磐 梯 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
五色沼より磐梯山 2001年09月02日 14:15 磐梯山腹より吾妻連峰 2001年09月02日 08:00 磐梯山腹より飯豊連峰 2001年09月02日 08:00 天狗岩 2001年09月02日 11:00
 五色沼より磐梯山     山腹より吾妻連峰     山腹より飯豊連峰     天狗岩
山頂直下 2001年09月02日 09:40 磐梯山山頂 2001年09月02日 09:45 山頂より櫛ヶ峰 2001年09月02日 09:45 山頂より裏磐梯 2001年09月02日 09:45
 山頂直下          磐梯山山頂         山頂より櫛ヶ峰      山頂より裏磐梯

裏磐梯最大の名所、ここ五色沼からの磐梯山は表磐梯とは全く異なる山がある。 ここでは表からの屹立した山容の面影はなく、 爆裂孔を大きく見せていて往時の水蒸気爆発のものすごさを伺い知ることが出来る。
写真は磐梯山登頂の後に立ち寄って撮ったもの、 角度の関係で左の櫛ヶ峰が大きく、右の主峰が小さく見えて、 バランスが取れて見えるのが売り物のようだ。 今では磐梯山と言えば、この山容がもてはやされていて、 表からの端正な山容は影が薄くなってしまったようだ。
磐梯山(1819m)は東京から遠い。朝4時に単身自宅を出発、首都高と東北道、 磐越道を乗り継いで磐梯河東ICに辿り着いたのは7時、ゴールドラインを上って20分、 高速道路ばかりとは言え、310kmを3時間半の時間とかなりの有料道路代金を支払っての 磐梯山行きだ。
八方台は標高1194m、磐梯山登山口のショートカットコースだが、山頂まで2時間で到達できる気軽さから、 近年このコースがもてはやされている。緩やかな登山道をしばらく行くと、 中ノ湯温泉があり、さらに高度をあげて、まもなく北に開けた展望の良い場所が2箇所ほどある。 朝早くに出発する時はちょうど良い食事場所である。
ここからの裏磐梯や西吾妻の山々、飯豊の山々は圧巻である。 今まで樹林の中を歩いていたのが、パッと開けて感嘆する。
さらに進むと弘法清水(1630m)に至る。弘法清水から裏磐梯への登山道を 少し下ったところの爆裂孔にある岩が天狗岩、この付近一帯はお花畑でもある。 ここからは磐梯山頂がとても良く展望できる。 双耳峰となったもう一方のピークである櫛ヶ峰(1636m)は、 足元の爆裂孔の向こうにそびえている。
弘法清水からは標高差200m足らず、急登だが30分ほどで山頂に到達する。 山頂は岩場か岩畳と言うか、そんな溶岩の山が数mの高さで盛り上がっている。
磐梯山は時として激しい表情を見せる。写真は山頂直下から見た山頂、 爆発で吹き飛んだ爆裂孔側が鋭く切れ込んでいる様は、 この場所でしかみることが出来ない。
磐梯山山頂の1819mの山頂標識は、山頂の数mほど下にある山頂小屋の脇にあり、 山頂標識を見下ろす写真を撮ってみた。 向こうに見えるスキー場は猫魔岳(1404m)、南の方から張り出してくる雲海に半分が埋もれている。
山頂からの櫛ヶ峰(1636m)は見下ろすことになるが、その下には爆裂孔が広がっていて、 いまだに噴煙を上げているところあり、湖沼あり、お花畑ありで、往年の爆発の傷跡も徐々に消えつつある。
残念ながら、この日の展望は天気予報に反して、ここまで、 見えていた西吾妻や飯豊の山々も雲に隠れ、南は厚い雲や雲海に 覆われ、安達太良山は勿論のこと猪苗代湖でさえチラリとも覗くことが無かった。
山頂からの裏磐梯はまことに美しい。これほどたくさんあるのかと思うほどの大小の湖沼が樹林の中に散らばっている。 中央には檜原湖が、右には小野川湖があって、檜原湖の右下には五色沼がある。 小野川湖の上には西吾妻山が山頂を雲に覆われ、檜原湖に向こうには月山と朝日連峰が見えているはず、 しかし雲に隠され同定不能、写真右下の磐梯山が張り出したところに弘法清水と天狗岩、お花畑が見えている。
この日の見える範囲のすべてがこの写真に収まっている。

(登頂記録)
*山名:磐梯山(1919m)三等三角点(磐梯)
*年月日:2001年年09月02日(日)
*天候:晴れ
*行 程
恵比寿  郡山JCT 磐梯河東IC 八方台登山口 弘法清水  山 頂   
0355     0630    0655     0720/0725   0915   0945/1030
弘法清水 天狗岩経由八方台登山口    五色沼  猪苗代IC 
1053     1100     1220/1240    1310/1330  1400