白髪岩−原三角測点

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<白髪岩原三角測点> <赤久縄山> <稲含山> <御荷鉾山> <御荷鉾山・オドケ山> <白髪岩原三角測点再訪>

(御荷鉾の山々−白髪岩 原三角点)



白髪岩(1512m)原三角点は、大三角測量図から推測され、2001年5月に 天野若男氏 よって現地にて発見された。現場に放置されていた雲取山山頂や米山山頂に次いで 3カ所目の発見だが、白髪岩のそれは明治13年設置当時の手つかずの状態で発見された。
池澤重幸氏は発見の情報を得ると2001年6月24日に現地を確認し、 三角点研究家の上西勝也氏を案内しようと言うことになっていた。 その後私の怪我で中断したが、今年になってようやく実現しての白髪岩行きであった。
雨の降りしきるあいにくの天気となったが、東京から上西氏を案内して本庄駅にて池澤氏と合流、 さらに飯島さんとおっしゃる原三角点既訪者も出迎えてくれた。 上西氏が白髪岩に行くに当たって情報を貰うためコンタクトしたもので、 わざわざ出迎えてくれたとの話を伺った。

(白髪岩へのルート) 本庄からは池澤さんの車で万場町役場の先の八幡神社の脇から御荷舗林道に入り、 赤久縄山西側登山口を過ぎてさらに走ると左にヘアピンカーブして目の前に通行止めの柵がある。 ここが峠になっているが杖植峠まで1km弱である。目印は通行止めの柵があることである。 そのその曲がり鼻の右側に3台程度の駐車スペースがあるのでここに車を止めた。
駐車スペースから右斜面を登る。登山道はよく探さないと登山口が見あたらない。 標識もない。右側の急斜面を木に捕まりながら直登(100mくらい)すると尾根筋に出る。 そこで踏み跡が出てくる。しっかりした踏み跡でこれが稲含山への登山道である。
黄色のテープを追いかけながら直進してアップダウンを続ける。 うっかり間違えるととんでもない方へ行ってしまう。この日もテープを見失って、 10分ほど行って引き返して、分岐で間違えたことを知った。 直進すべきところを踏み跡がしっかりしている左に曲がってしまったのだ。 しばらく黄色テープに沿って進み、緩やかに登り緩やかに下り、やがて「正面白髪岩」と書いてある 小さな標識が木に取り付けてある場所に出る。正面に岩場が見え、この岩場の向こうが白髪岩の山頂である。
標識から左へは稲含山への登山道が続いている。こちらも歩かれていないので踏み跡が判然としない。 標識方向は登山道が無い上に、岩を越えなければならないので、 ここは稲含山登山道に沿って、右に白髪岩の山頂部を見ながら進んだ。 およそ岩を通り過ぎたあたりから登山道から外れて右の山頂へと藪を直登する。 山頂までは100m位だが、大した急斜面ではなく、浅い藪である。

(山頂の様子) 山頂は少し広くなっていて、原三角点と三角点のようなもの(正確には現役三角点のたぐい)がある。 登山口からおよそ1.5km位、約1時間程度だ。 山頂は薄く樹林に囲まれているが 第一発見者の天野若男氏のwebサイト にあるような展望が望めるという。
現役三角点があると言うことは以前からここに原三角点があったことが 土地の人たちには知られていたことを意味する。 しかしそれがなんだか分からないまま放置されていたと思われる。 本庄駅に出迎えてくれた飯島さんは土地の人たちの話から、 これが大三角点地図上に現れた予想ポイントと一致することから現地に行って確認したのだと、 上西氏が解説してくれた。
昨夜降ったと思われる雪が一部に残っているが今は雨だ。 雨具を付けて藪の中を進んだため暑くなった。 特に迷って引き返す登りでは汗びっしょりとなってしまった。

(原三角点の様子) 山頂に立って目に飛び込んできたものはやはり原三角点である。 台石が苔むして、明治に設置された当時そのままに荘厳な印象を受ける。 今の三角点と違って大きな台形をしていて目立つ。
寸法は高さ60cm、上面が15cm角、下面が25cm角の台形で、台石は60cm角、高さ10cm である。
北面には「原三角測測点」、東面には「明治15年1月」、西面には「内務省地理局」 とある。私はしばらく写真を撮ったり寸法を測ったりの上西氏の執念を見ていた。
近くの木に公式に確認したという「関八州大三角測量之遺」 「日本土地家屋調査士会連合会 群馬土地家屋調査士会」とあり、 この標石が何であるか、そして「平成14年6月4日現認」との木の看板ある。 山頂は富士山が見えるこの山系の最西端だと言うことで、またアカヤシオがきれいなところだと言うことは、 先の天野氏のHPが示している。

そして全員去りがたい思いを残しながら雨の山頂を下りた。

関連webサイト松村さんの三角点写真館

(白髪岩 2003年11月29日11時15分 Sony DSC-P1)

(登頂記録)
*山名:白髪岩(1512m) 原三角点 赤久縄山(1522m) 一等三角点(赤久縄)
*年月日:2003年11月29日(土)
*天候: 雨
*行 程
恵比寿   池 袋    赤 羽    本 庄    白髪岩登山口  白髪岩      駐車場 
0559   0617/0622 0630/0639 0758/0805     1000/1010  1105/1125    1200/1210 
赤久縄西登山口  赤久縄山    登山口   行田雷電社    小 山    池 袋   恵比寿
 1228/1230    1245/1258   1309/1335  1620/1630   1810/1911  2027/2036  2049


























御荷鉾の山々−赤久縄山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<白髪岩原三角測点> <赤久縄山> <稲含山> <御荷鉾山> <御荷鉾山・オドケ山> <白髪岩原三角測点再訪>

(赤久縄山)



赤久縄山(1522m)は都内からもよく見える山で、 恵比寿からは奥武蔵の低い山々の向こう側に見えている。
しかし実際に行くとなると近い割にはアプローチに時間がかかる。 関越道本庄児玉ICから国道462号線に入り、万場町から御荷鉾林道にはいることは前ページの白髪岩 にある通りである。この間登山口までたっぷり2時間を要する。都内から約4時間を要し上越国境 大差ない時間を要する。
登山口は随所にあるが、今回は白髪岩登頂の帰りに立ち寄ったため、 もっとも手軽な西側登山口に車を止めた。 山頂まではここから緩い登りで400m、空身で登ったせいか山頂は僅か15分のところにある。
ここが御荷鉾山系の最高峰であるとは思えないほどあっけない山頂である。 山頂は広い大地になっており、樹林に囲まれていて展望は無く、一等三角点が山頂中央に埋設されている。 ここに一等三角点が埋設されたために白髪岩の原三角点が保存されたと言われている。
当日はガスと小雨の中で展望など到底望める状態ではなかったが、 冬枯れの樹間からは周囲の山が望めそうな様子である。

(赤久縄山 2003年11月29日 12時10分  Sony DSC-P1)

(登頂記録)
*山名:白髪岩(1512m) 原三角点 赤久縄山(1522m) 一等三角点(赤久縄)
*年月日:2003年11月29日(土)
*天候: 雨
*行 程
恵比寿   池 袋    赤 羽    本 庄    白髪岩登山口  白髪岩      駐車場 
0559   0617/0622 0630/0639 0758/0805     1000/1010  1105/1125    1200/1210 
赤久縄西登山口  赤久縄山    登山口   行田雷電社    小 山    池 袋   恵比寿
 1228/1230    1245/1258   1309/1335  1620/1630   1810/1911  2027/2036  2049
























御荷鉾の山々−稲含山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<白髪岩原三角測点> <赤久縄山> <稲含山> <御荷鉾山> <御荷鉾山・オドケ山> <白髪岩原三角測点再訪>

(稲 含 山)

稲包山は御荷鉾山系の中程に位置し、山頂は樹林が無く360度の大展望が得られる事で知られている。 また山麓の生活道路が中腹まで伸びて、駐車場から山頂まで最短40分と手近なこともこの山を有名にしている。
今回は池澤さんとともに12月13日に荒船山に登った翌日、手軽なこの山に登り展望を楽しむことにして、下仁田の宿から 出発、鳥居の下にある鳥井峠の駐車場に駐車、冬晴れの快晴の中を山頂に向かった。
使用カメラ:Canon IXY 500D




山頂からの360度の展望写真

上段左より
(鳥井峠駐車場下より稲含山 14日11時31分) (鳥井峠 14日11時19分) (鳥井峠登山口 14日08時51分) (山頂直下の稲含神社 14日10時45分) (山頂にて 14日10時02分)
中段左より
(山頂より御座山 14日10時47分) (山頂より荒船山 14日10時15分) (山頂より浅間山・浅間隠山 14日10時15分) (山頂より赤城山 14日10時15分) (山頂より筑波山 14日10時15分)
下段
(左 山頂より 南〜東側展望 14日10時15分) (右 山頂より西〜北側展望 14日10時15分)

稲含山は荒船山に比べて長野県境からかなり群馬県に入り込んでいる。 にもかかわらず積雪が10cmほどに達し、太平洋側の影響下にある地域もすっぽりと冠雪している。 鳥井峠駐車場も真っ白に雪に覆われおり、ここからの国境方面の展望が素晴らしい。 眼前にそそり立つ稲含山が大きい。ここからは標高差約300mほどである。 林道を登って10分大きな鳥居とすぐそばにUHVの送電線が目に入る。
危険個所は無いが少し急な登山道を30分ほど登り詰めると稲含神社がある。 その左側は山頂ピークである。
ここまでの樹林が嘘のように360度の大展望が開ける。 季節風が強い筈だが、山頂は無風でポカポカと暖かい。気温は0度を超えているものと思われる。 西に御座山が目に付き、八ヶ岳が半分雪雲に隠されている。 昨日登頂した荒船山上事に見えている。その北側は北アがあるはずだが今日は雪雲の中である。 そしてさらに北に目をやると浅間山から草津白根・志賀高原の山々があり、 浅間隠山や鼻曲山がよく見えている。 妙義・榛名・赤城など上州の名山が続いて、遠くに筑波山が見える。南側は御荷鉾山系が続く。 西御荷鉾山から赤久縄山、そして白髪山、白髪岩と眼前に迫る。

山頂で展望を堪能して下山、藤岡PAにて昼食を採り談笑、池澤さんからの素晴らしいXmasプレゼントは 記憶に残る雪山登山となった。


(登頂記録)
*山名:12月13日 荒船山(1423m)二等三角点(荒船山)     12月14日 稲含山(1370m) 三等三角点(稲含)
*年月日:2005年12月13日(火)〜14日(水)
*天候: 晴時々雪
*行 程
12月13日(火) 荒船山

恵比寿  新座料金所 甘楽PA  下仁田IC   内山峠P  休 憩 
0610    0650    0744/0748 0858/0800 0915/0925 1035/1043
 昼 食    展望所   山 頂   展望所   内山峠P  下仁田泊
1140/1200 1205/1210 1250/1307 1350/1400 1540/1545  1620

常磐館Tel 0274-82-2216

12月14日(水) 稲含山
下仁田  鳥 居P   山 頂   鳥居P   下仁田  下仁田IC
0810  0840/0850 1000/1035 1115/1122 1150/1203  1210 
 藤岡PA   三芳PA 恵比寿
1230/1330 1420/1430 1530
























御荷鉾の山々−御荷鉾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<白髪岩原三角測点> <赤久縄山> <稲含山> <御荷鉾山> <御荷鉾山・オドケ山> <白髪岩原三角測点再訪>
御荷鉾山は都内では池袋付以北から、関越道からは西側の秩父の山が切れてくる寄居PA付近から見えてくる。 御荷鉾山系の東端に位置し、山容は東西御荷鉾山からなる二つのコニーデ型で大変目立つ山である。 写真は藤岡PA付近から撮ったもので、このあたりから赤久縄山など御荷鉾山系の全容がよく見えるところである。

(藤岡JCT付近 11月下旬07時10分 135mm F8 1/250)


2005年12月28日、積雪のないことを見定めた上、年間52回目の山行につき合ってくれた池澤さんとともに、 御荷鉾山に向かった。本庄ICで集合、国道462号線を走り、万場からゴルフ場の上にあるスーパー林道にでて、 西御荷鉾山登山口に至る。本庄ICから役55km、1時間30分を要する。
西御荷鉾山まではここから30分、これを往復して車で投石峠に移動、路肩に2〜3台程度のスペースがあるのを利用して 駐車、東御荷鉾山まで50分、これを往復、帰路は石神峠を経て鬼石に出て462号線に戻った。
季節風が強く、稜線に出ると肌を刺す冷たい風が容赦なく吹き付け、前進の意欲を阻むほどであったが、視界は最高、 奥秩父、八ヶ岳、西上州の山々がくっきりと一望され、反面浅間山、赤城山まで雪雲に覆われて季節風の強さを伺わせていた。

西御荷鉾山登山口 09:14 西荷鉾山山頂 09:49 西荷鉾山山頂より甲武信三山と両神山 09:52 西荷鉾山山頂より浅間山09:54 西荷鉾山山頂 09:54
 西御荷鉾山登山口      西荷鉾山山頂         甲武信三山と両神山     浅間山              西荷鉾山山頂 西荷鉾山山頂より稲含山と荒船山 09:56 西荷鉾山中腹より八ヶ岳 10:10 東荷鉾山山頂 11:47 東荷鉾山山頂より城峰山 笠山 12:27 東荷鉾山山頂より西御荷鉾山 12:49
 稲含山と荒船山       西荷鉾山中腹より八ヶ岳   東荷鉾山山頂          城峰山・笠山        東荷鉾山より西御荷鉾山  

西御荷鉾山1286m、東御荷鉾山1258m、いずれも二等三角点のある山頂である。 西御荷鉾山の西にはオドケ山1191mがあって、言い伝えによればこの三座を以て「三株山」 と称したと言う。それで「ミカボ山」なのかと納得が半分いく。後の半分は何故このような読みにくい 当て字を選んだのか分からない。
スーパー林道の開通はこの山を一気に散策の山と化してしまった。 東御荷鉾山でさえ50分、西御荷鉾山では35分、オドケ山に至っては15分、さらにこの山域の最高峰である 赤久縄山は10分強と超手軽な山となってしまった。
この山域は標高が低いので大方は樹林の山頂であるが、要所要所に好展望の場所があって、 中でも稲含山は360度の大展望、東西西御荷鉾山も南北に開けて好展望が得られ、赤久縄山が樹林に阻まれる。 白髪岩の岩場からはこの山域随一の展望が開けていると言われている。
当日は道路の若干の凍結があったものの支障にはならず、山肌もこの標高では所々に残雪を残すのみだったが、 標高の高い赤久縄山を始め、両神、奥秩父、荒船など周囲の山々はことごとく雪に覆われており、 季節風の冷たさが一層寒々とした風景を感じさせていた。


(登頂記録)
*年月日:2005年12月28日(水)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  新座料金所 本庄IC  西御荷鉾登山口 西御荷鉾山
0600     0640   0730/0732  0900/0915   0950/1006
 登山口P  投石峠P  東御荷鉾山 投石峠P   本庄IC
1035/1040 1050/1054 1145/1220  1305/1315   1430
 寄居PA  恵比寿  
1435/1500  1640
























「御荷鉾山・オドケ山」 車窓展望の山旅 2007年第7回

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<白髪岩原三角測点> <赤久縄山> <稲含山> <御荷鉾山> <御荷鉾山・オドケ山> <白髪岩原三角測点再訪>
朝日旅行主催の「西上州のランドマーク御荷鉾山・赤久縄山」車窓展望の山旅 2007年第7回」は、 17名の参加を得て11月16に実施されました。
今回は前日の現地情報により御荷鉾林道の塩沢峠より西側の未舗装部分の崩落が激しく、 赤久縄山へのルートは困難なため、塩沢峠の手前にあるオドケ山に変更することとして 朝日旅行から前日に参加者に予定変更の了解を頂いた上での出発となりました。  (左図はGPSによるトラック)
西御荷鉾山登山口駐車場に到着 11:42 駐車場にて準備体操 11:42 登山口から山頂を目指す 11:55 急な登山道 12:10 あと300mと書いた標識 12:16 山頂から城峰山方向 11:43
 西御荷鉾駐車場     駐車場で準備体操   登山開始        急な登山道        あと300mと書いた標識  山頂から城峰山 山頂から北側の眺め 12:53 広い山頂風景 13:06 山頂にて記念写真 13:09 登山口にある巨大な鉾 13:35 登山口駐車場より赤久縄山 13:35 オドケ山登山口よりオドケ山 13:48
山頂から北側の眺め   広い山頂風景      山頂にて記念写真   登山口にある巨大な鉾  駐車場より赤久縄山  登山口よりオドケ山 オドケ山山頂に到着 14:11 オドケ山山頂標識 14:11 オドケ山山頂より西御荷鉾山と東御荷鉾山 14:23 登山道周囲の紅葉が美しい 14:24 最盛期の紅葉 14:33 みかぼ高原荘で入浴 15:41
 オドケ山山頂       オドケ山山頂標識    東西御荷鉾山      登山道周囲の紅葉   最盛期の紅葉      みかぼ高原荘で入浴

このところ秋晴れが続く毎日でしたが、当日は雲が低くたれ込み、展望が危ぶまれました。 しかし北上するにつれて車窓から榛名山や赤城山が遠望されるようになり、雲も薄くなって妙義山や浅間山もうっすら見えてきました。
本庄児玉ICで関越道を降りて、神流川を遡って走る内に紅葉が最盛期となって鮮やかに彩り車窓を楽しませてくれました。 道の駅「上州おこし」で休憩して、そのまま西御荷鉾山登山口の駐車場に向かいました。
細い林道を登りつめて駐車場に着いたのが3時間後の11時40分、 この山系はアクセスも悪く、また東京からも時間がかかる事を実感します。
準備体操をして急な山道を登ります。カラマツを始め木々の紅葉が美しく映えていましたが、 1100mを過ぎてからはにわかに木々が葉を落とし冬景色に変わりました。 丁度秋から冬への境目を越えたようでした。
山頂まで200m強の標高差、35分で登り詰めると広々として展望の良い山頂に着きました。 山頂の手前や奥には祠や碑があり、中央に二等三角点と山頂標識があります。 思ったより好展望で浅間山が雲間からうっすらとあって、鼻曲山や浅間隠山、 子持山、小野子山などが見えていて、荒船山や手前には稲含山もありました。 南側には武甲山、双子山などが、また両神山の堂々とした姿が印象的でした。
幸い風も無く、薄日が漏れてきて周囲の冬景色にも拘わらず暖かな山頂でした。 ここで思い思いの場所に陣取り昼食を採りました。 昼食後展望解説、そして集合写真を撮って下山にかかりました。
落ち葉が積もるほどにあって、急下降ですから足元に注意しながらの慎重な下山でした。 駐車場に戻ってバスに乗り込み、すぐにオドケ山駐車場に向かいました。 2〜3台程度の駐車スペースだけがあってオドケ山の標識も無いところですが、 オドケ山が見えていたので下車しました。 丸いピークが樹間から見えていますが標高差は100m以上あるようです。
ジグザグの登山道を15分ほど登るとオドケ山の山頂に着きました。 2ヶ所に祠があって小さな山頂標識がありました。 葉が落ちた樹間から西御荷鉾山と東御荷鉾山がよく見えました。 しばらく休んで下山、途中での紅葉がとても見事でした。
みかぼ高原荘にて入浴、そして林道を下りました。 予想以上に紅葉が美しく、とても得をした感がありました。
本庄ICまで1時間半、日がとっぷり暮れて来ましたが夕闇の中にシルエットで御荷鉾山がくっきりと見えていました。 池袋着19時、予定より1時間強遅れましたが、充実した御荷鉾山への山旅となりました。
参加者の皆さんの山への思い、とりわけリピーターの方々、添乗員、バスの運行者、 これらの全てがあってのツアーの成功だったと実感しています。皆さんに熱くお礼を申し上げます。 次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。

(登頂記録)
*山名:西御荷鉾山(1286m)二等三角点(西御荷鉾) オドケ山(1191m)
*年月日:2007年11月16日(金)
*天候: 薄曇り
*行 程
恵比寿  池 袋   三芳PA  上州おこし  西御荷鉾登山口P
0711  0728/0810 0900/0915  1025/1035   1140/1150
西御荷鉾山  登山口P オドケ山P オドケ山  オドケ山P みかぼ高原荘 
1225/1310  1330/1340 1347   1410/1415 1435/1440  1450/1540
本庄IC  三芳PA   池 袋   恵比寿  
1707  1745/1800  1900/1910  1926

(注)朝日旅行主催「2007年第7回 車窓展望の山旅「西上州のランドマーク御荷鉾山・赤久縄山」参加者17名 添乗員2名 講師:伊藤

























白髪岩−原三角測点(再訪)

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<白髪岩原三角測点> <赤久縄山> <稲含山> <御荷鉾山> <御荷鉾山・オドケ山> <白髪岩原三角測点再訪>

(御荷鉾の山々−白髪岩 原三角測点再訪)

9年ぶりに白髪岩を再訪した。11月に訪問した伊久間さんから、原三角測点を訪問訪しないかとのお誘いを受け、思わぬ再訪が実現した。 天気を選んでの白髪岩行きだったが、当日の朝になって天気予報が覆り、晴れていた空がにわかに曇り、吹雪の洗礼を受けることとなった。
当日は高崎から上信電鉄で上州福島に出て、そこで伊久間さんの出迎えを受けて御荷鉾山系への林道に向かった。
  (歩程 3.3km 累積標高差 300m 歩数 13,000歩)
上信電鉄 08:13 白髪岩 09:38 白髪岩登山口 09:46 笹尾根を歩く 10:02 白髪岩山頂直下 10:22 白髪岩原三角測点 10:30
   上信電鉄          白髪岩         白髪岩登山口      笹尾根を歩く      白髪岩山頂直下    白髪岩原三角測点
 原三角測点の説明板  10:32 白髪岩原三角測点正面
  10:41 白髪岩原三角測点刻印図  伊久間さん撮影提供 10:48 30分ほどで数センチの積雪 11:31 晴れ上がって見えてきた東・西御荷鉾山 12:19
 原三角測点の説明板   原三角測点(正面) 原三角測点刻印図   原三角測点にて     数センチの積雪     東・西御荷鉾山 

上信電鉄に乗るのは初めてである。朝晩はほぼ30分毎に走っているが、日中は1時間に一本、スイカはもちろん、券売機も無く、バス同様に車内で支払、運賃はびっくりするほど高く、ローカル私鉄の苦戦が伺える。
上州福島駅に伊久間さんの車に乗り込む。甘楽の”歴史地区”を通る。整備中だが城下町の雰囲気が漂う。 那須地区から御荷鉾林道へ、青空に映えた紅葉が美しい。
稜線を走る林道の途中で大きな牡鹿が前を横切った。一瞬クマかと身構える。 左右の樹木はすっかり冬景色だ。 赤久縄山や白髪岩が目に入るようになる。南面の展望もよく見える。
しばらく走ると白髪岩登山口だ。2〜3台程の駐車スペースがある。前回もここに車を止めた。 
登山支度をしていると、にわかに空が曇ってきて風鼻が舞ってきた。天気の急変に驚く。
道は登山道とはいえ、踏み跡のような状態だ。だた前回よりも随分と踏み固められている。
最初の急登を登りきると笹尾根が続く。西から吹きつける風が強く、小雪とともに頬を冷やす。 零下5度、まあまあ想定内の気温だが風が強い。アップダウンを繰り返し、最後の岩場を登りきると山頂部に出る。 好展望の個所では濃いガスで何も見えない。間もなく前方に原三角測点が見えてくる。9年ぶりに見る姿だ。
写真を撮る。
一息ついたところで気が付いたら雪が激しくなってきた。 この付近の風鼻は珍しくないが本格的な雪はまともではない。 とにかくゆっくりする間もなく下山することにした。 雪は見る見るうちに積もっていく。スリップしやすくなってきたので慎重に歩く。横殴りの風が頬に突きささる。吹雪の中を歩いているようだ。 30分後、かれこれ数センチ積もったか。急降下すると駐車スペースに出る。やれやれ。 <BR> 綺麗に雪化粧した道路を走る。赤久縄山登山口を過ぎるころから晴れあがってくる。天気の変わりように改めて驚く。 東・西御荷鉾山がよく見える。浅間山、鼻曲山、榛名山などもよく見える。 ラジオが榛名山に初冠雪を告げている。
那須地区でそば屋に入る。とても美味しいそばだった。地元で取れた新そばだった。
上州福島駅で伊久間さんと別れる。いつものことながら感謝しきり。 高崎からは時間的なご利益の少ない新幹線を避けて、在来特急「草津32号」に乗る。 思わぬ”吹雪”のため早くに帰り着いた。

(登頂記録)
*山名:白髪岩(1512m) 原三角測点 
*年月日:2012年12月01日(土)
*天候: 晴/雪
*行 程
恵比寿   東 京    高 崎  上州福島
 0629  0651/0708 0808/0814 0844/0850
 登山口   白髪岩   登山口    那須(そば) 上州福島
0945/0955 1030/1050 1130/1140 1230/1300  1335/1348
 高 崎    赤 羽    池 袋   恵比寿
1418/1444 1600/1605 1614/1619   1635