飯 綱 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(南岳より山頂)

飯綱山(1917m)、又の名を飯縄山という。北信五岳の中にあって長野市に属し、長野市内からはもっとも大きく 展望される。長野市民の故郷の山として親しまれ、学校教育の一環として子供達が毎年訪れる山であるとは、伊久間氏の お話である。一方では最近では珍しくなった行者姿の僧に合い、ここが信仰の山であることも再認識した。
翌日の高妻山登頂を目指して、前日の昼前に単身長野駅に降り立ち、伊久間氏の笑顔に出迎えられ、 即座に明日の足慣らしに飯綱山に行こうとの お話を頂戴し、この魅力ある山へ向かった。 台風接近の中で明日の天気を心配しながら、今日の晴天を信州の自然に触れる有効な1日にもしたかった。
伊久間氏のご案内で戸隠高原に近い飯綱山登山口からの登山開始は、すでに12時を回っていた。 昼食をとりながら登ること3時間弱、15時前には南峰を経て飯綱山頂に到達した。 雲が増えてはきたものの、明日の目的である高妻山とそれに連なる戸隠の険しい岩峰を展望し、 妙高、火打、焼山を遠望、眼下に広がる善光寺平を眺めて、思わぬ信州山景色を満喫した。
写真は飯綱山南岳山頂から飯綱山山頂へ向かうところ、 山頂部の心地よい15分であった。

 (南岳 2001年09月08日14時40分  Sony DSC-P1)

(山頂点描)



飯綱山南岳から15分、標高1917mの飯綱山頂には2等三角点がある。この山頂は大変展望が良く遮るものがない。 視界が良ければ遠く北アルプスや富士山まで見通せるようだ。
山頂は大変広く、座るのに都合の良い岩がごろごろ、時間があればここで長居をしたいくらいだ。 写真は山頂標識とバックに南岳を入れた山頂風景、それにあちこちに咲くリンドウの点描である。
山頂にて早や15時、遅くなったと少し急いでふくらはぎを痛める。それでも下山は1時間40分、 明日の長帳場の高妻山に影響しなければ良いがと一瞬不安がよぎる。

 (山頂 2001年09月08日15時00分  Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:飯綱山(1917m) 二等三角点(飯縄山)
*年月日:2001年09月08日(土)
*天候: 晴れ
*行 程
長野駅    飯綱山登山口   駒のとまり場  南峰   山 頂   
1119/1125     1200/1210    1300/132  1440  1455/1505
駒のとまり場    登山口    長野駅 
1555/1605    1645/1655   1800
長野サンルートホテル S*@6500円
長野市南千歳1-28-3 TEL 026-228-2222
長野駅善光寺口(東京から直江津に向かって左側)すぐ。
駐車場は長電長野パーキング。18時から朝までが1000円(ホテルと契約)
その他は300円/1H。