火 打 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
黒沢の紅葉 2000年10月15日 10:30 富士見平より槍ヶ岳 2000年10月15日 12:30 大倉乗越より妙高 2000年10月15日 14:10 茶臼山のご来光 2000年10月16日 06:00 天狗の庭 2000年10月16日 07:05
 黒沢の紅葉          富士見平より槍ヶ岳      大倉乗越より妙高       茶臼山のご来光        天狗の庭
山頂直下より白馬岳 2000年10月16日 08:00 火打山山頂にて 2000年10月16日 08:30 山頂より焼山 2000年10月16日 08:30 山頂より雨飾山 2000年10月16日 08:30 山頂より妙高山 2000年10月16日 09:00
 山頂直下より白馬岳    火打山山頂にて         山頂より焼山          山頂より雨飾山        山頂より妙高山
山頂より黒姫山と飯縄山 2000年10月16日 08:30 山頂より高妻山 2000年10月16日 08:30 山頂より富士山 2000年10月16日 09:00
 山頂より黒姫山と飯縄山  山頂より高妻山         山頂より富士山
 
長野市にお住まいの伊久間氏が火打山行きの計画を立てて下さった。 残念ながら直前になって伊久間氏が参加出来なくなったが、 その計画行程に沿って、池澤さん、石森さんとともに秋の紅葉最盛期に絶好の天気に恵まれての火打山行きとなった。
黒沢は登山口の笹ヶ峰から1時間弱の沢を渡るところ、 ここから急登が始まるがそれに備えての心地よい 水音を聴きながらの紅葉漬けのひとときだった。
その黒沢からいよいよ急登、息を切らして高度を稼いで、中腹の湿原地帯に到達する。 ここから右に黒沢池、左に高谷池と分かれる分岐点でもある。 決して展望が良いところではないが、 名前に反して富士山が見えるような方角には開けていない。 その代わりに、見事な槍・穂高がシルエットとなって、背後に見えている。
富士見平から黒沢池ヒュッテへ向けて出発、心地よい黒沢池の湿原を横切って、 ドーム型が特徴のヒュッテへ、荷物をおいて妙高山の外輪山である大倉乗越へ上がった。 ここから見る妙高山は、目を覆うような巨大な芯岳、鮮やかに燃えている紅葉を身にまとっている。 火口原を覆っていたガスは見る間に消えて火口原の長助池が美しい姿を現した。
黒沢池ヒュッテに1泊、その混雑は大変なもので、1畳あたり4人!足の踏み場もなければ、 逆さに寝ている足で顎をやられ、寝返りもできない。
翌朝は5時35分に高谷池に向けて出発、小高い茶臼山に到達したところでご来光となった。 太陽は丁度妙高の外輪山である大倉山の左肩から登ってきて、 一条の光がその日の一日の始まりを告げた。 大倉山の左には苗場山が、右には岩菅山が濃いシルエットとなって見えている。
茶臼山から静かな稜線を歩いてまもなく白馬など後立山が見えてくる。 もう高谷池は近い。高谷池は美しい湿原で、その畔にあるのが高谷池ヒュッテ、 そこから火打山に向けて、山頂まで目標の見える山だと言うことを実感しながら進む。 15分ほどで火打山随一の風景を誇る天狗の庭に達する。
目を疑う美しさ、紅葉のパラダイスの中に点在する池糖に映し出される火打山や焼山は、 どんな名画もかなわぬ光景だろう。
中腹にさしかかると素晴らしい展望が開けてくる。 中でも後立山から槍ヶ岳、穂高連峰に至る北アルプスは、 日本の西半分を隔てた巨大な壁のように行く手を遮っている。
8時30分、火打山山頂に立った。 妙高山頂から火打山を展望して以来、実に52年かかったことになる。 これほどの歳月を隔てても山は変わることなく、 素晴らしい光景を描き出してくれている。
山頂は広く、360度の遮るもののない大展望、 近隣の山々も多く、遠くは奥秩父の山々や燧ヶ岳までもが見えている。
山頂から西には、遠く北アルプスの峰々が立ちはだかっているが、 足元には頚城の山々が連なっている。 火打山はその頚城の盟主、従って外の頚城の山々はいずれも低く見える。
焼山は2400mの活火山、いまだに轟音をひびかせて黄色い煙を盛んに噴き上げている。
雨飾山はその特異な山容を、焼山の左、遥か下の方に見せている。
黒姫山は優美な山容を見せて山頂の右側には飯綱山の山頂部が覗いている。 遠望の八ヶ岳が黒姫山山頂部の右寄りに、奥秩父の山々が左上に見えていて、 その中央部、黒姫山山頂部のほぼ中央部に富士山が見えている。
高妻山は戸隠連峰の最高峰で知られたピラミダルな山容だが、ここからは山頂が丸みを帯びて見える。 右奥には戸隠山が鋭くギザギザになった稜線が見えている。
北信五岳の盟主は妙高山、ここから見れば明らかに火打山を盟主とする頚城山塊の一員であることがよく分かる。 その山容は信州側とはうって変わって嶮しく、雄々しい芯岳を抱いている。 山頂の右側が2454mの最高地点、左側が一等三角点のある2446mの地点、左の外輪山が大倉山、 右の外輪山が三田原山、遠景は大倉山の左上が岩菅山、芯岳の左が横手山、三田原山の右上に四阿山がある。 また大倉山のすぐ上には北信五岳の一員である斑尾山が見えている。
高妻山は戸隠連山の盟主、信州からはピラミダルな山容を示すが、ここからはその面影はない。
黒姫山の右地平線には八ヶ岳がある。その左付近が富士山の方角である。 丁度黒姫山の火口の上に当たる。
(登頂記録)
*山名:火打山(2462m) 三等三角点(火打山)
*年月日:2000年10月15日(日)
*天候: 晴れ
*行 程
10月14日(土)快晴
恵比寿発 東京着
0555   0621
東京発       長野駅     笹ヶ峰     黒沢
0628(あさま501) 0804/0810  0930/0945 1030/1040  
富士見平    黒沢池    大倉乗越  黒沢池着
1220/1245  1325/1345  1410/1440   1500
黒沢池ヒュッテ予約先
新潟県中頸城郡妙高高原町池の平温泉 ナガサキロッジ内 TEL 0255-86-2261
10月15日(日)晴
黒沢池      高谷池  天狗の庭  火打山山頂
0535(途中ご来光)0635/0645 0705/0710   0830/0900
天狗の庭 高谷池  富士見平   黒沢  笹ヶ峰
0950   1015/1045  1125/1235 1245   1320 
     笹ヶ峰 茗名の湯発 長野駅着 長野発    東京着
(キノコ汁)1400   1500   1620    1731(あさま6)1859