会津駒ヶ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
至仏山頂より会津駒ヶ岳 2000年10月08日 08:25 駒ヶ池より会津駒ヶ岳山頂 2001年07月22日07:45 駒ヶ池より燧ヶ岳 2001年07月22日07:40 会津駒ヶ岳山頂より中門岳 2001年07月22日08:10 会津駒ヶ岳山頂標識 2001年07月22日08:10 会津駒ヶ岳山頂の一等三角点 2001年07月22日08:10 駒ヶ池のハクサンコザクラ 2001年07月22日07:40
 至仏山より会津駒ヶ岳   駒ヶ池より山頂     駒ヶ池より燧ヶ岳     山頂より中門岳     山頂標識  一等三角点 ハクサンコザクラ

会津駒ヶ岳(2133m)は下界から大変見えにくい山である。重量感のある山容は木曽駒ヶ岳に似て、 堂々たる風格を感じるが、下界からはそれが見えない。高速道路からも関越道越後川口SA手前から辛うじて 山頂部が見えるだけである。 しかしひとたび近くの山々に登れば、隣接する屹立した燧ヶ岳とは好対照に、巨大で茫洋たる山容は忘れがたいものがある。 (使用カメラ:Sony DSC-P1)
駒ヶ池は山頂部にある池糖である。この茫洋とした平らな山頂部を持つ山は、 そこに湿原を持ち、7月には高山植物が咲き乱れる。 この駒ヶ池に山頂部が逆さに映る場所がある。いわゆる逆駒である。 天国のような別天地だが、ここまで3時間の登りに耐えなければならない。
山頂へは、ここから20分、木道で繋がったやや急登の登山道を登れば、そこは一等三角点の山頂である。
東北の最高峰と言われる燧ヶ岳だが、その勇姿は関東の至仏から最も近くに望める。 関東の人たちは東北の最高峰という位置付けにとまどいを感じながら眺めるが、 燧ヶ岳が最も特徴ある双耳峰として見える場所は、 ここ会津側であることをあらためて再発見する。 燧ヶ岳の右には至仏山が、その右には景鶴山がよく望める。
大きな山容に似合わず山頂は狭く展望が悪い。 深田久弥が「360度の大展望」と残しているが、その後樹木が育って しまったからだ。そして「岩駒ケ岳(2132.4m)」と言う一等三角点がある。 一方、山頂標識の方は2133mとある。三角点の埋設位置が測定点より低いから、 こういうことにもなる。
山頂からは会津駒ヶ岳の平らな山頂部を形つくる稜線が伸びていて中門岳へと続いている。 この方角は大きく開けていて、平ヶ岳や上越国境方面が良く展望できる。
駒ヶ池周辺の池糖群は自然の状態が良く保たれていて、 ハクサンコザクラが群をなして咲いている。
(登頂記録)
*山名:会津駒ヶ岳(2133m) 一等三角点(岩駒ケ岳(2132.4m))
*年月日:2001年07月22日(日)
*天候:晴れ
*ツアー登山 20名
*行 程
07月21日(土)
秋葉原  西那須野IC  針生  駒止湿原  檜枝岐
0800    1000      1200  1300/1500 1630   鍵屋泊

07月22日(日)
檜枝岐登山口 林道終点   水 場        駒ノ池         山 頂       駒ノ池
0350       0420    0550(朝食)0615   0740/0750     0800/0815     0825/0850
水 場     林道終点 国 道        鍵 屋       西那須野IC
0935/0945   1037    1110    1120(入浴・昼食)1300  1530