鍋 倉 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(鍋 倉 山)

野尻湖に近い斑尾山から津南にかけての信越国境は1000mを少し越える山脈が連なっている。 そのほぼ中央部にあるのが鍋倉山、近くを国境越えの道路が関田峠を通っている。
このあたりは日本有数の豪雪地帯で、20km強m南の斑尾山が新緑のシーズンを迎える5月連休でも 2mを越す残雪が山を覆っている。 鍋倉山は関田峠から1時間強で山頂に達する事が出来ることと山腹にはブナの巨木があることから この山系はメジャーな山として人気がある。
5月連休後半、伊久間さんのお誘いで、まだ雪深い鍋倉山とブナの巨木を見ようと出かけた。 道路はまだ麓の温井で閉鎖され、山腹までシャトルバスが運行されていたので、これを使って900m地点まで行き、 そこからは残雪の上を沢に沿って登り詰めて山頂に達し、さらにブナの巨木へ、そして780m地点の車道に下りシャトルバスを 待った。

(温井にて)

残雪の温井から仰ぎ見た鍋倉山は全山雪に覆われ、春未だ遠しの感がある。反対側には野沢温泉の 毛無山が見えていた。
(使用カメラはCanon IXY500D Pモード)

 (温井にて 2005年05月07日10時07分)
 (温井にて 2005年05月07日10時11分)

(鍋倉山中腹)

関田峠への道路は積雪のため通行止め、しかしシャトルバスがおよそ標高 900mの中腹まで運行されていた。(往復500円)  ここから沢に沿って残雪の上を山頂目指して登っていった。 ブナの新芽を覆っていた殻が一面残雪を赤く染めていて春の訪れを告げている。

 (鍋倉中腹P 2005年05月07日10時20分)
 (鍋倉山中腹 2005年05月07日10時44分)

(鍋倉山鞍部から山頂へ)

残雪を登り詰めること1時間、急登となると間もなく黒倉山と鍋倉山の鞍部にでた。 鍋倉山の山頂がそこに見えている、反対側には黒倉山があってその向こうに関田峠がある。 鞍部から山頂まで15分、広い山頂だが雪に覆われのっぺりした感じである。 三角点と祠があるが残雪に半分埋もれている。東側は開けて西側は樹木に覆われている。
 (鞍部にて 2005年05月07日11時40分)
 (山頂にて 2005年05月07日12時00分)

(山頂からブナの巨木へ)

ガスがかかってきた山頂には地元ガイドとスキーヤーが一人ずつ、 同じシャトルバスに乗り合わせた人たちだ。記念写真を撮って貰って下山、 ブナの巨木へ向けて広いスキーゲレンデのような地形を下っていった。 登りと同様中腹に留まる冷気が寒い。

 (山頂にて 2005年05月07日12時00分 伊久間氏提供)
 (山腹にて 2005年05月07日12時23分)

(ブナの熱気)

ブナの木の周囲は全て溶けている。ブナの木の持つ熱のためだ。 僅かな温度差だろうがその大きなエネルギーと活力を感ずる。  (中腹にて 2005年05月07日13時00分)
中腹に深いへこみのような谷がある。その一帯のブナ巨木群がある。 その中でひときわ大きいブナを「森太郎」と呼んでいる。そしてすらっとした 巨木を森姫と呼んでいる。しかし標識があるわけでもなく、夏道でも整備が十分でなく ガイドが必要とのこと、むしろ自然が保たれて良いのかも知れない。 森太郎のどっしりとした風格、森姫の貴婦人的な風貌は見るものを魅了する。
ここでカメラの電池切れ!以下の写真を伊久間さんに提供頂いた。
 (左 森太郎 2005年05月07日12時040)  (左中 森太郎 2005年05月07日12時40分)
 (右中 森姫 2005年05月07日12時52分)  (右 森姫 2005年05月07日12時53分)


(登頂記録)

*山名:鍋倉山(1279m)U△黒倉
*年月日:2005年05月07日(土)
*天候: 晴れ
*行 程
恵比寿  東 京   長 野    温 井  鍋倉中腹
0555  0617/0624 0807/0810 0925/1000 1020/1030
 鞍 部    山 頂   森太郎 森 姫   車 道   温 井
1135/1140 1156/1215  1240  1252  1320/1330 1340/1347
 富 倉    長 野    大 宮  恵比寿
1430/1500 1625/1649 1809/1813  1853