斑尾山 黒姫山

<見出に戻る> <戻る>  <次へ>
斑尾山 歩程4.6km 累積標高差540m 黒姫山 歩程14.3km 累積標高差1290m 梅雨入り前のこの季節の週末に伊久間さんと黒姫山と斑尾山に行こうと言う久しぶりの北信の山歩きが実現した。 梅雨入り前のこの時期はいつも好天に恵まれるが今年は様子が違った。早くも本格的な梅雨の気圧配置となったが、 それでも1日は晴れるだろうとの期待を込めて前日に長野入りすることにした。
(使用カメラ:Canon IXY 900IS)(斑尾山 歩程4.6km 累積標高差540m) (黒姫山 歩程14.3km 累積標高差1290m)
 斑尾山 ・ 黒姫山トラック  黒姫山歩程グラフ
(5月31日 斑尾山) 林道登山口 09:03 釜石山分岐 09:17 蟻の塔渡り 09:34 蟻の塔渡り上の緩い登りの登山道 09:34 大明神岳 10:21 大明神岳から野尻湖が見えた 10:22
 林道登山口       釜石山分岐       蟻の塔渡り       緩い登山道が続く    大明神岳        大明神岳から野尻湖
斑尾山山頂 10:33 山頂の一等三角点 10:34 斑尾山から大明神岳に戻る 11:24 笹の花! 11:32 林道に舞い降りた山鳥 12:15 野尻湖から見えた斑尾山 13:29
 斑尾山山頂       山頂の一等三角点  大明神岳に戻る     一面の笹の花     林道に舞い降りた山鳥 野尻湖から斑尾山
斑尾山説明
(6月1日 黒姫山) 大橋登山口駐車場 06:52 登山口からしばらく林道を歩く 黒姫山が見える 07:07 古池分岐まで 1時間強 ここから登山道に入る 08:05 真っ白な高妻山が見える 08:48 ぬかるんだ歩きにくい急な登りが続く 08:49 ようやく火口壁に着く 妙高山が見える 09:37
 大橋登山口駐車場   しばらく林道を歩く   古池分岐         高妻山が見える    歩きにくい登山道   火口壁から妙高山
岩場のしらたま平は大展望で絶好の休憩場 10:09 しらたま平から戸隠連峰 眼下に古池 10:07 しらたま平からの大展望 10:06 中央火口丘の小黒姫山 12:06
 しらたま平は休憩所   戸隠連峰と眼下の古池          しらたま平の大展望                   火口丘の小黒姫山 しらたま平の先から山頂 まだまだ一歩き 10:11 熊笹に覆われた火口壁を歩く(伊久間さん撮影) 10:30頃 残雪を渡る 10:40 目指す山頂が目の前に来た 10:50 黒姫山山頂風景 10:54 火口壁の向こう側の奥に高妻山 10:54
 まだ遠い黒姫山山頂  熊笹の火口壁     残雪を渡る       山頂が近くなった    黒姫山山頂風景     山頂から高妻山 山頂から戸隠連峰 11:21 山頂から飯縄山 11:28 山頂から野尻湖と斑尾山 11:32 古池に咲くミツガシワ 14:34 古池に咲く水芭蕉 14:37 古池から黒姫山 14:42
 山頂から戸隠連峰   山頂から飯縄山    山頂から斑尾山    古池のミツガシワ    古池の水芭蕉      古池から黒姫山
黒姫山説明

(登頂記録)
*山名: 斑尾山(1381.8mm T△斑尾山) 大明神岳(1350m)
      黒姫山(2058.4m 亡失(黒姫山))
*年月日:2008年05月30日(金)〜06月01日(日)
*天候: 5/31 雨 6/1 快晴
*行 程
5月30日(金) 雨
恵比寿  池 袋   大 宮    長 野 
1501  1519/1525 1547/1609   1721
長野第一ホテル泊 TEL 0261-228-1211

5月31日(土) 曇/雨
ホテル 登山口  蟻の塔渡り 小休止  大明神岳  斑尾山山頂
0755 0850/0900   0935  1000/1005  1024   1035/1042
大明神岳 小休止  釜石山分岐  登山口
 1055  1115/1120   1140   1150/1200  
斑尾高原→野尻湖→信濃町IC樹香(そば) ナウマン象博物館 小林一茶記念館
               11340/1420      1425/1525     1531/1623 
温泉入浴  長 野
1640/1710  1820
長野第一ホテル泊 TEL 0261-228-1211

6月01日(日) 快晴
ホテル発  大橋駐車場  小休止  小休止  火口壁  休 憩   しらたま平
 0555   0647/0655  0735/0740 0830/0835 0935  0940/0955   1000 
黒姫山山頂  しらたま平  小休止  しなの木  小休止  古池分岐  古 池
1052/1145  1227/1230  1233/1240  1310  1335/1345  1347    1440
車 道 大橋駐車場 戸隠中社(温泉入浴・うずら屋そば)   長野駅   大 宮   恵比寿  
1500  1505/1513       1520/1635           1718/1727 1809/1901  1938
















斑尾山説明

斑尾山山頂にて(伊久間さん提供) 10:12 5月31日 二重低気圧通過の影響で雨または小雨・・・伊久間さんとも相談して土砂降りでなければ林道から僅かな時間で登れる 斑尾山に行って余った時間を観光に、黒姫山には天気の回復する6月1日に登ることにした。
当日は8時に伊久間さんが車で迎えに来てくれてホテルを出発した。幸い小雨程度で登山に影響する降り方ではない。 斑尾山には幾つかの登山道があるが、今回は荒瀬原から延びる林道を走って林道の登山口に至り、 ここより登山開始、釜石山で菅川からの登山道と合流して大明神岳から斑尾山山頂に至るコースを往復した。
念のため最初から雨装備で臨んだが、雨は小雨、樹林の中を歩くので殆ど濡れず、むしろ新緑が雨で勢いづいて 明るく輝いて見える。釜石山の分岐まではやや急な登りだが、その後は大明神岳の僅かな岩っぽい登り以外は 緩やかなよく整備された登山道である。地元では信越トレイルとして斑尾山から鍋倉山へ向けて登山道を整備していると聞く。
大明神岳の展望は素晴らしい。晴れていれば北信の山々や北アルプスまでもが一望されると伊久間さんの話。 今日はちらっと妙高山や野尻湖が見えたが、前線通過の悪天候下では上出来である。 大明神岳から10分、斑尾山山頂に着く。一等三角点の山頂だが樹林が多くて展望は良くない。 もっともガスで何も見えないから気にもならない。ゆっくり歩いて所要時間1時間半、手頃なハイキングの山である。
下山も同じコースを辿る。笹に元気がないので不思議に思ったがやがて笹の花が一面の咲いている現場に直面、 60年毎に花が咲いて死滅して生え替わるその年に当たるようだ。
雨が降りだし、風が強くなり前線の接近を感じる。 滑りやすい道を何度もスリップしながら1時間10分で下山する。
林道はおよそ標高1000m付近の中腹を斑尾山を半周しているので、幾つかある登山道は林道からの登山が可能である。
視界が良くなってきて妙高山や黒姫山が時折姿を現すが雨はまだ降っていて風も強く気温は低い。 ドライブがてらに斑尾高原から野尻湖周遊道路を走り、そばを食べてからはナウマン象の博物館と小林一茶記念館、 一茶終焉の蔵に行く。いずれも初訪である。温泉にゆっくり浸かって長野へ、伊久間さんとゆっくり夕食を楽しんだ。
(戻 る)

















黒姫山説明

黒姫山山頂にて(伊久間さん提供) 11:00 6月1日 早朝から晴れているが局所的に低い薄い雲がある。多分標高が高いところは快晴だろうと想像する。 今日は黒姫山、標高差1000m、それなりに心構えが必要である。
朝6時、伊久間さんが迎えに来てくれる。 慣れた道をひた走る。戸隠高原の手前でガスの中に入ると直ぐに真っ青な青空となって雲を突き抜けた。 戸隠中社を経て奥社入り口のさらに先にある大橋登山口駐車場には7時前に着く。 既に数台の車が来ている。
通行止めとなっているが整備された大橋林道を歩き始める。山の会らしき10名ほどのパーテイもすぐ前を歩き始めている。 緩く登っていく大橋林道を古池コースとの合流点まで1時間強で歩く。 山の会のパーテイとは追いつ抜かれつ殆ど同じペースで登っていく。
合流点からいよいよ登山道となるがまだ道は緩やかである。やがて1500mを過ぎたころから急登になる。 しかも濡れてぬかるんで滑りやすい。雨上がりだけでなく、いつもこんな状態だそうだ。 とにかく休む場所もない。樹林が低くなるとやがて熊笹の中を進む。相変わらずぬかった状態で、足が 徐々に持ち上がらなくなる。
1900mを過ぎたところで火口壁にでる、芯岳に相当する中央火口丘の小黒姫山が眼前にあって、眼下に火口原が開け、 樹間から妙高山や火打山が見えてくる。 ようやく火口壁に着いたがどうやら低いところらしい。火口壁をまだまだ登ることになる。 標高差450m、1時間半を一気登りだったから足が持ち上がらなくなる。やむなくしらたま平を目前にして休む。 昼食、疲れた足を少しでも休める間に、山の会のパーテイが通過していく。
昼食してから出発、しらたま平までは僅かだった。素晴らしい展望である。 火打山から高妻・音妻山、戸隠連峰、そして雨飾山や焼山、地蔵山など北信、頸城の山々が一望される。 写真だけ撮って、パーテイが休んでいるのをやり過ごして前進する。 火口壁の最高地点が黒姫山山頂、その山頂が遥かに先に見えている。まだまだ1時間はかかりそうだ。
ピークをひとつ越えて、熊笹や樹林に覆われた火口壁を少しずつ最高地点に近づく。 残雪が残っていてその上を越える。火口原に下る登山道との分岐を過ぎるといよいよ山頂に向けての登りとなる。 山頂には時々ガスがかかるが直ぐに消えていく。 最後の登りだが結構きつい。岩場っぽい山頂近くを登り詰めるとようやく山頂に出る。 山の会のパーテイも同着だった。
山頂には山頂標識や山岳展望板などがあり、30cm四方もあろうか超大型の三角点”もどき”がある。 三角点はもともとここにあったが、亡失となって今は存在しない。
ガスっぽい東の方角もやがて晴れあがって昨日登った斑尾山も飯縄山も姿を現す。 高妻山の右側には北アルプスの小蓮華山や雪倉岳、そして左側には不帰、唐松、五龍岳などが見えている。 眼下には黒姫山の火口原が広がっている。火口原の標高はおよそ1820m、山頂の直下230m広がっている。
山の会のパーテイは昼食をしらたま平で食べようと早々に下山していった。 2人組、単身の登山者がボツボツ登ってくる。 伊久間さんがお湯を沸かしてカップラーメンを食べた。美味しい。
たっぷりと展望を楽しみ、下山し始める。当初は火口原に下って帰ると言う予定だったが1時間ほど 余計にかかるそうなので往路を戻ることにした。 疲れた足で注意深く足場を踏みかためながら岩場を通過し、ピークを越えて下っていく。 しらたま平では例のパーテイが昼食を終わって出発するところだった。
火口壁のところで休む。ここから下が滑りやすいのでので足休めである。 しかし往路に比べて少し乾いていた。それでも集中して足を取られないように下る。疲れた足も徐々に回復し、 しっかり踏みしめられるようになる。しなの木でパーテイを追い越す。まだ急な下りは続く。
急な下りが終わってようやく緩やかな下りにさしかかって休憩した。直ぐにパーテイが追い越していったが、 直ぐ先にある古池分岐で休んでいる声が聞こえる。
古池分岐からは古池コースを歩く。随分距離があるものだ。多少の登り返しや平坦なところ、急下降などがあって 50分後にやっと古池に着いた。この池は人工湖で灌漑用水だそうだ。湖面の向こうに見える黒姫山が美しい。
さらに20分、ようやく車道に出る。山の会のパーテイが身支度を解除してバスに乗り込むところだった。 結局最初から最後まで同じペースで歩いたことになる。駐車場まで5分ほど車道を歩いて戻る。
戸隠中社の脇の温泉に浸かってホッとして、中社の前にあるそば屋でそばを食べて長野へ下る。
今回も伊久間さんのサポートで久しぶりに信州の充実した山歩きが出来、念願の斑尾、黒姫山登頂が叶った。 特に黒姫山は梅雨入り前の最高の好天の中で、途中やや疲れたものの存分に北信・頸城の大展望を楽しむことが出来た。 これで北信五岳全座に登ったことになる。ただし妙高山は登頂してもう60年も前になる。
(戻 る)