黒 斑 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<黒斑山眺望> <20130927へ>

(高峰山からの黒斑山)

黒斑山の代表的描写は、噴火口を目の前にした鋭く落ち込む断崖のあるトーミの頭となっている。 そこで浅間山とは反対の高峰山の山頂から捉えた緑滴る山容をあえて紹介、あまり見栄えのしない緑滴る山容だが、 この緑が縞模様に見えるところから黒斑山の名前があると聞いている。

(高峰山頂 09月上旬10時15分 55mm F11 1/500)


(山腹からの山頂)

黒斑山の中腹から山頂部を捉えた写真、緑濃い山腹の上に僅かに火山の面影を覗かせている。

(黒斑山山腹 09月下旬08時45分 70mm F11 1/500)


(トーミの頭からの山頂)

トーミの頭は黒斑山の代表的な風景だ。噴火口へ向かって切り立った断崖と、相対峙している浅間山の膨大な山容の コントラストが黒斑山を印象ずけている。
この写真は、そのトーミの頭から山頂部を捉えた風景、外輪山の縁の最高部を持って山頂としている例は、 火山では普遍的だが、黒斑山の場合は、すぐそこに浅間山があるから、何か山頂と言う実感がわかない。 ただとびきりの展望が、そんなことを忘れさせてくれる。

(山頂から湯の平)

避難用のシェルターからトーミの頭、そして山頂にかけての左側は湯の平が広がっている。 ここは浅間山の火口原でそこに立てば周囲をぐるっと囲まれた静かな唐松の美しい平原である。 そしてその向こうに浅間山の膨大な塊がある。
右側の斜面は浅間山の裾、その間に奥白根山など日光連山が姿を現している。

(黒斑山山頂 09月下旬10時20分 100mm F11 1/750)


(山頂から浅間山)

黒斑山は浅間山の西にある湯ノ平の火口原を囲む外輪山にあたる。東京から浅間山を見ると南側(西側) が長い、なだらかな台形状の裾野が見えるが、これが黒斑山だ。 浅間山が登山禁止になっている今日、浅間山登山の代わりに大勢の登山者でにぎあう大変ポピュラーな山なのだが 案外その知名度は低い。
その黒斑山の稜線にでるところに噴火に備えてのシェルターがあるが、そのすぐ上の稜線から見た、膨大な浅間山の 姿がここに現れる。その山塊の大部分は中央火口丘に当たる浅間山の本体でなく、前掛山でこれも外輪山、つまり 浅間山は複雑な構造の3重式火山であることが分かる。左上にその浅間山の山頂部を見ることが出来る。

(黒斑山稜線 09月下旬09時00分 35mm F11 1/500)

(登頂記録)

*山名:黒斑山(2404m)
*年月日:1999年09月26日
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  車坂峠  トーミノ頭   車坂峠 東部湯ノ丸IC 上田IC 東部湯ノ丸SA
0530  0800/0820  0950/1010   1130   1230     1250  1310/1330






















黒 斑 山 湯ノ丸山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<初訪へ> <初訪時黒斑山眺望>
黒斑山トラック 湯ノ丸山トラック 9月中旬になって、岩井夫妻から2日間休めそうだとの連絡が入った。 久しぶりなので何とか実現させたいと、予定を1件キャンセル、今泉さんもOKと言うことになった。
折角の2日間を一緒に山歩きをしようと意気込んだものの、大きな山にはもはや行ける体力も脚力も無い。だから中程度以下の山で大展望や特異な風景が楽しめる黒斑山と、同じ高峰高原でも雰囲気が対照的な湯ノ丸山を行先に決めた。そして宿は小諸市内の伊藤園グル―のホテルを確保した。
当日の小諸地方は秋一番の晴れが早くから予報されていた。

 車坂峠にて    9/27 09:53  シラタマノ木    9/27 09:59  黒斑山中腹より八ヶ岳と甲斐駒、仙丈   9/27 11:03  黒斑山中腹にて     9/27 11:03  黒斑山中腹にて        9/27 11:03 噴火対策シェルター     9/27 11:35
   車坂峠にて        シラタマノ木      黒斑山中腹より八ヶ岳    黒斑山中腹にて     黒斑山中腹にて    噴火対策シェルター
 トーミの頭付近にて
9/27 11:39  水ノ塔、篭ノ塔山
 9/27 1141  富士山   9/27 11:52  トーミの頭より黒斑山   9/27 12:05 黒斑山山頂より浅間山   9/27 12:29  黒斑山山頂   9/27 12:34
  トーミの頭付近にて   水ノ塔・篭ノ塔山     トーミの頭より 富士山  トーミの頭より黒斑山  黒斑山山頂より浅間山   黒斑山山頂
 黒斑山山頂にて    9/27 12:31  中腹より黒斑山
  9/27 13:28  小諸より浅間山・黒斑山   9/27 15:45  夜の懐古園
   9/27 18:16  湯の丸山ゲレンデの放牧地を登る   9/28 08:52  リンドウ
    9/28 09:27
  黒斑山山頂にて     中腹より黒斑山     小諸より浅間山       夜の懐古園       湯の丸山の放牧地       リンドウ
湯の丸山登山道     9/28 09:59  湯の丸山山頂    9/28 10:25  湯の丸山山頂にて    9/28 10:29  烏帽子岳と槍穂    9/28 10:28  後立山連峰    9/28 10:28 白馬三山  9/28 10:28
  湯の丸山登山道      湯の丸山山頂     湯の丸山山頂にて    烏帽子岳と槍穂       後立山連峰         白馬三山   
湯の丸山北峰を望む
  9/28 10:43 湯の丸山北峰      9/28 11:01  烏帽子分岐より湯の丸山   9/28 12:08  マツムシソウ    9/28 12:19 カラマツ林    9/28 12:45  道の駅クルミの里     9/28 14:17
  湯の丸山北峰を望む  湯の丸山北峰    烏帽子分岐より湯の丸山    マツムシソウ        カラマツ林       道の駅クルミの里   

9月27日(金) 21,000歩 570m 6km
前日の東京地方は台風の南岸通過により大荒れだったが、当日は早くから台風一過の快晴が予報されていた。
当日は岩井さんにお願いして岩井車で行くことにし、荻窪駅まで迎え来てもらって今泉さんと共に合流した。 関越道・上信越道は極めて順調、澄んだ大気の元での山々が美しい。 良く晴れてはいるが上信越道からは北アルプスには雲がかかっていたので気になるところだ。やがて小諸ICを通過して9時30分には車坂峠に着く。
ここから黒斑山に取りつく。実に14年ぶりの再訪だ。 この山の売りは火口原越しの巨大な浅間山の山体と近傍の山々、そして南北中ア、八ヶ岳、それに富士山、遠く上信越国境から会津までの大展望ができることだ。 やおらして下り、100m近く降ろされる。そしていよいよ登りとなる。 結構な登りに次第に疲れがたまる。
途中から展望が開け、じわじわと雲が消える北アに歓声をあげる。 小休止を繰り返しながら、ゆっくりゆっくり登るが、疲れがひどい。この疲れ度合では山頂まで行けるかどうか心配になる。 やっと鋼鉄製のシェルターを通過する。間もなく前方が開け、巨大な浅間山が見えてくる。 黒斑山山頂は左上頭上に、随分遠くに見えるのは疲れからだろうか。 ひとしきり登ってトーミの頭にでる。
浅間山が巨体をさらけ出している。 雲間から見え隠れしていた北アが晴れ上がる。高峰の山々、四阿山、根子岳も見える。八ヶ岳の上に甲斐駒、仙丈が見える。中アも見える。富士山も見える。燧ヶ岳や平ヶ岳も見える。谷川岳は低くて識別不能、同じく識別不能だか白砂山や苗場山も見えているのだろう。
重い足を引きずってもう一歩き、登山口から2時間40分を要して、とにかく山頂に達する。 昼食、思いっきりの大景観を満喫して帰路に着く。登ってきた道を戻ることにする。
帰路も登りかえしで何度も休む。最後の登り返しを超えてようやく安堵する。 14年前はひょいと日帰りした山だが、これほどにきついとは予想外、脚力の衰えを感じ、 岩井夫妻、今泉さんの協力あっての再訪と言うことをしみじみ感じた黒斑山だった。
下山後、小諸のホテルへ、温泉で足を延ばす。そば&よなよな地ビールで乾杯、明日に備える。夕闇が迫る空に金星が輝き、懐古園の夜景が秋を感じさせる。

9月28日(土) 19,000歩 520m 6.7km
今日も快晴、しかし大気は昨日に比べて濁って、ホテルから見える北ア方面には霞がかかっている。 朝食後7時45分ホテル発、途中コンビニに立ち寄って昼食を調達、8時半前には地蔵峠に着く。 身支度をして、湯の丸山へのゲレンデ登りから始まる。放牧の牛が牧草をはむのどかな光景だ。 浅間山方面に若干の雲があるが湯の丸山の方角は良く晴れている。 ゲレンデ上から道標が不明確で牧場の中に入り込む。GPSを頼りに進むと間もなくあずまやを見つけ、登山道に戻る。前方の湯ノ丸山が大きい。
ここから登り、昨日の疲れもあり、休み休みゆっくり登る。 あずまやから1時間、ようやく山頂標識が見えてきた。 今泉さんが足早に山頂に行く。突然「あっ」と声をあげる。 何事かと・・・しかし山頂に到達してすぐに分かった。 すべての北アが勢ぞろいして見える。大変な壮観だ。
しばらくエキサイトな山頂を楽しみ、北峰に向かう。 岩の塊の北峰を楽しんで南峰に戻り、北アを見ながら昼食をとる。 帰路は烏帽子岳分岐へ下る。300mを一気下り、昨日の疲れが出てきたか、なかなか鞍部が近づかない。よれよれとなった頃、傾斜が緩くなって烏帽子岳がはるか頭上に高くなる。
鞍部でしばし休憩、ここからは約2km、大きなアップダウンは無い。足に力が入らないからよれよれと歩いて、1時間、カラマツ林と白樺林が交互に入れ替わって雰囲気がとても良い。湿原を見るとやがて林道、地蔵峠の建物が見えてきた。
駐車場に帰着、無事と達成感をソフトクリームで祝う。 帰路は道の駅に立ち寄ってリンゴを買う。小諸ICからは順調、練馬出口で渋滞があったが無事荻窪まで岩井さんに送ってもらう。とても疲れたがみんなに引っ張られての黒斑山と湯ノ丸山再訪は素晴らしい の一言に尽きる2日間だった。


(登頂記録)
*山名:黒斑山(2404m) 湯ノ丸山南峰(2101m)北峰W△湯ノ丸山2099m
*年月日:2013年09月27日〜28日
*天候: 快晴
*行 程
9月27日 快晴 21,000歩 570m 6km
恵比寿  新 宿    荻 窪  谷 原  甘楽PA  佐久平PA  小諸IC
0607  0616/0621 0631/0635 0650  0750/0810 0845/0852   0905
 車坂峠   小休止  トーミの頭  黒斑山  トーミの頭  車坂峠  小諸ホテル 
0935/0945 1020/1025 1055/1105 1225/1300 1320/1330   1440/1455   1530
小諸グランドキャッスル(泊)TEL 0267-22-8000
ツイン1 シングル2 朝食付き ツイン11,660円 シングル6,430円

9月27日 快晴 19,000歩 520m 6.7km
小諸ホテル 地蔵峠   あずまや    小休止    南 峰   北 峰    南 峰
  0745    0825/0840  0855/0910 0950/0955 1015/1040 1050/1100 1107/1130
烏帽子分岐  地蔵峠  道の駅クルミの里  小諸IC  上里SA  三芳PA
1200/1215 1310/1350    1355/1420       1425   1515/1530 1615/1625
 荻窪駅    新 宿  恵比寿
1705/1714 1725/1734  1743