2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
丹沢山山頂より富士山 1999年11月06日 12:30 鬼ヶ岩より蛭ヶ岳 1999年11月06日 14:30 鬼ヶ岩より桧洞丸 1999年11月06日 14:30 不動ヶ峰先より大山 1999年11月06日 14:00 不動ヶ峰先より塔ノ岳 1999年11月06日 14:00 蛭ヶ岳山頂から横浜方面の夜景 1999年11月06日 18:30
丹沢山より富士山とT△ 鬼ヶ岩より蛭ヶ岳   鬼ヶ岩より桧洞丸   不動ヶ峰先より大山   不動ヶ峰先より塔ノ岳 蛭ヶ岳から横浜の夜景

丹沢山は関東の多くの登山者の登竜門の山で、ここから多くの登山家が巣立っていることでも知られる。 この山塊は多くの登山コースが整備され、大山を除いては観光化から免れ、ブナや笹に覆われた豊かな自然が 保たれている。
しかし蛭ヶ岳はどこをたどっても日帰りは困難だが、山小屋が要所要所にあるので、この辺が人気のある所以だろう。 2000mに遙かに及ばない低山でありながら、そのアプローチは長く、それなりの登山が要求される貴重な山塊である。
今回は、この山域に詳しい石森さんの企画によって、最高部に当たる丹沢山(1567m)から不動ヶ峰(1614m)、 鬼ヶ岩(1608m)、蛭ヶ岳(1673m)に至る主稜線を最短時間で行くことが出来る堂平からのコースを歩いてみた。 それでも車を降りてから標高差1000m弱、数時間を要してようやく蛭ヶ岳に辿り着いた。
丹沢山から不動ヶ峰の間は急な下りと登り返しの連続で、東京から見た丹沢の稜線からは想像できない起伏がある。 しかし全体に稜線上は心地よい熊笹に覆われ、ブナの大木が多く、明るい雰囲気である。
不動ケ峰は丹沢第2の高峰で、このピークを過ぎるとまた下り、上り返しがあって棚沢ノ頭、鬼ヶ岩(1608m)と続く。 このあたりからの蛭ヶ岳(1673m)が行く手に高くそびえている。さらに蛭ヶ岳の向こうに大室山(1588m)も見えている。
振り返れば、今たどってきた丹沢山(1567m)の右手には竜ヶ馬場(1504m)、塔ノ岳(1491m)が、丹沢山と 竜ヶ馬場の間には大山(1252m)がピークを見せている。さすがに標高が低いため、緑に覆われていて、 しかしそれぞれの山頂部は樹木も少なく展望に優れているのも大きな魅力になっている。 大山の向こうには相模湾や三浦半島をまたいで東京湾が光って見えて、このような海が見える山も独特な魅力があふれている。
不動ノ峰は、丹沢山に近く、標高も1614mと蛭ヶ岳に次いで高く、丹沢山塊のすべての山々が見通せる。 ただ大きな丹沢山に近すぎて、カメラに収める場所としては、棚沢の頭や鬼ヶ岩付近の方が適当である。
鬼ヶ岩ノ頭を過ぎると、蛭ヶ岳に至る最後の緩やかな上りとなる。これが結構きついのは、すでに疲れた足をいたわいながらの 上りだからだろうか。至る所に「がんばれ」「ファイト」などの標識があって心憎い。
蛭ヶ岳小屋は山頂そのもの、山頂は比較的広く、桧洞丸が眼下にあって、富士山がそびえている。最高峰だけに遮るもののない 大展望が楽しめる。ここに辿り着いた直後からガスに見舞われ視界は不良、しかし視界が良ければ遠く南北アルプスまでもが 見通せるという。奥秩父の山々や大菩薩の山々は指呼の間だ。 また同じ丹沢山塊に属する大室山が富士山に似て美しい。
これらの展望は、この付近の山ならどこでも見えるものだが、やはり丹沢山塊の山の連なりと、ここに紹介する都会の夜景だけは 雲取山と並んで格別で素晴らしい眺めだ。蛭ヶ岳山頂からは東京から横浜、相模湾沿岸、小田原方面まで見えるが、そのどこを とっても素晴らしい光の芸術だ。
(登頂記録)
*山名:丹沢山(1567m) 一等三角点(丹沢山) 不動ヶ峰 蛭ヶ岳(1673m) 三等三角点(蛭ヶ岳)
*年月日:1999年11月06日(土)〜11月06日(日)
*天候: 快晴
*行 程
11月06日(土) 晴
恵比寿 中井IC ヤビツ峠 札掛  塩水橋    堂 平
06:30  0715         0805/0815   0950/1010
 丹沢山  不動ノ峰・棚沢ノ頭 鬼ガ岩 蛭ガ岳(山荘泊)
12:20/13:00 1400         1440  15:15
11月07日(日) 雨・曇 
蛭ガ岳(山荘) 鬼ガ岩・棚沢ノ頭 不動ノ峰 丹沢山 堂平   塩水
00625      0650   0710   0815   0825  1015 1145/1155
七沢温泉 厚木IC 恵比寿
1250/1435 1500  1605
























2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

搭 ヶ 岳

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>  <搭ヶ岳・鍋割山(2005/05/03)>  <搭 ヶ 岳(2009/04/03)>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
大倉尾根より富士山 2001年05月13日 09:00 花立より搭ヶ岳 2001年05月13日 09:30 搭ヶ岳山頂 2001年05月13日 10:00 搭ヶ岳山頂 2001年05月13日 10:00 搭ヶ岳山頂より蛭ヶ岳 2001年05月13日 10:00
 大倉尾根より富士山  花立より搭ヶ岳      搭ヶ岳山頂         搭ヶ岳山頂より蛭ヶ岳     

塔ヶ岳、この名前は多くのガイドブックに「塔ノ岳」として紹介されている。 国土地理院のデータによれば山名および三等三角点ともに「塔ヶ岳」としているので、 ここでは「塔ヶ岳」としておこう。
丹沢山塊の南に位置する1491mの塔ヶ岳は厚木方面から比較的近く、主稜線縦走の出発点でもあることから 大変親しまれている。さらに丹沢山塊きっての展望を誇っている。
多くの登山道があるが、この日は大倉から通称「バカ尾根」を歩いて山頂に到達、まもなく山頂というところにある 花立山荘を過ぎると塔ヶ岳の山頂が現れてくる。
山頂からの展望は抜群である。1491mの高さだから樹林に覆われていてもおかしくないのだが、 広い山頂はどこでも絶好の展望が楽しめる。
この日は晴れてはいたものの気温が高く必ずしも良好な視界ではなく、山頂での富士山は頭だけが 覗いていた。代わりに大倉尾根から覗いていた富士を紹介しておこう。
山頂からは正面に丹沢の主稜線上の山々があって、丹沢山から不動ヶ峰、蛭ヶ岳、 檜洞丸などが手に取るように見える。檜洞丸の右奥には大室山も控えている。 その大室山と蛭ヶ岳の奥にかすんでいるのは大菩薩連嶺、この季節では、この連嶺まで見ることは叶わない。 そして背後には新大日、大山が逆光の中に見えている。勿論相模平野や都心方向もよく見えるはずだ。 広い山頂の中央にある山頂の標識は、いつも記念写真で賑わっている。 山頂標識は「搭ヶ岳」と言う三等三角点の脇に立っている。 そして、それを取り囲むようにベンチが出来ていて最盛期の人出の多さを物語っている。
(登頂記録)
*山名:塔ヶ岳(1491m) 三等三角点(塔ヶ岳)
*年月日:2001年05月13日(日)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  秦野中井IC 大倉登山口 展望台 見晴茶屋 駒止茶屋 堀山ノ家 花立山荘  山頂着
0500     0615    0625   0705   0715    0755    0815  0905/0910  0945
山頂発 花立山荘  堀山ノ家   駒止茶屋 見晴茶屋 大倉登山口 恵比寿      
1030   1050    1120 1130   1150    1225   1255 1310  1445   


























2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

搭ヶ岳再訪・鍋割山

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>  <搭 ヶ 岳(2001/05/13)>  <搭 ヶ 岳(2009/04/03)>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
塔ヶ岳は大倉登山口から長い尾根を歩き、標高差も1000mを軽く越す長丁場の山だ。 足の回復状況からそろそろ鍋割山程度にトライしたいと思っていた矢先に、石森さんから 鍋割山から塔ヶ岳に行かないかとの嬉しい誘いがあった。 二俣まで車で入れば長丁場をカット出来るからと言うことだった。 自信はないがともかく今の脚力を試して見たかった。
今回のコースは悪路の林道を二俣まで石森車で入り、小草平の堀山の家へ一気登り、 稜線を塔ヶ岳へ、金冷ノ頭から大丸・小丸を経て鍋割山へ、そして後沢乗越を経て二俣まで約10km、 標高差950mの行程である。
 左図はGPSトラック (使用カメラは Nikon COOLPIX 8700)

二俣登山口 2005年05月03日 15:50 二俣登山口上の登山道 2005年05月03日 08:43 堀山の家 2001年05月13日 09:04 花立山荘 2001年05月13日 10:15 花立山荘 2001年05月13日 10:17 金冷ノ頭より塔ヶ岳 2001年05月13日 10:34
 二俣登山口       二俣登山口上       堀山の家         花立山荘         花立山荘前       金冷ノ頭より塔ヶ岳 
金冷ノ頭付近で鹿に遭遇 2005年05月03日 10:34 金冷ノ頭付近のタンザワコザクラ 2005年05月03日 10:32 金冷ノ頭付近の登山道 2001年05月13日 10:52 塔ヶ岳山頂 2001年05月13日 11:07 塔ヶ岳山頂 2001年05月13日 11:08 大丸付近で見た白い花 2001年05月13日 12:16
 金冷ノ頭付近で鹿   タンザワコザクラ    金冷ノ頭付近の登山道 塔ヶ岳山頂にて     塔ヶ岳山頂       大丸付近で見た白い花 
小丸にて 2005年05月03日 12:40 小丸より鍋割山 2005年05月03日 12:57 鍋割山より富士山 2001年05月13日 13:20 鍋割山山頂 2001年05月13日 13:33 鍋割山山頂 2001年05月13日 14:22 鍋割山山頂直下 2001年05月13日 14:20
 小丸にて         小丸より鍋割山     鍋割山より富士山    鍋割山山頂        鍋割山山頂        鍋割山山頂直下 後沢乗越 2001年05月13日 14:50

二俣登山口まではかなりの悪路であるが、乗用車で慎重に走れば問題ない。 登山口は沢に沿った静かな所であって10台ほどの駐車スペースがある。 小草平までは一気登りが続く。我慢して登ること1時間、堀山の家が飛び込んでくる。
堀山の家からは階段状に整備された急登となる。樹林の中を登ること1時間、視界が開けて花立山荘に着く。 相模湾から大山が、そして塔ヶ岳が姿を表す。 その塔ヶ岳に向けてさらに登りが続く。金冷ノ頭は鍋割山への分岐があるところである。 この付近で見た塔ヶ岳は立派な山容で大きい。かなりの樹林が立ち枯れているのと鹿のために 下草が殆ど食べ尽くされている。鹿の害を食い止めるため所々に金網が張ってある。
 後沢乗越

登山道の脇にタンザワコイワザクラが一輪咲いていた。 蛭ヶ岳や桧洞丸あたりにはあっても表丹沢のこの付近では大変珍しい花である。
そして金冷ノ頭を過ぎるといよいよ最後の急塔階段が山頂に向けて続くことになる。
4年ぶりの塔ヶ岳山頂である。以前と同じ山頂風景が広がっている。 そして怪我後初の1000mの標高差を登ったことになる。 とても大きな成果である。チャンスを作ってくれた石森さんに感謝する。 BR> 金冷ノ頭まで下ってから大丸・小丸へ分け入る。 鍋割山までは緩いアップダウンを繰り返しながら徐々に標高を下げる 快適な稜線歩きである。乏しい下草であるがスミレや名も知らぬ花が咲き誇っている。 小丸まで来ると鍋割山が近い。
鍋割山はピークと言うより稜線の高まりの一つである。標高では大丸・小丸より低いが、 西に向けて大きく開け富士山や南アの展望に優れている。 人気の鍋割山荘もあり、多くの登山者を引きつけている。 名物山荘は鍋焼きうどんが飛ぶように入れていた。 登山者に水を持ってきて貰うことで有名である。
季節良く、爽やかな五月晴れの中、山頂から南斜面ではミツバツツジが見事に咲いていた。 急な斜面を殆ど直降下しながら、やがて後沢乗越に着く。一休みして二俣方向に足を踏み入れればジグザグの 緩やかな下りを時間弱、林道を経て二俣に戻る。
(登頂記録)
*山名:塔ヶ岳(1491m)(V△塔ヶ岳) 鍋割山(1272m)(V△三之萱)
*年月日:2005年05月03日(火)
*天候:快晴
*行 程
5月03日(火)
恵比寿  秦野中井IC  二俣登山口    堀山ノ家  花立山荘   金冷ノ頭   塔ヶ岳山頂
0520    0630     0713/0740    0900/0910 1010/1020    1045     1105/1150
金冷ノ頭   大 丸   小 丸  鍋割山山頂  後沢乗越   二俣登山口  大  倉  秦野中井IC 恵比寿    
1208    1220/1225  1250   1320/1400  1450/1500  1545/1450   1620/1645  1705    1805

























2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

桧 洞 丸

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
林道 2001年10月21日 13:25 展望台 2001年10月21日 09:35 山頂直下 2001年10月21日 11:20 山  頂 2001年10月21日 11:00
 林 道            展望台            山頂直下          山  頂

東名道大井松田ICから246号線を下って丹沢湖方面へ、ダム湖を過ぎて西丹沢のBSにある駐車場まで約40分、 ここが檜洞丸(1601m)の登山口である。標高約500m、1601mの山頂まで1100mほどの標高差を登り詰めていく。
600mほど舗装された林道を歩いて行く途中に正面に丹沢北部の山々が見えてくる。
やがて左手の沢にとりつく。ここからが登山道になるがゴーラ沢出合までは緩やかな登りで BSからは約50分、一休みにはもってこいの場所である。ここから沢を渡っていよいよ急登が始まる。
1時間ほどの所で右側に展望台があって西側が開けている。視界が利かずどの方角の展望台だかよく分からない。
ブナの林の中をさらに急登、間もなく木道が敷かれている山頂部に達する。 植生保護のため、木道のほか金網を張って鹿の害から植生を守っている。 山頂部はガスが立ちこめているが、やはりブナ林に覆われている。
この山頂から蛭ヶ岳を見たかったが、ガスに覆われその目的を果たすことは叶わなかった。
ここには三角点もないし、1003座の山にも含まれない、がこの西丹沢の山は、シロヤシオやミツバツツジで大変有名、 数十年前までは秘境言われた山だが、今では多くの登山者に親しまれている。 山頂標識には1601mとあるので、ここではその標高を使うこととする。
ゴーラ沢出合からは2時間15分、合計3時間10分、結構な登りでのある山である。
(登頂記録)
*山名:桧洞丸(1601m)
*年月日:2001年10月21日(日)
*天候:晴れのちガス
*行 程
 恵比寿  大井松田IC 246号分岐  西丹沢BS駐車場  ゴーラ沢出合   山 頂    ゴーラ沢出合
 0600     0645     0700    0730/0740       0830/0835    1050/1115    1245
 駐車場  246号分岐 大井松田IC 恵比寿
1330/1340   1400    1415     1530 

























2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

大  山

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>  
大山山頂 1991年12月30日 10:30 ヤビツ峠分岐手前より丹沢主稜線 2002年03月17日10:30 大山山頂 2002年03月17日 10:45 大山山頂 2002年03月17日 10:45 大山中腹より富士山 2002年03月17日 10:00
 991230の大山山頂    分岐手前より丹沢主稜線  大山山頂         大山山頂          大山中腹より富士山

大山から丹沢の主稜線を眺めようと年末に登ってみた。 結果はガスで無展望、山頂の標識だけをカメラに収めて、また改めてと相成った。
そのリベンジというほどでもないが、再度大山から塔ヶ岳、丹沢山など主稜線上の山を見るために展望の利くヤビツ峠 から登った。好視界とは行かないまでも晴天の一日、山頂に近いヤビツ峠分岐近くで、主稜線上の山々を捉えることができた。
左のピークの塔ヶ岳は山頂に小屋がよく見える。右の鍋蓋の丹沢山、その左奥に不動ヶ峰が見えている。 丹沢の主稜線が曲がっていることがここからもよく分かる。
この展望箇所からは南アルプスなどが見える絶好の展望ポイントだが、今回は遠望がかなわなかった。
山頂には阿夫利神社の奥社がある。山頂全体が神域で山頂標識は神社の土台の中にある。 天気がよいから大勢の登山者で賑わっている。
(登頂記録)
*山名:大山(1252m)三等三角点(大山)
*年月日:2002年03月17日(日)
*天候: 晴
*行 程
恵比寿   秦野中井IC  ヤビツ峠   中社分岐   山 頂   中社分岐   ヤビツ峠  秦野中井IC  恵比寿       
0800      0840    0915/0930  1030/1032  1045/1120 1128/1130  1210/1220   1250      1430





















2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

丹沢・大山「田代先生を囲む懇親の集い」展望の山旅 2005年第2回

  <田代先生のホームページ>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
展望の山旅雪中登山アラカルト 2005年02月26日 朝日旅行会主催の「田代先生の展望の山旅」 は大変な好評ぶりから2005年から12回に拡大し、第2回は丹沢大山で開催された。当日の予報は快晴、 冬型の始まり1日中好天を予報していた。
しかし大山に着く頃から空は曇り、雪が舞い、一昨日から昨日にかけて積もった新雪が30cmほどあって、 終日雪中登山となった。
朝は多摩川からは真っ白に化粧した丹沢や富士が輝いて見えていたが、バスで保土ヶ谷バイパスを走る頃から 怪しい雲が富士山を隠し始めた。ヤビツ峠に向かうに従い晴れていた空は曇り、650mを越えると凍結した状態 になった。そして雪が舞い始めてきた。
大型の2階建てのバスのナンバーは「8888」!しかし凍結や狭い道路では如何ともし難く、 ヤビツ峠の手前で行き詰った。
全員アイゼン、雨装備でヤビツ峠まで歩いたが峠まで40分を要した。 既に10時を回っていた。当初予定の日向薬師までの計画は変更され、阿夫利神社に下ってケーブルカーで下山する事になった。
ヤビツ峠は積雪が30cmほど、その中を登山開始、気温は高く湿雪が降ってくる。合流点では参加者が一人リタイア した。
10分ほどでようやく雪の山頂に立った。無展望の山頂は降雪のため落ち着く場所もなくすぐに引き返す事になった。 見事な霧氷があちこちにある。大山で霧氷など珍しい現象だろう。神社でも雪は降り止まずその中をケーブルカーで下山した。 食事は七沢温泉のため全員昼食抜きだった。各自が予備食で繋いだ。温泉に浸かり懇親会、17時10分帰途、 19時には横浜帰着、来月の再開を約して三々五々帰途についた。
無展望も展望の内、展望は山だけではない・・・色々な話題に賑わった1日だった。

 
(登頂記録)
*山名:大山(1252m)三等三角点(大山)
*年月日:2005年02月26日(土)
*天候: 雪
*行 程
恵比寿(東横線) 横 浜  ヤビツ峠手前  ヤビツ峠  大山山頂 阿夫利神社 ケーブル上
0655      0728/0750   0900/0920  1000/1020 1200/1220 1335/1340 1350/1410   
ケーブル下 バ ス 七沢温泉  横 浜(東横線) 恵比寿
1420     1430 1500/1710 1900/1921     1958

(注) 朝日旅行「田代先生の展望の山旅」丹沢・大山「田代先生を囲む懇親の集い」2005年第2回参加



















2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

高取山・仏果山・経ヶ岳

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
2月5日、前日は極端な寒波が太平洋側まで到達し、相模平野に季節風による積雪をもたらしたため、平野部や丹沢 主稜線の山々は完全に雪の覆われた。やむなくラッセル覚悟で望んだ当日だったが、しかし宮ヶ瀬湖の東岸に位置する 高取山・仏果山〜経ヶ岳に至り山塊は、雪の影響を全く受けることなく絶好の山遊び日和となっていた。
Takaakiさんとmuroさん、久しぶりの気心の知れた山仲間と宮ヶ瀬湖東岸の仏果山登山口に車を停めて、宮ヶ瀬越→高取山ピストン →仏果山→土山峠分岐→経ヶ岳ピストン→土山峠→仏果山登山口車道歩き と言うアップダウンの多い歩き甲斐のあるコース を楽しんだ。

(使用カメラ:2006年02月05日 Canon IXY D500 P)
登山口より宮ヶ瀬湖 07:53 仏果山登山口駐車場はウッスラと雪に覆われていた 07:54 登山口からひたすら登り一方 宮ヶ瀬越の鞍部に着く 09:12 宮ヶ瀬越先から高取山 09:12 高取山山頂 09:27
登山口より宮が瀬湖(07:53) 仏果山登山口駐車場(07:54)  宮ヶ瀬越(09:12)      宮ヶ瀬越先から高取山(09:12)  高取山山頂(09:27) 高取山展望台より丹沢主稜線の眺望 09:32 高さ13mの高取山展望台より奥秩父の眺望 09:32



 左 高取山展望台より丹沢主稜線眺望(09:32)
 右 高取山展望台より奥秩父眺望(09:32)

高取山より仏果山を望む 09:53 仏果山山頂にある高さ13mの展望台 10:16 仏果山山頂標識 10:17 仏果山から高取山を望む 10:20 秋葉山山頂 11:01
高取山より仏果山(09:53)   仏果山山頂展望台(10:16)   仏果山山頂(10:17)      仏果山より高取山(10:20)    秋葉山(11:01) 革籠石山山頂(640mピーク) 11:14 南側より秋葉・革籠石山 11:46 半原越には数台の車が駐車 11:52 経ヶ岳山頂 12:24 内山峠に下山 14:21
 革籠石山640mピーク(11:14) 南側より秋葉・革籠石山(11:46)  半原越(11:52)      経ヶ岳(12:24)          内山峠(14:21)

仏果山登山口から宮ヶ瀬越までは一本調子の登りであ。登山口から見れば大変な急登に見えるが、その記憶はない。
宮ヶ瀬越から高取山へはアップダウンのある登山道だが道は広く、山頂には巨大な展望塔があって 樹林の上に突き出ているから展望は抜群である。快晴の空の下で甲斐駒ヶ岳まで顔を出した最高の展望日和であった。 宮ヶ瀬越から仏果山も同様にアップダウンを繰り返し、最後は急登を登り詰める。山頂は高取山同様巨大な展望塔があって 抜群の展望がここにもある。
多くの登山者はこの2座で終わる。半原街道(412号線)からの登山者にとっては経ヶ岳まで縦走するには負担が大きいからである。 一方宮ヶ瀬東岸の仏果山登山口BSから登れば、最後の2km弱の車道歩き(タイミングが合えば1時間に1本のバスに乗れる) を覚悟すれば経ヶ岳までアップダウンを繰り返して行くことが出来る。
仏果山から先への登山道は痩尾根が所々にあるが道は整備されて危険感はない。地図には山名がない、秋葉山や革籠石山を越えて、 土山峠分岐、リッチランド分岐を経て車が入ることが出来る半原から伸びている半原越に出る。
ここから標高差150m、最後の登りは階段の連続で大変きつい。経ヶ岳山頂は展望塔もなく、しかし展望には事を欠かない。 土山峠分岐まで戻ること1時間弱、がくがくになった足を庇いながら、幸い急下降もなく40分足らずで栃山峠の車道に飛び出した。 目の前をバスが通過していった。

(登頂記録)
*山名:高取山(705m) 仏果山(747m)(V△ 柄沢) 秋葉山(720m)
     革籠石山(640m) 経ヶ岳(633m)(U△西山村)
*年月日:2006年02月05日(日)
*天候: 快 晴
*行 程
恵比寿+++渋 谷+++あざみ野 =青葉IC=厚木IC=仏果山登山口
0611 0614/0617 0647/0650   0700   0720    0750/0757
  ----宮ヶ瀬越--- 高取山----宮ヶ瀬越---仏果山---革籠石山---土山峠分岐
    0907/0910 0925/0940    0946  1015/1030   1114  1125/1130
  ---半腹原越---経ヶ岳--- 半腹原越---土山峠分岐---土山峠---仏果山登山口
    11501155 1220/1255 1312/1315  1335/1345    1420    1450/1500
  =厚木IC=青葉IC=あざみ野+++ 渋 谷+++恵比寿
   1540    1554 1605/1623  1643/1649  1652


















2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

権現山・弘法山

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
秦野〜浅間山〜権現山〜弘法山〜吾妻山〜鶴巻温泉 に抜ける標高200m前後の丘陵は、丹沢の前衛の山並みに相当し、 この背後に500m級の山々があって、その奥に大山や搭ノ岳を初めとする丹沢の主稜線がある。
このコースを季節のよい時期の半端な時間をこの里山を歩いてみた。 桜は終わり、新緑が目にしみる時期となり、下草の花々が一斉に咲き誇る心地よい季節であった。 (左図はGPSトラックデータ)
弘法清水 2005年04月18日10:56 浅間山山頂 2005年04月18日11:27 浅間山山頂 2005年04月18日11:39 権現山山頂 2005年04月18日11:50
 弘法清水            浅間山山頂           浅間山山頂          権現山山頂
権現山山頂 2005年04月18日11:56 弘法山山頂 2005年04月18日12:27 弘法山山頂 2005年04月18日12:27 鶴巻温泉街 2005年04月18日14:05
権現山山頂            弘法山山頂           弘法山山頂          鶴巻温泉街     

秦野市街に残される名水百選にも選ばれている「弘法の清水」、そして浅間山山頂風景と 大山、権現山山頂風景、権現山三等三角点(点名千畳敷)、弘法山山頂風景、吾妻山山頂風景、そして鶴巻温泉街である。
登山道は整備されて遊歩道化されているが、弘法山から吾妻山に至る標識が「鶴巻温泉」となっていて、 吾妻山(鶴巻温泉の通過点)の標識がないため、大変分かりにくい。
(登頂記録)
*山名:浅間山 権現山(244m)(V△千畳敷) 弘法山(235m) 吾妻山
*年月日:2005年04月18日(月)
*天候: 薄曇り
*行 程
恵比寿  新 宿    秦 野   弘法清水 浅間山登山口  浅間山   権現山
0933   0943/0948 1045/1048  1055     1114     1130/1135 1150/1205
弘法山    吾妻山   登山口 鶴巻温泉駅  新 宿   恵比寿
1225/1238 1335/1345  1357  1410/1414 1520/1525   1535



















2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

大 野 山

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
11月15日、好天が続く日々だが、朝からとびきりの青空だった。 軽い山を・・・と思っていたが中央道が工事渋滞と聞き、出鼻をくじかれた。 そこで思い出したのが山北の大野山、蛭子さんが病に倒れる前の最後の登山の山である。 急いでルートを調べ、電車では遅くなると、適当なところで駐車して上るつもりで8時30分に家を出た。

(使用カメラ:2006年11月15日 Canon IXY D500 P)

(左図はGPSトラック ピンクは車の軌跡 赤は歩行の軌跡)
663m地点から大野山山頂を望む 10:45 大野山山頂標識はやや低いところにある 11:50 山頂の権現様の祠 10:46 この方角に富士山が見えるはず 10:46 左端御正体山、丹沢湖の上に権現山、右奥に畦ヶ丸・大室山 10:46
大野山山頂           山頂標識             山頂の権現様の祠      富士山が見える筈      御正体山・畦ヶ丸・大室山
イヌクビリからは蛭ヶ岳など丹沢の主稜線上の山々がよく見える 11:15 663m地点から愛鷹山がうっすらと見えている 11:24 山頂から663m地点を望む 10:53 酒水の滝 12:35 滝に当たる男女 12:39

丹沢の主稜線の山々      663m地点より愛鷹山     山頂から663m地点      酒水の滝     酒水の滝の行

車を進めるに連れて雲が出てきて、富士山が光って見えたのは首都高だけで厚木からの富士山には雲が懸かっていた。
松田ICから安戸交差点から先は迷いながら、どうやら登山口へ向かい道路に入った。 しかし駐車出来るようなスペースは皆無、やむなく車を進める内に山頂近くの駐車場まで連れて行かれた。 やむなく手ぶらで舗装道路を山頂へ、あっけなく到達したが、この山は舗装道路が四通八達しているので、今は観光客が 来る山と化している。
富士山は雲の中だが、牧場の一部となっている山頂の展望はよく、丹沢の主稜線上の山々や道志に連なる山々がよく見えている。 山頂部は稜線上に広く、車道が約1kmに及ぶ尾根筋に走っていて、663m地点まで延びているので、 そこまで歩いて大野山を振り返った。 こちらは南に展望が良く、愛鷹山、箱根山、伊豆大島、相模湾などが見えていた。 ハイカーがちらほら歩いているが全員が電車で歩いてきて、ここは電車の山と実感する。
雲行きが怪しくなってきた中を下山、帰路に神奈川随一の名瀑「酒水の滝」に寄ってきた。

(登頂記録)

*山名:大野山(723m)V△(大野山)
*年月日:2006年11月15日(水)
*天候: 晴
*行 程
恵比寿====池尻IC===松田IC===山頂駐車場・・・山頂〜663m地点・・・・駐車場
0830     0840    0930   1030/1035     1045/1155      1200
===酒水の滝=(そば屋)==秦野中井IC===池尻IC===恵比寿
  1200/1220        1255      1430   1450




















2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

大野山再訪

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
大野山山頂と富士山 11:08 大野山山頂から富士山 11:10 663m地点から大野山山頂と富士山 11:44 前回11月15日には富士山を見ることが出来なかった。そこでリベンジ、この日は首都高からも富士山がよく見え、 絶好の富士山展望日和であった。 前回と同じルートで空身で富士山と山頂稜線を楽んだ1日だった。
(使用カメラ CANON IXY 900IS)

(登頂記録)
*山名:大野山(723m)V△(大野山)
*年月日:2007年01月15日(月)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿====山頂駐車場・・・山頂〜663m地点・・・駐車場
0952     1056/1100     1110/1145    1210/1215
===酒水の滝=(そば屋)==秦野中井IC===池尻IC===富ヶ谷
  1240/1310         1450     1535    1550




















2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

大山〜日向薬師「展望の山旅オフの会」2007年例会第4回

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
「展望の山旅オフの会」2007年第4回例会は3月24日、参加者12名 で蓑毛から大山山頂を経て日向薬師まで歩きました。 思わぬ飛び入りもあり久しぶりで旧交を温める光景もみられました。 2年前の2月、展望の山旅 2005年第2回 丹沢・大山「田代先生を囲む懇親の集い」では思いがけない大雪に 見舞われ日向薬師への下山を断念し下社からケーブルで下りました。  今回はそのリベンジで皆さん厳しい登り、下りを頑張りました。(図はGPS機能による作図)

蓑毛バス停にて 08:46 林道から急登 09:05 地蔵平にて 10:03 地蔵平より富士山(下見時) 十六丁目にて 10:43
 蓑毛バス停にて      林道から急登        地蔵平にて          地蔵平より富士山(下見時) 十六丁目にて
富士見台より丹沢 11:00 山頂の奥の院 11:30 山頂の展望図 12:00 見晴台にて全員記念写真 13:15 追平のお地蔵さんを囲んで全員記念写真 13:40
 富士見台より丹沢      山頂の奥の院        山頂の展望図       見晴台にて全員記念写真 追平にて全員記念写真
鹿害の若樹 12:12 漸く林道へ下山 14:11 日向薬師バス停へ 16:21 日向薬師バス停 16:25
 鹿害の若樹         漸く林道へ下山       日向薬師バス停へ       日向薬師バス停

秦野駅に着くと車で来た山越夫妻と一本前の急行で到着している方々がヤビツ峠行きのバス停で待って いました。予定のバスより早く出発、バスはほぼ満員で大山の人気を物語っていました。
15分程で蓑毛につき、ほとんどのハイカーはヤビツ峠へ向かい我々グループと3人が下車しました。 何時ものように軽い体操をして出発です。大山といっても今日のコースは標高差約900mもありヤビツ 峠への分岐、下社への道を分けると急登がはじまります。A旅行社のI添乗員のようにゆっくりゆっくり 登ります、約1時間で峠のようなお地蔵さんが数体あるところにつきました(名前が分からないので取り あえず地蔵平とします)そこからは富士山が良く見えるはずです。(下見の時はバッチリ写真参照) 十六丁目で小休止、富士見台では丹沢の峰々が望めましたが風が強く寒くてすぐ戻りました。
頂上は二十八丁目ですが山道には一丁目ごとに標識があり励みになりました。
鳥居をくぐれば頂上です、神社にお参りしすぐ楽しい昼食です。下界は暖かかったのですが頂上は寒く て長居は出来できず、食後山頂の北西側に廻り丹沢方面を覗きましたが風と寒さでそく撤退しました。
見晴台まで一気に下ります。周りには所々鹿に喰われた若樹が白く肌を見せていて痛々しく、色々考え させられることでした。頂上からクアハウスまで約2時間半下りばかりで嫌になりました。
山道を修復している人にお礼を言ったり、とりとめのない話をしている内に林道が見えやっと クアハウスに到着です。Tさんは途中から「温泉、温泉」と展望の得られない今日の山の喜びを 温泉に切り替えていたようです。温泉で汗を流し和室で甘党、辛党各々注文し和気藹々と懇談し クアハウスを後にして日向薬師バス停まで急ぎました。バスが待っていて小走りに乗り今日登っ た大山をガラス越しに見ながら一路伊勢原に向かいました。伊勢原駅で車の山越夫妻と別れ急行 に全員が座ることができました。今日は無展望ではありましたが、リベンジが果たせた事と皆の 健脚振りに感心した一日でした。
また、今回の例会は小田急線フリー切符、クアハウスのクーポン券等青鹿さんの情報に助けられ た山行きとなり大変お世話になりました。                                                                                   
(登頂記録)
*山名:大 山(1252m)三等三角点(大山)
*年月日:2007年03月24日(土)
*天候:曇り
*行 程
 新 宿 +++ 秦 野=(バス)= 蓑 毛・・・ 地蔵平・・・ 十六丁目・・
 0655/0701 0810/0818  0835/0850  0955/1005  1035/1045
 富士見台・・・ 大山山頂・・・ 見晴台・・・  追 平 ・・・クアハウス・・
 1058/1103   1130/1205  1310/1325  1338/1345  1425/1555
 日向薬師バス停=(バス)=伊勢原 ++++新 宿
 1624/1625        1648/1656   1759

 *参加者:(L)ハヤミさん (SL)ヤマコシさん うえむらさん おおしまさん きっかわさん くぼのやさん
          さいとうさん たにざわさん  たなかさん みとさん やまこし夫人 飛び入りのKさん
                                              計12名





















2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

大  山

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
2007年最後の山歩きは久しぶりに大山で足慣らしをした。 超弩級の季節風が予想される中、雪雲が吹き飛んできて風鼻蛾ちらつく山頂では、寒さで長居は出来ず、 登山者もそそくさと下山する状況だった。
寒さと雪雲のせいもあって、あまり休憩も取らずに降りてきたため、所要時間が3時間を切り、ヤビツ峠で少々時間を持て余した。 そこで岳ノ台へ向けて歩き始めたが途中にあるあずま屋で引き返した。
 (図はGPSによるトラック)(使用カメラ CANON IXY 900IS)

ヤビツ峠手前より大山 09:47 間もなくケーブルカー分岐 11:07 分岐手前より丹沢主稜線 11:17 ケーブルカー分岐 11:18 山頂より雪雲の下の相模湾 11:33 阿夫利神社奥の院 11:34
 ヤビツ峠手前より大山  間もなく分岐      丹沢主稜線         ケーブルカー分岐     雪雲と相模湾       山頂の奥の院
寒い山頂 11:45 雪雲の下の主稜線 12:09 ヤビツ峠に戻る 13:04 岳ノ台手前のあずま屋て 13:29 菜の花展望台より雪雲に覆われた富士山 14:08 菜の花展望台より相模平野 14:08
 山頂風景         雪雲の下の主稜線   ヤビツ峠に戻る     あずま屋          雪雲に覆われた富士山  相模平野                                                                                   
(登頂記録)
*山名:大 山(1252m)三等三角点(大山)
*年月日:2007年12月30日(土)
*天候:晴れ
*行 程
恵比寿====池尻IC====秦野IC====菜の花展望台====ヤビツ峠・・・ 分 岐・・・ 大山山頂・・・
 0827    0843    0920     0942/0950    0959/1004 1115/1120  1135/1157
分 岐・・・ヤビツ峠・・・あずま屋・・・ ヤビツ峠====秦野IC====海老名SA====池尻IC====恵比寿
 1205  1300/1310 1326/1330  1340/1350   1430   1455/1508    1547    1555 





















2008年までの丹沢山系 (2009年からの丹沢山系)

「幻の花を訪ねる山旅」2008年第5回 サンショウバラ「不老山」

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <百名山リストへ戻る>

 <丹沢山・不動ヶ峰・蛭ヶ岳>  <搭 ヶ 岳>  <搭ヶ岳・鍋割山>  <檜 洞 丸>  <020317大 山>  <0502展望の山旅 大山>

 <070324オフの会「大山〜日向薬師」>  <高取山・仏果山・経ヶ岳>  <権現山・弘法山>  <大 野 山>  <大野山再訪>

 <071230大 山>  <080607不老山>
幻の花を訪ねる山旅では丹沢湖の南にある不老山へ自生種のバラとしては世界一の大きさを誇るサンショウバラを見る ツアーが企画された。今回も満席、吉田講師の軽妙洒脱な解説ぶりも人気の秘密だろう。
不老山はアクセスが悪く、マイカーでないと行きづらい山であり、またこの界隈では丹沢北部の山々の方に 目が行ってしまうので、不老山を訪れる機会はなかなか無い。そのため今回は良い機会と思い参加した。
今回は梅雨の合間の好天にも恵まれ、花も最盛期で満足のゆく花の山旅となった。
 (図はGPSによるトラック)(使用カメラ CANON IXY 900IS)
浅瀬駐車場が登山開始地点 09:30 世附川にかかる吊り橋を渡る 09:51 杉の植林帯の中の緩い登りを歩く 10:38 途中にあるフクロウの彫刻 10:51 登山道に沿って咲くフタリシズカ 10:53 林道に飛び出ると世附峠 11:10
 浅瀬駐車場       吊り橋を渡る       緩い登りを歩く      フクロウの彫刻      フタリシズカ        林道にでると世附峠 世附峠から山頂に向かう 11:11 世附峠の先にあるサンショウバラの自生地 11:20 世附峠の先にあるサンショウバラの自生地 11:21 世附峠から不老山 11:51 世附峠から箱根山 11:51 不老山山頂への登り 12:16
 世附峠              サンショウバラの自生地           世附峠から不老山    世附峠から箱根山   不老山山頂を目指す 不老山南峰 12:31 不老山山頂(北峰) 12:36 山頂に咲くサンショウバラ 12:37 山頂での吉田講師の説明 12:41 山頂に咲くハコネウツギ 12:56 南峰山頂に咲くハコネウツギ 12:58
 不老山南峰       不老山山頂(北峰)    山頂のサンショウバラ  吉田講師の説明             山頂のハコネウツギ 南峰から湯船山・三国山 富士山方向 12:59 御料林境界石 13:19 世附峠直上にある三等三角点 13:30 世附峠のサンショウバラ 13:35 緩い下りを歩く 13:50 山北駅に保存されている珍しいD52SL 16:29
 南峰から湯船山     御料林境界石     三等三角点        世附峠のサンショウバラ  下 山          山北駅のSL D52

西丹沢の不老山は丹沢湖の上流、世附川の南にあって1000mに満たない山である。 この尾根筋は西に湯船山を経て三国山に至る富士山周辺ではお馴染みの山域であるが、 鉄砲木ノ頭の東側にはなかなか足が向かないエアポケット的な場所でもある。
サンショウバラも魅力的だが、この山域の空白域を訪ねる魅力もあって参加したが、 ツアーは21名と中型バスは満席、多くの常連も参加していた。
天気はまあまあ、梅雨の最中にしては雨の心配のない上出来の高曇りである。 9時40分登山開始、マイナーな山と思っていたが、駐車場に入りきれないマイカーで路肩は数百m もふさがっていた。釣り客も多いだろうが、サンショウバラを見るための不老山登山者も多く、 この時期だけはメジャーな山であることを知った。
世附川を吊り橋で渡ってからの登山道は良く整備され、杉の植林の中をジグザクに作られた登山道は緩やかに登っていく。 多くのフタリシズカが咲いていて無展望の登山を慰めてくれる。
1時間ほどで林道に飛び出ると世附峠、この付近にサンショウバラの自生地がある。 不老山へは世附峠を大きく左折して登って行くが、自生地は右へ行く。およそ5分ほど先に、 「樹下の二人」と言う標識があって好展望の場所がある。そこを通り越したところに丁度見頃の沢山のサンショウバラの木があった。 花の大きさは10cmほど、淡いピンクのバラはハマナスより大きく、園芸種には見られない気品がある。
昼食後不老山へ、約200mの登山でおよそ40分で南峰に着く。西側が開けて富士山が見えるはずだが 今日は三国山までが精一杯である。 北峰までは5分足らず、こちらが最高地点で、ここにもサンショウバラがあって大勢の登山者が休んでいた。
ニシキウツギ、ハコネウツギなども見ながら南峰を経て往路を引き返す。尾根に沿った登山道の 脇には御料局の境界石があるが、間もなく世附峠と言うところに三等三角点があった。 うっかりすると見逃すような斜面にある。
下山して山北駅前の町営の浴場に汗を流す。山北駅は丹那トンネルが開通するまで東海道本線の拠点駅でもあったが、 ここに珍しい機種のD52SLが保存されていた。
渋滞もなくスムーズに横浜着、全員が満足した花を訪ねる山旅となった。                                                                                   
(登頂記録)
*山名:不老山(北峰928m 南峰923m) 世附峠直上の三等三角点(745.21m 峰坂峠)
*年月日:2008年06月07日(土)
*天候:高曇り
*行 程
恵比寿++++横 浜====海老名SA====丹沢湖休憩所====浅瀬駐車場・・・・小休止・・・世附峠・・・
 0648  0709/0745 0813/0830   0913/0920     0930/0940   1045/1050  1110
樹下の二人(バラ自生地)・・・・南峰山頂・・・・北峰山頂・・・・南峰山頂・・・・世附峠・・・
 1115/1150           1232     1236/1252  1258/1310  1335/1340
浅 瀬・・・駐車場====沢湖休憩所====山北駅前入浴====海老名SA====横 浜++++恵比寿
1445  1450/1452  1456/1503    1527/1630    1715/1725  1756/1803  1830