越後駒ヶ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
枝折峠より越後駒ヶ岳 2001年09月23日 15:00 道行山手前よりご来光 2001年09月23日 05:40 明神山より荒沢岳 2001年09月23日 14:25 小倉山より越後駒ヶ岳 2001年09月23日 07:10 駒ノ小屋より越後駒ヶ岳山頂 2001年09月23日 09:35 越後駒ヶ岳山頂 2001年09月23日 09:35
 枝折峠より越後駒ヶ岳 道行山よりご来光    明神山より荒沢岳   小倉山より越後駒ヶ岳  駒ノ小屋より越後駒ヶ岳  越後駒ヶ岳山頂
越後駒ヶ岳山頂にて 2001年09月23日 09:45 越後駒ヶ岳山頂より富士山 2001年09月23日 10:00 越後駒ヶ岳より中ノ岳 2001年09月23日 10:00 越後駒ヶ岳より八海山 2001年09月23日 10:00 越後駒ヶ岳より巻機山 2001年09月23日 10:00 越後駒ヶ岳より燧・平ヶ岳 2001年09月23日 10:00
 越後駒ヶ岳山頂にて   山頂より富士山     山頂より中ノ岳      山頂より八海山     山頂より巻機山     山頂より燧・平ヶ岳 越後駒ヶ岳より燧・平ヶ岳 2001年09月23日 10:00

越後三山の盟主、越後駒ヶ岳(2003m 一等三角点)は、またの名を魚沼駒ヶ岳とも言う。標高こそ中ノ岳(2085m)に一歩譲るが、 その華麗な姿と山麓から盛り上がる大きな山容であるが故に百名山として人気を集めている。
2001年09月23日、この越後の名山を訪れようと、石森さん、室井さんとともに前日より湯ノ谷村に前進、 翌4時10分に国道352号線にある枝折峠(標高1065m)に上がった。 30台ほどの駐車場はすでに満杯、辛うじて最後の1台分に駐車、これから山頂まで5時間強にわたるロングな 登山に挑戦した。(使用カメラ:Sony DSC-P1、CANON EOS KISS D)
 一等三角点

この季節のこの時間ではまだ真っ暗で、枝折峠に至る随所で巨体を思うままに見せている越後駒ヶ岳も、 暗闇の中に黒々とシルエットを残していたが、従って写真は下山後に峠から捉えたものである。 遙かなる山頂まで7km、標高差938mの行程である。
4時35分登山開始、ヘッドライトを頼りに登ること1時間あまりでご来光を迎えた。 当日は抜けるような秋の視界に恵まれ、満天の星空は見る見る光を失い、 代わって好視界特有の澄んだだいだい色の光が東の空を染め始め、 やがて道行山(1298m)の手前で一条の光を迎えた。 下界を埋めたもやが白く浮き上がり、最も厳粛な時を刻んだ。
明神山(1236m)は登山口から40分ほどの小さな頂だ。往路では、ようやく薄明かりの中にシルエットとして見えていた 荒沢岳(1969m)だが、帰路には傾きかけた日を一杯に浴びて、さながら鷲が羽ばたく勇姿を見せて、小倉山(1378m)に至る 2時間あまりの風景の主役として登山者を楽しませてくれる。
小倉山(1378m)は登山口より2時間半、時間的中間点に当たる。ここからさらに緩い登りの稜線を1時間弱、百草ノ池に着く。 越後駒ヶ岳の全容を捉えるには、この小倉山あたりが最後になろう。これより前進すると次第に山頂部のみが強調されてくる。
雄大な山容は昇ったばかりの朝日に赤く照らされている。
急なガレ場を登ると駒ノ小屋がある。この付近から山頂部がよく見える。 ここからは山頂までもう一息である。山頂は狭く20畳くらいか?。 まだそれほどの登山者が登頂していたわけではないが混雑はこれからだろう。 標識や一等等三角点、記念撮影などを早く済ませて場所の確保、展望はそれからと相成った。
今年最初の秋の大気だが、とびきりの視界に恵まれた。北アルプスは勿論のこと、遠く朝日連峰以東岳までが展望され、 南には下津川山(1928m)があって、その右側に奥秩父の山々を見通す事が出来る。そしてその下津川山の山頂に 白く光る富士山を発見、驚異の視界に感嘆の声があがる。最北の富士山の実写は貴重な画像である。、
秋の乾燥した大気の中での、山頂からの展望は絶品である。 登頂者は去りがたく、山頂はどんどん混雑するばかりだが、 それでもみんなニコニコしている。やはり自然の賜物が何よりなのだ。
写真は、越後三山の最高峰の中ノ岳(2085m)、富士山を頂く下津川山(1928m)、上州武尊山(2158m)があり、 岩稜を頂く八海山(1778m)、上越国境の名山巻機山(1967m)、その巻機山の左上に見えているのが、 万太郎(1954m)、茂倉(1978m)、一ノ倉(1974m)、谷川岳(1977m)と続く上越国境の山々である。
山頂から東を見れば、背後に日光太郎山(2367m)などを従えた燧ヶ岳(2356m)を中心にして、 左には会津駒ヶ岳に連なる景観が開け、その手前には荒沢岳がそびえている。さらには那須茶臼岳、安達太良山、 磐梯山、吾妻連峰、蔵王連峰、飯豊連峰、朝日連峰以東岳と続き、その左側には日本海と佐渡が広がっている。 燧ヶ岳の右には奥白根山(2578m)、手前に上越国境の最高峰平ヶ岳(2141m)、 その右奥に皇海山(2144m)と続き、さらには尾瀬の名峰至仏山(2228m)がある。
360度の展望は北アルプスや頚城山塊の全貌が望めるが、北アルプスといえども展望の主役とは なり得ないほどの超遠望が利く視界であった。
山頂にとどまること1時間、足の踏み場も無くなるほどの混雑ぶりに、後続者に場所を譲って下山開始、 ゆっくりペースで4時間後には、枝折峠駐車場に無事帰還した。 そして枝折峠はすでにススキの穂が真っ白になって、秋風を登山者に告げていた。
(登頂記録)
*山名:越後駒ヶ岳(2003m)(魚沼駒ヶ岳)一等三角点(越駒ケ岳)
*年月日:2001年09月23日(日)
*天候: 快晴
*行 程
09月22日(土)
恵比寿発    小出IC  湯ノ谷温泉
1030(石森車)  1610    1700
(ペンション「DUKE」 @\8000 02579-5-2742) 
09月23日(日)
ペンション発   枝折峠    明神山   道行山    小倉山   
0340     0410/0435  0510/0515  0620/0625 0710/0720
百草の池    駒ノ小屋   越後駒山頂  駒ノ小屋  百草の池
0800/0810  0925/0935   0956/1055    1110   1155/1205    
小倉山  道行山     明神山   枝折峠   ペンション 
1235   1320/1330  1420/1430 1455/1510  1540(入浴)(そば屋)
小出IC 恵比寿着
1725    2250