武 甲 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <初訪へ> <展望の山旅へ次へ>

(武甲山−宝登山頂より武甲山)

武甲山(1295m)は秩父の名山である。しかし全山石灰岩の山のため、西の伊吹山と同様、石灰の採掘のために山容が 大きく変わってしまった山でもある。それでも奥武蔵から秩父にかけての秩父の前衛の山々にあって突出した高さを誇り、 秩父市の市街地に近いことから、登山者にも大変親しまれている。
その武甲山に行く途中にある長瀞のすぐ近く、北側に宝登山がある。 ロープウェイで500m足らずの山頂まで運んでくれる。 その山頂から見た武甲山(1295m)は南の空にひときわ際だって秀麗な山容を見せている。

(宝登山頂  1月下旬10時30分 150mm F11/500)


(武甲山−山頂風景)

武甲山(1295m)は都内からもよく見える山、都内から登山口まで約2時間、2時間登山の手頃な足慣らしの山とあって、 丹沢・箱根方面とともに冬の日溜まりを求めて登るには格好の山と言われている。 その武甲山へは関越道花園ICから140号線へ、秩父市内で飯能方面299号線へ、生川交差点にて右折、 石灰採掘場の中を通過して、まもなく御岳神社の二ノ鳥居がある。この先に車止めがあるので、 この付近にある駐車スペース(数台)に停めた。 鱒の釣り堀場を通ってまもなく生川登山口、良く整備された杉の植林の中を、石仏が示す四丁目から始まる 標識を追って登ること2時間、山頂に近い「武甲の肩」にでる。

「武甲の肩」は西からの登山道や大持山からの縦走路が合流するところでもあり、山頂まで10分のところでもある。(写真中央左) 南に開けて大持山・小持山(写真左)、さらには南に続く秩父前衛の山々が見える。そしてその奥には奥秩父の種稜線が あって、雲取山、飛竜、笠取などがあって雁坂、甲武信三山へと続く。 そんな日溜まりのベンチのあるこの場所は食事場として絶好のところにある。

さて山頂だが、武甲の肩からすぐ上にある御岳神社本殿をお参りして、裏側に金網が張ってあるところがある。 金網の開いているところに「第一展望台」とあり、その右の方には「第二展望谷」と言う標識がある。 とにかく入ってみる。しかし金網の真ん中には入れない。この中のこんもりとした場所が一見して山頂と分かる。 多分そこに2等三角点”武甲山”があるのであろうか。簡単なことでは侵入できそうもないのが残念だ。 三角点を訪座している池澤さんから早速メールを頂いた。 曰く”1999年3月28日同じルートで訪座、山頂のフェンスの中には標石が見当たらない。フェンスを一巡すると鐘撞堂の上部に標石を発見、 古くて移転されたような標石である。という記録が残っていて、山頂の裏側の一段低い傾斜面です。” と言うお話だ。こちら探求心不足により恥ずかしい次第、池澤さんの調査に感謝します。   
展望台は第一、第二とも北に面し、足元からえぐられて眼下にショベルカーやブルト−ザーが盛んに石灰を採掘している。 山容を変えた元凶が眼下にある。その向こうにこの石灰で栄えた秩父市の全貌が望める。(写真右)北の地平線には 右から日光、谷川・苗場・佐武流・白砂・志賀・横手・四阿・浅間と続く上信越国境が白く雪を頂いている。 そして北アルプスも雲間から覗いている。左には両神山が近い。(写真中央右)その左に白い八ヶ岳があって甲武信三山へと続く。 いやいや、これだけの展望があればなかなかのものだ。やはり名に聞く展望の山である。 写真は展望台からの両神山と秩父市内、立入禁止の山頂から3m直下の地点からである。

(写真左 武甲の肩 2001年12月01日 11時00分  Sony DSC-P1)    (写真中央左 武甲の肩 2001年12月01日 11時40分  Sony DSC-P1)
(写真中央右 山頂 2001年12月01日 10時30分  Sony DSC-P1)    (写真右 山頂 2001年12月01日 10時30分  Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:武甲山(1295m)二等三角点(武甲山)
*年月日:2001年12月01日(土)
*天候: 晴
*行 程
恵比寿  花園IC  生川Pスペース  生川登山口 武甲山の肩    山 頂   武甲山の肩       
0550    0720    0800/0810    0840      1020    1030/1040  1050/1140 
生川登山口 生川Pスペース 正丸峠経由−鶴ヶ島IC−恵比寿
1255     1310/1320         (食事)      1900


















武 甲 山  展望の山旅 2006年第9回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <初訪へ> <展望の山旅へ次へ>
展望の山旅2006年第9回は、奥武蔵の名山の武甲山である。好天に恵まれたツアーの参加者は29名、合計33名の 和気藹々の雰囲気の中の山旅となった。
武甲山の標高は、国土地理院H14/11/8発表の資料によれば、 「武甲山は明治33年に山頂部に設置された二等三角点「武甲山」の高さ1,336mを山の標高としてきた。 しかし大正・昭和初期から石灰石の採掘が進み、山頂部が削り取られることとなったため、昭和52年に三角点を採掘予定区域外へ 移転し、以降はこの三角点の高さ1,295mを武甲山の標高値としてきた。 この度山頂部の採掘が一段落したため、改めて三角点周辺を調査したところ、 三角点より西へ約25m離れた地点で、標高1,304mが得られた。 これにより新しい武甲山の最高地点は、これまでより9m高い値となる」とある。

左の写真は2006年01月24日(火)13:24 宝登山山頂から撮った武甲山、図はGPSによるトラックである。
(使用カメラ CANON IXY 500D)
生川登山口手前から武甲山を望む 09:33 生川登山口手前の大型車通行止め地点で降りて準備体操 09:45 左の写真の地点から望む武甲山山頂 09:45 歩き始めて1時間強、登山道にある不動滝 10:53 不動滝を過ぎて・・・ 10:54 大杉の広場 杉の巨木は1本 広場になっていて格好の昼食場 ここから山頂まで50分 11:32
生川より武甲山      準備体操          登山口手前よろ武甲山   不動滝    登山道を行く        大杉の広場
大杉の広場の杉の巨木 11:32 登り始めて3時間 山頂が目の前 12:46 第一展望所の山岳表示板 盤がクルクル回る! 12:47 笠山 堂平 丸山を望む 12:53 二子山を望む 13:09 二等三角点「武甲山と」山頂 山頂は金網で囲まれている 崩落で危険個所か? 13:12
杉の巨木    山頂に到達        表示板は”回転式”!   笠山・堂平山方面     二子山方面         三角点と山頂
橋立への下山中の紅葉 13:52 橋立へ下山 13:59 山肌の紅葉 14:08 橋立登山口 10:45 マイカー駐車場 14:58 橋立鍾乳洞 バスはここから100m 15:39
 山肌の紅葉       橋立へ下山       山肌の紅葉        橋立登山口        マイカー駐車場      橋立鍾乳洞

武甲山は公共乗り物のアクセスが悪く、行き辛い山に数えられる。 200名山にも数えられ、メジャーな山で知られながら、バスツアーでも登山口までの道路は大型バスでは手前でストップされ、 生川側では約15分、橋立側では約30分のマイカー進入路を歩かされることとなる。
今回はその生川から橋立鍾乳洞までの東西の登山道を貫いて縦走したが、整備された登山道とはいえ標高差往路900m、 復路1000mを越え、12kmの歩程は登り甲斐のある武甲山となった。
しかし29名の参加者と3名の添乗員、田代先生と合計33名の隊列は、随分と足も鍛えられて遅れる人も無く、全員が”ケロッ”と 歩き通した。
当日は朝から快晴で、車窓展望では富士山も見ることが出来たが、若干のもやのため群馬・上越国境方面の山々は 姿を現さずもっぱら行き先の奥武蔵の山々を楽しんだ。
セメント工場を過ぎて一の鳥居への道路が狭くなるところで大型バスはストップ、ここで準備体操をして登山口へ向う。 登山道は整備され、急登もなく、緩やかな勾配をいつまでも登っていった。 紅葉は?と期待したが植林のため広葉樹が少なく、所々にある空間の近傍で盛りを過ぎた僅かな紅葉を見ることが出来た。
歩き始めて3時間、昼食時間を抜けば2時間半、初訪の所要時間に比べて30分余計にかかっている。 展望所からは雲がたれ込めていたが、曇り空ながら奥武蔵の山々から両神山などが見えていた。 初訪時には見つけることが出来なかった二等三角点(武甲山)は山頂直下の目立たない斜面にあり、 素通りしそうであった。
帰路は橋立登山口(長者屋敷の頭)へ、こちらの方が距離も長く標高差も大きい。 そこそこの急下降を繰り返しながら、休憩を1回、登山口まで1時間半で到達し、 さらに橋立鍾乳洞まで30分で踏破して、かっての展望の山旅では考えられない”健脚ぶり”を示した。 バスは渋滞のため池袋まで3時間半、池袋にて開催した恒例の忘年会では参加者の殆どが参加して、一層の盛り上がりを見せた。 昨年の盛り上がりではオフの会の発足の原動力となり、それが田代先生のサポーターとなって、ここまで盛り上がりを 見せることとなったものと思われるが、来年は藤本先生の新たなキャラクターによる「展望の山旅」が開始され、 その隆盛を期待したいものである。
山頂で集合写真(田代先生提供) 13:10


(登頂記録)

*山名:武甲山(1304m 測定点)U△(武甲山1295m)
*年月日:2006年11月18日(土)
*天候: 晴→曇
*行 程
恵比寿+++池 袋=== 三芳PA===狭山日高IC===芦ヶ久保道の駅===生川駐車場・・・一の鳥居・・・大杉の広場・・分 岐・・・       
0618  0635/0700 0757/0805    0830     0909/0925     0945/0955   1010/1015 1130/1200  1242
第一展望所・・・第二展望所・・・分 岐・・・・小休止・・・橋立登山口・・・橋立鍾乳洞・・・橋立駐車場===
1250/1305   1302/1312 1315/1330 1422/1430   1457     1530/1545   1550/1555
 高坂SA=== 池袋西口++++ 恵比寿  
1730/1745   1920(忘年会) 2330   

(注) 朝日旅行「田代先生の展望の山旅」「奥武蔵の盟主 武甲山」
   参加者29名  田代先生 Iさん 添乗員1名