筑 波 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <筑波山へ> <展望の山旅へ> <080326筑波山縦走へ>

<091106筑波山へ> <110122筑波山へ> <121016筑波山へ> <121205筑波山へ>
山麓より 09:15 筑波山は余りにも身近な山でかえって写真がない。 行きつけのゴルフ場もすぐ近いし、筑波山を見ながらプレーをしている程だ。 と言うわけで写真を撮るために、わざわざ筑波スカイラインの入り口付近まで出かけて捉えた写真が このスナップだ。低い山にも拘わらず双耳峰のせいか、鹿島槍をコンパクトにした風格を感じさせる。
 筑波山山麓
女体山より男体山と浅間山 09:45 女体山より四阿山 09:45 女体山より草津白根山 09:45 女体山より日光男体山 09:45 女体山より八溝山 09:45 女体山より八ヶ岳 09:45
山頂より男体山と浅間山 山頂より四阿山    山頂より草津白根山   山頂より日光      山頂より八溝山     山頂より八ヶ岳

筑波山の山頂は双耳峰で、ここ女体山山頂はは877mで男体山より7m程高い。 関東平野に突き出たこの山はその標高にもかかわらず素晴らしい眺望が得られる。一等三角点があって、 その標高が876m、最近になって、三角点より1mほど高い地点をもってこの山の標高とすることに修正され、 877mに改められた。
その展望は、眼下に広がる関東平野と霞ヶ浦、遠くに富士、八ヶ岳、秩父連山、 北には浅間山、赤城山、日光連山、那須岳、眼下から北に加波山、富ヶ谷山、高笹山、 八溝山と続く阿武隈山脈などなどきわめて広域にまたがっている。
この山に初めて登ったのは5才の頃、蒸気機関車の引く列車(関東鉄道が電化される前だったのだろう)に乗った記憶、 男体山のケーブルカーの記憶、山頂から見下ろす蒸気機関車の煙、がまの奇石、などなど、そんな記憶が残っている。 初めての百名山訪座からすでに60年以上が経っている。
初めての山と言えば伊豆大島の三原山、こちらはいつだか定かでないが、父親の背中に乗っていたこと、 伊東線の電気機関車の記憶、三原山の砂漠(今は溶岩で満たされて砂漠は無い)の記憶、 そんな断片的な記憶が残っているので、筑波山の前年、4才の頃であろうか。


(登頂記録)
*山名:筑波山(877m) 一等三角点(筑波山876m)
*年月日:2000年02月19日(日)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  土浦北IC つつじヶ丘登山口 女体山山頂 つつじヶ丘登山口 土浦北IC 恵比寿   
0600    0730     0800/0810    0840/0915   0930/0940     1020   1300
















筑 波 山  展望の山旅 2006年第10回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <筑波山へ> <展望の山旅へ> <080326筑波山縦走へ>

<091106筑波山へ> <110122筑波山へ> <121016筑波山へ> <121205筑波山へ>
展望の山旅2006年第10回は、関東平野に突きだした百名山の筑波山である。好天に恵まれたツアーの参加者は29名、 合計33名の和気藹々の田代先生の展望の山旅は、丸4年の歳月を経て絶大な人気を博して、未だに不催行が記録されていない。 しかし田代先生の公務により、当面の予定は無く、今回をもって一区切りとなる最後のツアーとなった。
(左図はGPSによるトラック)  (使用カメラ CANON IXY D900IS)
筑波山神社手前のバスの中から筑波山 09:17 神社からケーブルカー乗り場へ 09:36 こんなところに道路元標が 09:37 筑波山神社 09:39 ケーブルカーは鞍部に着く。御幸ヶ原と言う。ここで展望解説 視界は大変悪い 10:19 御幸ヶ原にある道路元標(標高800m)実際には790m地点で、昭和に立てられた観光用の「道程元標」と書いてある 10:19
筑波山           ケーブル乗り場へ    筑波町道路元標    筑波山神社        御幸ヶ原で展望解説  御幸ヶ原の道路元標
女体山へ、緩い稜線を登っていく 10:23 がま岩、そっくり!口の中へ石が入れば良いことがあるという 2回目で何故かスポッと入った 10:31 女体山山頂手前から加波山方面 10:36 女体山山頂直下 10:36 女体山山頂から近景 10:40 女体山山頂から男体山を望む 10:40
女体山への稜線     がま岩           加波山方面の展望   女体山山頂直下     山頂から近景      女体山から男体山
女体山の一等三角点(筑波山) 10:39 三角点のわきにある自然石に刻まれた標点(仮三角点) 10:43 女体山にて全員集合写真 田代先生提供 10:50 女体山から白雲橋コースを下るパーテイと別れる  11:00 単身御幸ヶ原に戻る 11:14 男体山に登る 山頂の社 11:28
女体山の一等三角点  脇にある仮三角点    全員集合写真    山頂直下でパーテイと別れる 御幸ヶ原に戻る    男体山に登る
男体山山頂からの視界 気温が上がって無展望 11:29 男体山山頂から女体山を望む 11:30 男体山山頂標識 11:31 筑波山神社脇から白雲橋コース登山口へ行く 12:49 コースを登るとまもなくツアーパーテイが下山 合流する 13:08 国土地理院科学館へ行く 15:33
男体山からの視界    男体山から女体山   男体山山頂標識     白雲橋コース登山口  ツアーパーテイと合流  国土地理院にて

国土地理院大地球儀の上で集合写真 田代先生提供 15:370 展望の山旅2006年第10回は、筑波山と国土地理院見学で、2003年以来2回目のツアーだった。
好天に恵まれて出発して直ぐに富士山が見えたものの、その後は気温が上がって視界が悪くなり、山頂からは近景だけの展望だった。
田代さんのツアーは4年間、大好評で今日に至ったが、今回で当面最後のツアーとなり、 従って参加者も多く、39名+3名の大集団となった。
また今回の筑波山が女体山から白雲橋コースを下るだけと言う容易さも手伝って足並みが揃わなかった一幕もあったようだ。
12月5日に胸を痛めたため、今回は歩いての下山を諦め、全員でケーブルで登って女体山まで歩き、そこでみんなと別れて、 御幸ヶ原に戻り、時間もたっぷりあるので男体山に登ってから昼食を採ってケーブルで下山した。
しかし若干歩き足りない事もあって白雲橋登山口を探して、みんなが降りてくるのを迎える事にした。 およし20分ほど登ると上からパーテイが降りてきて無事合流、不具合な体調だけにこれで十分だった。
入浴後は国土地理院科学館の見学、早い日の入りの中を無事秋葉原到着、田代さんともしばらくお別れの名残のツアーとなった。

(登頂記録)
*山名:筑波山女体山(877m)T△(筑波山876m) 男体山(870m)
*年月日:2006年12月23日(土)
*天候: 晴れ
*行 程
恵比寿+++秋葉原===守屋SA===筑波山神社P・・ケーブル乗り場+++降り場
0659  0721/0740 0820/0840 0920/0930    0940/0950  0958/01020
・・女体山・・・降り場・・男体山・・・ 御幸ヶ原+++乗り場・・白雲橋登山口・・分岐先      
1035/1100 1114  1127/1131  1140/1320  1328    1250      1304
・・神社P === 温 泉===国土地理院===秋葉原===恵比寿 
1329/1335 1345/1450 1530/1630 11835/1845  1905
注) 朝日旅行「田代先生の展望の山旅」「筑波山と国土地理院「科学館」」
   参加者39名  田代先生 Mizoguchiさん Maeharaさん



















080326筑波山縦走

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <筑波山へ> <展望の山旅へ> <080326筑波山縦走へ>

<091106筑波山へ> <110122筑波山へ> <121016筑波山へ> <121205筑波山へ>
筑波山には古くからケーブルカーやロープウェイがあるため足で登ったことがない。 その点池澤さんも同様である。最近、登山道に沿って自然石に刻印された×印があるとの情報があって、 筑波山を足で登って×印を探そうと、 林道登山コースから登り白雲橋登山コースと定めて、小山経由で池澤さんと出かけた。 (歩程10km 累積標高差1000m)
(左図はGPSによるトラックと×印自然石位置)
(使用カメラ CANON IXY D900IS)
筑波山神社の脇の売店に車を置く 09:51 筑波梅林は見応えがある 10:22 林道登山コースへ分け入る 10:44 補点と刻印のある独立標石 10:46 整備されない登山道をよじ登る 11:44 こんな自然石にも×印がある 12:08
 筑波山神社        筑波梅林        林道登山コースへ入る 補点とある標石      登山道を登る       自然石の×印
自然石に刻印された×印 東西南北を指している 12:17 遊歩道にでて展望所へ 12:52 展望所からの眺め 12:58 男体山山頂 13:15 男体山山頂 13:19 男体山から女体山を望む 13:26
 自然石の×印      男体山展望所      展望所からの眺め    男体山山頂       男体山山頂        女体山を望む 
御幸ヶ原の道程元標 13:29 御幸ヶ原からの展望 13:29 御幸ヶ原からの男体山 13:29 がま岩  13:43 女体山山頂 13;51 女体山山頂一等三角点 13;51
 御幸ヶ原の道程元標  御幸ヶ原からの展望  御幸ヶ原からの男体山  がま岩          女体山山頂        一等三角点
一等三角点南方5mにある×印 13:54 女体山山頂 13:55 三角点北方20mの×印 14:06 ×印のある岩場 14:07 白雲橋コースにある大仏岩 14:20 出船入船岩 14:39
 山頂にある×印     女体山山頂       山頂の南にある×印  ×印のある岩場     大仏岩           出船入船岩
女体山を振り返る 急峻な山頂部 14:42 弁慶茶屋はつつじヶ丘への分岐 15:02 つばきが咲き誇る登山口 16:10 白雲橋コース登山口 16:12 筑波山神社に戻る 16:17 筑波山神社の横にある筑波町道路元標 16:21
 急峻な女体山山頂   弁慶茶屋          登山口のつばき    白雲橋コース登山口   筑波山神社に戻る   筑波町道路元標

不安定な大気ながらも朝は晴れ、小山から池澤さんの運転する車で筑波山神社へ走った。 神社の脇の売店の駐車場に車を入れて、第一駐車場まで下って舗装された林道を梅林へ向けて登った。 やがて「展望四阿」のあずまやの脇を通ってさらに林道は尾根を越えたところで下りとなった。 そこに林道コースの登山口があった。殆ど人が歩かないマイナーな登山道と見えて、入ると数百メートルにわって ぶかぶかとなっていて猪の荒らした跡とすぐ分かる。人が入らないから猪天国のようだ。
やがて足元に独立標標石が目に入る。「補点」と刻印してあるが、所属は全く分からない。 登山道は人が一人通れる程度で踏み跡も薄れているが歩けないほどではない。 一直線に延びていて、だんだん急登になっていく。やがて×印と「山」「六九」 と彫られた平らな面を持つ自然石に出会う。今日の目的はこれを探すことで まずは第一号発見である。 登るに連れて5分ごとに×印に出会う。番号が欠番もあって多分見失っているものと思われる。
×印は正確に東西南北を示しているから、これが測点であったことは間違いないだろう。 大きさは約10cmほど、一見して正方形の縁取りがあるように見える。
登山道はどんどん急になり、隆起山脈特有の岩場の稜線を登っている事が実感できる。 筑波山の正体が剥き出しとなっているようで、筑波山の認識が一気に変わる。
×印の中には土が覆っているものもあり、多分我々が第一発見者だと推定される。 昼食後、「八五」までの13箇所の×印を見つけた。
「八五」から上にはやや小ぶりの×印があって無番号で約7cm前後と小型で深堀、縁取りは無い。 やはり東西南北を指しているから測点だったと想像できる。 脇にタイルがあって番号らしい記述があるが読みとれない。 こんな別種類の×印測点が男体山山頂遊歩道までの間に6箇所、それに「次三角点」と刻印された独立標石が1基あった。 このあたりには笹藪の間にカタクリが花芽を出して群生していることが分かる。
遊歩道から展望所へ行って一休み、展望は良くない。すぐに男体山山頂へ向けて遊歩道を別れて直登する。 中継所の裏手から神社の奥の院に到達、山頂である。
直ぐに御幸ヶ原に下って女体山山頂へ、雨が降り出す。山頂の×印を確認したが、今まで見てきた無番号の×印と同じで 一等三角点補点では無いと推定される。
さらに前回登頂時に見つけた一等三角点補点とおぼしき×を再確認しようと探したが 自然の亀裂らしく補点の存在が怪しくなってきた。
雨具をつけて白雲橋コースに入ったところで急峻な岩場の上に×印があるのを池澤さんが発見、 これで番号付×印測点・13箇所、無番号小型深彫×印測点・8箇所となった。 急で濡れた岩場を慎重に下る。弁慶茶屋までは気の抜けない下りが続く。雨は降ったり止んだりまた降り出したりして、 しばらくは雨の樹林の中の下山となる。尾根筋なので×印の発見にも神経を使ったが見あたらない。
やがて道がなだらかになると白蛇弁天がある。登山口まで僅かとなる。この頃には空が真っ青になる。 筑波山神社へ参拝、振り返れば男体山が大きくのしかかる。駐車場へ戻り小山へ急いだ。 筑波山の正体を知った登山、宝探しに食傷気味になるほどの宝を発見、久しぶりにたっぷり登った時充実し筑波山行きとなった。

(登頂記録)
*山名:筑波山女体山(877m)T△(筑波山876m) 男体山(870m)
*年月日:2008年03月26日(水)
*天候: 晴れ時々雨
*行 程
恵比寿+++大 宮 +++ 小 山===筑波山神社売店P・・・展望四阿・・・林道登山口・・・補 点・・×69地点・・
0651  0723/0743 0832/0835   0945/0950      1023      1040     1046    1058 
×71地点・・×72地点・・×74地点・・×75地点・・×76地点・・×78地点・・×79地点・・×80地点
 1105    1110     1115    1119     1123    1130     1134    1135
×81地点・・×82地点・・ 休 憩・・×84地点・・×85地点・・×?1地点・・×?2地点・・×?3地点・・
 1142     1146   1148/1202  1207    1211    1218      1223     1227
次三角点・・×?4地点・・×?5地点・・×?6地点・・・ 展望所  男体山  御幸ヶ原  女体山・・
 1230      1235      1239     1245  1258/1301  1316    1328    1353
×?8地点・・・弁慶茶屋・・・白蛇弁天・・・白雲橋コース登山口鳥居・・・売店駐車場 === 小 山+++
 1407    1455/1500   1555      1615/1620         1622/1632   1742/1755 
 古 河+++ 赤 羽+++ 恵比寿 
1809/1812 1858/1859   1920



















091106筑波山 新現役ネット「筑波山を丸ごと楽しむ」

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <筑波山へ> <展望の山旅へ> <080326筑波山縦走へ>

<091106筑波山へ> <110122筑波山へ> <121016筑波山へ> <121205筑波山へ>
新現役ネットで山を丸ごと楽しもう「筑波山山頂漫歩」と言うテーマで催しを企画した。 山登りとは違う軽ハイクに20名の参加者が集まって、好天にも恵まれて秋の一日を楽しんだ。
当日はつつじヶ丘までバスに乗って、そこからロープウェイで女体山に登り、 山頂部の遊歩道を散歩しながら御幸ヶ原近くで昼食を採り、 男体山を登って、御幸ヶ原からケーブルカーで下山、筑波山神社と大御堂を見てくると言う コースだった。 山経験は乏しい人が多かったが、紅葉と山の空気に触れながら、 女体山の岩場でスリルを味わい、男体山への登りで登山気分を味わって体中で自然を満喫した一日となった。 (歩程3km 累積標高差250m)  (左図はGPSによるトラック)  (使用カメラ CANON IXY D900IS)
山麓から筑波山 10:25 ロープウェイから女体山山頂 11:36 女体山からつつじヶ丘方面 11:36 女体山から男体山 11:37 女体山山頂 11:44 女体山から御幸ヶ原へ 11:45
 山麓から筑波山     RWら女体山山頂    女体山からつつじヶ丘  女体山から男体山    女体山山頂      女体山から御幸ヶ原へ
男体山山頂 13:02 男体山から女体山 13:08 男体山の急斜面を降りる 13:17 ケーブルカーで下山 13:56 筑波山神社 14:15 板東三十三観音二十五版札所の大御堂 14:38
 男体山山頂         男体山から女体山  男体山の急斜面を降りる ケーブルカーで下山   筑波山神社        大御堂

(登頂記録)
*山名:筑波山女体山(877m)T△(筑波山876m) 男体山(870m)
*年月日:2009年11月06日(金)
*天候: 晴れ
*行 程
恵比寿+++秋葉原 +++ つくば===つつじヶ丘・・・RW山頂駅・・・女体山 ・・・ 御幸ヶ原(昼食)・・・
0718  0740/047   0940/1000 1050/1100  1106/1115 1120/1130   1145/1200/1240 
 男体山 ・・・ 御幸ヶ原・・・宮 脇・・・筑波山神社 ・・・大御堂・・・筑波神社入り口BS ===
1300/1305  1325/1400  1408    1410/1430  1440/1455   1500/1510
 つくば +++ 秋葉原 +++ 恵比寿
1550/1555 1640/1655    1716
注) 新現役ネット:山を丸ごと楽しもう「筑波山山頂漫歩」
   参加者20名  講師 伊藤




















110122 筑 波 山 

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <筑波山へ> <展望の山旅へ> <080326筑波山縦走へ>

<091106筑波山へ> <110122筑波山へ> <121016筑波山へ> <121205筑波山へ>
連日の冬晴れだが寒さが緩んできた。今日も快晴、久しぶりに筑波山から富士山を眺めたいと、遅い時間だがTXにて 出かけることにした。筑波駅からのシャトルバスの乗客1名、専用の大型ハイヤーとなった。 つつじヶ丘に着いたらマイカーが沢山、ここは電車でなくマイカーのエリアと知る。
ロープウェイにて女体山へ、本当は山頂まで歩きたかった。登山道は雪が残っているかアイゼンほどではない。
山頂には大勢の観光客と登山者がいた。 富士山はスモッグがあがってきて無理だったが、奥秩父、浅間山、日光などがまだ見えていた。 山頂部の遊歩道を散歩しながら御幸ヶ原近くで昼食を採る。 男体山を登って、御幸ヶ原からケーブルカーで下山、筑波山神社と大御堂に寄る。
筑波山神社の前では地元のガマの油保存会による口上実演が行われていて、迫力ある 演技に思わず拍手。暖かな登山日和の冬晴れだった。
(歩程5km 累積標高差250m 12,000歩) (左図はGPSによるトラック) (使用カメラ CANON IXY D900IS)
TXから筑波山 10:44 ロープウェイから女体山山頂 12:05 女体山山頂 12:16 女体山の一等三角点 12:18 女体山から富士山方面 12:20 女体山から男体山と浅間山 12:21
   TXから筑波山     RWら女体山山頂    女体山山頂      女体山の一等三角点   女体山から富士山方面   男体山と浅間山
男体山山頂 13:07 ケーブルカーで下山 14:00 筑波山神社 13:17 ガマの油口上実演 14:16 筑波町道路元標 14:26 板東観音二十五版札所の大御堂 14:29
   男体山山頂        ケーブルカーで下山     筑波山神社      ガマの油口上実演    筑波町道路元標 板東三十三観音大御堂

(登頂記録)
*山名:筑波山女体山(877m)T△(筑波山876m) 男体山(870m)
*年月日:2011年01月22日(土)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿+++秋葉原 +++ つくば===つつじヶ丘・・・RW山頂駅・・・女体山 ・・・ 御幸ヶ原(昼食)・・・
0900  0945/1000  1045/1100 1145/1200  1207/1209 1216/1225   1145/1200/1240 
 男体山 ・・・ 御幸ヶ原・・・宮 脇・・・筑波山神社 ・・・大御堂・・・筑波神社入り口BS ===
1307/1312   1350/1400  1408   1415/1420    1429    1530/1540
 つくば +++ 北千住 +++ 恵比寿
1525/1530 1610/1615    1715




















121016 筑 波 山 

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <筑波山へ> <展望の山旅へ> <080326筑波山縦走へ>

<091106筑波山へ> <110122筑波山へ> <121016筑波山へ> <121205筑波山へ>
素晴らしい秋晴れだった。久しぶりに筑波山に行ってみた。しかし気温が高かったのか視界は不良、関東平野がかすんで見えた。 つつじヶ丘から山頂に登るコース上を子供たちが登って行くのが見えた。それを見て登る気になった。350m1時間半弱と読んだ。 ところが子供たちの数が多かった。コンパスの短い子供たちでいたるところで渋滞する。身軽な子供たちだが、岩場での歩幅が大きすぎるようだった。山頂も大渋滞だ。個々の山頂は岩場でいかにも山頂らしいのだが早々退散して、御幸ヶ原に降りる。 昼食後、男体山へ登った。 今日はトレッキングシューズだった。下山も歩けばよかったが、装備不十分の単独下山は避けることにして、 女体山からロープウェイで下山した。
(歩程4.8km 累積標高差610m 20000歩)  (左図はGPSによるトラック) (使用カメラ RICOH CX5)
山麓から筑波山 09:57 筑波山に登る子供たち10:36 登山道をふさぐ「弁慶の七戻り」 11:12 登山道の「出舟入舟」 12:16 渋滞する登山道11:38 女体山から男体山 11:46
   山麓から筑波山   筑波山に登る子供たち   弁慶の七戻り        出舟入舟       渋滞する登山道     女体山から男体山
女体山より加波山 11:47 女体山にて 11:47 女体山の一等三角点 13:18 男体山より関東平野  12:21 男体山山頂 12:34 つつじヶ丘のがま蛙 13:49
  女体山より加波山      女体山にて     女体山の一等三角点   男体山より関東平野      男体山山頂     つつじヶ丘のがま蛙

(登頂記録)
*山名:筑波山女体山(877m)T△(筑波山876m) 男体山(870m)
*年月日:2012年10月16日(火)
*天候: 快晴
*行 程

恵比寿  秋葉原   筑 波  つつじヶ丘 女体山  御幸ヶ原
0730  0755/0802 0858/0930 1015/1020 1145/1150 1205/1220
男体山   御幸ヶ原   女体山   ロープウェイ駅 つつじヶ丘
1230     1240/1300  1315/1320   1326/1340    1346/1400
 筑 波   秋葉原  恵比寿
1450/1455 1540/1546 1611 




















121205 筑 波 山 

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <筑波山へ> <展望の山旅へ> <080326筑波山縦走へ>

<091106筑波山へ> <110122筑波山へ> <121016筑波山へ> <121205筑波山へ>
今日も素晴らしい冬晴れだった。岡村さんと矢野さんの脱高尾第一回の行先として筑波山を選んだ。 急登の岩場登りの多い筑波山は高尾の稜線とは全く異なった趣であり、山々に囲まれた高尾の眺望に比べて筑波山は広大な関東平野と富士山、日光那須まで広がる大展望があるからだ。
つつじヶ丘からの急登も頑張りきった。スカイツリーから富士山、浅間山、日光、那須まで見通せる大展望があった。 紅葉は山頂付近では終わったが山麓の木々が美しく、名残の紅葉も存分に楽しむことが出来た。
(歩程4.8km 累積標高差480m 17,000歩)  (左図はGPSによるトラック) (使用カメラ RICOH CX5) )
女体山より富士山とスカイツリー  10:04 女体山の急登を行く 10:56 近づく女体山山頂  1124 自然石に刻まれた×印  11:36 山頂までもうひと息 11:51 女体山山頂より富士山  12:09
 富士山とスカイツリー  女体山の急登を行く   近づく女体山山頂   自然石に刻まれた×印   山頂までもうひと息   女体山より富士山 
女体山より男体山 12:11 女体山山頂 12:14 御幸家原より日光・高原山  13:11 男体山山頂 13:56 男体山の急登部 13:51 宮脇の紅葉  14:24
  女体山より男体山     女体山山頂        日光・高原山         男体山山頂      男体山の急登部     宮脇の紅葉 

つつじヶ丘から山頂に向かいコースの山頂近くで自然石に刻まれた×印を発見した。 以前に池澤さんと×印を探して歩いた時には見逃したのであろうか。 おそらくは一連の×印と思われる。位置はN36°13′30″6 E140°06′29″9 標高795m地点である。
(登頂記録)
*山名:筑波山女体山(877m)T△(筑波山876m) 男体山(870m)
*年月日:2012年12月05日(水)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  秋葉原     つくば    つつじヶ丘
0658  0720/0737(快速)0825/0900 0950/1000
 分 岐   女体山   御幸ヶ原   男体山  御幸ヶ原 
1055/1100 1210/1220 1230/1300 1340/1345 1359/1400
宮 脇 筑波山神社  筑波神社入口BS  つくば    秋葉原 恵比寿
1406    1420      1447/1510     1550/1555 1640/1650 1720