巻 機 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
六日町IC手前魚野川付近より巻機山 2001年09月23日 17:50 尾根コース六合目より天狗岩 2001年10月28日 06:50 尾根コース七合目より苗場山 2001年10月28日 07:30 前巻機山より巻機山 2001年10月28日 08:40
 魚野川付近より巻機山    六合目より天狗岩    七合目より苗場山    前巻機山より巻機山
前巻機山 2001年10月28日 08:40 御機屋より越後三山 2001年10月28日 09:15 御機屋より山頂・牛ヶ岳 2001年10月28日 10:10 山頂より割引岳 2001年10月28日 09:50 山頂より上越国境 2001年10月28日 09:50
 前巻機山         御機屋より越後三山   御機屋より山頂・牛ヶ岳  山頂より割引岳      山頂より上越国境
御機屋にて 2001年10月28日 108:15
上越国境にまたがる巻機山(1967m)は、たおやかな山容で山頂部に池塘を抱く名山でも知られている。 その花を求めて、また上越国境を一望出来る展望を求めて、そして百名山として高い人気を集めている。  (使用カメラ:Cannon EOS7、Sony DSC-P1)
2001年09月23日の越後駒ヶ岳の登頂後の帰路、関越道六日町ICと塩沢石打ICの中間地点で走行中に 撮った巻機山は夕闇迫る中でくっきりと豊かな山容のシルエットが浮かびあがっていた。
2001年10月28日、室井さんとともに前日より桜坂登山口に近い清水に前進、 二つ目玉の低気圧接近による天候悪化を予想して、4時45分には尾根コースをたどって、 巻機山山頂を目指した。五合目にてヘッドライトを消灯、7時に近くなる頃に六合目に達した。 幸い空は雲に覆われながらもすっかり明るくなっていた。 そして右側には割引岳(1931m ワリメキダケ−一等三角点)に達するヌクビ沢と 屹立する天狗岩が豪快な姿を現していた。
六合目から比較的緩やかな樹林の中の尾根道を進むこと30分、ガレ場の七合目物見平に到達した。 ここからは上越国境から遠く北アルプスまで望むことが出来る展望所だ。低い雲がたれ込めた当日、 上越国境は関東からあふれ出した低層雲のため、逆巻く雲の中にあったが、信越国境は見事に晴れ上がり、 とりわけ白砂、佐武流、苗場山、鳥甲山などが良く望め、遠く妙高・火打山がひときわ高くそびえていた。
七合目物見平からいよいよ前巻機山に向けて出発、樹林帯も抜けてガレ場の急登が始まる。 この間約1時間、強風の中の登山となった。前巻機山はニセ巻機山とも言うが、この山のために登山道からは 巻機山が隠されて見ることが出来ない。1861mの山頂からは正面に巻機山のたおやかな台地が広がり、 左側には形の良い割引岳を従えて、女性的な山岳風景を醸し出していた。
前巻機山から一旦50mほど下ったところに避難小屋がある。このあたりから池塘群が始まる。 そして巻機山の本峰に向けて一直線に登り詰める。 登り詰めたところが御機屋である。前巻機山から25分、 御機屋は巻機山の広い山頂部の一角で、ヌクビ沢登山道との合流点でもある。
そこには湧き上がる雲のためほとんどあきらめていた越後三山が眼前にあった。 駒ヶ岳(2003m)を中心に右に最高峰の中ノ岳(2085m)を、左に岩稜の八海山(1778m)従えての感動の再会でもあった。
巻機山の山頂部は実に広大である。どこが最高所なのか、よく分からぬまま右手の高い方角に向けて歩き出したが、 ものすごい強風で木道から放りだされるような状態に加えて、視界は最悪で数m先も見えない状態、 とにかく標識があるところを信じて歩くこと15分、突然標識があった。 しかし最高所とはほど遠く標識は国境の縦走路を示していて明らかに通り過ぎていることを示していた。 幸いガスが晴れてきて、すぐ上の笹藪がこんもりとした山頂らしき地形になっていた。
地図でチェック、すぐ上の盛り上がりは牛ヶ岳(1962m)であること、また通り過ぎてきた小高い盛り上がりが巻機山最高所 であることが分かった。直ちに引き返し木道から数m離れた盛り上がりがあったが、そこには立入禁止のロープが張ってあり、 しかも山頂標識らしきものは一切ない。
写真は山頂から御機屋まで戻ってきた時、往きには全くガスの中だった巻機山山頂(手前)と牛ヶ岳山頂(奥) を撮ったものである。
巻機山の広々した山頂部は一面の笹藪である。その広大な山頂部に隠されて割引岳も顔負けである。
巻機山の最高所付近では、今までのガスがにわかに後退し、登山中から姿を見せることの無かった上越国境が 悄然と姿を現した。巻機山から続く国境の稜線は米子頭山、柄沢山を経て朝日岳(1945m)へと続く。 さらに右には天神平を経て谷川岳、一ノ倉岳、茂倉岳と続く。 天神平から右は関東からの分厚い雲に隠されていてとうとう見ることが出来なかった。
風はますます強まり、ガスは山頂部を覆い始め、ついに雨が降ってきた時には、間もなく御機屋に戻り着くころだった。 強風の中、シャッターの音も聞き取れない状態で登山者に撮って貰ったが、 その完全武装ぶりからも悪天候が分かろうというものである。
御機屋から下山、避難小屋まで15分、小屋の中では食事中の登山者でごった返す。 かなり激しい雨と風で外では食事が出来ない。 11時半に出発、風雨にさらされながらの下山となったが、 樹林帯までの辛抱を何とか乗り切り、14時15分に桜坂に到着、 宿のそばがやたらに旨かった。満足の巻機山であった。

(登頂記録)
*山名:巻機山(1967m) 標高点
*年月日:2001年10月28日(日)
*天候: 曇り
*行 程
10月27日(土)
恵比寿発    石打塩沢IC   清水
1300(室井車)   1610      1710
(上田屋 @\7500 0257-82-3403) 
10月28日(日)
上田屋   桜坂駐車場   五合目    六合目    七合目見物平    前巻機山   
0400   0415/0445   0550/0610  0650/0655    0730/0740      0840/0850
避難小屋  御機屋    山 頂      御機屋   避難小屋    前巻機山
0900   0915/0925  0935/0955    1005/1015  1030/1127     1140    
七合目見物平   五合目   桜坂駐車場   上田屋(そば) 石打(入浴) 
1215/1225    1315/1330  1415/1435   1445/1520    1600/1650
湯沢IC 恵比寿着
1700    2140 1