黒 斑 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <瑞牆山百名山リストへ戻る>

<黒斑山>

(富士山と奥秩父)

黒斑山山頂からの眺望は、このあたりの湯ノ丸山、篭ノ登山、四阿山などと大差ない。要は視界に恵まれるかどうかだけだ。 このあたりの山々への登頂はいずれも視界不良だったが、この日だけは素晴らしい雨上がりの澄んだ視界に恵まれた。 眼前の浅間山を始め、北には日光から赤城、上越国境、苗場山、岩菅山、横手山、本白根山、そしてすぐ目の前に四阿山、 眼下に高峰の山々、その奥に北信、頚城の山々、そして白馬から穂高、乗鞍岳、御岳に至る北アルプス、中央、南アルプス、 八ヶ岳、奥秩父と富士山などなど枚挙にいとまがない。
それらの眺望の中から、富士山と金峰をはじめとした奥秩父の盟主たちを紹介する。

(トーミの頭 09月上旬09時45分 200mm F11 1/500)


(北アルプス・穂高、槍ヶ岳)

黒斑山山頂は、浅間山の方角に開け、西側は樹林にはばまれ、眺望はない。北アルプスや北信、頚城、四阿山などは 黒斑山の西側にあって、山頂からは展望できないので、その手前のトーミの頭までの間で楽しもう。 北アルプスは、御岳から、乗鞍岳、穂高・槍ヶ岳に始まって、白馬岳に至るすべての山々が展望できる。
それらの眺望の中から、雲海に浮かぶ穂高・槍ヶ岳の山容を紹介する。

(トーミの頭 09月上旬09時45分 200mm F11 1/500)


(北アルプス・立山、剱岳、後立山)

立山・剱岳など富山側の山々は、信州側からなかなか展望しづらい。特に下界からは、信州側の稜線に阻まれ、 なかなか見ることが難しい。しかしこの高さまであがると、黒斑山の標高自体が2405mと、そこそこの高さになっているため、 信州側の稜線の向こう側まで見ることができる。
この写真には、鹿島槍ヶ岳、五竜岳の左側に剱岳と立山が見事に顔を出しているのがよく分かる。

(トーミの頭 09月上旬09時45分 250mm F11 1/500)


(北アルプス・白馬三山)


立山・剱岳から北側には鹿島槍ヶ岳や五竜、唐松などの名山が連なり、その北のはずれに白馬三山が、美しい姿を見せている。 しかし黒斑山からはもっとも見づらい山でもあって、山腹では篭ノ登山の山頂に阻まれ、高度を上げて避難シェルターまであがっても 樹林に阻まれる。一方、さらに北にある北信の山々は、換えって高峰の山々にも遮られることもなく、かなり低い山腹からも眺望できる。

(トーミの頭 09月上旬09時45分 250mm F11 1/500)


(四 阿 山)

四阿山は東京から見える最果ての山、ここからの山容は、東京から見る山容とまるで同じだ。 この山は、西側にある菅平から、南にある鳥井峠から、東側のあるここ黒斑山から、さらに北側にある横手山や万座温泉 から、それぞれ異なる姿が見られるのが面白い。
代表的な山容は、その名の由来にもなっている山容が見られる鳥井峠であろうが、ここからの山容は、どっしりとして 風格を感じる山容を見せている。ただ黒斑山の方が50mほど高いので、下の方からの方が良い姿が見られる。

(トーミの頭 09月上旬09時45分 100mm F11 1/500)