御料林標石を訪ねて・塩原無名峰と弥太郎山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <無名峰へ> <弥太郎山へ>
塩原温泉周辺の山は御料林が多いと聞く。滅多に人が入らないところだから多くの御料局標石が残されているとのT氏からの情報に 基づいて池澤さんの案内で、秋村さんと宝探しに出かけた。
 (左図はGPSによるトラックと標石の場所) (使用カメラ:CANON IXY 900IS)
那須塩原駅で待つ 04月26日08時59分 塩原ビジターセンター 04月26日10時09分 御料林自然石測点 04月26日10時24分 御料局境界石16号 04月26日10時27分 ヤシオツツジ 04月26日10時42分 無名峰を望む 04月26日12時50分
那須塩原駅(08:49)   ビジターセンター(10:09) 自然石測点(10:24)   御料局境界石(10:27)  ヤシオツツジ(10:42)  無名峰(12:50)
御料局三角点 04月26日11時10分 三等三角点「塩の湯」 04月26日11時13分 御料局測点 04月26日11時36分 無名峰山頂 04月26日11時49分 ヒトリシズカ 04月26日14時04分 ヤシオツツジ 04月26日14時22分
御料局三角点(11:10)   三等三角点(11:13)   御料局測点(11:36)   無名峰山頂(11:49)   ヒトリシズカ(14:04)   ヤシオツツジ(14:22)

2007年4月26日、秋村さんと共に那須塩原駅で池澤さんと合流、塩原ビジターセンターに直行した。ここには御料林の資料があり、 ざっと目を通して参考になりそうなページを撮影した。裏手から遊歩道を進むと間もなく自然石に刻まれた測点にお目にかかる。 間もなく遊歩道が終点となり、ここからは山道となる。登山道と言うより御料林標石探索のための道路で訪れる人も少なく踏み跡 もかすかである。
数個の境界石を過ぎてブナ林の中を進むに連れてヤシオツツジが目に付くようになる。 やがて前方に御料局三角点が目に入る。斜面に経っているから大変目立つ。そのすぐ上の平らな場所に国土地理院の 三等三角点「塩の湯」がある。小広い場所だが山頂らしきところはさらに前方にある。 往きには気がつかなかったが三角点の手前のブナの幹にいたずら書きの彫り物がある。 「東京府」「世界平和」と読めるので東京都が発足した昭和18年以前の落書きと思われる。
ピークの手前の鞍部にある筈の御料局測点と境界点標石を求めてさらに前進、 やがて鞍部にさしかかるとそこに数十m離れて2基の標石があった。 手前が測点、奥が境界点標石である。いずれも始めてお目にかかるものであるが、測点と三角点の役割の違いが分からない。
空が暗くなり始め、風が吹き出した。天気が安定しないようだ。すぐ上の山頂まで上がった。 藪山で無名峰、勿論人工物は一切無い。昼食後下山、三角点から右へそれる。登山道と藪の区別が付かないほど踏み跡が少ない。 登ってきた尾根とは外れたが標石は見あたらない。やがて引き返す。三角点まで戻って登ってきた尾根に入る。塩の湯が下に見えてきた。
下山してから仙人吊り橋へ行く。自然石の境界石があるはずである。 情報通りに吊り橋の脇に発見した。沢に沿ってヤシオツツジが見事に咲いている。 国道にでてビジターセンターまで戻る。他に標石がないか周囲を探したが見あたらない。 今回の探索はこれで終了、予定の宿へ急いだ。   (弥太郎山へ続く)   (弥太郎山へ続く)

(登頂記録−2007年04月26日 27日)

*山名:無名峰(815m GPSによる)(4/26) 弥太郎山(1392.0m)V△弥太郎山
*年月日:2007年04月26日(木)〜27日(金)
*天候:4/26 晴れ→曇り 4/27 快晴
*行 程
4月26日(木)
恵比寿  大 宮    那須塩原 塩原ビジターセンター 三角点塩の湯  815m無名峰
  0715  0751/0806 0851/0912     0955/1020     1115/1120   1154/1240
三角点   仙人岩吊橋  ビジターセンター やまなみ荘(泊)
1255/1305 1350/1355   1420/1500     1510     TEL:0287-32-3962
4月27日(金)
やまなみ荘 ゆっくりセンター 土 平   鞍 部  7号鉄塔   弥太郎山  
 0825    0835/0850   0925/0930  1030  1100/1105  1110/1142
鞍 部   9号鉄塔  土 平    そ ば   小 山   恵比寿
 1157  1220/1230 1250/1305 1330/1405 1730/1755  1933


























弥太郎山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <無名峰へ> <弥太郎山へ>
御料局標石探しに興じ後は温泉でゆっくりして翌日は近くの山歩きをしようという趣向、 しかし1500m前後の山はまだ冠雪しているのが見える。日留賀岳のピラミダルな頂が真っ白に見える。 そこで塩那林道のゲートまで車で行って、そこから弥太郎山に登ることにした。
 (左図はGPSによるトラック) (使用カメラ:CANON IXY 900IS)
塩那道路がつづら折れになって登っている 04月27日14時21分 日塩道路の途中から見える日留賀岳が美しい 04月27日14時21分 土平、ゲートがあって先には行かれない 04月27日12時58分 塩那道路の全体図があるが閉鎖されている 04月27日12時57分 弥太郎山への登山口 04月27日13時04分 樹間から望む高原山 04月27日09時53分
 塩那道路(14:21)    日留賀岳(14:21)    土平駐車場(12:58)   塩那道路の説明図(12:57)  弥太郎山登山口(13:04) 高原山(09:53)
樹間から望む日光 女峰山 奥白根山など 04月27日09時53分 樹間から弥太郎山を望む 04月27日10時00分 登山道?巡視路? 04月27日10時03分 山頂部の鉄塔敷きから見る日光燧ヶ岳 04月27日10時58分 同左から見る会津駒ヶ岳 04月27日10時57分 弥太郎山山頂と日留賀岳 4月27日11時09分
樹間から日光(09:53) 樹間から弥太郎山(10:00) 登山道(10:03)  燧ヶ岳(10:58)        会津駒ヶ岳(10:57)        山頂から日留賀岳(11:09)
山頂近くにある送電鉄塔 04月27日11時14分 山頂から大佐飛山 04月27日11時14分 山頂にて04月27日11時15分 9号鉄塔から大佐飛山など男鹿山塊の核心部 04月27日12時31分 日塩道路から日光連山 04月27日14時57分 礼幣史街道の杉並木 04月27日16時09分
山頂の送電線(11:14)大佐飛山(11:14)    山頂にて(11:15)   男鹿山塊(12:31)                日光連山(14:57)    杉並木(16:09)

 (塩原無名峰から続く)  弥太郎山は1400m弱、男鹿山塊の前衛の山で蛇尾川水力からの500kv塩原線が山頂近くを走っている。 林道があって、そのゲートから山頂まで1時間程度と言う。手頃だからそこに行こうと言うことになった。 空は澄み切っていたが4月下旬とは思えないほど季節風が強くとても寒い朝となっていた。
昨日探し損ねた海軍標石!この山の中に何故海軍標石があるのか正確にはわからないが、どうやら海軍病院があったらしい。 その敷地が今「ゆっくりセンター」となっていると聞いた。よく分からぬがともかく朝一番で行ってみた。 しかし雰囲気的に到底望み薄でほどほどにして引き返した。
十分な寒さ対策を講じて出発、ゲートまで車で行った。 林道は国道並の広さがあった。この道が塩那道路として男鹿山塊の稜線を貫き、板室まで走っているという。 両側にゲートがあって立入禁止になっているが、この道路が走れれば男鹿山塊がとても近くなる筈である。
ゲートまでは、つづら折れの道路で見る見る高度を上げる。ゲートのある土平では高度計はすでに1100mを指していた。
ここに車を止める。そこそこの広さの駐車場があって数台の車が止まっている。 雪を頂く日留賀岳の峻峰が美しい。ここから弥太郎山への登山道は緩やかである。 標高差にして300m弱の登りであるが水平距離があるから急登などはない。 並行して走る東電500kv塩原線の鉄塔が3基分、その巡視路が縦横に走り、 弥太郎山山頂近くにも鉄塔があるから、山頂近くまで巡視路が通じていて。我々はそれを歩くことになる。 日溜まりのハイクの筈だったが冷たい強風が容赦なく吹き付け、南面に回りこむとほっとする。
1時間40分、水平距離があるから意外に時間がかかった。 全行程は殆ど樹林に覆われ展望はまだ芽吹き前の木立の間からしか見えない。 しかし鉄塔敷きは木が伐採されているので電線の方角は眺めがよい。
特に山頂に近い7号鉄塔は燧ヶ岳や田代山、会津駒ヶ岳などが大変よく見える。 勿論樹間から高原山や日光連山も見える。 山頂までは僅かである。と言うより双耳峰の低い方に鉄塔があり、高い方が山頂となっているようだ。 業者がやってきて鉄塔で工事があるので下見に来たという。 なんでも落雷でGWが素線切れがあって、張り替えが必要とのこと、耐雪型の1回線鉄塔だから下郷発電所を止めて、 工事を急ぐと言うことだろう。
山頂に向かった。山頂も木立に覆われているが芽吹き前の樹間から男鹿山塊が見通せる。 山頂には三等三角点「弥太郎山」がある。 山頂標識は木の枝にかけてある。 道路がその稜線を貫いている。 間近にみる始めての男鹿山塊は素晴らしい眺めである。
山頂で一休み後、下山した。途中で9号鉄塔に立ち寄った。 ここも素晴らしい眺めで男鹿山塊や日光、高原山方面がよく見える。
下山後は塩原温泉街に戻ってそばを食べ、日塩道路を走って鬼怒川へ、さらに大沢から鹿沼に抜けて 古賀志山を見ながら壬生を通って小山まで。お世話になった池澤さんとここで別れて直行便で家路についた。
車内から落日を見るほど最後まで良く晴れ上がった一日だった。

(登頂記録−2007年04月26日 27日)

*山名:無名峰(815m GPSによる)(4/26) 弥太郎山(1392.0m)V△弥太郎山
*年月日:2007年04月26日(木)〜27日(金)
*天候:4/26 晴れ→曇り 4/27 快晴
*行 程
4月26日(木)
恵比寿  大 宮    那須塩原 塩原ビジターセンター 三角点塩の湯  815m無名峰
  0715  0751/0806 0851/0912     0955/1020     1115/1120   1154/1240
三角点   仙人岩吊橋  ビジターセンター やまなみ荘(泊)
1255/1305 1350/1355   1420/1500     1510     TEL:0287-32-3962
4月27日(金)
やまなみ荘 ゆっくりセンター 土 平   鞍 部  7号鉄塔   弥太郎山  
 0825    0835/0850   0925/0930  1030  1100/1105  1110/1142
鞍 部   9号鉄塔  土 平    そ ば   小 山   恵比寿
 1157  1220/1230 1250/1305 1330/1405 1730/1755  1933