵那山山頂恵那山山頂手前一等三角点脇 2006/10/13自然石に刻まれた+印
無等三角点東京都渋谷区明治神宮参道脇 藪林の中2007/05/05無等三角点 
IC入り三角点中井町中央公園公園内2007/12/17ICチップ入り四等三角点
自然石に刻まれた×印筑 波 山登山道沿い2008/03/26筑波山にある大量の謎の×印
自然石に刻まれた×印塩 見 岳登山道沿い2008/07/25塩見岳にある2カ所の×印
電子基準点鹿 野 山ほか国土地理院内2009/01/14   
電子基準点栃木県南3箇所宇都宮・鹿沼・栃木2009/04/26   
子午線標小 糸ほか小糸地区2009/01/13   
菱形基線測点小 糸ほか小糸地区2009/01/13   




























寸法違いの一等三角点

<表紙に戻る> <目次に戻る>

晃石山の寸法違いの一等三角点

栃木県の晃石山山頂の祠と一等三角点 2005年01月06日11時07分 Canon IXY 500D 一等三角点(晃石山)の寸法は大変大きい 2005年01月06日11時07分 Canon IXY 500D 栃木県南部の晃石山にある一等三角点(晃石山)は、平面が21cm*21cmと規格による一等三角点の寸法より大きい。 一方高さは18cm(規格は21cm)と低い。どうやら受注した石屋が縦横を間違えたようだ。
晃石山山頂の祠と一等三角点 寸法違いの一等三角点(晃石山)



























重 力 点

<表紙に戻る> <目次に戻る>

箱根富士屋ホテル内 重力点

箱根富士屋ホテル 2006年12月12日09時40分 Canon IXY D900IS 富士屋ホテル内資料館の重力点 2006年12月12日09時43分 Canon IXY D900IS 富士屋ホテル内資料館の説明パネル 2006年12月12日09時434分 Canon IXY 500D 箱根富士屋ホテルの中にある資料館には重力点がある。説明パネルによれば1964年当時国内重力点整備が測られていたが、特に重要となる 東京−京都間においてその中間点としてここが選ばれたとある。
 箱根富士屋ホテル       富士屋ホテル内の重力点   説明パネル重力点の説明パネル


























自然石に刻まれた+印

<表紙に戻る> <目次に戻る>

筑波山と恵那山の一等三角点脇にある自然石に刻まれた+印

筑波山の一等三角点(筑波山)の脇にある自然石に刻まれた+印 2006年12月23日日10時43分 Canon IXY D900IS 恵那山の一等三角点(恵那山)の脇にある自然石に刻まれた+印 2006年10月13日11時55分 Canon IXY 500D 筑波山女体山にある一等三角点(筑波山)と恵那山山頂付近にある一等三角点(恵那山) の脇には、自然石に刻まれた+印がある。両者とも南北を指しており、自然の傷跡とは思えない。
いずれも一等三角点の際であり、おそらくは三角点埋設に当たっての”仮三角点”とも言える”標石”ではなかろうか。 このくらいになるとあらかじめ情報があって、それを元に探して始めて目に触れる代物で、普通では登山者の目に触れる事はまずないであろう。
筑波山山頂の自然石にある+印 恵那山山頂の自然石にある+印

























明治神宮参道に残る無等三角点

<表紙に戻る> <目次に戻る>
無等三角点の位置 明治神宮の中に三角点があるとの「点の記」の記録がある。それによれば「明治神宮4等三角点」 は「社庭地 神社庁 山手線原宿駅ヨリ北参道ヲ北進スルコト約100米ニシテ独立樹アリ、コノ下ニ三角点アリ」 となっている。その後四等三角点は廃止され、今では無等三角点として現場に残されている・・・との情報を池澤氏と 秋村氏から頂いた。


参道が北口と本殿に分かれる分岐箇所 12:20 Canon IXY 900IS 三角点のある藪林 12:19 Canon IXY 900IS この藪の中にある 12:19 Canon IXY 900IS 保護枠に覆われた三角点 12:16 Canon IXY 900IS 保護枠を外した所 秋村氏撮影提供

5月5日はこどもの日、参道は大勢の参拝客やガードマン、神官などがいた。 GPSによる経緯度が分かっているので、すぐ見つかるとたかをくくって出かけたが 事実は大違い、明治神宮の参道の森がこれほどまでに藪林とは想像していなかった。 立ち入ることも容易でなく、勿論参道からはすぐ先が見えない。 おまけに高い樹木でGPSも不安定である。
位置を変えながら時間をかけてようやく所定の経緯度地点の脇の参道に立ち、やや小高い藪を 見るが入る場所を探すのに一苦労、うろうろしている内に2度ほどガードマンに注意された。
ようやくマウンド藪の地点にたどり着いて三角点を発見したときはやれやれ・・・との思いだった。
昭和22年(1947年)1月29日に記載された点の記にある「独立樹」は確かに今もあるが、周囲は藪と化し 記載の状況とは大違い、60年の歳月は照葉樹の藪と化し、この森の成熟がほぼ完成の域に近づきつつある証でもある。












































ICチップ入り三角点

<表紙に戻る> <目次に戻る>
ICチップ入り三角点 2007/12/17  12:19 ICチップ入り三角点 2007/12/17  12:20 ICチップ入り四等三角点 中井町中央公園内
四等三角点 中央公園 N35 20 17 8279 E139 13 01 6764 39.25m 
 ICチップ入り三角点    ICチップ入り三角点


























日本最古の三角点

<表紙に戻る> <目次に戻る>
芝愛宕神社の池の中にある三角点 2006/06/12  15:02 芝愛宕神社の池の中にある三角点 2006/06/12  15:02 明治始め、我が国国土の測量事業が始まった当初、東京、横浜などで三角点網が形成され、その基準を江戸城 富士見櫓に設置したと言われる。現在このときの三角点は一つも発見されていないが、唯一芝愛宕神社の池の 中にそれを見ることが出来る。
この三角点網の後、特殊目的のため横浜から酒匂川にかけて設置した外国人遊歩測点が設置測量され、 さらに英国の測量技術を導入して行程几号標、原三角測点が関東甲信越に設置されて、明治18年測量が 陸軍に移管されて現在のドイツ式の三角点、水準点に至っている。
 愛宕神社の日本最古の三角点


























筑波山にある大量の謎の×印

<表紙に戻る> <目次に戻る>
×印測点のGPSによる位置 20086年03月26日 補点と刻印された独立標石 2008/03/26  10:46 「六九」番×印 2008/03/26  10:58 「六九」番×印 2008/03/26  10:58 「七一」番×印 2008/03/26  11:05 「七二」番×印 2008/03/26  11:10
 ×印測点の位置           補点とある独立標石 ×印六九番       ×印六九番      ×印七一番      ×印七二番  「七四」番×印 2008/03/26  11:15 「七五」番×印 2008/03/26  11:19 「七六」番×印 2008/03/26  11:23 「七八」番×印 2008/03/26  11:30 「七九」番×印 2008/03/26  11:34 「八〇」番×印 2008/03/26  1138
 ×印七四番       ×印七六番        ×印七六番        ×印七八番       ×印七九番        ×印八〇番 「八二」番×印 2008/03/26  11:42 「八四」番×印のある岩 2008/03/26  12:07 「八四」番×印 2008/03/26  12:07 「八五」番×印 2008/03/26  12:11 「無番号1」×印 小型深堀 2008/03/26  12:188 「無番号2」×印 小型深堀  2008/03/26  12:23
 ×印八二番        ×印八四番       ×印八四番        ×印八五番       無番号1×印       無番号1×印 「無番号3」×印 小型深堀  2008/03/26  12:27 「次三角点」とある独立標石  2008/03/26  12:30 「無番号4」×印 小型深堀  2008/03/26  12:35 「無番号5」×印 小型深堀  2008/03/26  12:39 「無番号6」×印 小型深堀は土に覆われていた  2008/03/26  12:45 「無番号6」×印 小型深堀接写  2008/03/26  12:45
 無番号3×印      次三角点独立標石    無番号4×印      無番号5×印       無番号6×印      無番号6×印
 山頂の「無番号7」   山頂直下の「無番号8」「無番号8」が彫られた岩

筑波山の林道コース登山道に自然石に刻まれた×印があると言う情報を得た。 ケーブルカーやロープウェイが古くからある筑波山にはいつもこれらの施設を使って 山頂に立つため、足で登ったことがなかった。 いずれは足で登ってみたいと願っていた矢先に、上記の宝探しのような情報である。
この両方の目的を果たすため、池澤さんと 筑波山へ向かった。 筑波神社前に車を留めて×印があったと言われている林道コースに入るため、 第一駐車場まで下って筑波梅林に入った。舗装された林道を登って尾根筋で林道が 下り始めるところに林道登山コースの登山口があった。
この登山道を歩いてマップに示す合計19箇所の×印を発見(確認)、さらに女体山山頂とその付近で2箇所を 発見した。
しかしその設置の目的、設置者などは全く手がかりが得られず、後日の調査にゆだねざるを得ない 事となった。
×印は二種類あって、登山道の下の方には番号も彫り込まれたやや大振り(10cm程度)の刻印であり、 手頃な自然石の上面に正確に東西南北を指していることから測量に使用したことは間違いないと思われる。 またこれらの刻印が尾根筋にあることから境界石であることの可能性もある。
上部では番号入りの×印よりも小ぶり(7cm程度)で縁のない無番号の×印がある。 幾つかの×印の脇にはタイルが貼ってありそこに番号らしきものがあるがかすれて読みとれない。 登山道では八箇所の×印を発見、さらに女体山山頂一等三角点南方5mの所にある仮三角点または 補点ではないかと言われてきた×印を確認したが、このデザインは先に林道コース上部で見てきた ×印と同じであり、加えて白雲橋コースへの分岐箇所の岩場にも同じものを発見するに至り、 これらの×印は一連のものである可能性が濃厚となった。
筑波山にあるとされてきた仮三角点は自然石の自然の傷か?人工的につけられたものか、 判定し難くお預けとなった。
この正体が何か、情報を待つこととしたい。