武 尊 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

沖武尊山頂 2001年5月20日09:45 山頂稜線 2001年5月20日10:15 山頂より至仏山 2001年5月20日10:15 山頂標識 2001年5月20日10:45 山頂にて 2001年5月20日10:45 残雪の山頂直下 2001年5月20日11:45
 沖武尊山頂      山頂稜線              山頂より至仏山    山頂標識        山頂にて        残雪の山頂直下 山頂の一等三角点 2001年5月20日11:45
 
  武尊山へ登頂を試みたのは5月20日、武尊神社から林道を入り手小屋沢避難小屋を経て、沖武尊山頂(2158m)へ立った。
メンバーは玄梅さん、池澤さん、伊久間さんらの大ベテランをはじめ総勢7名、全員が武尊神社に集合した。
この登山口からのルートは武尊の北西側で残雪も多く、手小屋沢避難小屋を過ぎて急登にさしかかる頃には、 全く地面を見ることのない残雪の登山となった。 ベテラン達が懸命にステップを切り、それを頼りに一歩ずつ、滑落しないよう慎重に登り詰めていった。 鎖場を過ぎてハイマツ帯に入ると稜線に達し、ここからは雪も解けて目の前に沖武尊の山頂が姿を現すこととなる。
 一等三角点

最後の急登を黙々と登っていくと、そこに山頂があった。
武尊山の山頂は360度の大展望、さすがに一等三角点の山頂である。 ここ沖武尊山(2158m)は武尊山の山頂部を形成する稜線の中での最高峰、ここから南西に向けて中ノ岳(2144m)、 家ノ串(2103m)、前武尊(2040m)と続き、右には剣ヶ峰山(2020m)が連なっている。
眺望は素晴らしく快晴に恵まれた山頂からは至仏山、笠ヶ岳を始め、燧ヶ岳、平ヶ岳、会津駒ヶ岳、 越後三山、西には上越国境の山々から苗場山、南には赤城、東には日光の山々が綿々と見えている。 視界が良ければ至仏山の180度反対方向に富士山も見えるはずであることは至仏山頂で実証済みである。
武尊山頂には大変立派な山頂標識がある。 標識の向こうには至仏や燧ヶ岳や会津駒ヶ岳など尾瀬の山並みが綿々と連なっている。
山頂は広々していて、それぞれのパーテイが、そこここで昼食、山菜鍋をみんなでつついての団らんのひとときでもあった。
(登頂記録)
*山名:武尊山(2158m)一等三角点(武尊山)
*年月日:2001年05月20日(日)
*天候: 晴れ
*行 程
沼田BH 武尊神社駐車場 登山口手前 登山口   手小屋沢避難小屋  山 頂
 0440    0545/0550    0605    0620       0738       1000/1110
登山口手前 駐車場着  宝川温泉  水上IC 赤城高原SA  恵比寿
  1410    1420    1515/1610  1645  1700/1730   2110