皇 海 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
半月山駐車場より皇海山 11月下旬 09:45 天神平より皇海山 2000年10月02日 09:00 皇海橋より皇海山 2000年10月02日 06:30 皇海山頂 10月上旬 09:15
 半月山駐車場より皇海山        天神平より皇海山    皇海橋より皇海山    皇海山頂
 
皇海山は日光の連山の稜線上にある山で山群の南端に位置する。従って皇海橋へのルートは関越道沼田ICと なるが、近い展望となると奥白根山や半月山など日光連山からだろう。奥白根山登頂もガスの中 だったので、ここでは日光半月山山頂部にある駐車場と谷川岳天神平から見たピラミダルな山容を紹介する。
この山は西や南から見ると台形に見える。 ”スカイサン”と言う難読の山としても有名だが、山容が変わる山としても知られている。 その代表的な山容が谷川岳天神平からの山容だろう。
沼田ICから金精峠を目指して走ると吹割の滝の手前に皇海山入り口を示す小さな看板がある。 皇海山への林道入り口だが、この林道のお陰で奥深い皇海山も日帰り登山が可能になった。 しかしこの林道は地形が急峻なため崩落を起こし度々通行止めになると聞く。
悪路の林道を池澤車で走ること1時間、登山口の皇海橋に着く。
登山口から渓流に沿ってしばらく登ると、右に急登してまもなくコルに出る。 ここまでが大変迷いやすい。池澤さんの道案内が無ければたどり着いただろうか。 コルからは鋸山や皇海山が見える筈だが、ガスで見えない。 さらに山頂部に向けて急登、約2時間30分で山頂に立つ。 樹林の間から上越国境が展望される筈である。
とは言うものの、この日は小雨とガスの中の登山、皇海橋で瞬時にかいま見た皇海山の姿が最初で最後の山の景色 と言うことになった。

(登頂記録)
*山名:皇海山(2144m)二等三角点(皇海山)
*年月日:2000年10月02日(月)
*天候: 曇り
*行 程
沼田BH   皇海橋   不動沢のコル    山頂  不動沢のコル   皇海橋  沼田BH  沼田IC
 0500  0625/0635   0820/0835    0915/1000   1035    1220/1230  1400   1420