2003年〜2008年 三浦半島の山々


2003/03/09三浦富士・砲台山・武山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>

(三浦富士)

三浦半島は標高200m前後の低山である。低いけれど地形が複雑で、国道も 鉄道もトンネルの連続である。そんな半島の突端に近い半島最南端の丘陵地帯に 三浦富士(183m)、砲台山(206m)、武山(200m)の三山がある。 奥多摩の山々も雪に閉ざされたとき、残された山は三浦半島と房総半島だけが残される 貴重なハイク資源である。
三浦半島は奥多摩と同様、都内からは近く恵比寿を10時過ぎに出発しても、 13時半には山頂に立てる。 その気軽さもあって、飯豊の失敗以来、初めてのハイクを試みた。
上の写真は登山口が近い津久井浜の麓から見た武山、下の写真は三浦富士山頂である。 三浦富士山頂には浅間神社の奥の院、2等三角点、それに山頂標識が揃っていて、3000m峰に 負けない道具立てである。 そしてその展望は360度、遠く富士山や筑波山まで望めるなど信じられない光景があった。

(左 津久井浜 2003年03月09日11時45分 Sony DSC-P1)
(右 三浦富士山頂 2003年03月09日12時40分 Sony DSC-P1)


三浦富士は三山の中では低い。しかし最高峰の砲台山が樹木に覆われて無展望、 武山は富士山が望めないなどから、三浦富士が最高の展望所となっている。 そして三山はそれぞれ異なる役割がある事も興味深い。
三浦富士は三角点の山で浅間神社を祀る富士山信仰の山、 一方武山は武山不動を山頂に祀る信仰の山である。 そして砲台山は戦時中対岸にある鋸山と対になって砲台が設置され 東京湾に侵入する敵艦隊から首都を守った山でその砲台跡が今でも残っている。
三浦富士からの富士山は箱根山を左に従えていて天城山や伊豆大島が南の海に光っている。
北側には横浜や東京のビル群がある。そしてアクアラインから房総の山々が望める。 その都心の彼方に筑波山が望めるとは信じがたい光景に出くわしたものである。
武山には展望台があって今辿ってきた三浦富士から砲台山が望める。 砲台山はあたかも富士山のように見え、その左端に三浦富士が覗いている。 案内板には武山富士とある。

(左 三浦富士山頂 2003年03月09日12時40分 Sony DSC-P1)  (中 三浦富士山頂 2003年03月09日12時40分 Sony DSC-P1)
(右 武 山 山頂 2003年03月09日14時00分 Sony DSC-P1)

(三浦富士登頂記録)

*山名:三浦富士(183m) 二等三角点(浅間山) 砲台山(206m) 武山(200m)
*年月日:2003年03月09日(日)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿 品 川   津久井浜
1005  1015/1028  1128
津久井浜 三浦富士山頂  砲台山分岐  砲台山  砲台山分岐
1130   1230/1250      1320    1325      1328
武山山頂  津久井農園  津久井浜駅   品川  恵比寿
1350/1405 1440/1445   1515/1525  1625    1640




























2003年〜2008年 三浦半島の山々


2003/04/13鎌倉アルプス

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>

(鎌倉アルプス)

鎌倉アルプスとは古都鎌倉を取り囲む、標高150m前後の稜線を言う。 ちょうど三浦半島の付け根のところで、東京湾側と相模湾側を隔てているから、低くても脊梁山脈である。 その主要部は古都の主要な神社仏閣を取り囲むように連なっていて、豊な自然が保存されている。 今回は北鎌倉から建長寺お総門を経て半僧坊へ一気にあがり、そこから鷲峰山(127m)、大平山(158m)、 天園茶屋を経て天台山(141m)を下り瑞泉寺・鎌倉宮迄のコースを辿った。 その詳しい行程はホームページにも紹介されている。

脊梁山脈だから低くても展望は良く、殆どの地点で由比ヶ浜や稲村ヶ崎が、 視界が良ければ遠く伊豆半島・伊豆大島や富士山迄が展望できるロケーションにある。
写真は建長寺の最奥の地である半僧坊の上にある展望台からの建長寺の全景である。

(上 半僧坊上展望台 2003年04月13日11時30分 Sony DSC-P1)
(下左 北鎌倉駅 2005年03月14日10時47分 Canon IXY500 P)
(下右 瑞泉寺 2003年04月13日14時30分 Sony DSC-P1)

(鎌倉アルプス登頂記録)

*山名:鎌倉アルプス 十王岩(148m) 鷲峰山(127m) 大平山(159m) 天台山(141m) 三等三角点(天台山) 江ノ島
*年月日:2003年04月13日(日)
*天候: 晴
*行 程
恵比寿 北鎌倉  東慶寺    建長寺 半僧坊  大平山     天園 
 0923  1010  1020/1050  1100   1130  1230/1320 1330/1400
瑞泉寺    鎌倉駅 江ノ島駅  江ノ島   モノレール江ノ島駅 
1430/1450  1520   1600   往復(夕食)       1930  
大船  品川 恵比寿
1946  2030  2045




























2003年〜2008年 三浦半島の山々


2004/02/11大 楠 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2011の三浦半島の山々> <2012の三浦半島の山々>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>

(大 楠 山)

大楠山は三浦半島の最高峰で、横須賀市の北、半島のほぼ中央部に位置する。 標高は241m、山頂は広く二等三角点があり、巨大な展望台があって360度の展望が得られる。
京浜急行の安針塚駅下車、塚山公園を経て横浜横須賀道路の横須賀ICの脇を通って、登山口バス停に至り、 登山口に至るのが一般的なようである。
塚山公園は梅園となっていて三浦安針の墓があることでも知られている。駅名の由来でもある。 その塚山公園からは、眼下に横須賀ICが見えていて行く手に大楠山があって、これから歩く里道が一望できる。

(塚山公園 2004年02月11日10時10分 Canon EOS Kiss D Pモード)
登山口BSからわかりにくい里道をしばらく行くと間もなく舗装が切れて登山口に着く。舗装道路から解放されてほっとする。 三浦半島とは思えない静かな樹林の中を登っていく。間もなく葉山国際GCのフェアウェイに突き当たって、 コースに沿って登っていく。やがて階段に達して一気に山頂にでる。広い山頂には二等三角点があって、 一角に大きな展望台がある。眼下に三浦半島が一望され、対岸の房総半島や伊豆半島が見えて、 天城山や富士山が見える。視界が良ければ日光男体山が見えたという記録もある。

コースは主なものだけで4ルート、登ってきたコースと衣笠へのルート、相模湾側に下るコースが2ルートある。 今回は相模湾側へ下る前田橋BSコースを辿ったが、静かな山道で沢歩きもあって、お勧めのコースでもある。 前田橋BSからは3本/1時間のバスが衣笠、逗子の両方向あって、バスの時刻を気にする事がないルートである。

(大楠山山頂 2004年02月11日12時00分 Canon EOS Kiss D Pモード)

(大楠山登頂記録)

*山名:大楠山(241m) U大楠
*年月日:2004年02月11日(水)
*天候: 晴
*行 程
恵比寿   品川   金沢文庫   安針塚駅  塚山公園  登山口BS
0832   0842/0845 0923/0925  0934/0940 1000/1017    1055
 山 頂   前田橋BS  逗子駅   恵比寿
1140/1225 1325/1338 1400/1402  1458



























2003年〜2008年 三浦半島の山々


2005/03/15鎌倉裏大仏コース

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>

(鎌倉裏大仏コース)

鎌倉にはハイキングルートが数多くあるが、そのうち<鎌倉アルプス> と、この(裏)大仏コースは鎌倉の尾根を歩くコースとして知られている。 北鎌倉から源氏山公園を経て佐助稲荷〜大仏切り通まで約6kmほどのコースである。 150mほどの標高の尾根は樹林の中の快適なコースだが、所々で鎌倉の社寺や海が見える。
(左 源氏山公園 2005年03月14日11時10分 Canon IXY500 P)
(右 佐助稲荷上 2005年03月14日11時24分 Canon IXY500 P)
佐助稲荷はコース上から30mほど下ったところにある。 山域全体にリスが生息しているが特に境内には多くのリスが住み着いているようだ。 佐助稲荷から住宅地を経て大仏に至ることもできるが、コースなりに尾根を歩くと大仏切り通しに出て、 車道と合流するとコースが終わる、数百mで大仏のある高得寺である。

(左 佐助稲荷 2005年03月14日11時37分 Canon IXY500 P)
(右 大仏 2005年03月14日12時29分 Canon IXY500 P)
大仏や長谷観音などは鎌倉観光の代名詞のようなところだが、江ノ電の 一駅先にある極楽寺は訪れる人もなく、静かな昔の鎌倉のたたずまいを見せている。

(左 長谷観音 2005年03月14日13時14分 Canon IXY500 P)
(右 極楽寺 2005年03月14日13時50分 Canon IXY500 P)

(鎌倉裏大仏踏破記録)

*山名:裏大仏コース
*年月日:2005年03月15日(月)
*天候: 晴
*行 程
恵比寿 北鎌倉  佐助稲荷  大仏切通 大仏 長谷観音 
0953  1039/1050  1137    1220   1229  1315
極楽寺   鎌 倉  恵比寿
 1350  1410/1430  1520



























2003年〜2008年 三浦半島の山々


2005/05/04鷹 取 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>

(鷹 取 山)

乾燥した好天のゴールデンウイークの1日、昨日の塔ヶ岳・鍋割山の疲労も少なく、軽ハイクを試みて、 半世紀ぶりに鷹取山へ出かけてみた。
鷹取山へはいくつかのコースがあるが、お勧めコースとされている、京急神武寺駅から神武寺を経て鷹取山に至り、 帰路は神武寺まで戻って車道歩きの少ない東逗子駅までのコースを歩いてみた。
合計2時間半の軽い歩きだったが、乾燥した風が強い快適なハイクとなった。

(使用カメラは Nikon COOLPIX 8700)

(神 武 寺)

神武寺駅から車道を歩いて行くと左に学校を見ながらやがて老人ホームが右に 見えてくる。このあたりが車道の終点で、この先から鬱そうとしたシダ類の多い樹林の中のコースを 神武寺まで歩くこととなる。思ったより身近にある山中感覚に浸れる。 そしてしばらく歩けば神武寺に飛び出す。

(左 神武寺コース 2005年05月04日10時40分)
(右 神武寺 2005年05月04日10時51分)

(鷹取山へ)

神武寺を過ぎると山道は次第に岩場がかってくる。見通しが利く場所が随所にあって、遠く江ノ島まで見える。 鎖場も多く、岩場遊びの真似事が手近に出来る格好のコースである。

(左 鷹取山コース 2005年05月04日11時00分)
(右 鷹取山コース 2005年05月04日11時01分)

(山  頂)

山頂には展望台があって、360度の展望が得られる。視界が良ければ富士山も見えるだろう。 相模湾から浦賀、横須賀が眼下にあって、遠くにはランドマークタワーを見ることが出来た。

(左 山頂 2005年05月04日11時20分)
(右 山頂 2005年05月04日11時20分)

(山頂風景)

山頂一体は石切場跡で、ロッククライミングのゲレンデにもなっている。 連休最中ではあるが、思ったより人出が少なく、三々五々家族連れがくつろいでいた。

(左 山頂 2005年05月04日11時42分)
(右 山頂 2005年05月04日11時45分)

(登頂記録)

*山名:鷹取山(139m)
*年月日:2005年05月04日(水)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿   品川   金沢八景  神武寺駅  神武寺    山 頂
0900  0910/0921 1001/1005  1015/1020  1100   1130/1205
神武寺  東逗子  逗子駅   恵比寿
1220  1245/1251 1325/1425  1520 



























2003年〜2008年 三浦半島の山々


2006/02/25三浦アルプス 「展望の山旅オフの会」2006年例会第2回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
「展望の山旅オフの会」2006年2月例会は雪を避けて三浦アルプスで実施した。 安定しない天候の季節だったが週末は最悪の予報にも拘わらず、当日だけ晴天に恵まれて 昨年来の連続5日の好天記録を更新した。
三浦アルプスは相模湾から東京湾に至る三浦半島を横断するコースとして知られているが、 登山道は迷路のように入り組み、分岐標識や山頂標識も不完全で、かなりの急登・急下降も多く、 200mに満たない尾根歩きにも拘わらず、滑り易さもあってかなりの緊張を要するコースだった。
今回はyamakosiさんの事前の下見によって詳細なコースチェックがあっからこその成功でだった。 参加者は16名、過去最多の人数がこのオフの好評と成功を裏付けているようで、 和気藹々のパーテイ前日の雨で滑りやすい登山道にも拘わらず全員お手つきや尻餅を楽しみ、 下山後はこれもyamakosiさんのお骨折りによって、入浴とお酒と料理で時が経つのも忘れる1日だった。
                               (使用カメラ Canon IXY 500D)
木下交差点前にて出発準備 09:29 木下交差点から教会の前を通って登り詰めるとすぐに仙元山がある 09:51 仙元山からは葉山の町と相模湾が一望できる 09:57 仙元山から馬頭観音に向けて滑りやすい山道を行く 10:09 分岐標識−これはましな方 10:41
 木下交差点(09:29)      仙元山(09:51)         仙元山から相模湾(09:57)   仙元山先(10:09)       分岐標識(10:41)
馬頭観音手前にある分岐標識−これでは見逃してしまいそう 10:44 馬頭観音碑−行程の1/3ほど 10:59 馬頭観音碑の所にある葉山町消防本部27番−マジックインクで小さく行き先が書いてある 10:59  二子山−一等三角点がある 11:39 鉄塔下−横須賀火力からの送電線 13:34
 分岐標識(10:44)        馬頭観音碑 10:59      葉山町消防本部27番 (11:27) 二子山(11:39)         鉄塔下 (13:34) 登山道に咲く自生の椿 13:40 乳頭山にある三角点−横横道路建設時に設けた横須賀市のものらしい 13:56 保安林の標識−マジックインクで乳頭山と書いてある 13:57 乳頭山からは田浦梅林と東京湾がよく見える 14:00
 自生の椿 (13:40)        乳頭山の三角点(13:56)     保安林の標識(13:57)    乳頭山から東京湾(14:00) 乳頭山から急下降して一気に横横道路を横断する 14:26 梅林の中にある田浦緑地展望台 14:36 田浦梅林−まだ時期が早い 14:34  田浦梅林にて全員集合 14:51

 横横道路横断 (14:26)     田浦緑地展望台(14:36)   田浦梅林(14:34)       田浦梅林にて全員集合 (14:51)

逗子駅からはバスで葉山のトンネルの手前の風早橋まで、狭い国道をひとまず右折して木下交差点の手前で 準備をし出発した。教会を経て階段を上るとすぐに仙元山がある。公園になっていて市民の憩いの場になっているようだ。 標識はないが相模湾が一望される。視界が良ければ富士山も見えそうだ。
緩やかなアップダウンを繰り返しながらやがて208段ある階段を上ると小ピークに着くが、標識が無いので現在位置が分からない。 晴れて爽やかで照葉樹が多く、鋸山の樹林と似た様相を示している。一帯は葉山町消防本部の看板が多く番号が あって現在地を示しているが、分岐箇所には木の幹に小さく書かれた方角やマジックインクで書いた落書きのような行き先が 唯一の頼りであり、見落としてしまうほどの粗末な表示である。分岐も多く迷路のようで再度この道を歩くことは困難である。
やがて馬頭観音像のあるピークに着く。ほぼ1/3の地点と思われる。 昼食に適した場所はなく、消防本部29番の看板のある小ピークの登山道上で昼食、 さらに進むと登山道は滑りやすく、そろそろ尻餅や転倒者が出始めた。 急なアップダウンが多く、低山の割には院長を強いられる。
1時間後に横須賀火力からの東京南線の鉄塔下に着いた。さらに急なアップダウンを繰り返し乳頭山着、 しかし山頂標識はなく、保安林の看板の角にマジックインクでそれと分かった。 田浦梅林と東京湾がよく見えた。下りはロープのある岩場がかった急下降が続き、尻餅が続出した。 標高が無いのですぐに下り切り、横横道路の上を横断し、田浦緑地の展望台に着いた。 ここで集合写真、梅はまだまだ早く、南斜面で少し咲く程度だった。
田浦駅まで歩き、鎌倉まで電車で行き、yamakosiさんの手配でオフオフ会を開催。風呂にも入れて豪華なオフオフ会となった。
雨天を覚悟した1週間前とうって代わって青空の下でのオフの会は、 これで5連続好天の記録更新となり、またまた大成功を納めることとなった。 yamakosiさんに大感謝の1日となった。

(登頂記録)

*山名:三浦アルプス 仙元山(118m)189m地点 176m地点 159m地点 乳頭山(211m) 
*年月日:2006年02月25日(土)
*天候:晴れ
*行 程
 恵比寿  戸 塚   逗 子    風早橋  木下交差点  葉山教会
  0754 0834/0838 0858/0900   0915   0920/0930   0935
仙元山   208段急登   分 岐  馬頭観音 消防27看板 
0945/0955 1025/1035   1041  1055/1100  1127
消防29看板   鉄塔下  乳頭山   横横道路横断 田浦緑地展望台
 1150/1225   1330  1352/1400   1425        1417/1450
JR田浦駅   鎌 倉  恵比寿
1520/1530 1544/1834 1925



















































2003年〜2008年 三浦半島の山々


2006/12/10鎌倉アルプス 「展望の山旅オフの会」2006年例会第9回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
「展望の山旅オフの会」2006年12月例会は鎌倉アルプス全コース踏破を望年山行として実施した。
鎌倉アルプスは通常建長寺から天園を経て瑞泉寺に至る「天園コース」と 浄智寺から源氏山公園を経て銭洗弁天から大仏に至る「裏大仏コース」に区別されるが、 いずれも半日コースのため、今回はこの2コースを踏破しようと計画したものである。 参加者は26名、過去最多の人数がこのオフの好評と成功を裏付けており、 元気いっぱいのパーテイは、前日の雨で滑りやすい登山道にも拘わらず、疲れも見せずに 歩き通した。下山後はこれもヤマコシさんのお骨折りにで入浴とお酒と料理で総会・望年会を行い、 来年への期待を胸に、時が経つのも忘れる1日を過ごした。
(左図はGPS機能によるトラック(作図)(使用カメラ Canon IXY D900IS)
(写真のy印はヤマオさん提供 h印はハヤミさん提供)
大塔の宮にて(y) 08:59 六国峠への登り(y) 09:37 六国峠(天園)(y) 09:55 天園にて(y) 09:53 天園近くのゴルフ場前にて横浜ランドマークが見えた(h) 10:00 大平山への登り(y) 10:10
 大塔の宮にて(y)    六国峠への登り(Y)    六国峠(天園)(y)     天園にて(y)        横浜ランドマークT(h)  大平山への登り(y)
大平山山頂にてh 10:10 大平山山頂にて全員写真 10:16 半僧坊に到着 11:24 半僧坊から建長寺へ下るy 11:40 建長寺h 11:55 建長寺の紅葉h 11:55
 大平山山頂にて(h)   大平山にて全員写真(y) 半僧坊に到着    半僧坊から建長寺へ下る(y) 建長寺(h)       建長寺の紅葉(h) 建長寺にてy 11:57 建長寺にて 11:57 浄智寺の山門から別れて源氏山へ 12:13 銭洗い弁天にてy 13:27 銭洗い弁天にてy 13:32 佐助稲荷の台湾リスh 13:48
 建長寺(y)          建長寺にて        浄智寺脇から源氏山へ 銭洗い弁天にて(y)   銭洗い弁天にて(y)  佐助稲荷の台湾リス(h) 佐助稲荷からまた登るy 13:51 大仏切り通しへ向けて急下降y 14:21 高徳院大仏に到着y 14:46 高徳院大仏 13:06 大仏を背景に全員写真y 14:53 由比ヶ浜を歩く 15:22
 佐助稲荷からまた登る(y) 大仏切り通しへの急下降(y) 高徳院大仏に到着(y) 高徳院大仏 大仏を背景に全員写真(y) 由比ヶ浜を歩く(y)

天気予報を気にしながらの当日だったが雨は前日までに降り止んだ。元々は前日の予定だっただけに結果オーライ、 好天の中での鎌倉アルプス縦走となった。 しかし筆者は事情により山歩きが出来ず部分参加したため、写真の多くはヤマオさん、ハヤミさんの提供、 登頂記録はヤマオさんが、紀行記録はハヤミさんから提供して頂いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハヤミさんの紀行記録: 鎌倉駅に8:42に集合。 本当に今日で良かったですね、曇りですが午後は晴れるとの予報です。 前半は24名、大人数のため到着確認を名簿でチェックする必要がありました。(途中 何度もカウントしました)
バスが停留所に入っていたので到着した方から乗車してもらいました。 8時55分発を予定していましたが、先発の43分発があって何人かの人を待っ ている間にバスは出発してしまい、アララ・・というハプニングがありました。
大塔宮で全員集合9:10に出発。 天園の展望台からかすかに富士山が・・・見えなかった人も! ゴルフ場のクラブハウスの先から横浜のランドマークを見ました。 大平山では集合写真を撮りました。
半増坊でイトウさんと合流です。 半増坊から建長寺の山門までの紅葉、黄葉が素晴らしいの一言! 今日一番のハイライトでした。
横須賀線の線路を越え浄智寺から源氏山公園へ ここでセツコさん合流。待ちに待った昼食です。 トンビが怖かったですね!
銭洗い弁天、皆さんご利益がありますかどうか・・・ 佐助稲荷では台湾リスが沢山いました。 もう一尾根越えて大仏へ。
大仏は小学校以来の人が多かったようで、ん十年振りでした。 集合写真をもう一枚撮りました。
大仏前でお土産を買っていよいよ由比が浜荘へ そこでエツコさん合流。 雨がポツポツと来ましたが由比ガ浜の砂浜を歩きました。 寮には直ぐに到着。
入浴、女性陣はブティック?で品定め、目が輝いていました。 懇親会の前に1年を締めくくる総会を開催しました。オフ会発足の経緯、決め事、会計報告、 また来年の予定の説明がありました。 そして懇親会。お風呂で汗を流してさっぱりし、お酒に食事と大いに盛り上がった本当に楽しい一日でした。 コースの下見や懇親会会場の手配など、ヤマコシご夫妻にも大変お世話になりました。

アオシカさんの感想: 美しい紅葉を楽しみ、美味しい食事とショツピング。 皆さん大満足の様子でした(^o^) 13キロ余の長丁場を難なく歩き通せたのはオフ会の皆さんの実力が高くなってきた証拠ですネ。 来年が楽しみです。

ヤマオさんの感想: 鎌倉アルプスは大成功だったと思います。 ひとえに世話人の準備をおかげで楽しい一日が過ごせました。 感謝しています。

その他の方々の感想:
 *本当に楽しく1日中アハアハ笑っていました。
 *毎回毎回楽しいオフ会で、来年は皆勤賞ねらいになってしまうかもしれません(><)
 *世話人の皆さんとヤマコシさんのお陰様で楽しい一日でした。  
 *大盛況でしたね!ハヤミさんの職業病(人を見たら声を掛ける!)のお陰ですね(^_-)

世話人一同の再感想: 皆さんにこう言って頂けると世話人冥利に尽きますね! 正月の新年山行きも大いに楽しみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オフの会発足1年、無事9回の例会を開催し、どうやら大成功を納めることが出来たようだ。 世話人の企画・実行、リードなどもさることながら、メンバー各自のオフ会を盛り上げようとする努力と協力が 大きく実を結び、会を追う毎に盛会となり、メンバーの数も31名と発足当初の2倍に増加したことにもつながった。
メンバー全員への感謝を込めつつ、来年へのさらなる発展を期待したい。

(登頂記録)

*山名:鎌倉アルプス 十王岩(148m) 鷲峰山(127m) 大平山(159m) 天台山(141m) V△(天台山)  
*年月日:2006年12月10日(日)
*天候:晴れ
*行 程
+++鎌 倉========大塔の宮・・瑞泉寺入口・・貝吹地蔵・・六国峠
0841/0845・0855   /0910   0937      0947   1000/1008
(六国峠では雲の中に富士の稜線がちらり)
 大平山・・・十王岩・・・半僧坊・・・・建長寺・・・ 浄智寺・・
1021/1030  1105 1118/1130 1150/1200 1210/1215
葛原岡神社・・源氏山公園・・銭洗弁天・・佐助稲荷・・
 1232    1238/1330  1333/1343  1350/1357
(源氏山公園ではトンビの旋廻、急降下してのエサ取りを見る)
大仏坂・・大 仏・・・由比ヶ浜・・・  由比ヶ浜荘・・・・・・鎌倉駅+++
 1430 1440/1505  1530  1550/(望年会)/1940 2000/2007

*参加者:(L)アオシカ夫妻 (SL)ハヤミさん (SL)ヤマコシ夫妻 ヤマオさん シバキさん コバヤシさん イクマさん
        イケザワさん イシドウさん イシダさん マサコさん セツコさん カズコさん フクヨさん ヒロコさん
        トヨコさん フミコさん カツコさん クミコさん エミコさん ミユリさん 
        ユキエさん(前半参加) キョウコさん(後半参加) イトウ(部分参加) 計26名 エツコさん(総会参加)  






















































2003年〜2008年 三浦半島の山々


2007/01/14二 子 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
出遅れていた2007年の初山だったがボチボチ徐行運転から始めることとした。 二子山・・・昨年の三浦アルプス縦走時に見た一等三角点の山は、いつか行きたい山として調査をしておいた。 このエリアは地図に乏しく、また現地も道路が縦横にあり、標識も未整備なので慎重を期す必要があった。
(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

東逗子駅にある二子山の案内板 09:53 東逗子駅前はウオーキングツアーの人たちで大賑わい 09:54 町中の登山口への案内標識はしっかりしている 09:58 登山道にはいると整備されたなだらかな道が続く 10:08 北には鷹取山の岩峰が見える 10:19 イトーピアの住宅団地のすぐ上野稜線を歩く 10:19
 東逗子駅の看板    東逗子駅前の賑わい  町中の案内標識     整備された登山道    北には鷹取山      住宅団地の上を歩く
雨量が多いのか、シダが多い 10:33 山頂への林道出合 10:56 KDDの中継所 11:02 上双子山頂 11:11 上双子山頂 11:13 一等三角点「二子山」 11:11
 シダが多い登山道   林道出合          山頂の無線中継所  上二子山頂        上二子山頂        山頂の一等三角点 横浜のビル群を望む 11:12 南側に連なる三浦アルプス 11:12 横須賀港 12:12 上二子、下二子の鞍部 11:51 鞍部から下二子を見る 11:29 下二子山頂は樹林に囲まれている 11:35
   横浜のビル群を望む  三浦アルプス       横須賀港        鞍 部          下二子           下二子山頂 林道から上双子を望む 12:21 林道から下二子を望む 12:21 南郷上山公園から二子山を望む 12:33 長柄の庚申塚 12:52 JR逗子駅 13:27
 林道から上二子      林道から下二子       南郷公園から二子山           長柄庚申塚          JR逗子駅

当日は朝から快晴の気持ちの良い冬晴れだった。山行きは朝の天気で決心したため、恵比寿8時52分発と遅い出発となった。 二子山へは通常は長柄BSから入るのだが、森戸川ルートは通行止だとか崩落しているとか、あやしい情報がwebにあり、 単独歩行では無理しないよう東逗子から登ることとした。 東逗子駅前には大勢のウオーキング団体客でごった返していたがその人達を尻目にすぐにコースに入った。 コースは駅の看板に地図が詳しく載っていて、それが唯一のデータだった。
町の中の標識はしっかりしていて迷うことなく登山口へ案内してくれる。 標高が低く距離が4kmとあるからダラダラ登りで急登は全くない。 単調な散策道を登っていくと住宅地のすぐ上を歩くことになり、このあたりは東京湾側の眺めがある。 また北側の眺めでは鷹取山がよく見える。 登山者には会うことなく単調な樹林の中を歩き、森戸川分岐でようやくマウンテンバイクに会った。
小さなアップダウンを繰り返して、やがて林道出合に出る。ここからは山頂まで林道(山頂のKDDの中継所の保守道路)を歩くことになる。 この道路は南郷上山公園から来ていて家族連れが下から上がってくる。 KDDの中継所の手前で富士山が展望できる箇所があるが雲で見えなかった。
山頂へは中継所入り口の手前に登り口があって、そこを登るとすぐに山頂に出た。 一等三角点の山頂は南に開けて展望もあり、南斜面は広々していて明るい山頂だった。 山の会らしい団体が昼食を採っていた、 山頂からは横浜のみなと未来地区、横須賀港、三浦アルプス、 相模湾などが一望できるが富士山方向は中継所のため見ることが出来なかった。
軽い昼食後、下二子に足を運んだ。急下降、鞍部では南郷公園の子供達の声が聞こえ、 また登り返しの急登の後に下二子山頂に達した。 山頂は樹木に囲まれて無展望、先に延びる登山道があるがトレースがはっきりしないし、 どこに行くかも分からなかった。がそこから到着した単独登山者が来て、聞いたら阿部倉山を経て長柄に行けるそうだ。 しかし当初予定は森戸川を下るつもりだったからやはり上二子まで引き返した。
上二子から林道出合まできて考えた。森戸川は崩落しダムのように沢水がたまっていると先ほどの単独登山者は言う。 行ってみて引き返すのも良いが無理をせず、東逗子まで引き返す事も考えたがこれもつまらない。 そこで林道を歩いて南郷上山公園に出ることにした。勿論最もコースとしては山道から外れることは承知だった。
南郷上山公園からは鞍部や下二子が予想外に近いことを知り、これでは鞍部から声が聞こえるはずと納得した。 南郷上山公園から長柄に向かう車道に出た。その後はひたすら車道歩きである。 川久保を経て長柄には思いの外早く着き、バスもすぐ来た。
出遅れた2007年の山行きで、しかも僅か3時間足らずの歩程だったが初訪の山でもあり満足の一日であった。

(登頂記録)

*山名:上二子山(207.81m)(T△二子山)下二子山 
*年月日:2007年01月14日(日)
*天候:快晴
*行 程
 恵比寿  逗 子    東逗子   森戸分岐  林道出合 上二子山頂   下二子山頂
  0852 0945/0946  0950/0954   1055    1059    1107/1118    1135/1142
 上二子山頂  林道出合  南郷上山公園 南 郷  長柄BS    JR逗子   恵比寿
 1200/1205    1210    1235/1240   1248  1316/1318  1325/1328   1420

























2003年〜2008年 三浦半島の山々


2007/03/12乳頭山・畠山−海軍標石を求めて−

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
秋村さんが横須賀に海軍標石の探索を行ったのは2/26とのことである。 すぐに池澤さんが見に行こうとセットしてくれた。 良い機会を得て、素晴らしい視程の中を東逗子駅に集合し、1/14に歩いた二子山への道を出発した。 横須賀軍港を中心とした海軍標石は境界石だから横須賀港を見渡せる稜線上にあることが想像できるが、 それがどこにあるのか、web上の記録もないので秋村さんは第一発見者となるかも知れない、 おもしろ探検の旅となった。
(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

東逗子駅から二子山分岐へ向けて歩く 09:25 途中から二子山がよく見える 09:38 二子山分岐 ここまで1時間 右に行けば双子山に行く。今回は直進して乳頭山へ向かう 10:09 馬頭観音があるピークに出る 10:23 三角点(大作)に立ち寄る 10:35 三角点(大作)から戻る巡視路は厳重に閉鎖されている 10:56
 二子山分岐へ      二子山を望む      二子山分岐にて     馬頭観音のあるピーク  三角点(大作)      閉鎖された巡視路
道ばたに海軍標石の残骸らしい折れた標石を発見 10:56 鬱蒼とした樹林の中を乳頭山へ向けて歩を進める 10:58 田浦梅林分岐 ここから先は既踏の道になる 11:08 道ばたのタチツボスミレ 11:19 横須賀港がよく見える 11:23 乳頭山山頂 横須賀市が設置した三角点 11:35
 道ばたの標石の残骸  鬱蒼とした樹林     田浦梅林分岐      タチツボスミレ      横須賀港を望む     乳頭山山頂 乳頭山山頂 11:36 乳頭山から下って畠山へ至る途中に海軍標石14号 11:46 標石に刻まれた文字 11:45 標石の設置状況 11:45 道ばたにあったウラシマソウ 12:02 少し行くと13号標石がある 12:05
   乳頭山山頂       海軍標石14号       刻まれた文字  標石の設置状況      ウラシマソウ        13号標石 13号標石へ一目散 12:06 13号標石の刻印 12:06 20分ほど行くと12号標石が・・・12:51 12号標石の刻印 12:53 畠山山頂の三角点と石仏 13:22 畠山山頂にて 13:24
 13号標石へ      13号標石に刻まれた文字 12号標石     12号標石に刻まれた文字  畠山山頂         畠山山頂 畠山山頂から横須賀港を見下ろす 13:25 山頂に咲くニリンソウ 13:51 安針塚 14:47 塚山公園から横須賀港を望む 15:00 大団地を横切る 秋村氏撮影提供 15:10 京急安針塚駅 15:25
 山頂から横須賀港   山頂に咲くニリンソウ  安針塚          塚山公園から横須賀港  大団地を横切る     京急安針塚駅

何故秋村さんはここにあることを知ったかを聞いた。秋村さんはかってこのルートを歩いたことがあって、 標石らしきものがあるとの記憶があったそうである。池澤さんからの陸海軍の標石の話を聞いて、 以前の写真を見て確認しようと歩いたのが2/26だそうである。 そしてそのルート上に3基もの標石を発見したそうである。
当日は先ず二子山分岐まで歩いた。好視界の中で鷹取山や横浜越しに都心のビル群まで見通せる景色を楽しんだ。 二子山分岐からは乳頭山へ向けて歩を進めた。途中にある三角点(大作)は稜線上にあり、登山道からは外れていたが、 たまたま横須賀火力からの275kv送電鉄塔があって巡視路が通じていた。 しかし巡視路はしっかりと閉鎖されていたので脇から藪へ入り、柵の向こう側の巡視路に出た。 三角点は鉄塔のすぐ脇にあった。四等三角点「大作」の点名ははこの近くの地名である。 見上げればタラの木が周囲を覆う。タラノメが出始めている。
小休止を兼ねて写真を撮った後、巡視路に下るとまた柵があり、閉鎖されていたので藪に入って登山道にでた。
ここで折れた標石を発見、寸法だけ測って置いたがほぼ海軍標石のそれと同じだった。 材質も御影石であるが、これが海軍標石の残骸だとは断定は出来なかった。
やがて乳頭山直下の田浦梅林への分岐にでる。 ここから先は昨年2/25に三浦アルプスを縦走したときに歩いた所である。 見覚えのある乳頭山山頂に登り、横須賀市の三角点を見る。
山頂では写真だけ撮ってすぐに出発、急下降をすると畠山分岐である。 前回はこの分岐に気がつかなかったが、直進方向から歩いてきた筈である。 我々はここで左折して畠山へと向かった。秋村さんによればここから畠山に向けて3基の海軍標石があるという。
下ると5分程度で分岐箇所にでて、そこに十四号と書いた海軍標石があった。 どの面が正面か分からないし東西南北とは無関係に立っているように見えるが歩いてきた方角から見れば、 前面に「東京湾要塞第一区地帯標」とあり、左面に第十四号、右面に「昭和十六年七月三十日建設」、 裏面に「海軍省」とある。大きさは15cm角、地上高で約1m、66年を経てグラグラしないところを見ると 少なくとも地上高程度は埋まっていそうである。
写真を撮ってしばらく歩くと、やはり分岐箇所にでる。 ここに十三号標石がある。この標石の記述や寸法も「第十三号」とあるほかは同じである。
ここで昼食、日溜まりの暖かい一休みだ。道ばたにはイチゴの花やスミレが咲いていた。
昼食後さらに十四号へ歩を進める。約20分後に左側の藪に隠れて3基目の海軍標石があった。 少し傾いていたがほぼ完全な標石である。やはり「第十二号」とあるほかは記述寸法は同じである。
他にもないかと特に稜線の方角をきょろきょろ見回しながらやがて畠山山頂に到達した。 三角点と石仏のほかは何もない。いや周囲は大きく、深くえぐられていて明らかに人工物が存在した跡がある。 多分砲台だったのだろう。池澤さんと秋村さんは藪へ入り標石を探したがやがて無成果のまま戻ってきた。 秋村さんが手帳を落として再度池澤さんと藪へ、無事拾ってきた。
畑山山頂から少し戻り安針塚へ向かう。横須賀ICにでる。このあたりは2004/2/11に安針塚から大楠山へ行くときに 通ったルートである。塚山公園にでて安針塚へ、そして広大な団地の中を歩き、安針塚駅の上にでる。
金沢文庫で秋村さんと別れ、横浜でJRに乗り換えて恵比寿で池澤さんに分かれて、 心地よい三浦の山の宝探しを楽しんだ一日が終わった。

(登頂記録)

*山名:乳頭山(211m) 大作山(W△大作 158.9m)畠山(V△畠山205.2m)
*年月日:2007年03月12日(月)
*天候:快晴
*行 程
 恵比寿  戸 塚     東逗子    二子山分岐  馬頭観音   大 作   田浦梅林分岐
  0744  0822/0827  0852/0904  1005/1010    1023   1035/1051   1122/1126
 乳頭山   畠山分岐  十四号標石  十三号標石  十二号標石   畠山山頂   39号送電鉄塔
 1135      1140    1145/1200  1205/1235    1253/1305  1320/1400     1413
 安針塚   安針塚駅  金沢文庫  横 浜  恵比寿
1445/1455  1527/1531  (乗換)  1600/1615  1638





















2003年〜2008年 三浦半島の山々


2007/05/22久里浜周辺−海軍標石を求めて−

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2011の三浦半島の山々> <2012の三浦半島の山々>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
久里浜にある東電横須賀火力を取り巻く丘陵地帯の稜線に沿って海軍標石が多数ある とのこと、それを探索しようと秋村さんと池澤さんとで出かけたのは5月22に日のことである。
良い機会を得て初夏の日を浴びながら戸塚駅に集合、そのまま久里浜駅へ向かってペリー上陸記念碑にある 几号標を見た。 その後、横須賀火力社宅入り口まで車道を歩き、そこから山へ分け入ってかすかに残る送電線巡視路を辿って尾根にでた。
稜線上には海軍境界石と波印のある海軍省標石、三角点、補点?、東電境界石、水準点などが予想以上に沢山あった。
今回の標石はその存在がまだ知られておらず、従ってこれらの標石を広く公開するそのための探索で、 その多くの標石の第一発見者となる旅となった。 (左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

JR久里浜駅前 09:07 ペリー上陸記念碑にある几号標 09:15 ペリー上陸記念碑にある看板 09:20 ペリー上陸記念碑 09:16 東電社宅入り口 09:43 海軍境界石1 10:04
 JR久里浜駅       ペリー公園の几号    世相を反映した看板   ペリー上陸記念碑   東電社宅入り口     海軍境界石1
海軍標石を探索して尾根を行く 10:08 海軍境界石9 10:10 送電鉄塔三崎線4号 10:14 東電境界石 10:16 千駄ヶ崎への岩場の道 10:18 千駄ヶ崎のピーク 10:23
 敷地境の尾根道    海軍境界石9       送電鉄塔三崎線4号  東電境界石       千駄ヶ崎への岩場    千駄ヶ崎ピーク 千駄ヶ崎の三角点と海軍境界石19 10:36 送電鉄塔久里浜清掃線甲−1 11:02 波印海軍省標石1 11:18 海軍省標石のある尾根道 11:31 波印海軍省標石4 11:33 波印海軍省標石4 11:34
  千駄ヶ崎の三角点   久里浜清掃線甲-1鉄塔 波印海軍省標石1   海軍省標石のある尾根道 波印海軍省標石4  波印海軍省標石4 藪の中に海軍境界石54 12:48 県木の広場 12:53 県木の広場のゴジラの先に野比ピークがある 13:04 三角点「野比」 13:11 三角点「野比」にて  13:15 ハーブ公園から横須賀火力 背後に鋸山 14:04
海軍境界石54      県木の広場       ゴジラの先に野比ピーク 三角点「野比」       三角点「野比」にて    横須賀火力と鋸山

JR久里浜駅からタクシーでペリー上陸記念碑へ、敷地内にある几号独立標石を見た。 この几号は独立標石であり、そのデザインからベンチマークとしての記号のようである。
その後、東電横須賀火力の社宅へ入る道路まで車道を歩く。社宅へ上がる坂のとっつきから左手の藪へ入り、 細々とした送電線巡視路の急な登りを歩く。間もなく送電鉄塔がある。
ここから三角点「千駄ヶ崎」を目指す。境界石と見られる海軍標石が点々とあり、又東電境界石もあって、 ここが以前は海軍の敷地であったこと、横須賀火力立地に際して国有地を払い下げたことを明確に物語っている。
アップダウンを繰り返して細々とした巡視路を辿って間もなく三等三角点「千駄ヶ崎」に着く。 このピークの先は海へ向かって落ち込んでいる。さらに海軍省の波印標石を訪ねて引き帰す。
海軍の波印のマークが入った太い標石8基を見つける。2ヶ所は単独に、2カ所は道路を挟んで両側に、 1カ所は片側に2基、対になっていて、藪の中だったり倒れていたり、注意しないと見逃すような状況にある。 これらの標石は特定の地点にまとまっていて、他の場所にはないのでその役割が興味津々である。
その後三角点「野比」へと歩を進める。途中昼食がてら休憩、房総半島が間近に見え、富山、鋸山、鹿野山などが展望できる。 県木の広場までの間に合計53基の海軍境界石が見つかる。
県木の広場を進んで小ピークにある三角点「野比」を見つける。探索にGPSが威力を発揮する。
帰路は公園の正門に下る。広い駐車場があって公園の外に出た。 バス停を探すとすぐにバスが来たので乗車、京急久里浜に着いた。 JR久里浜駅から帰路についた。

(登頂記録)

*山名:(V△千駄ヶ崎80m)V△野比116.6m)
*年月日:2007年05月22日(火)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿+++戸 塚++++久里浜==== ペリー公園・・・東電社宅前・・・鉄 塔・・
0723  0759/0807 0857/0905  0915/0930    0940/0945    0955
三角点(千駄ヶ崎)・・・海軍省標石1・・・海軍省標石2、3・・・海軍省標石4、5・
1032/1040      1115/1120     1129/1131      1132/1135
海軍省標石6、7・・・海軍省標石8・・昼 食・・県木の広場・・V三角点(野比)
1140         1142/1145  1214/1242  1252     1310/1315
ハーブ公園・・ビクター前===京急久里浜・・・JR久里浜+++逗 子+++品 川+++
1345/1400 1420/14221   1435     1440/1446 1506/1508 1559/1625
恵比寿
1635





















2003年〜2008年 三浦半島の山々


2008/01/26鎌倉アルプス

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
冬の日溜まりハイクには雪の降らない鎌倉アルプスは絶好のフィールドである。 今回は裏庭のように自宅が近い丹羽さんと瑞泉寺〜明月院〜浄智寺〜大仏までの のんびりハイクを存分に楽しんだ。
土曜日とあってハイカーはほどほどだったが、途中で立ち寄った銭洗弁天や大仏、長谷観音などの賑わいは 如何にも鎌倉の休日らしく、一方行楽客から取り残されたような甘縄神社にも立ち寄って静かな鎌倉の一面をかいま見た。 (左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

瑞泉寺の登山口 09:07 貝吹地蔵 09:31 天園峠の茶屋 09:48 大平山は鎌倉市最高地点 10:01 十王岩 10:40 半僧坊から伊豆大島を眺める 09:07
 瑞泉寺の登山口     貝吹地蔵         天園峠の茶屋      大平山          十王岩           半僧坊から
明月院前 11:38 浄智寺 11:45 源氏山公園 12:08 銭洗弁天 12:39 長谷観音より葉山逗子方面 13:55 長谷観音のフクジュソウ 04:12
 明月院前         浄智寺           源氏山公園       銭洗弁天         長谷観音より       長谷観音の福寿草

厳しい季節風の吹き出しが収まろうとしているときには、関東南部が薄低層雲に覆われる事が度々ある。 今回もそんな朝にぶつかってひんやりとした空気は日中一杯続いて、風の無い、ハイクには丁度良い陽気となった。
鎌倉アルプスは天然の城壁のように鎌倉をぐるっと取り巻く馬蹄形の尾根にあたるが、 照葉樹林の中を歩くハイキング道からは所々で開けて、歩くほどに鎌倉の社寺や海岸の見える方向が変わるのが面白い。 また鎌倉の盆地からは見えない横浜方面が手に取るように見え、さらに好視界に恵まれて房総半島から伊豆大島まで見通せて、 そんな展望と木々を見ながらの鎌倉アルプス歩きとなった。

(登頂記録)
*山名:鎌倉アルプス 天台山(141m)V△(天台山) 大平山(159m) 鷲峰山(127m)十王岩(148m) 源氏山
*年月日:2008年01月26日(土)
*天候:晴
*行 程
恵比寿+++戸 塚++++鎌 倉====大塔の宮・・・瑞泉寺・・・貝吹地蔵・・
0744  0821/0824 0838/0843  0853/0855   0905     0930
天 園・・・大王岩・・・半僧坊・・・明月院・・・源氏山・・・銭洗弁天・・・
 0950   1040  1048/1112  1138  1205/1230    1240
大仏切通・・・長谷観音・・・甘縄神社・・・・鎌 倉++++恵比寿
 1330   1340/1415  1420/1425 1450/1601   1650





















2003年〜2008年 三浦半島の山々


2008/02/01三浦富士・砲台山・武山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
奥多摩の山々が雪に閉ざされているため冬の日溜まりハイクは、 房総・三浦の低山歩きが続いている。 今回は5年前に訪座した三浦富士へ足が向いた。 アッという間の一歩きで標高がない分、歩き足りない低山だった。
(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

登山口手前から梅と三浦富士 13:04 スイセンがまだ最盛期 10:20 登山口にあたる浅間神社の鳥居 10:31 三浦富士山頂の浅間神社の祠 11:01 二等三角点”浅間山” 11:01 山頂から房総半島 11:02
 三浦富士         スイセン          浅間神社の鳥居    三浦富士山頂の祠    三角点「浅間山」     山頂から房総半島
山頂から富士山 11:02" 三浦富士と砲台山との鞍部 11:22 砲台山山頂の砲台跡 11:37 砲台山と武山との鞍部 12:01 武山山頂のお不動様 12:37 武山山頂のみかんの木 12:37
 山頂から富士山     登山道          砲台山の砲台跡     武山への登山道     武山山頂の不動様   武山山頂

(登頂記録)
*山名:三浦富士(183m) U△(浅間山) 砲台山(206m) 武山(200m)
*年月日:2008年02月01日(金)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  横 浜   津久井浜
 0846 0905/0911   1007
津久井浜 三浦富士山頂  砲台山展望台  砲台山  砲台山分岐
 1007   1100/1110    1130/1132   1135/1200   1203
武山山頂  津久井浜駅    品 川   恵比寿
1215/1240  1334/1336  1437/1440   1449





















2003年〜2008年 三浦半島の山々


2008/02/25二子山・乳頭山・畠山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
三浦半島唯一の一等三角点二子山と乳頭山・畠山はいずれも歩いたところである。 今回は丹羽さんと昨年海軍標石を訪ねて辿ったルートに二子山往復を加えてややハードにした コースを設定して歩いた。
昨日は季節風の暴風が吹き荒れ、明日はまた日本海低気圧という。 その間に挟まれた快晴の一日となって絶好のハイキング日和となって、朝9時に 東逗子駅を出発した。
(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

東逗子駅から二子山分岐へ向けて歩く 横浜方面がよく見える 09:12 上二子山山頂のパラボラ 遠くには奥秩父の山々が 10:23 二子山一等三角点 10:26 下二子への鞍部から上二子山を見る 10:37 下二子山山頂 10:41 上二子山頂手前から塩見岳 悪沢岳 11:23
 横浜眺望        上二子山山頂      上二子の一等三角点   鞍部から上二子山   下二子山山頂      悪沢岳・塩見岳
上二子山頂手前から富士山 11:22 二子山分岐の先で乳頭山が見えてくる 12:30 乳頭山山頂 3度目の訪座となる 12:45 山頂で記念写真 12:46 海軍標石十三号 13:16 ひっそりとした畠山山頂 13:45
 富士山眺望       乳頭山           乳頭山山頂        乳頭山山頂にて     海軍標石十四号    畠山山頂

この道は二子山までは単独で、畠山安針塚までは海軍標石を訪ねて歩いた。 道はおよそ分かっているが、標識がほとんどなく、生活道路の分岐が多い 三浦の山ではしっかりしたルート確認が必要である。
素晴らしい視界の中で東京湾が美しい。房総や丹沢、秩父の山並みも見えていて申し分ない 展望である。 上二子から下二子へ行き、上二子で軽く昼食、ここからは富士山と塩見岳、悪沢岳が樹間から見えている。
二子山分岐に戻る。この間が結構の距離である。二子山往復で2時間を要する。 馬頭観音を左に折れ、田浦分岐を見送って乳頭山へ登る。アップダウンのきつい三浦の山の特徴が出ていて 結構な岩場が随所にある。
乳頭山山頂では仙元山から三浦アルプスを歩いてきたパーテイに出会う。 ここで半疇食、1時間半を休み成しに歩いたから足が疲れる。
畠山分岐からは道は狭くなる。生活道路を外れたようだ。 さらに進むとアップダウンの激しい尾根を登り詰めることになる。 この間に海軍標石が3基あって前回はそれを探索しながらだったから休み休み 歩いたのだろう。今回はひたすら歩いたからアップダウンが結構堪える。
ようやく安針塚分岐に出る。 帰路はここを下ることにしてとりあえず直進してあと僅かな距離の畠山山頂に至る。 静かな樹林に囲まれた山頂に再訪である。 帰路は塚山公園による。安針塚を経て今回は間違いなく安針塚駅までの道を歩く。 冬の日溜まりには絶好のコンデイションだし、歩程も11km、累積標高差も1000m弱と久しぶりに そこそこの山歩きとなって駅前のコーヒー専門店にて余韻を楽しんだ。

(登頂記録)

*山名:二子山 上二子山(207.81m)(T△二子山)下二子山 乳頭山(211m) 畠山(V△畠山205.2m)
*年月日:2008年02月25日(月)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿   戸 塚    東逗子    二子山分岐  林道出合 上二子  下二子  上二子
 0744  0822/0827  0852/0900     0950     1010   0950  1002/1005 1058/1120
林道出合  二子山分岐  馬頭観音  田浦分岐  乳頭山   畠山分岐  安針塚分岐  畠山山頂
 1130     1150      1200     1238   1245/1305   1308     1335    1345/1355
安針塚分岐 39号送電鉄塔 高速横断 安針塚  安針塚駅  金沢文庫  品 川  恵比寿
 1405      1409      1410   1440   1505/1628 1637/1639 1718/1722 1733





















2003年〜2008年 三浦半島の山々


2008/02/25祇園山・源氏山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <2008年まで> <2009年〜2010年 <2011年> <2012年> <2013年> <2014年> <2015年> <2016年>

<三浦富士> <鎌倉アルプス> <鎌倉裏大仏コース> <大 楠 山> <鷹 取 山> <三浦アルプス> <オフの会 鎌倉アルプス>

<二 子 山> <乳頭山・畠山> <久里浜周辺> <080126鎌倉アルプス> <080201三浦富士再訪> <二子山・乳頭山・畠山>

<祇園山・源氏山>
祇園山コースは1時間もかからない短いコースなので、わざわざ出かけるほどではないと思いつつ、 行きそびれていた。 年末の絶好の天気に誘われて近くの寺を回ったり、源氏山から北鎌倉までを継ぎ足して 距離不足を補えば程良いハイキングとなると思い歩くことにした。 それにしても短いので、妙本寺裏から尾根にでて、見晴台と八雲神社へ行き、引き返して 東勝寺跡にでてすっかりコンクリートで固められた紅葉やぐらによってから八幡宮門前でで昼食、 寿福寺の北条政子と源実朝の墓によってから裏手から源氏山に登った。 源氏山はGPSの示す方向を辿って山頂を確認し、浄智寺を目指したが同じところを何度も歩く羽目になって山頂には3回も 訪れる羽目になった。浄智寺へのコースに入ればあっけなく、北鎌倉駅へ直行した。 (左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

正覚寺 10:18  妙本寺山門  10:23 祇園山コース中程の妙本寺出会い 10:31 祇園山コース南端の見晴台 10:42 見晴台からの眺望 10:42 八雲神社 10:49
 正覚寺           妙本寺山門       妙本寺出会い      コース南端の見晴台   見晴台からの眺望   八雲神社
祇園山山頂? 11:10 腹切りやぐら分岐 11:18 腹切りやぐら  11:22 東勝寺跡 11:25 紅葉やぐら 11:34 寿福寺の山門 12:19
 祇園山山頂?       腹切りやぐら分岐    腹切りやぐら      東勝寺跡          紅葉やぐら        寿福寺の山門
北条政子墓 12:24 寿福寺の登山口 12:34 源氏山山頂 12:47 源氏山のリス 13:00  源氏山公園 13:07 天推峰 13:29
 北条政子墓       寿福寺の登山口      源氏山山頂       源氏山のリス      源氏山公園        天推峰



(登頂記録)
*山名:祇園山  源氏山(93m)
*年月日:2008年12月29日(月)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿   戸 塚    鎌 倉    正覚寺  妙本寺 コース出会 八雲分岐
0911   0951/0959 1010/1011    1018   1010   1035     1040
見晴台  八雲分岐  八雲神社   八雲分岐   妙本分岐  腹切出会  高時腹切
 1042   1043    1048/1050    1058      1106     1118     1122   
紅葉やぐら  八幡宮   寿福寺  政子墓   源氏山   源氏山  天推峰
 1135    1146/1207  1219    1226     1246    1300   1328
 浄智寺    北鎌倉   恵比寿
1338/1348  1357/1416  1500