箱 根 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>

(芦ノ湖スカイラインから箱根山)

東名高速道路の厚木ICから小田原厚木道路に入るとそのまま箱根山にはいる。 東京から1時間の大変近いところにある。 箱根山はその山全体が開発しつくされ、すでに”山”と言うにはほど遠いものと いう認識だそうだ。だがそんな認識とは無関係に山岳景観は存在し、多くの人々に 山岳展望を親しんで貰う絶好のロケーションとなっている。 箱根山は大きな外輪山と火口湖の芦ノ湖と、いくつかの中央火口丘を持つ。 最高峰は中央火口丘の一つである神山だ。その隣の殆ど標高に差がない駒ヶ岳山頂までは 2ルートのロープウェイがあり、労せずして山頂に立てる。その駒ヶ岳から尾根ずた いに神山まで40分もかからない。駒ヶ岳山頂での展望は、丹沢、富士、 愛鷹山、天城などだ。
一方、外輪山のビューポイントは芦ノ湖スカイライン全線、大観山、箱根峠などだ。 芦ノ湖スカイラインは、外輪山の尾根を内に外に走る道路だけに内には芦ノ湖を前景にした 箱庭のような中央火口丘群が一望される。

(芦ノ湖スカイライン 12月初旬08時45分 35mm F11 1/750)

(芦ノ湖スカイラインから富士山)

この写真は芦ノ湖スカイラインから富士山の富士山だ。 芦ノ湖を前景にした箱庭のような中央火口丘群が展望できる内側と、愛鷹山を従えた雄大な富士山の底抜 けの大空間の外側との対比が余りにも見事だ。 よく見ると左裾に南アルプスの南部の山々をも従えている。

(芦ノ湖スカイライン 12月初旬08時45分 35mm F11 1/750)





























金 時 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>

(金時山から富士山)

金時山は箱根外輪山にあって富士と相対峙して、ひときわ目立つ山である。 僅か1213mの標高でありながら、その名は金太郎寓話で全国に知られる。 さらに、この山を一層名高いものにしたのは富士山、北の三ツ峠山と並んで南の金時山は富士山展望の横綱格として、 超人気の山である。
金太郎寓話は、この山を舞台に金太郎が動物たちと暮らしたことから始まる。金時山の別名猪鼻山も、金太郎の逸話から出た山名である。 山頂へは乙女峠から、足柄峠から、明神ヶ岳から、仙石原にある公時神社から、4方から通じていて、 いずれも1時間半以内のハイキングコースと言ったところ。 山頂の金時娘の茶屋はあまりにも有名である。広々とした山頂はいつも富士山を展望しながらの昼食でにぎわいを見せている。
とはいうものの箱根山と富士山の間は気流が悪く、雲が発生しやすいのでなかなか展望に恵まれない。 この日は日本列島が移動性高気圧に覆われ、気流が安定して雲の発生する余地も無かったが、気温の上昇のため澄み切っ た視界と言うわけには行かなかった。

 (2001年3月20日10時15分山頂にて 45mm F111/750)

(乙女峠から富士山)

富士山展望の名所、金時山の素晴らしい視界を求めて再登頂を試みたのは冬の最中、多くの登山者とともに、 山頂を訪れたが待っていたのものは強風と半分雲に隠された富士山だった。
またくればよい、とさっさとあきらめ乙女峠に下山、その途中から天気が回復して雲が切れ、視界が透明感を増し、 大気が入れ替わったことを富士山が告げていた。
乙女峠には小屋があって展望台が設けてある。そこで雲が切れるのを待つこと15分、見事な富士山を捉えることができて、 満足の金時山再訪であった。

 (2002年2月09日12時45分 乙女峠 Sony DSC-P1)

(夏の金時山から)

残暑厳しい時期だが涼を求めて早い時間の登頂を試みた。 公時神社からの急登が思いの外きつく感じられ、まだ脚力が回復していない事を実感、 しかし山頂で迎えてくれた富士山は、この時期としては珍しい好視界での夏富士であった。 南には箱根の最高峰の神山が大湧谷や芦ノ湖を抱いて見えていた。

 (2003年08月24日09時15分 金時山 Sony DSC-P1)

(4度目の金時山から)

ようやく冬型の気圧配置も安定し、万を侍して「金時山富士山展望と鍋を囲む会」を決行した。 合計6名のパーテイは漫才同様、無風快晴の中を山頂到達、そこにあったものは「凱風快晴」・・・。 北斎は三ツ峠山から「凱風快晴」を描いたと想像される(田代博氏)が、ここ金時山にあったものも それに匹敵する眺めだった。
その後はいよいよ鍋を囲んでの大宴会、焼酎にシャンパンまでが”食卓” に上がって忘年会とXmasパーテイが同時にやってきた。 パーテイの皆が共に感謝感謝の忘年山行きであった。
 (2003年12月23日10時30分 金時山 Cannon EOS Kiss D)

(登頂記録−4回目)

*山名:金時山(1213m)三等三角点(金時山)
*年月日:2003年12月23日(日)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿 御殿場IC 金時神社  分 岐   山 頂      長尾山   乙女峠
0700       0820/0830 0940/0950 1015/1130  1220/1230 1250/1300
乙女口 金時神社     温 泉  御殿場IC あざみ野  自 宅
 1400  1420/1430  1440/1520        1700    1800






















矢 倉 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>

(矢 倉 岳)

矢倉岳は箱根外輪山の東端に位置し、コニーデ型の優美な山容を見せる。 大雄山駅からバスで10分ほどのところに矢倉沢側の登山口がある。 BSから1時間半、樹林の中の高低差620mを一気登りの急登が続く。 山頂に飛び出ると草原が広がっている。
山頂は360度、遮るもののない大展望である。

山頂からは富士山が大きい。明神岳、金時山、神山など箱根の山々が近く愛鷹山や丹沢も展望できる。 眼下には足柄峠が見えている。
写真左上は大雄山駅の手前の和田河原駅から撮った矢倉岳と富士山、もう少し走れば隠れ富士となる。 写真右上は足柄峠に近い万葉公園から見た矢倉岳、和田河原駅とは正反対だが山容は少しも変わらない。

 (左上 2004年03月21日08時19分 和田河原駅 Cannon EOS Kiss D)
 (右上 2004年03月21日12時50分 万葉公園 Cannon EOS Kiss D)
 (左下 2004年03月21日10時30分 矢倉岳山頂 Cannon EOS Kiss D)

(登頂記録)

*山名:矢倉岳(870m)
*年月日:2004年03月21日(日)*天候:晴 *行 程

恵比寿 品 川(\G950)小田原  大雄山   矢倉沢 ポンプ場 山 頂
0624  0634/0640 0756/0800 0821/0825 0831  0907 1005/1037

万葉公園 足柄峠  万葉公園  地蔵堂   大雄山    小田原
1137  1200/1215 1305/1330 1340/1452 1410/1414 1435/1440

 横 浜   恵比寿
1542/1556  1620


























明神ヶ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>

(明神ヶ岳)




会社の文化会に山岳部が創設された。名付けて「旭山楽会」、サンガクカイと発音する。 この日はその山楽会の発会山行、名のある山で富士山を見ながら鍋を囲み、下山後は温泉にハイって忘年会、 と言うまことに欲張ったフルセットの山行会が行われた。
参加者はリーダーを青柳さん、影山さんにお願いし、小林、磯田、福原、原口、室井さん、それに室井さんの友人が参加して、総勢9名となった。 明神ヶ岳には宮城野登山口から1時間半、予報に反して快晴の空には富士山が思いっきり姿を見せていた。
分岐箇所の鞍部まで45分、そこからは行く手に明神ヶ岳のなだらかな稜線が見え、 反対側には明星ヶ岳の山頂が覗いていた。
山頂は冷たい風が吹いていたが、藪の蔭に場所を確保してシャンパン、ビール、焼酎”福原鍋” etc・・・。存分に山頂パーテイを楽しんだ。 山頂からは金時山を前衛とした富士山が、愛鷹山が、箱根の中央火口丘の神山・駒ヶ岳が、 そして東には丹沢や相模湾が見えていた。
下山後は温泉にて入浴、そして忘年会、大いに盛り上がった旭山楽会の発会となった。

 (上左 2004年12月18日09時07分 宮城野登山口 Cannon IXY)  (上中 2004年12月18日10時36分 山頂直下 Cannon IXY)
 (上右 2004年12月18日10時47分 山頂 Cannon IXY)  (下左 2004年12月18日10時47分 山頂 Cannon IXY)
 (下中 2004年12月18日12時24分 山頂 Cannon IXY)  (下右 2004年12月18日13時04分 明星分岐 Cannon IXY)

(登頂記録)

*山名:明神ヶ岳(1169m) V△明神
*年月日:2004年12月18日(土)*天候:快晴 *行 程
恵比寿  品 川  小田原(タクシー)宮城野登山口  鞍 部    山 頂
0612  0623/0626 0740/0810    0900/0910  0955/1000 1045/1230 
  鞍 部   宮城野登山口  勘太郎の湯(タクシー)小田原   品 川   恵比寿
1300/1310   1340/1400   1430/1650      1720/1724 1837/1842 1852



























幕  山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>

(梅 林・幕 山・南郷山)




幕山は箱根外輪山の大観山から湯河原に下る南面にあって、一帯は600m前後のピークが ある。北側を箱根の稜線に遮られ、温暖な山域はミカン畑が点在し、登山口の幕山公園は梅林 として多くの観光客を集めている。 そして冬季でも積雪の少ない山として、幕山から南郷山にかけての一帯は適度なハイキングコースがあって良く知られている。
標高500m以上の関東の山々がまだ雪に覆われている3月彼岸時、梅見も兼ねて出かけて見た。 湘南新宿ラインがこの方面の距離感を大幅に縮め、100kmに近い遠距離でありながらそれほど苦にならない のも不思議なことである。
梅が見頃の時とあって多くの観光客が詰めかけていたが登山者も多く、行列をなして登る一幕もあった。 登山道は梅園を登り詰め、存分に梅を観賞しながら、岸壁のクライマーの訓練を見ながらジグザクの整備された道を 450mの標高差を一気に登る事となる。
山頂は広く、殆どの方角に展望が得られる。眼下の相模湾から真鶴岬、伊豆大島、初島、天城山などが 展望でき、北側は箱根大観山などの外輪山の壁が立ちはだかっている。

幕山から北東に、登山道は林道とクロスしながら南郷山へと向かう。途中に頼朝が水面に映る自分の姿を見て 自害しようとした自害水があるが今は水がない。林道を経て最後はカヤトの急登、南郷山の三角点がある山頂にでる。 ここからも幕山同様良く展望が利く。しかし互いの山野方角は樹木に遮られて見えない。南面を急降下するとカヤトの小径を 湯河原CCの脇を通ってやがて鍛冶屋のバス停に出る。ここからのバスは2本/1時間程度あるが 湯河原駅まで歩いても30分程度である。

 (上左 2005年03月20日13時30分 鍛冶屋 Cannon IXY500 P)  (上左中 2005年03月20日09時56分 幕山公園 Cannon IXY500 P)
 (上右中 2005年03月20日11時00分 幕山山頂 Cannon IXY500 P)  (上左 2005年03月20日11時02分 幕山山頂 Cannon IXY500 P)
 (下左 2005年03月20日11時46分 自害水 Cannon IXY500 P)  (下左中 2005年03月20日12時16分 南郷山山頂 Cannon IXY500 P)
 (下右中 2005年03月20日12時16分 南郷山山頂 Cannon IXY500 P)  (下右 2005年03月20日12時47分 南郷山山腹 Cannon IXY500 P)

(登頂記録)

*山名:幕山(626m) 南郷山(611m) V△(南郷)
*年月日:2005年03月20日(月)*天候:曇り
*行 程
恵比寿  戸 塚(2ドア)湯河原 湯河原 幕山公園  登山口     幕 山
0723  0801/0806   0913 /  0925   0940   0950/1000  1100/1130
 南郷山  鍛冶屋 湯河原駅(快速) 茅ヶ崎   恵比寿 
1205/1220 1322  1355/1405   1442/1446  1537



























神 山・駒ヶ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>

(神 山・駒ヶ岳)

箱根山の中央火口丘で箱根山の最高峰は神山である。そして隣接して駒ヶ岳が2番目に高い。 駒ヶ岳(1327m)の山頂は樹木が無く360度の大展望が開ける。そして芦ノ湖から、芦の湯から、 2本のロープウェイが山頂に達しており、多くの観光客が集まる、箱根随一の観光地である。
一方神山はその北面が大湧谷に鋭く切れ込んでいて、南面は防ヶ沢分岐の鞍部を挟んで駒ヶ岳と 並んで双耳峰のようにそびえている。しかし標高はかなり差があり、箱根山の盟主に相応しい風貌を見せている。 駒ヶ岳が開発に曝されているにもかかわらず、自然の残された静かな樹林に覆われた山である。

(芦ノ湖スカイライン 12月初旬08時45分 35mm F11 1/750)



駒ヶ岳は箱根園からロープウェイで上がるのが一般的である。 芦の湯(湯ノ花)からもロープウェイがあるが大部分の観光バスは 箱根園から上がってくるようだ。山頂は樹木が無く、展望は抜群、視界が良ければ 富士山の左裾に南アルプスが見える。
駒ヶ岳に引き替え神山は目立たない存在である。箱根山全体から見ても、芦ノ湖の西側まで後退しないと 見えてこない。勿論駒ヶ岳山頂からは指呼の間にある。
駒ヶ岳から防ヶ沢に一旦下り、そこから神山山域に入る。樹林の中をひたすら登り詰めると山頂がある。 小広い山頂は数パーテイの昼食が可能である。展望がないにも拘わらず一等三角点の山として知られている。
山頂の北側には冠岳がそびえていて、大湧谷に向かって鋭く切れ込んである。 2005年4月現在、大湧谷へのルートは崩落の危険のため通行止めであり、早雲山へ抜けるルートが唯一の 北斜面からの登頂ルートとなっている。

 (上左 2005年04月03日16時07分 箱根園芦ノ湖 Cannon IXY500 P)  (上左中 2005年04月03日12時14分 駒ヶ岳山頂 )
 (上右中 2005年04月03日12時14分 駒ヶ岳山頂)  (上左 2005年04月03日14時48分 防ノ沢分岐より神山)
 (下左 2005年04月03日13時34分 神山山頂 )  (下左中 2005年04月03日14時11分 一等三角点 )
 (下右中 2005年04月03日13時49分 冠ヶ岳 )  (下右 2005年04月03日16時44分 大湧谷 )

(登頂記録)

*山名:神山(1438m)(T△冠ケ岳) 駒ヶ岳(1327m)
*年月日:2005年04月03日(日)*天候:快晴
*行 程
恵比寿   箱根園   駒ヶ岳山頂 防ヶ沢分岐 神山山頂  防ヶ沢分岐 駒ヶ岳山頂
0950   1130/1200  1220/1222   1245    1330/1411   1445   1515/1550
箱根園     大湧谷    蕎麦や   恵比寿
1557/1615  1645/1720  1740/1800  2005



























絶景の山伏峠・箱根駒ヶ岳「東名道」車窓展望の山旅 2007年第1回

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>
箱根ルート 朝日旅行主催の「絶景の山伏峠・箱根駒ヶ岳「東名道」車窓展望の山旅 2007年第1回」 は、12名の参加を得て3月3日に実施いたしました。当日は雛祭りの節句で、 普段ならようやく水も温む季節ですが、今回は4月のような暖かな陽気と 雪のない箱根路を、やや雲が多めながら富士山を始め箱根の山々を堪能しながらミニハイクを楽しむことが出来ました。
  (使用カメラ CANON IXY 900IS)
  (左はGPSによるトラック)
鮎沢PAにて 08:58 長尾峠の手前で箱根山の中を眺める 09:42 長尾峠の手前にて 09:42 箱根スカイライン 富士見ヶ丘展望台にて 11:34 今日始めての富士山が顔を出す 10:04 箱根スカイライン 富士見ヶ丘展望台にて 10:12
 鮎沢PAにて      長尾峠の手前にて    同 左           富士見ヶ丘展望台    今日初の富士山    富士見ヶ丘展望台  
山伏峠から芦ノ湖 10:35 登山道にある山伏峠の標識 11:03 山伏峠から神山・駒ヶ岳 11:10 元箱根で昼食 11:49 駒ヶ岳ロープウェイから 12:53 駒ヶ岳山頂を散策する 13:01
 山伏峠にて       山伏峠の標識      山伏峠にて        元箱根にて昼食     駒ヶ岳山頂へ      山頂散策 
山頂の駒ヶ岳神社 ここが最高地点 13:05 神社と神山を背景に全員写真 13:34 富士山が顔を出す 13:49 愛鷹山も晴れ上がってきた 13:51 ロープウェイで下る 13:56 芦ノ湖湖畔を走る 14:22
 駒ヶ岳神社       山頂にて全員写真    富士山が顔をだす   愛鷹山も晴れ上がる  駒ヶ岳を下る       芦ノ湖畔を走る  
 
朝日旅行主催の「絶景の山伏峠・箱根駒ヶ岳「東名道」車窓展望の山旅 2007年第1回」 は、14名の参加を得て3月3日に実施いたしました。
ツアーは東名道御殿場ICを経て乙女峠→長尾峠を経て、途中2カ所でバスを止めて展望を楽しみ、芦ノ湖スカイラインを走って、 山伏峠の駐車場に着きました。ここからハイキングコース上の山伏峠まで往復のミニハイクをしてハイキングコースの雰囲気を味わいました。 いつもなら積雪があってアイゼンなしには歩けないところですが、暖冬のお陰で思わぬハイクが出来ました。
低い雲がたれ込めた朝でしたが、やがて晴れ上がり、富士山も顔を出して、箱根の山々もすっかり晴れ上がってきました ミニハイクの後は元箱根に下って昼食、午後からはすっかり晴れ上がった駒ヶ岳目指して箱根園からロープウェイで駒ヶ岳山頂 まで行きました。 広い山頂を箱根の山々を見ながら一回り、いつもの年ならかなりの積雪がある時期ですが、積雪の無い山頂にはびっくり、 春本番の陽気の中を山頂一周、大展望を楽しみながら参加者の皆さんともども春の箱根を満喫しました。
下山中のロープウェイからは愛鷹山も全山晴れ上がり、眼下にはきらきら輝く芦ノ湖を見ながらの気持ちの良い陽気になっていました。 下山後は乙女トンネルをくぐって御殿が温泉へ、途中で見上げる金時山にも雪がありません。
御殿場温泉でくつろいだ後、渋滞のない東名道を戻り、予定より早めに横浜に着くことが出来ました。
今回は万全とは言い難い体調でしたが「展望の山旅オフの会」の方々の後押しもあって 無事努めることが出来ました。
次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。

(登頂記録)

*山名:駒ヶ岳(1356m ) (V△駒ヶ岳 1327.01m)
*年月日:2007年03月03日(土)
*天候:晴れ
*行 程
(恵比寿)・秋葉原++横 浜=======鮎沢PA==長尾峠===山伏峠・・散策・・山伏峠==
(0648)   0700 (0711)/0750  0850/0910  0945  1040        1120  
元箱根=== 箱根園+++駒ヶ岳駅(山頂散策)駒ヶ岳駅+++箱根園===御殿場温泉
1145/1235 1245    1258          1350     1358   1440/1600
海老名SA ===  横 浜+++(品川+++恵比寿)・秋葉原 
1650/1710  1730/(1737)       (1820)  1840    

(注)朝日旅行主催「絶景の山伏峠・箱根駒ヶ岳「東名道」車窓展望の山旅  2007年第1回 参加者12名 添乗員1名 講師:伊藤























梅の花咲く幕山「展望の山旅オフの会」2007年例会第3回

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>
「展望の山旅オフの会」2007年2月24日の2007年第3回例会は湯河原の幕山梅園の梅を愛でながら南郷山まで一回り、早春の日溜まり ハイクを楽しもうという趣向13名が参加、肌寒い陽気ながら満開の梅にご満悦の1日となった。
(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

幕山公園から幕山と梅林 09:40 公園への橋を渡りいよいよ梅園へ 09:40 梅園の中は色とりどりの梅で一杯 09:58 梅園を過ぎて幕山の岸壁を見ながら山頂へ 10:22 賑やかな山頂 11:21 山頂での集合写真 11:51
 幕山と梅林        橋を渡って公園へ   梅林の中を登る     上から見下ろす梅林   幕山山頂        山頂全員写真
頼朝の伝説が残る自害水 12:11 南郷山山頂 思わぬ霰が・・・ 12:39 南郷山山頂で一休み 12:47 南郷山三角点 12:44 南郷山から真鶴半島 12:51 五郎神社へ無事下山 14:11
 自害水          南郷山山頂       南郷山で一休み     南郷山山頂三角点    山頂から真鶴半島   五郎神社へ下山

天気予報では快晴の筈だったが湯河原に近づくと空が曇りだし、肌寒い一日となった。 にもかかわらず梅は満開、大勢の観光客やハイカーに混ざっての南郷山経由の山歩きとなった。
総勢13名、男性3名、女性10名、しかし1名が梅園の中で足を痛めたためリタイアして12名となった。 この季節だけ頻繁に運行する湯河原駅からのバスで幕山公園まで行って、 そこから公園に入り、準備運動を行って梅園の中を満開の梅を見物しながらジグザクに登る。
梅を愛で、幕山のロックゲレンデを見上げながらやがて梅園最高所と標識のある地点にでる。 ここからはハイカーの世界である。
思わぬ人との出合もあって楽しい偶然を味わいながらやがて山頂に到達した。 肌寒い山頂には大勢のハイカーが昼食を採っていた。12時出発の予定だったが寒いので早めに出発した。 道標が不明確で地図を見ながらの山歩きだったが間違えることもなく南郷山に到着、ここでは霰が降ってきた。
小休止の後下山開始、滑りやすい急下降には集中力と慎重を要した。 ゴルフ場の脇を通り、五郎神社に予定通り到着、すぐに湯河原行きのバスが出て7名が帰っていった。 5名は嵯峨沢の湯から送迎バスを頼み、汗を流してから家路についた。
男性2名、女性10名、リーダー陣の予備力が皆無の状態で、体調絶不調の体には大きく堪えた山旅でもあった。

(登頂記録)

*山名:幕山(626m) 南郷山(611m) V△(南郷)
*年月日:2007年02月24日(土)
*天候:曇り
*行 程
恵比寿+++戸 塚++++湯河原=(バス)=幕山BS・・幕山公園 梅園最高地点 幕山山頂
 0722 0800/0802 0913/0920      0930  0940/0950   1025    1115/1152
南郷山・・・・五郎神社===嵯峨沢の湯===湯河原駅+++戸 塚++++恵比寿
1240/1250 1357/1410  1420/1600  16051620 1722/1725  1806

*参加者: (L)イトウ (SL)ヤマオさん えんどうさん たなかさん うえむらさん さかきさん やまださん 
        おおつかさん さいとうさん くぼのやさん たにざわさん きつかわさん コバヤシさん  計13名
































箱根冠下(コンキチ山)

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>
標石グループで忘年標石訪問と山行をしようと、池沢さん、秋村さん、舘沢さんの4人で前日から外国人遊歩規定 測点を訪座した後、箱根湖尻に泊って、早朝の紅富士を眺めて9時出発、神山の下にある金属製の三角点のある冠下 のピークを目指して、かんぽの宿の上から遊歩道に分け入った。
(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

富士見苑より紅富士を見る 06:51 富士見苑より黄金色に輝く富士を見る 07:18 かんぽの宿の上から冠下を目指す 09:24 冠下のピーク(コンキチ山)10:38 冠下の山頂 10:55 冠下の金属三角点の枠 10:55
 早朝の紅富士      黄金色に輝く富士    冠下を目指す       冠下のピーク      冠下(コンキチ山)山頂 三角点の収納ボックス
三角点の蓋を取る 10:58 三角点の表示 11:00 コンキチ山の標識 11:05 冠下山頂にて 09:40 山頂直下より富士山 10:33 山頂直下より金時山・御正体山 10:37
 ボックスの蓋を取る   金属製の三角点     コンキチ山の標識    山頂にて         冠下より富士山     金時山・御正体山
山頂直下より大湧谷と明神ヶ岳 11:39 山頂直下より神山と冠ヶ岳 11:23 冠下から下山する 12:12 ミヤマシキミの群落 12:19 寄生するミヤマシキミ 12:25 ロダンの彫刻のような木のこぶ
 大湧谷と明神ヶ岳    神山と冠ヶ岳       下山する         センリョウ?の群落   寄生するセンリョウ?  彫刻のような木のこぶ

寒さ厳しい快晴の朝は眼下のゴルフ場が真っ白に霜に覆われ、金色に輝く富士がまことに見事だった。
舘沢さんと別れて9時出発、行き先は冠下と言う名の三角点、冠ヶ岳の下にあるピークで地図にもあるれっきとした山頂である。 車道からは約350mを登ることとなる。姥子の下にあるかんぽの宿バス停のすぐ上から遊歩道に分け入り、 照葉樹と照葉樹が入り交じった森にはいる。 目に付くのはセンリョウ?の群落、アオキ、ヤツデなどのこの時期に実を付ける照葉樹、 そして高度を上げるとヒメシャラ、ブナなどの大木があって飽きない。
センリョウ(センリョウ科)とばかり思っていたが池澤さんの後日の話でミヤマシキミ(ミカン科)と判明、 余りにもそっくりなので間違えるのも無理もないと思う。
所々に樹木が途切れて展望が利く。富士山がせり上がって見事に見える。三ツ峠などの道志、御坂山塊まではよく見えている。
1時間ほど登って稜線にでると遊歩道から別れて冠下山頂へ直行する。かっては藪漕ぎだったそうだが今は荒れ気味だが 登山道がついている。山頂は登山道に途中の一番高いところといった感じで、三角点が目印である。 金属製の三角点はコンクリート枠に収まり蓋がしてある。写真を撮って初登頂を記念する。 誰がつけたのか、木に「コンキチ山」と書いたプラスチック製の標識が縛り付けてある。コンキチ山と言う名は地図にもない。
下山も同じ道をたどる。霜が解け始めて急斜面では慎重を要する。 樹霜を楽しみながら、寄生センリョウを眺めて、ロダンの彫刻のような木のこぶを見ながらのぶらり下山であった。
帰路は箱根園→関所→旧東海道→西湘バイパス→東戸塚 と普段通ることのないルートで飽きる事なく、小さな忘年素敵山旅 が終わった。
(登頂記録)
*山名:冠下(コンキチ山) (1207.3m) (四△冠下)
*年月日:2007年12月18日(火)
*天候:快晴
*行 程
12月17日(月)
恵比寿+++東戸塚====測点一七号====測点三四号===中井中央公園====測点四一号===箱根富士見苑
0813  0847/0900   0956/1025   1135/1151    1215/1250     1257/1345    1500
12月18日(火)
箱根富士見苑====かんぽの宿上・・・分 岐・・・・山 頂・・・分 岐・・・かんぽの宿上====
 0900         0911/0920    1127  1054/1115 1127    1230/1240
箱根園====関 所=====東戸塚+++++恵比寿
1300/1343 1400/1405 1610/1617   1650
*遊歩規定測点探訪&箱根山忘年山行 秋村 池沢 舘沢 伊藤































竹 ノ 沢 と自然石に彫られた御料林三角点

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>
標石グループで新年会を兼ねて外国人遊歩規定測点を探索し、翌日には湯河原の自然石に刻まれ場御料局三角点を見ようと 池沢さん、秋村さん、舘沢さん、それに京都から上西さんがはせ参じで5人で湯河原温泉に泊まって9時半出発、 湯河原温泉から箱根山に向かう途中の林道を登り詰めて四等三角点のある山頂とその近くにある自然石に刻まれた 御料局三角点を見ることになった。
(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

林道を登る 09:49 林道から別れて沢を渡る 10:26 尾根の途中にある自然石に刻まれた御料局三角点 10:38 三角点のある尾根の風景 10:44
 林道を登る               沢を渡る              自然石の御料局三角点     三角点のある場所  
四等三角点竹ノ沢のあるピーク 11:23 尾根から見た箱根外輪山 11:38 大きなイノシシが罠にかかって暴れている 12:33 湯河原道路から右車窓にみる丹沢山 13:49
 竹ノ沢のピーク            箱根外輪山             罠にかかったイノシシ       右車窓の丹沢山

寒さ厳しい朝、湯河原では珍しい小雪が舞い、今冬一番の冷え込みを感じさせた。
登山口というより林道のゲートの手前にある駐車スペースに車を停めて、林道を歩き始めた。 前方に大きな動物がいた。イノシシだ。危ないと思いつつよく見たら罠にかかっているようだ。 100kgを軽く越えるような大きなイノシシはそばを通るとぷんと野獣の匂いがする。
40分ほど登って林道から右に別れて下る。沢を渡っていよいよ竹ノ沢への登りである。 登山者が来るところではないが意外に道が整備されているのは三角点のためか。 鞍部に着くと左に箱根外輪山に延びる尾根が続き、この急坂を10分ほど登る。 自然石に刻まれた御料局三角点がそんなところにある。尾根の急勾配の途中にある自然石だから見逃し勝ちである。 舘澤さんが発見したものだがよくぞ見つけたものである。
御料局三角点を前に全員集合 秋村氏提供  10:40 鞍部に引き返し三角点に向かう。鞍部からは直進して尾根を下る筈だが、ピークがあるため登り加減になっている。 登山道は途切れて藪の中を進む。目をやられないよう注意して進む。 三角点の位置は周囲には高いところがないからやはりピークらしい。
鞍部に引き返して下山する。 相変わらずイノシシが捕らわれたまま牙をむいている。
大気が入れ変わったか相模湾越しの伊豆大島がよく見え、車窓右側に丹沢が見えるのに戸惑う。

(登頂記録−2008年01月16日)
*山名:高 山(246.1m)(U△蘇我山)
*年月日:2008年01月16日(水)
*天候:晴れ
*行 程
01月16日(水)晴れ
恵比寿+++東戸塚====△茅ヶ崎・・・24号測点====25号測点==== 42号測点 ====△蘇我山・・・
0814  0846/0852  0950/1009 1050/1130  1213/1235   1330/1405    1420/1434
45号測点・・・湯河原温泉
1436/1450    1550

01月17日(木)雪のち晴れ
湯河原温泉===アラスゲ沢林道ゲート手前・・・林道取付点・・・御料局△高森・・・
0920        0925/0940           1017      1036/1105
W△竹ノ沢・・林道出会・・・ ゲート手前===湯河原====東戸塚+++ 横 浜++++渋 谷+++恵比寿
1124/1130  1150/1200  1240/1250 1310/1340 1512/1524 1538/1544 1605/1611 1613
湯河原温泉中屋旅館 (TEL 0465-62-2024)
































金 時 山(5回目)

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>
好天の日曜日、奧高尾を歩くつもりを朝になって急遽行き先を変更、金時山に足を向けた。 およそ7年ぶりの金時山である。 雪が溶けたばかりの登山道はぬかるみの連続で、その中を観光客が登っては引き返している。 山頂は大賑わい、もやった視界は今一で南アルプスなどはとても見える状態ではない。 長尾山から乙女峠にでて、丸岳へ行きかけたがすぐに止めた。 帰りは事故渋滞に引っかかった。
(歩程7.4km 累積標高差640m 16500歩)(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

公時神社 09:48 山頂まで後一息 11:00 金時山山頂は今一の視界 11:14 三角点を初めて見つける 11:16 芦ノ湖・神山方面方を望む 11:38 長尾山山頂 12:15
   公時神社          山頂まで後一息     金時山山頂       山頂の三角点      芦ノ湖・神山方面      長尾山山頂
(登頂記録)
*山名:金時山(1212.5m V△金時山)  長尾山(1144m)
*年月日:2010年03月14日(日)
*天候:快晴
*行 程

恵比寿====池尻IC====御殿場IC====公時神社P・・・金時山・・・・長尾山 ・・・・乙女峠・・・・
0817     0823     0915    0935/0945  1113/1140 1215/1220 1235/1242/1254
登山口・・・公時神社P====御殿場IC====足柄SA====海老名SA====池尻IC====恵比寿
1330    1345/1355   1420    1422/1445  1546/1548    1630    1640































金 時 山(6回目)

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>
梅雨入り前の五月晴れとのこの日は、オランダ人夫妻の離日を前にした最後の山歩きにふさわしい富士山展望の名所である箱根金時山を選んだ。車中見えていた富士山は金時山山頂でも半分雲に隠されながら見ることが出来た。 山頂ではコーヒーを沸かしてCafeタイム、格別のコーヒーの味だった。
乙女峠を経て13時には公時神社に下山、足柄SAで別れを惜しんだ。短い期間ではあったが大使夫妻とは合計11回、普通ではありえないメンバーでの山歩きだったが、無事にVIPの案内役を終えることが出来てほっとした。
(歩程7.4km 累積標高差640m 24,000歩)(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ RICOH CX5)

 公時神社より金時山   08:22 登山道を行く   08:26 箱根神山   09:28 金時山山頂にて  10:02 金時山山頂にて 10:04 山頂の山ツツジ 10:42
  公時神社より金時山    登山道を行く       箱根神山        金時山山頂にて     金時山山頂にて      山頂の山ツツジ
(登頂記録)
*山名:金時山(1212.5m V△金時山)  長尾山(1144m)
*年月日:2012年05月26日(土)
*天候:晴れ
*行 程

恵比寿====池尻IC====足柄SA===御殿場IC====公時神社P・・・金時山・・・・長尾山 ・・・・乙女峠・・・・
0615     0625   0730/0745  0750    0810/0820  1000/1050 1120/1135  1155/1200
登山口・・・公時神社P====御殿場IC====足柄SA====池尻IC====恵比寿
1330    1305/1315   1325    1330/1400   1500    1515































駒ヶ岳(再訪)

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<芦ノ湖SLから> <神 山・駒ヶ岳> <金時山> <明神ヶ岳> <矢倉岳> <幕 山> <5回目の金時山> <6回目の金時山> <130918 駒ヶ岳>

<070303「車窓展望の山旅」駒ヶ岳> <070224「オフの会」幕 山> <071218コンキチ山> <080117竹ノ沢>
 大井松田付近にて    10:07  乙女トンネル手前より    11:05  仙石原のススキ    12:04  駒が岳山頂より芦ノ湖      12:43  駒が岳山頂より神山   12:54  駒が岳山頂より富士山  12:57
  大井松田付近にて    乙女トンネル手前より    仙石原のススキ   駒が岳山頂より芦ノ湖   駒が岳山頂より神山  駒が岳山頂より富士山
 箱根関所跡  14:00  芦ノ湖より富士山 14:02
   箱根関所跡       芦ノ湖より富士山 

秋の長雨時期の今どきにしては秋晴れの快晴が続く。 昨日は奥高尾を歩いたが、今日は箱根から富士山を間近に見ようと久しぶりに出かけた。 雲一つない好天に駒ケ岳に上がって愛鷹山、天城から丹沢、富士山を存分に堪能した。
 (歩程500m 累積標高差20m 9,000歩) (使用カメラ RICOH CX5)

(登頂記録)
*山名:駒ヶ岳(1327m)
*年月日:2013年09月18日(水)
*天候:快晴
*行 程

恵比寿====池尻IC====足柄SA===御殿場IC====仙石原そば屋==箱根園+++駒ヶ岳==箱根園
0910           1030/1100           1140/1210        1240/1310              
 関所跡 ==  畑 宿 == 小田原厚木道路 ==伊勢原PA==池尻IC==恵比寿
13:50/1410                                      1630