高 妻 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
飯綱山より高妻山 2001年09月08日  15:00 三文殊付近より黒姫山 2001年09月09日 14:40 五地蔵山 2001年09月09日 08:45 五地蔵山 2001年09月09日 08:45 十阿弥陀手前 2001年09月09日 11:20 十阿弥陀 2001年09月09日 11:30 高妻山山頂 2001年09月08日  11:30 高妻山山頂 2001年09月08日  11:30
飯綱山より高妻山   中腹より黒姫山  五地蔵山       五地蔵山      十阿弥陀手前    十阿弥陀 高妻山山頂    高妻山山頂

高妻山は手強い山として知られる。アップダウンが大きく、避難小屋さえ無く、長い距離の日帰りを余儀なくさせられるからだ。 その高妻山行きに加わったメンバーは各地から長野に集合したメンバーなど池澤氏、伊久間氏を中心とした ベテランに率いられてのパーテイとなった。
当日の朝は戸隠キャンプ場から、登山開始は5時15分、何度か沢を渡り、 鎖場を経て、一枚岩のトラバースを経て、水場を過ぎ、避難小屋のある稜線上の一不動までの 急登に耐えてたどり着いたのは2時間後だった。
天気は曇ながら雨の心配なし、展望は効かないものの台風接近の状況では上出来のコンデイションである。 その一不動からは、多くのピークの急登を繰り返し、中間点の五地蔵山に至る。
前日には飯縄山に登頂し高妻山を見ておいたがその稜線のアップダウンと長さに不安を感じていた。
台風接近の最中で、その外側の雲が関東北部に迫ってきていて、 見通しが利かない一日だったが、下山中に三文殊付近でかいま見た、 斑尾山と黒姫山の姿である。 当日の唯一の展望だったが疲れた体を癒すには十分な緑であった。
五地蔵山(1998m)は、一不動から高妻山頂に至る中間点である。 急登の末にある山頂標識だが、目指す高妻山は、まだ350m以上も高い。 時計を見て愕然、コースタイムの2倍の時間を要している。 パーテイのブレーキ役を果たしてしまっているようだ。 しかしメンバーの笑顔に支えられて元気を取り戻す。 ここからがいよいよ遙かなる山頂への最後の一頑張りだ。
高妻山は要所要所に仏の名前が付いている。 一不動・二釈迦・三文殊----五地蔵----九勢至・十阿弥陀があって山頂である。 五地蔵山から急降下すると九勢至までは、比較的なだらかな稜線歩きが続く。 晴れていれば樹林の間から妙高や戸隠、 そして行く手には高妻山の大きなピークが見えている所だ。 しかしガスで周囲は何も見えない。
見えないことが幸いか、もし見えていたら撤退したか? 昨日痛めたふくらはぎだけでなく、ありとあらゆるところが吊りだしてくる。 何度も休みながら、最後のピークの急登では大きなステップに足が耐えられず、 池沢さんの助けを乞う羽目に陥いる。 とにかく頑張るのみ、山頂部に到達した時には、 これで自力で登頂したのだろうかと考え込む。 メンバーのよく頑張ったと言う笑顔に救われる。 そしてたどり着いた十阿弥陀と山頂標識、 見えたものはこれだけだったが、これ以上何を望もうか?
高妻山山頂、伊久間氏を除くメンバーの全員が初登頂である。 台風のために仕事で翻弄されながら、やっとの思いで名古屋から駆けつけた人、 この山域は初めてと昨晩までの東京での用事を済ませて夜遅く長野に駆けつけた人、 伊久間氏の気配りで参加していただいた飯田山岳会の快活な人、 そして極めつけは1000座を越える山々を踏破されている池澤氏にしてさえ初登頂であった。
とにもかくにも登頂の喜びを全員で味わう、そのことだけで十分だった。
下山、アップダウンの激しい下山でもブレーキ役の私だったが、 池澤氏と伊久間氏のサポートでやっとの思いで無事下山、 戸隠そばと入浴でフィニッシュ---。

と思いきや、長野駅から大トラブル、長野駅で乗り込んだ新幹線が台風の豪雨で終日運休決定、 復旧の見通しは全くなく、とっさの勘で思いついた唯一の手段は中央本線新宿行きの夜行急行「アルプス」号、 この中央本線夜行列車もいつ雨で立ち往生するか保証はない。 運を天に任せて乗り込んだ列車は大雨の中を翌朝定刻通り無事新宿に到着した。 その後の中央本線は全滅、長野新幹線や道路とともに関東〜信州の交通手段は2日間にわたり 壊滅状態が続いてしまった。
厳しく、遠く、遙かなり、55座目の百名山・高妻山行きであった。
(登頂記録)
*山名:高妻山(2353m) 二等三角点(高妻山)
*年月日:2001年09月09日(日)
*天候: 曇・ガス
*行 程
長野駅前    戸隠キャンプ場 登山口  鎖場上   一杯清水   一不動   
0400       0505/0515    0525  0615/0635  0650/0655  0715/0725
三文殊    四弥勒    五地蔵     山 頂    五地蔵    一不動  
0750     0815/0820  0840/0850  1127/1200  1410/1420 1450/1500
一杯清水  キャンプ場  そば・入浴 長野駅 長野  新宿着 
1515/1520   1650            1930  2325  0527