三舟山・鹿野山と標石探訪の旅

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <鹿野山春日峰へ>
冬晴れの厳寒の1月中旬、新年山行(標石探訪)を木更津起点で秋村さん企画により行った。 標石探訪・・・その種類は三角点を始め子午線標、電子基準点、菱形基線測点、、 道路元標、里程標などなど多岐に亘った。
 (左図はGPSによる行程)  (使用カメラ:CANON IXY 900IS)
波岡村道路元標 01/13 10:35 波岡村道路元標 01/13 10:35 E氏宅裏山の子午線標1(小糸)1/13 11:10 ヒョウタン池 01/13 11:25 ヒョウタン池先子午線標3(小糸) 01/13 11:32 ヒョウタン池先子午線標2(小糸)より鹿野山を見通す 01/13 11:33
 波岡村道路元標     波岡村道路元標     子午線標1(小糸)    ヒョウタン池       子午線標3(小糸)    子午線標2より鹿野山 ヒョウタン池先子午線標2(小糸)と菱形基線測点 01/13 11:35 菱形基線測点の説明板 01/13 11:35 三等三角点(並松) 01/13 11:55 飯野村里程標 01/13 13:09 富津小学校内電子基準点 01/13 13:25 二等三角点(富津) 01/13 13:45
子午線標2と菱形基線測点 菱形基線測点の説明板 三等三角点(並松)  飯野村里程標      富津(小)電子基準点   二等三角点(富津) 二等三角点(富津) 01/13 13:46 四等三角点(新切) 01/13 14:02 二等三角点(人見) 01/13 14:27 人見神社 01/13 14:27 二等三角点(人見)より鹿野山を見通す 01/13 14:28 人見神社より鹿野山 01/13 14:27
 二等三角点(富津)    四等三角点(新切)   二等三角点(人見)      人見神社       人見より鹿野山     人見神社より鹿野山 菱形基線(人見)台座 01/13 14:34 子午線標(人見)より丹沢・富士山 01/13 14:35 子午線標(人見)より大菩薩連嶺 01/13 14:36 青堀温泉静養園 01/13 15:17 三舟山登山口駐車場 01/14 09/06 三舟山陣跡 01/14 09:38
 菱形基線(人見)台座  菱形基線より富士山 菱形基線より大菩薩連嶺 青堀温泉静養園     三舟山登山口駐車場  三舟山陣跡 三舟山山頂 01/14 09:43 二等三角点(三舟) 01/14 09:46 三舟山展望台より三浦半島 01/14 10:01 郡ダム 01/14 10:41 東京湾観音 01/14 10:56 四等三角点(東京湾観音) 01/14 11:01
 三舟山山頂        二等三角点(三舟)   展望台より三浦半島   郡ダム           東京湾観音    四等三角点(東京湾観音) 一等水準点(鹿野山) 01/14 12:41 一等三角点(鹿野山) 01/14 12:52" 電子水準点(鹿野山) 01/14 12:57 鹿野山国土地理院 01/14 12:57 鹿野山より富士山 01/14 13:03 国土地理院地磁気観測所 01/14 13:07
 一等水準点(鹿野山)  一等三角点(鹿野山)  電子基準点(鹿野山)    鹿野山国土地理院  鹿野山より富士山 国土地理院地磁気観測所

池澤さんと共に木更津駅へ、舘沢さん運転の車で秋村さんと共に合流、その足で波岡村道路元標へ向かった。 池澤さんにしては珍しく初訪の道路元標だったが、分かりやすく道路際に看板と共に立っていた。
続いてE氏宅の農家の庭先から裏庭の竹藪を分け入って小糸子午線標へ、さらにその上部にある同じ子午線標へヒョウタン池上から 入っていった。ここには2基の子午線標があり、下にある子午線標と共に3基ある理由は不明である。
小糸子午線標・菱形基線は鹿野山の真北にあり、人見菱形基線、東京湾観音の脇にある大坪山菱形基線とともに菱形の基線を成していて、 それぞれの菱形基線の近傍には菱形基線測点のための反射鏡が設置されて、30分ごとに鹿野山国土地理院から光波を発射して変位を 計測している。
富津岬に近い飯野村里程標は道路元標より古く、道路元標に代わるものと推定されるとは池澤さんの話、千葉県庁までの距離が記載されている。
富津小学校構内には電子基準点がある。丁度地表計測と衛星計測との誤差を観測中だった。 富津岬の公園内には二等三角点(富津)があり、さらに近くには四等三角点(新切)がある。
人見神社は平らな君津にあって、小山の上にあり展望がよい。二等三角点は鹿野山の見通せるところにあり、 人見菱形基線は崩落しそうなところに台座だけあって実際の菱形基線測点は、その下部にあるとのことである。 冬の地平線に富士山や大菩薩連嶺、さらには秩父の山々までもが見えていた。
青堀温泉にて新年会、翌朝は三舟山への小ハイクである。遊歩道を10分ほど歩くと平らな山頂で、 二等三角点(三舟)が藪との境にある。 国土地理院一等三角点にて 01/14 12:54 東京湾観音には建設時に使ったと思われる四等三角点が半ば埋没して現存する。この東京湾観音の手前には大坪山 菱形基線があったが、今は道路が出来て撤去されている。菱形基線測点の反射鏡はその近傍にあるとのことである。
鹿野山へは3度目である。春日峰に国土地理院があって一等水準点、一等三角点、電子基準点、地磁気観測棟のほか、 屋上建屋からは菱形基線測距の光波を30分ごとに自動発射して変位を測定している。
丁寧な説明を受けて、歩いてきた各種標石の役割を理解、有益な国土地理院訪問を終えて木更津から帰京した。 秋村さんの企画に感謝、舘沢さんの運転に感謝、池澤さんの話に感謝、身のある充実した新年会となった。


(登頂記録)
*山名:三舟山(138.7m) U△(三舟山) 鹿野山春日峰T△(鹿野山 352.4m)  
*年月日:2009年01月14日(水)
*天候: 快晴
*行 程
01月13日(火)
恵比寿+++大 崎++++ 品 川++++木更津===波岡村道路元標*1====E氏宅*2・・・小糸子午線標1・・・
0813  0817/0820 0828/0844  1017/1020    1034/1045       1100    1110/1115    
E氏宅====ヒョウタン池上・・・小糸子午線標2,3 菱形基線測点・・・三等三角点(並松)*3・・・ヒョウタン池上===
1120    1120                    1135/1145        1153/1200    1205/1235
飯野村里程標====電子基準点(富津小学校構内)====二等三角点(富津)====四等三角点(新切)
 1305/1310        1325/1330            1345/1350       1400/1405
人見神社・二等三角点・人見菱形基線跡====ホテル*4
   1425/1500                   1515

01月14日(水)
起床0700 朝食0740
ホテル====三舟山登山口P・・・二等三角点(三舟山)・・・展望台・・・
0840    0904/0915       0945/0955      1005/1015
車 道・・・登山口P====東京湾観音四等三角点(東京湾観音)・・・大坪山菱形基線(撤去)・・・
1024  1030/1040     1055/1105             1110/1125
東京湾観音====鹿野山国土地理院*5====木更津++++ 品 川   恵比寿  
 1130/1220    1240/1350       1430/1459  1632/1638  1648 

*1 北緯35°20′56 東経139°55′39
*2 君津市練木229
*3 北緯35°19′176 東経139°57′228
*4 青堀温泉 ホテル静養園 0439-87-1221
*5 一等水準点 一等三角点(鹿野山) 菱形基線 電子基準点ほか 国土地理院見学