志賀高原の山々

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<横手山> <笠  岳> <志賀山・裏志賀山> <東 館 山 > <焼 額 山> <岩菅山展望>

<車窓展望の山旅 2006年第3回 > <車窓展望の山旅 2007年第6回 > <笠岳再訪・聖山>

(横手山−東館山より)


スキー場として開発されたリフトは夏山リフトとして気軽に山頂に到達でき、日本一標高の高いパン屋さんがとりわけ 観光客やスキー客を引きつけている。
浅間山〜湯ノ丸山〜四阿山〜草津白根山〜横手山〜赤石山に至り、北に向けて岩菅山から烏帽子岳へ、東に向けて 白砂山から苗場山、あるいは上越国境へ向けて2000m級の壁が連なり関東平野を風雪から守っている。
いずれも東京から地の果てに望める山々だ。

(東館山 06月上旬10時15分 75mm F11 1/500)


(横手山−山 頂)

横手山山頂部はパラボラ施設がひしめき、リフト小屋や山頂小屋で大変賑やかである。 ここから見る西側は北信五岳や頚城の山々の向こうに北アルプスがきらめいていて、最高の展望がえられる。
しかし山頂はこの賑やかな場所から南東に少し離れていて、そこには山頂標識と二等三角点「横手山」(2304.9m)がある。 静かな山頂で観光客の騒音から無縁の世界、測定点としての山頂はここより少し北西に寄った地点で2307mとされている。 山頂からは浅間山から上信越国境が開けていて、遠く富士山まで見えるはずである。

(横手山山頂 2003年08月10日14時40分 Sony DSC P-1)


(登頂記録)

*山名:本白根山(2171m) 二等三角点(白根山−2164.8m) 横手山(2307m) 二等三角点(横手山−2304.9m)
*年月日:2003年08月10日(日)
*天候: 快晴
*行 程
08月10日(日)
熊ノ湯発 白根火山  ロープウェイ 火口壁  最高所  山頂  
0800   0850/0900   0920    0945 1025/1040 1100
ロープウェイ  白根火山   渋峠  横手山  渋峠  熊ノ湯
1205/1240  1255/1320  1400 1420/1445 1500 1520  熊ノ湯ホテル泊
(渋峠リフト下車−山頂まで5分)































志賀高原の山々

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<横手山> <笠  岳> <志賀山・裏志賀山> <東 館 山 > <焼 額 山> <岩菅山展望>

<車窓展望の山旅 2006年第3回 > <車窓展望の山旅 2007年第6回 > <笠岳再訪・聖山>

(岩菅山展望−奥志賀より)

岩菅山はオリンピックの滑降競技のために、大々的に切り開かれるところだった。 おかげで、この志賀高原最奥の地味な山もすっかり有名になった。幸い自然保護団体の圧力で 難を逃れたが、志賀高原の山々の殆どが開発された今日、赤石山などと並んで貴重な自然が見られる。 まだまだ大型の鳥類や、ほ乳類が生息するとも聞く。
奥志賀から見た眼前の岩菅山(2295m)と裏岩菅山(2341m)は、山の向こうが東京の方角に当たり、従って左に裏岩菅、右に岩菅山が目の前に 見える。こんな信州の奥から東京から見える山を眺めていることが何とも奇妙な感がする。

(奥志賀 06月上旬16時15分 75mm F11 1/500)


(岩菅山展望−赤城山より)

岩菅山を赤城の山頂から見ると若干の角度の違いはあるものの、ほぼ東京から見える山容に近い姿が眺められる。

(赤城地蔵岳山頂 11月下旬10時00分 250mm F11 1/500)






























志賀高原の山々

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<横手山> <笠  岳> <志賀山・裏志賀山> <東 館 山 > <焼 額 山> <岩菅山展望>

<車窓展望の山旅 2006年第3回 > <車窓展望の山旅 2007年第6回 > <笠岳再訪・聖山>

(笠岳−横手山頂より)

横手山は一年中賑わっている。標高2305mの山頂は裏岩菅山についで上信越国境第二の高峰で、 山頂までリフトが2ルート通じている。勿論冬はスキー場となる。
横手山から西の方角を見るとピラミダルにそびえる山が間近に見える。熊ノ湯の上にある笠岳(2076m)である。 志賀高原から山田牧場に抜ける林道があって笠岳の肩を通っている。そこから20分ほどで山頂に立つことができる。 山頂は鎖場のある岩峰だが展望は第一級である。
横手山から見た展望は、笠岳の背後には頚城山塊・北信五岳が、遠く穂高から白馬に至る北アルプスが展望できる。 東南には四阿山や浅間山、関東の山々や富士山が、北東方向には赤石山、岩菅山、そして烏帽子・苗場と連なる上信越国境の 山々が展望できる。
この写真の笠岳の右が高妻山、笠岳の左から始まる山脈は白馬岳から爺ヶ岳までの 北アルプスが見えている。

(横手山頂 2003年10月14日11時00分 Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:笠岳(2076m) 二等三角点(笠岳)
*年月日:196?年8月 晴  笠越林道にて鞍部−笠岳山頂20分






























志賀高原の山々

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<横手山> <笠  岳> <志賀山・裏志賀山> <東 館 山 > <焼 額 山> <岩菅山展望>

<車窓展望の山旅 2006年第3回 > <車窓展望の山旅 2007年第6回 > <聖山・笠岳再訪>

20130617聖山・笠岳再訪

    梅雨の晴れ間をかいくぐって、登り残していた聖山の一等三角点訪問と50年ぶりの再訪となる志賀高原笠岳を訪れた。 今回も長野駅から伊久間さんにお世話になって聖山には山頂まで車で入った。予報を上回る好天に後立山連峰が白く輝き、 反対側には姨捨山の頂も見ることが出来た。
 (歩程3km 累積標高差190m 10,000歩)  (左はGPSによるトラック) (使用カメラ RICOH CX5)
聖山山頂と一等三角点 09:06 聖山山頂より白馬三山 09:34 聖山山頂より鹿島槍ヶ岳 09:35  笠岳峠より笠岳 13:29 ツマトリソウ 13:24 コイワカガミとゴゼンタチバナ 12:39
 聖山の一等三角点    聖山より白馬三山   聖山より鹿島槍ヶ岳   笠岳峠より笠岳        ツマトリソウ       コイワカガミとゴゼンタチバナ
笠岳山頂への急登 13:13 笠岳山頂への急登  12:35 笠岳山頂 12:39  笠岳山頂より横手山 12:40 笠岳山頂より山田牧場方面 12:44 笠岳山頂にて 伊久間氏撮影提供 12:44
   笠岳の急登       笠岳の急登        笠岳山頂        笠岳より横手山    笠岳より山田牧場側    笠岳山頂にて


聖山展望台に立ち寄ってから一路志賀高原笠岳峠へ、暑く湿度も高い梅雨の合間は2,000mの峠でも暑い。 茶店でタケノコ汁を食べてから山頂を目指す。階段と岩場の急登が続く。大汗をかきながら40分ほどで山頂へ、 半世を経て再び山頂立つ。山頂からは横手山をはじめ御飯岳、草津白根山、四阿山など周囲の山々が良く見えた。 30分ほどで笠岳峠に下山、須坂のそば屋で今日も無事に念願の山頂に立ったことを祝った。今回もまた伊久間さんに大変世話になった。
(登頂記録)
*山名:聖山 1,447.1m(T△聖山1,447.1m)N36°29′03″13 E138°22′29″98
     笠岳 2075.7m (U△笠岳 2075.7m)
*年月日:2013年06月17日(月)
*天候: 晴れ
*行 程
恵比寿  東 京   長 野    聖 山  聖山展望台
0543  0607/0625 0805/0815 0917/0940  0955/1000 
笠岳峠   笠岳山頂    笠岳峠  須坂そばや  長 野   東 京  恵比寿
1145/1200 1238/1254  1323/1330  1410/1450 1530/150 1732/1738  1800






























山頂高層湿原・焼額山「関越道・上信越道」 車窓展望の山旅 2006年第3回

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<横手山> <笠  岳> <志賀山・裏志賀山> <東 館 山 > <焼 額 山> <岩菅山展望>

<車窓展望の山旅 2006年第3回 > <車窓展望の山旅 2007年第6回 > <笠岳再訪・聖山>
志賀高原マップ 朝日旅行主催の「山頂高層湿原・焼額山「関越道・上信越道」 車窓展望の山旅 2006年第3回」は、 38名の参加を得て8月2日〜3日の1泊ツアーとして実施されました。梅雨明けが遅れたせいか、当日の関東平野は曇り空 でしたが、青空の下で志賀高原の雰囲気を存分に堪能できました。
焼額山や四十八池の湿原とそこに咲く花々、岩菅山や横手山など志賀高原の主役達も顔を出し、 夜は日本最高所に生息する石ノ湯の蛍に出会え、前山では至近距離で熊に遭遇!、 そして日本一高所のパン屋さんでの昼食、陽光と志賀高原が総出で歓迎してくれたようでした。 (使用カメラ Nikon COOLPIX 8700D)
今回のツアー赤バス ナンバーが333と縁起がいい 三芳PAにて 8/2 09:09 焼額山山頂の湿原をぐるり一週 湿原の花が咲いている 8/2 14:01 焼額山山頂の稚児池の静かなたたずまい 8/2 14:16 丸池を一周 花が豊富に咲いていた 8/2 16:06 ホテルから静かなたたずまいの丸池を見る 8/3 07:01
今回のツアーバス       焼額山頂湿原を歩く     焼額山頂の稚児池      丸池を散策一周       ホテルから丸池   
熊に遭遇! 熊までの距離約70m 前山山頂にて 8/3 09;01 前山山頂にて集合写真を撮る 8/3 09:03 渋池と横手山 8/3 09:12 四十八池と志賀山・裏志賀山 8/3 09:59 四十八池に咲く花(キンコウカ) 8/3 10/14
前山にて熊に遭遇       前山にて全員集合        渋池と横手山       四十八池と志賀山・裏志賀山 四十八池のキンコウカ
四十八池に咲く花(イワショウブ) 8/3 10:15 四十八池の湿原を歩く 8/2 10:24 四十八池で休憩 8/2 10/15 横手山山頂にて ガスで無展望 残念! 8/2 12:54 覗きへエスカーで下る 日光キスゲが美しい 8/3 13:38
四十八池のイワショウブ   四十八池を歩く        四十八池で休憩       横手山山頂          覗きのエスカー   

朝日旅行主催の「山頂高層湿原・焼額山「関越道・上信越道」 車窓展望の山旅 2006年第3回」は、 38名の参加を得て8月2日〜3日の1泊ツアーとして実施されました。
ツアーは関越道・上信越道を走って信州中野ICから志賀高原に至りました。 志賀高原のお天気は晴れ、山頂の高層湿原で知られる焼額山にロープウェイを使って登り、 湿原を満喫した後、丸池のホテルに戻って丸池一周の自由散策と蓮池周辺自由散策で1日目を送りました。 夜はホテルのバスで石ノ湯の源氏蛍を見学、蛍にもまして星空が綺麗でした。
2日目は朝から良く晴れていました。青空の下を前山へ、リフトを降りたら熊に遭遇、距離約70mほどでした。 初めての熊に皆さん大喜びでした。
渋池を経て四十八池まで、ゆっくり歩いて行きました。四十八池では湿原散策、ワタスゲの綿毛、キンコウカ、 イワショウブ、ウメバチソウ、モウセンゴケetc・・・それにトンボや蝶が舞っていました。
前山に戻り、覗きへ、ここから動く歩道(エスカー)とリフトを使って横手山山頂へ行きました。 このころからガスが出て、雲底が丁度2000m付近でした。車窓から草津白根山がちらっと見えてからは、 山々が見えなくなりました。
横手山では日本一高所のパンやさんで昼食、今は昔の山小屋の面影はありません。 昼食後はガスが出ていましたが、横手山山頂へ行きました。三角点のある山頂まで数分、ここを訪れる人は少ないようです。
楽しい散策ツアーを終えて、覗きに下山、バスで帰路につきました。
湿原とそこに咲く花々、志賀高原を代表する高峰群、蛍、熊、そして何よりも青空、志賀高原が総出で歓迎してくれました。
それぞれの志賀高原、思い思いの志賀高原を満喫したことと思います。
参加者の皆さんの山への思い、ご助言を頂いた田代博氏、企画された朝日旅行の石堂さん、 添乗員の方々、展望の山旅の方々の参加や車窓展望の山旅へのリピーターの方々、 これらの全てがあってのツアーの成功だったと 実感しています。皆さんに熱くお礼を申し上げます。
次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。
(登頂記録)
*山名:焼額山(2006m) 横手山(2305m)U△(横手山)
*年月日:2006/08/02(水)〜03(木)
*天候: 晴→曇
*行 程
 8月2日(水) 晴れ
恵比寿  横 浜==池 袋== 三芳PA= =湯ノ丸SA== 丸 池==焼額RW乗場++RW頂上駅
0730    0700  0810  0903/0915 1055/1110 1220/1320  1335      1350
・・・焼額山頂((稚児池)散策・・・RW頂上駅+++RW乗場==丸 池==丸池・蓮池散策 
    1400/1435         1440    1450/1455  1510  1540〜1700
石ノ湯蛍見学ツアー  丸池観光ホテル泊
2000〜2100  
 8月3日(木) 晴れ
丸 池===硯 川+++ 前山頂上・・・渋 池・・・  四十八池・・・ 前山リフト上 
0840  0850/0900 0905/0915 0920/0925  1000〜1040    1120  
==硯 川==  覗 き+++横手山山頂駅==山 頂+++覗 き===信州中野IC==湯ノ丸SA 
1130/1140 1155/1205  1220      1315  1338/1350  1445   1525/1540 
==三芳PA===池 袋===横 浜  恵比寿
 1729/1735 1850   2000   1917

(注)朝日旅行主催の「山頂高層湿原・焼額山「関越道・上信越道」 車窓展望の山旅」  2006年第3回、参加者38名  添乗員2名 講師:伊藤



















志賀高原マップ






























山頂高層湿原・焼額山「関越道・上信越道」 車窓展望の山旅 2007年第6回

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<横手山> <笠  岳> <志賀山・裏志賀山> <東 館 山 > <焼 額 山> <岩菅山展望>

<車窓展望の山旅 2006年第3回 > <車窓展望の山旅 2007年第6回 > <笠岳再訪・聖山>
志賀高原マップ 朝日旅行主催の「山頂高層湿原・焼額山「関越道・上信越道」 車窓展望の山旅 2007年第6回」は、 17名の参加を得て10月14日〜15日の1泊ツアーとして実施されました。 秋雨前線も去り安定した秋晴れと紅葉最盛期を狙ったツアーでしたが、 今年がいつまでも天候が不安定の中での出発となりました。 当日の関東平野は曇り空で、近景の妙義山や荒船山などが見えていましたが、 しかし志賀高原に入ると青空となり、北アルプスの遠望や紅葉に恵まれて、素晴らしい山頂湿原散策や池巡りが出来ました。 翌朝は抜けるような青空の中を四十八池まで散策、横手山の日本一高所のパン屋さんでの昼食を採ってからの山頂巡り、 最後はガスに見舞われましたが、大満足の秋の志賀高原でした。 (使用カメラ Nikon COOLPIX 8700D)
焼額山散策トラック 8/2 丸池〜一ノ沼散策トラック 8/2 丸池観光ホテルに泊まる 8/2 12:40 ホテル前から後立山が! 8/2 12:46 焼額山から鳥兜・苗場山 8/3 13:48
 焼額山散策トラック 丸池〜一ノ沼散策トラック 丸池観光ホテルに泊まる    ホテル前から後立山が!   焼額山から鳥兜・苗場山
焼額山稚児池 10/14 13;58 焼額山山頂と稚児池 10/14 13:58 山頂にて全員で記念写真 10/14 14:21 焼額山上の秋の雲 10/14 14:26 焼額山山腹の紅葉 10/14 14/47
 焼額山稚児池        焼額山山頂と稚児池     山頂にて全員で記念写真  焼額山上の秋の雲     焼額山山腹の紅葉 
丸沼散策路の紅葉 10/14 15:24 琵琶池湖畔 10/14 15:44 一ノ沼へ向けて散策 15/48 10/15 一ノ沼の紅葉 10/14 15:55 一ノ沼の蓮 10/14 15:56
 丸沼散策路の紅葉     琵琶池湖畔           一ノ沼へ向けて散策     一ノ沼の紅葉         一ノ沼の蓮
四十八池散策トラック 10/15 横手山山頂散策トラック 10/15 丸池の夜明け 10/15 06:42  硯川から笠ヶ岳 10/15 08:53 前山から横手山 10/15 09/04
 四十八池散策トラック   横手山山頂散策トラック  丸池の夜明け          硯川から笠ヶ岳         前山から横手山
渋池の草紅葉 10/15 11:25 渋池にマリモが! 10/15 09:21 四十八池の草紅葉 10/15 10:13 横手山山頂ヒュッテ 10/15 13:01 横手山山頂と三角点 10/15 13:09
 渋池の草紅葉         渋池にマリモが!       四十八池の草紅葉     横手山山頂ヒュッテ      横手山山頂と三角点

朝日旅行主催の「山頂高層湿原・焼額山「関越道・上信越道」 車窓展望の山旅 2007年第6回」は、 17名の参加を得て10月14日〜15日の1泊ツアーとして実施されました。
ツアーは関越道・上信越道を走って信州中野ICから志賀高原に至りました。志賀高原のお天気は晴れ、 丸池からは奇跡的に後立山の山々が遠望されたのには大変驚きました。
山頂の高層湿原で知られる焼額山にロープウェイを使って登り、 湿原の草紅葉や眼前の岩菅山の紅葉や苗場山、鳥甲山の展望を楽しんで、丸池のホテルに戻りました。
その後丸池〜琵琶池〜一ノ沼を散策して紅葉をたっぷり楽しみました。
2日目は朝から良く晴れていました。青空の下を前山へ、渋池を経て四十八池まで、ゆっくり歩いて行きました。 四十八池では湿原散策、志賀山を眼前に草紅葉を堪能しました。
前山に戻り、渋峠からヒュッテの迎えのバスで横手山山頂へ行きました。このころにはガスに覆われて無展望となりました。 横手山では日本一高所のパンやさんで昼食、その後横手山山頂へ行きました。三角点のある山頂まで数分、ここを訪れる人は少ないようです。 楽しい散策ツアーを終えて、渋峠に降りる途中では遥かに榛名山が見えていました。 渋峠からいよいよ帰路につきました。
帰りに道の駅に立ち寄り、リンゴなど土地の土産を買い込みました。 心配していたお天気と紅葉でしたが、その両方ともに恵まれて、今年も満喫できた志賀高原でした。
参加者の皆さんの山への思い、とりわけリピーターの方々、添乗員、バスの運行者、 これらの全てがあってのツアーの成功だったと実感しています。皆さんに熱くお礼を申し上げます。
次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。
(登頂記録)
*山名:焼額山(2006m) 横手山(2305m)U△(横手山)
*年月日:2007年10月14日(日)〜15日(月)
*天候: 晴/曇
*行 程
10月14日(日) 晴れ
恵比寿+++池袋
0715    0728
横浜==池袋== 三芳PA==湯ノ丸SA== 丸 池==大洞RW乗場++RW頂上駅
0700 0810 0842/0857 1033/1045 1150/1245  1305   1320/1335
焼額山頂((稚児池)散策・・・RW頂上駅+++RW乗場== 丸 池
 1400/1430        1440    1500/1510 1520
丸 池・琵琶池・一ノ沼・丸池散策   丸池観光ホテル泊
1520〜1615 

10月15日(月) 晴れ→曇り
丸 池===硯 川+++ 前山頂上・・・渋 池・・四十八池・・前山リフト上
0830 0848/0855 0900/0910 0915/0920  1005〜1040   1130/1135
硯 川===渋 峠===横手山H・・山 頂・・横手山H===渋 峠===
1140/1145 1200 1210/1300  1307/1415  1425   1340
道の駅===信州中野===横川SA===三芳PA===池 袋===横 浜
1420/1440  1435  1500/1615 1750/1800 1835   1945
池 袋+++恵比寿
 1850   1902

(注)朝日旅行主催「2007年第6回 車窓展望の山旅 山頂高層湿原焼額山「関越道・上信越道」 参加者17名 添乗員1名(山下) 講師:伊藤