苗 場 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
坪場より苗場山山頂 2001年08月20日 10:00 坪場より鳥兜山 2001年08月20日 07:20 苗場山山頂湿原にて 2001年08月20日 08:00 苗場山山頂 2001年08月20日 08:00 苗場山山頂標識と一等三角点 2000年10月08日 08:20
坪場より苗場山山頂    坪場より鳥兜山       苗場山山頂湿原       苗場山山頂         苗場山山頂標識
苗場山山頂湿原と佐武流山 2001年08月20日 08:20 平標山・仙ノ倉岳など上越国境の滝雲 2001年08月20日 08:20 清水峠など上越国境の滝雲 2001年08月20日 08:30 湿原に咲くチングルマの綿毛 2001年08月20日 08:00 湿原に咲くイワショウブ 2001年08月20日 08:00
 山頂湿原と佐武流山   上越国境の滝雲      上越国境の滝雲        チングルマの綿毛     イワショウブ

東京から見える最果ての山、山頂に湿原を抱くあこがれの苗場山(2145m)へ登頂する機会を得た。 メンバーは池沢さん始め、飛び入りの伊久間さんなど総勢4名、いずれも屈強なベテランばかりだ。 (使用カメラ CANON EOS KISS D  SONY DSC-P1)
ルートは小赤沢から3合目駐車場より山頂往復、そのため小赤沢には前日に入り、大型台風接近を気にしながらの、 早朝4時出発と相成った。 3合目駐車場から途中で朝食をとりながら歩くこと2時間強、目の前がパッと開けて山頂部の湿原の下端「坪場」にたどり着いた。 台風の風が入り込み、素晴らしい視界の中、見渡す限りの大湿原とそれを囲む上信越の山々に思わず息を飲む瞬間だった。
坪場から山頂までは、なだらかな傾斜の湿原に施設された木道を約50分登っていく。 広大な大湿原だ。広さからだけなら尾瀬や鬼怒沼もあるが、湿原のどこからでも周囲の山々が展望出来る所は他に類を見ないだろう。
山頂に至る途中に樹林帯があって、そこでいわば「上の湿原」「下の湿原」に分かれている。 むしろ「上の湿原」の方が遙かに広大だ。
写真は「上の湿原」から山頂に至る途上で撮ったもの、信越国境の山々から北ルプスに至る大展望がある。 中でも眼前の鳥甲山(2038m)は、そのピラミダルな山容からひときわ際だって見える。 その右に妙高、火打山など頚城の山々が遠望され、左上には白馬三山が悠然と控えている。
坪場から歩くこと50分、もっとも写真撮影の大脱線を繰り返しながらの50分は、 この季節でもまだ湿原一杯に咲き乱れるキンコウカやイワショウブ、そしてチングルマの綿毛の大群落、 オヤマリンドウなどの花々と周囲の山々の大展望を楽しみながらの漫歩でもあった。
山頂には山頂標識とその下に一等三角点があって、すぐ脇に山頂小屋の「遊仙閣」がある。 展望の無い質素なたたずまいだが、その山頂の一角をはずれるとすぐに大展望の大湿原がある。
山頂標識からほど近い、大展望の開けている所で登頂祝いのお酒盛り、だが広大な湿原の向こうに広がる山々の展望に追われて急がしい。 苗場山からもっとも近い山はこの佐武流山(2192m)、この山の全容を見ることが出来る所は限られている。 むしろ都内からが山容を見るには適しているか!? それほど奥が深い山だが、ここからはその全容をさらけ出している。 写真にはイワショウブの白やキンコウカの黄色が目立つ広大な湿原の向こうに、右に佐武流山、 左奥に白砂山(2140m)が見えている。 佐武流山の右には噴煙を上げる浅間山があって、さらに草津白根山、横手山、岩菅山など志賀高原の山々が間近に見えている。
目を左に転ずれば奥秩父の山々が遠望され、さらに富士山があるはずである。 この日は台風接近中、関東平野はその台風の前衛の雲で満たされ、富士山はおろか赤城山でさえ同定不能であった。 その関東平野の雲は、ここ上越国境で滝のように越後側に流れ落ち、壮大な滝雲を見ることが出来た。
写真の右手前は平標山、そしてその左が仙ノ倉岳(2026m)、その間に滝雲が現れ、 さらに万太郎岳(1954m)と谷川岳(1977m)の間にも大規模な滝雲が発生している。 写真奥のピークは奥白根山、右にある雲海に突き出たピラミダルな山容は皇海山である。
その左には至仏山と燧ヶ岳が並び立ち、会津駒ヶ岳、平ヶ岳と連なる稜線の下に、蓬峠から清水峠の 国境の鞍部から巻機山に至る鞍部に向かって関東平野からあふれ出した雲が滝雲となって 越後平野に落ち込んでいた。 写真の左側にはさらに越後駒ヶ岳などの越後三山、さらには遠く飯豊連峰まで見通せたがそんなことは年に何回あることか?
花一杯の大湿原、飯豊連峰や飛騨山脈の薬師岳・水晶岳・あるいは剱岳まで見通せる大展望、 こんな稀にみる絶好の条件に恵まれた山行きは年に1回あるだろうか。 池沢さんはじめ、メンバーの皆さんに感謝感謝の苗場山行きだった。
(登頂記録)
*山名:苗場山(2145m) 一等三角点(苗場山)
*年月日:2001年08月20日(月)
*天候: 快晴
*行 程
08月19日(日)
越後湯沢着(池澤車に合流) 魚沼スカイライン展望台に寄って秋山館
1141                                   1400 
伊久間さん到着1500 赤湯温泉へ入浴
08月20日(月)
秋山館  3合目   4合目   5合目(朝食) 6合目  7合目  8合目  坪場  
0400  0420/0430  0500    0500/0545   0615   0630   0650 0655/0715
山 頂     坪 場     4合目(昼食)  3合目   切明温泉 長野駅
0800/0910  0950/1020    1100/1120 1145/1155