志賀高原の山々

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<横手山> <笠 ヶ 岳> <志賀山・裏志賀山> <東 館 山 > <焼 額 山> <岩菅山展望>

<車窓展望の山旅 2006年第3回 >

(東館山−山頂)

東館山は志賀高原にあって、もっとも開発が進んだ山の一つだ。山頂からは幾筋ものスキーコースが開かれ、 リフトやロープウェイが施設され、さらに寺子屋峰まで開発の手が及んでいる。
東館山の標高は2030mと言われている。ロープウェイを降りたところにある大きな標識にも「2030m突」と書いてある。 この「突」にの意味がよく分からない。実際の山頂はここより200mほど離れた東舘山神社の奥にあって、一ノ瀬スキー場から 来たリフト降り場の上にある笹藪の小山が山頂で、その上には石積みの祠がある。その脇に標識があって 「2030m突」と書いてある。しかし1/25000の地図を調べてもこの山頂が2000mの等高線を越えているようには見えないし、 明らかに山頂位置に1994mと書いてある。
従ってこのHPでは国土地理院の記述に従って東館山標高を1994mとしておこう。
山頂はまことに素っ気ない笹藪の小山であるが、ロープウェイ山頂駅から寺子屋山にかけては湿原が広がり、 広大な高山植物園があって訪問者を飽きさせない。
そしてここからの展望は西に開けて天下一品である。
またここが岩菅山や赤石山の登山起点でもあって、晴れた日には大勢の登山者がここから出発していく。

(東館山頂 2003年08月12日13時00分 Sony DSC P-1)


(東館山−山頂より頸城の山々)

妙高山の前衛にある低い山並みは北信五岳の中で最も低い斑尾山だ。 この山は野尻湖の手前にあって、野尻湖を挟んで妙高山と精一杯張り合っているのがいじましい。
北信五岳の最高峰の妙高山は山容の優美さとともに際だった存在だ。 群馬側から志賀高原に入るとき、信州側に見える志賀の笠ケ岳の向こうに宙に浮かぶ妙高山の姿に触れたときの 感動はいつも変わらない。そして視界が良ければ北アルプスに最初に出会えるのも嬉しい限りだ。
その妙高山の右側には火打山がある。また妙高山の背後には焼山がある。横手山からはその焼山も見える。 これらの山群は頸城アルプスあるいは頸城三山と言われる山群だ。 冬の日本海の気象の影響をまともに受けて、妙高山と殆ど同じ標高にもかかわらず積雪は全く異なる。 この6月でも全山雪に覆われたままだ。
ところで、このページをアップして以来、ここ東館山からの妙高山の左側の山を焼山と誤同定して いたが、長野市にお住まいの伊久間氏のご指摘により、東館山からは焼山が見えないことが判明した。ここに訂正するとともに、 伊久間氏に深く感謝申し上げます。(1999.9.15)

(東館山 06月上旬10時15分 150mm F11 1/500)


(東館山−山頂より後立山と剱・立山)

(東館山 06月上旬10時15分 300mm F11 1/500)

東館山山頂が北アルプス北部を展望する絶好の場所だということはすでに触れた。 後立山連峰が手に取るように展望できるのと、長野オリンピックのおかげで上信越道が完成し、 東京から日帰り圏になったことで大変利便性が良くなった。
ここからの北アルプスは車山山頂や美ヶ原に比べ後立山が近い。 剱岳、立山までもが見えている。 そして6月と言うのに、真っ白な雪に覆われている立山と、 その雪さえ寄せつけない剱の岩峰が展望できる。