両 神 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <両神山初訪> <両神山再訪> <両神山再再訪>
宝登山頂より両神山 1月下旬 10:30 産泰尾根から剣ヶ峰 2001年5月26日 09:05 剣ヶ峰山頂 2001年5月26日 10:30 剣ヶ峰山頂のミツバツツジ 2001年5月26日 11:00 剣ヶ峰山頂から山頂尾根 2001年5月26日 10:40
 宝登山頂より両神山    産泰尾根から剣ヶ峰    剣ヶ峰山頂        山頂のミツバツツジ    剣ヶ峰山頂から山頂尾根
 
  蝋梅で知られる宝登山は両神山を展望するには絶好の場所である。 ここから見ると両神山の山頂部左側が剣ヶ峰、右側が西岳に当たり、 その間の山頂稜線の険しさがよく分かる。
両神山へは関越道花園ICから国道140号線で皆野へ、そこから国道299号線で小鹿野へ入り、そこからさらに両神村 を通って日向大谷登山口に達する。寄居から皆野までバイパスが出来たので東京から2時間半弱で行けるようになり、 東京から日帰りが可能となった。
今までメインだった白井差登山口は国と地権者の話し合いが決裂して閉鎖されたままなので、 両神山へは現在ここ日向大谷か八丁峠から入山するしかない。
日向大谷から薄川の渓流に沿って、水音と鳥の鳴き声を聞きながら渡渉を繰り返して高度を上げていき、 2時間ほどで清滝小屋に着く。そこから10分ほど急登すると産泰尾根に達し、ようやく両神山剣ヶ峰山頂が見えてくる。
産泰尾根からいよいよ鎖場が連続する。そして産泰尾根から35分、両神神社本社がある。 「狛犬」が「狛オオカミ」で、オオカミ信仰だったことが分かる。
ここから先は至る所にロープが張ってあり立入禁止、地権者の土地の中であることを知る。その土地を通過しないよう、 すぐ脇に新しい登山道がつけられていて、まだ不安定な道を気をつけながらトラバースしていく。 そしてすぐ脇を誰もいない整備された歩きやすい登山道がロープの向こうにある。
異常な状態を目の当たりにしながら、一寸した最後の岩場を越えると山頂にヒョッコリ出る。 山頂は狭く、2等三角点があってその脇に1723mの山頂の標識がある。 岩がごろごろ折り重なって、2名が立てる程度の最高部がある。 この写真は最高部を我が身の身長を利用して撮ったもの、向こう側に山頂の標識が見えている。
清滝小屋から山頂にかけて所々に咲いているミツバツツジを山頂でも見かけた。 ちょうど見頃の時期と聞く。期待に違わず見事な花を咲かせていて、下草も一面に咲き揃っていた。
剣ヶ峰山頂からの展望は、若干の樹木があるものの、どの方角にも開けていて、まあまあだろうか。 ただしこの日は早めに訪れそうな梅雨の晴れ間のような蒸し暑い高湿度の陽気のため、 山頂にいても風もなく涼しくもない。晴れてはいるものの遠望はない。 その代わり近景が新緑で美しい。 中でも北西に伸びる両神山の山頂稜線の緑滴る山並みが見事に、もやを背景として浮かび上がっている。
(登頂記録−初訪)
*山名:両神山(1723m)二等三角点(両神山)
*年月日:2001年12月16日(日)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  花園IC 日向大谷登山口  合所  弘法井戸 清滝小屋  産体尾根
0400    0605    0705/0715    0755   0910   0927/0940  1000  
 両神神社   山 頂    両神神社   産体尾根  清滝小屋  弘法井戸
1040/1045  1125/1210  1240/1245  1305/1310  1320/1335  1340
合所  日向大谷登山口 花園IC 恵比寿
1440    1505/1525   1650   1910






















両神山再訪−展望を求めて

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <両神山初訪> <両神山再訪> <両神山再再訪>
剣ヶ峰山頂 2001年12月16日 11:30 剣ヶ峰山頂 2001年5月26日 11:30 展望を求めての再訪単独登頂は、シーズンも終わっての静かな山歩き、その全行程を一人も会うことなく 山頂に至った。しかし山頂にあったものは同じ思いの暖かい人の出合であった。
数人のパーテイが下山準備、急いで「両神山のてっぺん」でシャッターを押して貰った。 そのパーテイが下山していった後に座った三角点の近くでは、3人組のパーテイに仲間入り、 さらに後続の3人組の別パーテイが我々の宴会に合流、見知らぬ人たちが、登頂という共通の目的を果たした 満足感からすっかりうち解けた山頂ならではの空間であった。 迂闊なことに昼食を車に置き忘れ、食べ物が無かったのでお陰で昼食にありつけた。
 剣ヶ峰山頂        剣ヶ峰山頂 剣ヶ峰山頂より富士山 2001年12月16日 11:30 剣ヶ峰山頂より奥秩父の山々 2001年12月16日 11:30 剣ヶ峰山頂より八ヶ岳 2001年12月16日 11:30 剣ヶ峰山頂より浅間山 2001年12月16日 11:30
剣ヶ峰山頂より富士山 剣ヶ峰山頂より奥秩父の山々         剣ヶ峰山頂より八ヶ岳          剣ヶ峰山頂より浅間山
 
  5月の初登頂の両神山は視界が悪く、両神山の主稜線以外の展望は望めなかった。 そこで奥秩父の西端が雪に覆われた冬晴れの12月、展望を求めて再び日向大谷登山口から山頂に参上した。
山頂から見たものは360度の大展望だった。秩父の前衛に当たる武甲山や大持山の向こうに連なる奥秩父の主稜線は、 雲取山から始まり、その間から見える富士山が左下に笠取山を右下に燕山を土台にそびえ、 雁坂嶺から破風山、甲武信三山、山頂を白く覆われた金峰山、そして甲斐駒から八ヶ岳、 この間に遠く北アルプスを望み、さらに浅間山から上越国境を経て赤城山まで驚きの展望であった。 とりわけ、ここからの展望は奥秩父の主稜線、両神山が主稜線から外れているため、 その長大な山脈の全容蛾見えていて、まさに圧巻である。

(登頂記録−再訪)

*山名:両神山(1723m)二等三角点(両神山)
*年月日:2001年12月16日(日)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  花園IC 日向大谷登山口  合所  弘法井戸   清滝小屋  産体尾根
0455   0605    0705/0715    0755   0910    0927/0940   1000  
 両神神社    山 頂    両神神社    産体尾根   清滝小屋 弘法井戸
1040/1045  1125/1210   1240/1245  1305/1310 1320/1335  1340
合所  日向大谷登山口 花園IC 恵比寿
1440    1505/1525   1650  1910






















両神山再訪−紅葉を訪ねて

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <両神山初訪> <両神山再訪> <両神山再再訪>
秋の奥秩父を歩いて3週目、紅葉を追って両神山へ、日曜日とあって多くの登山者と共に歩く暖かな一日だった。 累積標高差1500m、歩程14km、急登あり、鎖場あり、徒渉あり、の変化に富んだ登り甲斐のある両神山である。
(使用カメラ CANON IXY 900IS) (左図はGPSによる軌跡)
日向大谷登山口の夜明け 06:21 ここから登山開始 06:23 沢に沿って清滝小屋へ登り詰める 07:43 弘法の井戸 もうすぐ清滝小屋 08:43 清滝小屋に着く 09:00 急登を登り詰めて産体尾根に着く 09:36
 日向大谷の夜明け   登山開始         清滝小屋へ        弘法の井戸       清滝小屋         産体尾根に 産体尾根から両神山 09:36 最初の岩場を通過 09:44 最後の岩場 ここが一番厳しい 10:20 手前の両神神社 10:20 奥の両神神社 10:28 両神神社の狛狼 10:28
 産体尾根から両神山  最初の岩場を通過   3ヶ所目の岩場      手前の両神神社     奥の両神神社      両神神社の狛狼 山頂まであと僅か 10:42 山頂直下 11:04 狭い山頂は大賑わい 11:12 盛りを過ぎた山頂の紅葉 11:10 山頂にて 11:09 山頂より八ヶ岳 11:08
 山頂近し          山頂直下         大賑わいの山頂    盛りを過ぎた紅葉    山頂にて          山頂より八ヶ岳 山頂の三角点 11:38 両神山の岩稜 11:39 山頂を振り返る 11:42 のぞきを覗く 12:17 のぞきの下は紅葉真っ盛り 12:17 登山口へ無事戻る 15:26
 三角点          両神山の岩稜       山頂を振り返る     のぞきを覗く     のぞきの下は紅葉真っ盛り 登山口へ無事戻る
 
両神山へは3回目である。初回、2回目ともに2001年に単独登頂を行っているが、 今回はかって八丁トンネルから登頂した池澤さんと日向大谷登山口から両神山の1日を楽しんだ。
日が短いので前日に秩父に入り、当日早朝は両神村役場(現小鹿野町両神支庁)駐車場にて池澤さんと合流し、 日向大谷の登山口へ向かった。日曜日とあって駐車場はすでに多くの車で混雑し、有料の両神山荘 の駐車場に車を止めた頃には夜が明けて朝日を迎える所だった。
沢に沿って徒渉をくり返しながら登ること2時間半、6年前に比べて急に感じる。 ようやく清滝小屋に着く。そこからいよいよ急登すると産体尾根に達し、 紅葉の中に両神山剣ヶ峰山頂が見えてくる。 紅葉はこの付近がピークで、山頂付近は冬支度である。
産体尾根からも急登である。鎖場が連続する。渋滞する鎖場を越えると両神神社本社に達する。 ここにある「狛犬」は「狛狼」で、両神村一帯が狼信仰だったことを裏付ける。
かって出来たばかりの新道はすっかり整備され、歩きやすくなっていて6年の歳月を感じさせる。
最後の岩場のピークに取り付くところで道を間違える。テープで誘導しているが間違いやすい所に テープが結ばれている。最後の岩場を越えると山頂にヒョッコリ出る。 狭い山頂は20人ほどの登山者がいて大混雑だ。
見渡す限り冬支度の木々が見える。視界は中程度、奥秩父の山並みや八ヶ岳が見えていた。 山頂で隙間を見つけて昼食、混雑で落ち着かない。 食べ終わってすぐに下山開始する。両神神社まで下って、ザックを置いて「のぞき」に行く。 白井差の方へ5分ほど下った所に断崖絶壁があって、下の紅葉が実に見事である。 あまりもの断崖で近づくことが出来ない。登りは10分を要する。
鎖場を下って清滝小屋で休む。
ここからが長い下りである。 のんびり歩きながら、登り始めて8時間後に無事登山口に着く。
この日は美の山で泊まり、池澤さんとの語らいと翌日のゴルフに備える。
(登頂記録−再訪)
*山名:両神山(1723m)二等三角点(両神山)
*年月日:2007年11月04日(日)
*天候: 晴れ
*行 程
11月03日(土)
恵比寿 関越入り口  三芳PA  嵐山PA  花園IC  秩 父
1345    1425   1435/1438 1503/1507 1515    1555  ルートイン泊     

11月04日(日)
秩 父  両神支所  日向大谷登山口 休(970m)  八海山  弘法井戸  清滝小屋
 0510  0540/0550  0610/0620   0620/0630   0801  0840/0845  0855/0915
産体尾根   両神神社  山 頂  両神神社   のぞき    両神神社
0935/0940  1020/1030 1105/1135  1205   1210/1215  1225/1230
産体尾根  清滝小屋   休(1120m) 登山口駐車場  美の山
1300    1317/1330   1350/1400  1527/1540    1750   美の山憩いの村泊

11月05日(月)
美の山   大麻生     恵比寿
0540  0630(ゴルフ)1510  1730