谷 川 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
天神平より谷川岳 2001年07月07日 09:00 トマノ耳よりオキノ耳 2001年07月07日 10:30 オキノ耳よりトマノ耳 2001年07月07日 11:20 肩ノ小屋より仙ノ倉・平標山 2001年07月07日 10:15 トマノ耳より中ノ岳・朝日岳・平ヶ岳・会津駒ヶ岳 2001年07月07日 11:30 オキノ耳より燧ヶ岳・至仏山 2001年07月07日 11:30
天神平より谷川岳    トマノ耳よりオキノ耳  オキノ耳よりトマノ耳  肩ノ小屋より仙ノ倉・平標山  トマノ耳より平ヶ岳   オキノ耳より燧ヶ岳
オキノ耳より赤城山 2001年07月07日 11:20 トマノ耳 2001年07月07日 11:00 オキノ耳 2001年07月07日 11:30 西黒尾根 1957年10月20日 撮影データ不明
 オキノ耳より赤城山                                         トマノ耳         オキノ耳    1957年の西黒尾根

上越国境の谷川岳には早くからスキーが楽しめる天神平スキー場がある。 スキーシーズン外もここにあるゴンドラリフトやリフトは運転しており、以前は土合駅からまるまる登った谷川岳も、 今は天神平から山頂まで2時間20分の行程となった。
標高1310m天神平へは、水上ICから40分でロープウェイ乗り場に着く。 この先の一ノ倉沢までは一走りである。撮影スポットとして余りにも有名な一の倉沢は、 徹夜のアマチュアカメラマンが大勢入り込んでおり、駐車スペースがすぐに一杯になる。
さて天神平はその北側に谷川岳が立ちはだかり、手前のピークのトマノ耳と向こう側のピークのオキノ耳が姿よく 見えている。そして東側には朝日岳や白毛門が谷川岳と対峙するように そびえ立っている。
標高1310mの天神平から、小綺麗な熊穴沢ノ頭避難小屋までは樹林帯中の緩やかな勾配の登山道を行き、 約45分で着く。下草にはゴゼンタチバナやマイズルソウ、それにギンリョウソウが多い。
そこからは勾配が急になり、山頂部の肩の小屋までほとんど直登、岩場や鎖場が多いが、整備が行き届いている。 1時間30分ほどの行程の間、マナイタグラのピラミダルなピークが見事な山容を見せる。上越国境の山々が次第にせり上がり、 それが登山中に手に取るように展望できる。
肩ノ小屋からトマノ耳(1963m)までは5分、緩やかな稜線を登り詰める。このあたりからヨツバシオガマやハクサンチドリが美しい。 トマノ耳は群馬側に大きく切れ込んで、マチガ沢がオキノ耳との間から落ち込んでいる。 山頂からは360度の大展望が欲しいままに開ける。奥にあるのがもう一方のピークのオキノ耳(1977m)、向こうに 一の倉岳(1974m)、そして最高峰の茂倉岳(1978m)へ連なる谷川連峰の稜線が続く。 そしてオキノ耳の右側に巻機山が見えている。
双耳峰のもう片方のピークであるオキノ耳まではゆっくり歩いて20分、この稜線の右側はマチガ沢で 鋭く落ち込んでいる。しかし標高2000mに近い稜線付近は色とりどりの花が咲き乱れていて、どうしても「ゆっくり」 してしまう。 オキノ耳の左側は一ノ倉沢でこれも足元から切れ込んで、遙かに駐車場まで見ることが出来る。
オキノ耳は標高1977m、国土地理院の公式データによっても、ここが谷川岳の山頂とされている。 ガイドブックの多くは、トマノ耳の山頂標識が「谷川岳(1963m)」、オキノ耳の山頂標識が「谷川岳(1977m) オキノ耳」と書いてあることから、トマノ耳をもって谷川岳としているものが多いが、谷川岳の最高峰は、 オキの耳から北側に連なる茂倉岳(1978m)である。
この写真のトマノ耳の向こう側には子持山や小野子山、その子持山の左には長々とシルエットとなって群馬の名山赤城山がある。 左端の最高峰が黒桧山、中央の丸い山頂が地蔵岳である。
肩ノ小屋は西南側に向けて素晴らしい展望が開ける。 谷川岳から西に伸びる稜線は万太郎岳、仙ノ倉岳、平標山と続き、その右側に独特の風貌の苗場山が見える。 そして澄んだ視界のもと、平標山と苗場山の間に白馬三山が残雪を頂いて見えている。
仙ノ倉岳の左奥は佐武流山、そして重なるように岩菅山があって、さらに白砂山、横手山、四阿山、浅間山へと 綿々と上信越国境の山々が連なっている。
文字通り谷川岳は上信越国境のど真ん中にあることを実感する。
西側に目を転じると多彩な上越国境の山々が連なっている。 谷川岳に相対峙している朝日岳(1945m)や白毛門は、谷川岳より標高が低いせいか、 その上に上越国境の山々が見えている。
朝日岳の左には中ノ岳、右には平ヶ岳、その右に遠く会津駒ヶ岳、そして景鶴山の三角の山容に続いて 尾瀬の名山燧ヶ岳、至仏山、笠ヶ岳などの尾瀬の山々があって、 この右側に奥白根山から武尊山、皇海山、赤城山と続く連なりが見えている。
トマノ耳とオキノ耳の山頂にはそれぞれ山頂標識があり、「谷川岳山頂」 とある。それぞれに「トマノ耳」「オキノ耳」としてある。 オキの耳の山頂標識の左側に見えているピークが谷川連峰最高峰の茂倉岳(1978m)で、 オキの耳より標高が1m高い。
44年ぶりに再訪の谷川岳は大展望、そして大勢の登山者に迎えられた。

44年前の1957年10月20日、すでに山頂には1mほどの積雪があり、ここ西黒尾根は滑りやすく、岩場の急登 の連続でスリップ転落の危険にさらされながら山頂を極め、すべてがガスに覆われて、その景観を見るのに 実に半世紀を要した。

(登頂記録)

*山名:谷川岳トマノ耳(1963m)、オキノ耳(1977m)
*年月日:2001年07月07日(土)
*天候: 快晴
*行 程
 恵比寿  赤城高原SA ロープウェイ乗り場 天神平  避難小屋    天狗ノ泊まり場
 0455    0700     0730/0745       0800  0835/0845     0920/0930
肩ノ小屋  トマノ耳(1963m)  オキノ耳(1977m) トマノ耳  肩ノ小屋  避難小屋
1010/1020  1025/1055     1115/1135    1150   1155/1200  1300/1305
 天神平 ロープウェイ乗り場 谷川温泉   水上IC 恵比寿
1345/1415  1430/1445    1515/1600   1700  2030