平 ヶ 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <豪雨撤退へ> <登頂へ>

(豪雨撤退)



(林道終点)                      (五葉松より)                     (中ノ岐川の鉄砲水)

平ヶ岳(2141m)の非公開の短縮ルートがあることを聞き、そのルートを使うツアーに参加、 しかし寒冷前線の通過の直撃を受け、集中豪雨と落雷に襲われ、山頂を踏むことなく、 たまご石の20分手前から撤退、土壇場で中ノ岐川の鉄砲水に退路を断たれ、仮設の板を渡って無事下山した。
上越国境の最高峰、山頂部に池糖を頂く平ヶ岳の一般登山ルートは、 国道352号線の檜枝岐と奥只見湖の中間にある、鷹ノ巣登山口(840m)から延々6時間、 かなりの健脚コースとして定評がある。この登山口自体も関越道、東北道のいずれからも遠く、2泊を要する山である。 ことの善し悪しはともかく、私道終点から3時間で登頂出来るこのルートは、かって皇太子も利用したルートであり、 今は多くの百名山ハッカーがこの短縮ルートを使ってのツアーに参加している。 銀山平から国道352号線で30分、厳重に監視された私道のゲートから終点まで中ノ岐川に沿って40分、 標高1340mの林道終点には数台分の駐車場があって、そこが登山口になっている。中ノ岐川を渡るとすぐに急登が始まり、 そのまま直登して2時間余り、山頂部の池糖のある、たまご石に到達する。そこから池糖の中に施設してある木道を45分、 山頂に到達する---筈であった。
4時に伝ノ助小屋の仕立てるマイクロバスに乗り込み、5時10分に私道終点、雨が降り出しバスの中で朝食を済ませ、 雨支度で参加者21名全員で登山開始、次第に激しくなる雨は、バケツをひっくり返すような豪雨となり、登山道を滝のように あふれて流れた。そして雷、光ってから雷鳴までが1秒を切る激しい雷雨となって、たまご石まで 推定20分、標高1900m付近でついに撤退を余儀なくされた。
すべてがずぶ濡れ、被雷に備えて登山者間の距離を開け、ストックを仕舞い、滝壺のような登山道を滑りながら下山した。 対岸に見える山肌には普段現れることの無い滝が幾筋も現れ、雨のもの凄さを物語っていた。 そして駐車場を目前にして中ノ岐川でついに立ち往生、集中豪雨は中ノ岐川を鉄砲水に変えて逆巻く濁流と化していた。 小屋の従業員が上流の川幅の狭い箇所に板を渡して、そこまで川岸の岩をはい上がり、 藪を乗り越えて辿り着き、20cmの板の上を渡って、ようやく全員がバスへと辿り着いた。
私道の土砂崩れが心配されたが、数カ所の小さな土砂を強行突破。 リベンジの思いを残して自然の驚異を思い知らされた平ヶ岳撤退記録と相成った。

(2001年08月04日 08時30分〜10時30分 Sony DSC-P1)





























平 ヶ 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <豪雨撤退へ> <登頂へ>
 越後駒ヶ岳より平ヶ岳 2001年09月23日 10:00 Sony DSC-P1  たまご石 2002年07月28日 10:30 Sony DSC-P1  姫沼 2002年07月28日 10:00 Sony DSC-P1  三角点近傍より至仏山 2002年07月28日 09:10 Sony DSC-P1  たまご石より越後三山 2002年07月28日 10:40 Sony DSC-P1  三角点近傍より最高地点 2002年07月28日 09:30 Sony DSC-P1
越後駒ヶ岳より平ヶ岳    たまご石        姫 沼           三角点近傍より至仏山 たまご石より越後三山 三角点より最高地点
 三角点山頂にて 2002年07月28日 09:10 Sony DSC-P1
平ヶ岳(2141m)は上越国境の最高峰である。上越国境の山々の特徴である、平らな山頂を有して湿原を抱くが、 その山頂への道のりは大変遠い。
今回は旅行社のツアーにより、通常ルートとは異なる中ノ岐川を奥深く通ずる旧林道を遡って、林道終点より直登する短縮ルート を登った。旧林道は奥只見湖の集落の地権者によって管理され、伝ノ助小屋に宿泊する登山者だけが利用可能である。
越後駒ヶ岳からは燧ヶ岳や至仏山などとともに平ヶ岳が大変良く展望できる。 ここから見る平ヶ岳は中ノ岐川の沢筋が正面にあり、今回のルートが手に取るように見えている。 上越国境の山々からはどこからでも見える平ヶ岳であるが、越後駒ヶ岳から見る山容がその平らな山頂部と 急峻な登山ルートの特徴をよく表している。
参考までに反対側に相当する至仏山からの平ヶ岳を紹介しておく。
2002年7月28日、豪雨で撤退した昨年のリベンジを期して好天を祈ってのツアー参加、 前夜の奥只見湖では花火が登頂成功を祈って打ち上げられ、周囲の山々にコダマを残していた。
当日は4時に伝ノ助小屋を出発、上弦の月が濃いガスの合間から見え隠れしているうちに次第に明るくなり、 やがて周囲の山が黒々と見えてきた。 そして登山口へ、雲一つない快晴となり今日の登頂を約束してくれた。
五葉松での朝食を含めて急登を登り詰めること2時間半、 昨年の撤退地点を探しながらの登りだったが分からない。 登山道の傾斜が少なくなってようやく木道に出て山頂部に達すると、 木道は二手に分かれて右に行けばすぐにたまご石に到達する。
今回は帰りに寄ったが微妙なバランスによって立ったままのたまご型の岩の向こうには池糖が広がり、 その向こうに谷川連峰や巻機山などの上越国境から八海山、中ノ岳、越後駒ヶ岳などが一望できる大展望台でもあった。
たまご石の分岐から左へ行けば山頂へ、木道をしばらく進むと鷹ノ巣コースへの分岐に至る。 姫沼は山頂へ至る木道を標識に従って左へ折れるとすぐにある小さな池、と言うより大きな池糖だ。 この日は雨が少なく水位が下がっていて、水面に映し出される平ヶ岳、いわゆる「逆さ平ヶ岳」を見ることはかなわなかったが この風景は平ヶ岳山頂部の最高の見せ場と言うことが良く理解できる落ち着いた雰囲気を作りだしてくれる。
山頂の一角は姫沼から最後の山頂部を緩い木道で登ったところにある。 二等三角点があって山頂標識があって、2141mとある。 この山頂の手前が好展望の場所で正面に燧ヶ岳が大きく、その右には至仏山がある。
三角点のあるところは正式には2139.6mの三角点標高地点であって、 2141mの標識があるものの山頂ではない。2141mの山頂はここから200mほど先の360度遮るものの無い地点だ。
今回のツアーは何故かこの三角点のある場所止まりとなってしまった。団体だから勝手な行動は許されないが、好天にも拘わらず 山頂を目前にして行くことのないツアーは一体なんだったのだろうか?現地ガイドの山頂に対する定義の無知がそうさせているのだろうか? 旅行社の安易な時間管理がそのような結果を生みだしているのだろうか。折角の最高の山行きだっただけに惜しまれる結果ではある。
写真は今回ツアーに参加した石森さんと撮った山頂標識のある地点での証拠写真、足元にあるのが標高2139.6mの2等三角点である。
(登頂記録)
*山名:平ヶ岳(2141m) 二等三角点(2139.6m)
*年月日:2001年07月28日(日)
*天候: 快晴
*ツアー登山(20名)
*行 程
07月27日(土)
 池袋発 関越道和光IC  上里SA   小出道の駅 伝ノ助小屋 伝ノ助小屋泊
  0930    1025    1155/1245  1420/1435    1515
07月28日(日)
伝ノ助小屋発 中ノ岐林道終点  五葉松   たまご石分岐  山 頂  
   0400     0515/0530  0603/0630  0800/0810  0910/0930  
 姫 沼   たまご石  分岐   五葉松    登山口  伝ノ助小屋
1000/1010 1030/1040 1042 1154/1210   1235/1250 1410/1435
  ユピオ 小出IC  新座料金所 池袋 
1500/1600 1620    2027    2050