至 仏 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
尾瀬ヶ原より至仏山 1996年09月11日 10:15 山頂直下 2000年10月08日 08:30 山頂 2000年10月08日 08:45 山頂より尾瀬ヶ原と燧ヶ岳 2000年10月08日 08:45 山頂より平ヶ岳 2000年10月08日 08:45 山頂より会津駒ヶ岳 2000年10月08日 08:45
 尾瀬ヶ原より至仏山   山頂直下         至仏山頂       山頂より尾瀬ヶ原と燧ヶ岳 山頂より平ヶ岳     山頂より会津駒ヶ岳 山頂より越後三山 2000年10月08日 08:45 山頂より武尊山 2000年10月08日 08:45 山頂より富士山 2000年10月08日 08:45 山頂より妙高・火打山 2000年10月08日 08:45 山頂より奥白根山 2000年10月08日 08:45 山頂より皇海山 2000年10月08日 08:45
 山頂より越後三山   山頂より武尊山        山頂より富士山      山頂より妙高・火打山   山頂より奥白根山   山頂より皇海山
 
至仏山は下界から容易に見ることの出来ない山である。至近距離からとなると尾瀬ヶ原から見るのがよい。 至仏山へは鳩待峠から2時間強で登れる山である。小至仏山を過ぎるとまもなく至仏山山頂だ。 10月上旬の紅葉最盛期、しかもとびきりの展望のもと、大勢の登山者も気にならないほどだ。
至仏山頂は360度の大展望の山である。遠く妙高・火打山から、眼下に広がる尾瀬ヶ原の向こうにある燧ヶ岳まで 上信越国境の山々を一望出来る。
尾瀬ヶ原はときあたかも草紅葉でタイシャ色に輝き、去りゆく秋の一時の輝きを見せてくれている。 燧ヶ岳は東北の最高峰、右には遠く那須連山を、左にはすぐ近くの会津駒ヶ岳を従えて、悠然と尾瀬ヶ原の果てを仕切っている。
平ヶ岳と会津駒ヶ岳は至仏山からは最も近い百名山の2座だ。 いずれも山頂部が平で湿原を持つ美しい山たちだ。高速道路からの撮影には随分苦労した難視の山だが、 それがさりげなく手の届くところにあるのには驚きだ。
平ヶ岳の左には越後三山が静かに3つのピークを連ねてたたずんでいる。 右から駒ヶ岳、中ノ岳、少し離れて八海山と連なっている。
武尊山は至仏山の南に壁のように立ちはだかり、関東平野と北側の山岳地帯を隔絶している。 至仏山頂からは小至仏山の向こうに立ちはだかり、その向こうに富士山が見えている。
富士山は武尊山山頂部の左側に遙かに望むことが出来る。その距離は180km程度、この距離で遠望できる山は富士山を おいて無いであろう。
火打山と妙高山は苗場山の右上にひときわ高くそびえている。上信越国境の山々に比べて 遙かに遠い頚城の山々だが、それでも他の山々を圧倒している。写真の山塊の右側が火打山、左側が妙高山、 かすかにそれぞれの山容を伺い知ることが出来る。火打山は来週登る山、背後に先週登った皇海山 が見えている。
日光連山はすぐ隣の山塊、しかしここからは概ね逆光になり、濃いシルエットで見ることとなる。 奥白根山の左側には女峰山、太郎山などがひとかたまりになって見え、さらに男体山、奥白根山、錫ヶ岳、皇海山と シルエットは続く。
(登頂記録)
*山名:至仏(2228m)
*年月日:2000年10月08日(月)
*天候: 快晴のち曇
*行 程
10月08日(日)
 沼田BH  戸 倉   鳩待峠  小至仏   至仏山頂   鳩待峠   戸 倉  戸倉入浴   沼田IC
  0450 0535/0550 0610/0620  0805   0840/0920  1140/1150  1210  1310(昼食)   1500