愛 鷹 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(由井PAから)

愛鷹山の見えるところは富士山の展望エリアだけに、その陰に隠れて余り知られていない。 しかし東名道を走ると、御殿場ICから由井PAにかけていろいろな山容を見せて楽しませてくれる。 愛鷹という名のPAもある。ここでは典型的な愛鷹山の山容を示す、由井PAからの愛鷹山を紹介しておこう。 左端の富士山に近い方が、その最高峰である越前岳である。

(東名道下り由井PA内 12月下旬09時00分 200mm F8 1/500)

(愛鷹山−登山口から)

愛鷹山の越前岳(1504m)は裾野ICから20分強、十里木のゴルフ場のすぐ前にBSがあって、 そこから約400mほど進んだところに立派な駐車場がある。 ここを登山口として標高差約650m、所要時間約2時間のハイキング気分の登山である。
2日前に降った雪のため、山の北側に当たるこの登山口から山頂まで全山を雪に覆われて、 素晴らしい快晴の反対側には富士山が大きく真っ白な姿を見せていた。 この写真は下山途中に撮ったもの、登山口から30分程度のところから振り返って撮った越前岳、 その姿は由井PAのそれとは似ても似つかぬ別の山である。

(十里木登山口上 2001年12月23日11時30分  Sony DSC-P1)

(愛鷹山−山頂から富士山展望)

この日は登山口から軽アイゼンを装着して、さくさくと新雪を踏みしめながらの登山である。 富士山がいつも背後あって、明るい樹林の中を歩いていくと登山道の先が青空となる。人の声がして山頂に到達する。 さほど広くないが比較的展望の良い山頂が、10cmほどの積雪で覆われていた。
富士山は下の方を樹林で遮られ、むしろ登山途中の方が圧巻であるが、南アルプスが、伊豆半島や天城山が、箱根山が そして眼下には駿河湾と富士市の繁栄が広がっている。
さてこの山頂、標識には1507mとあるが、国土地理院が標高としている2等三角点は標識と同じ高さにあって、 その公式の標高は1504mとされている。何故不一致なのだろう。
次にこの三角点の名称なぜか「印野村」という。何故だろう。
駿河の国にありながら越前岳、何故だろう。

(山頂 2001年12月23日10時30分  Sony DSC-P1)



(愛鷹山−山頂から南アルプス展望)

富士山の左側に連なる白い峰、長大な赤石山脈が目の前に姿を現している。 単調な富士山より、変化に富んだ南アルプスの方が、登山者を楽しませてくれる。 その展望は、北は鳳凰三山から甲斐駒ヶ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、悪沢・荒川岳、赤石岳、 聖岳から光岳に至るそのすべてが一望される。

(山頂 2001年12月23日10時30分  Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:愛鷹山越前岳(1504m) 二等三角点(印野村)
*年月日:2001年12月23日(日)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  裾野IC 十里木登山口  展望台    笹ヶ峰     山 頂   
0610    0725  0750/0800  0815/0830  0900/0905  1020/1110
笹ヶ峰    十里木登山口  裾野IC   恵比寿
1200/1205  1230/1300    1340    1600