那 須 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<20000年「三本槍ヶ岳」へ> <2008年車窓展望の山旅「茶臼岳」へ>
峰ノ茶屋より茶臼岳山頂 2000年07月30日 09:00 茶臼岳より朝日・三本槍ヶ岳 11月下旬 14:15 朝日岳山頂 2000年07月30日 12:30 清水平より三本槍ヶ岳 2000年07月30日 20:15 三本槍ヶ岳山頂にて 2000年07月30日 11:00 三本槍ヶ岳より飯豊連峰 2000年07月30日 11:00 三本槍ヶ岳より磐梯・吾妻連峰 2000年07月30日 11:00
峰ノ茶屋より茶臼岳 茶臼岳より朝日岳  朝日岳山頂   清水平より三本槍ヶ岳 三本槍ヶ岳山頂 三本槍ヶ岳より飯豊  三本槍ヶ岳より吾妻

自宅から東北道那須ICまで2時間、そこから約1時間でロープウェイ乗り場に着く。 日帰り登山としてはまあまあの所要時間なので、前日になって思いついて単身那須に行くことにした。
ロープウェイは茶臼岳の山頂直下まで延びており、そこから約40分で茶臼岳山頂に達する。 天候が変わりやすく、すぐにガスに覆われるので下りにはくれぐれも注意が必要だ。
茶臼岳山頂は三本槍ヶ岳より標高が2m低い1915mだが、その豪快な噴煙や噴気、 山容などから那須連山の盟主と言っても良い。 とにかくロープウェイ山頂駅から40分ほどで山頂に立てるから魅力的だ。
この山頂からの眺望は素晴らしく、南に日光、高原、燧ヶ岳、至仏が、西に 会津駒ヶ岳、北に飯豊連峰、吾妻連峰、磐梯山、安達太良山などが一望される。 北側には朝日岳とともに那須岳の最高峰三本槍ヶ岳が広い山頂部を見せて、 磐梯山の裾野を隠しているのがわかる。 背後には無限地獄と称する水蒸気を盛んに噴出している噴出口があり、 この山が生きていることを実感する。
那須連山は通常、盟主茶臼岳と三本槍ヶ岳、それにその間にある朝日岳の3座を持って代表する。 もちろん那須5岳と言う呼び方もある。 この3座はそれぞれ山容を極端に異にして、活火山の溶岩ドームを形成している茶臼岳、 槍ヶ岳のような岩峰朝日岳、おおらかな三本槍ヶ岳、それぞれが那須の独特の雰囲気を醸し出している。 朝日岳は峰ノ茶屋から30分強で山頂に立てる。 本来那須連山の全容が展望できる中心的な位置にあるのだが、 ご覧の通りのガスであった。
朝日岳から北へ、一山越えると湿原がある。清水平の湿原は、 登山道の交差点でもある。那須連山の広さを感じさせる静かな空間である。 その行く手におおらかにあるのが三本槍ヶ岳、 ここからは30分足らずの距離にある。 およそ山名と山容が結びつかないが、 三国の将が結束を固めるため三本の槍を立てたという、 歴史の故事にちなんだ名前と聞いた。
清水平からなだらかな登りで30分、三本槍ヶ岳の山頂に立つ。 山頂は大変広々としていて、1等三角点のある山である。 1917mの山頂は関東の北端、東北の始まりでもある。 ここからは那須連山が全て眺望できるはずだが、南面がガスで遮られ、 北側の東北南部の山々がガスの切れ目から見え隠れしている。
山頂から北側の眺望は茶臼岳からは得られない。茶臼岳からはこの三本槍ヶ岳が東北の山々のすそ野を遮るからだ。 ここからは東北南部の山々を見ることが出来る。 遙か飯豊の霊峰から磐梯、吾妻、安達太良などが指呼の間に見えている。 視界が良ければ遠く月山が望めるという。
(登頂記録)
*山名:三本槍ヶ岳(1917m) 一等三角点(三倉山)
*年月日:2000年07月30日(日)
*天候:晴れ
*行 程 恵比寿発0510−ロープウェイ乗り場着0735−ロープウェイ発0750−山頂駅発0755−茶臼岳分岐0825
−峰の茶屋避難小屋着0855ー同発0910−朝日岳分岐0940−清水平1020−三本槍ヶ岳山頂着1045/1110
−清水平1145−朝日分岐1225−朝日岳山頂1232/1237−朝日分岐1245−峰の茶屋避難小屋1310/1320
−ロープウェイ−乗り場着1405/1420−(入浴・夕食)−恵比寿着2030

















那須岳茶臼岳 車窓展望の山旅 2008年第4回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<20000年「三本槍ヶ岳」へ> <2008年車窓展望の山旅「茶臼岳」へ>
朝日旅行主催の「野趣と展望の火山「茶臼岳」車窓展望の山旅 2008年第4回 は、24名の参加を得て9月17日に実施されました。この季節のことなので台風接近に伴う秋雨前線の活発化による 悪天候が心配されましたが、当日は雨の間隙を縫うように良く晴れました。 しかし水蒸気が多い大気は視界が利かず、那須はもとより日光以北の山々はことごとく雲に覆われ、 山頂展望もガスの中?と思わせました。 しかし山頂に立ったら大展望、遠望はともかく那須の山々のすべてを余すところなく展望することができました。
(使用カメラ CANON IXY 900IS)  (左はGPSによる歩程)
今回お世話になるバス 10:44 ロープウェイから山頂駅と茶臼岳山頂を望む 12:15 ロープウェイ山頂駅から名茶臼岳山頂を望む 12:44 昼食を済ませて集合 12:44 山頂にむけて出発 12:51 振り返れば平野部が遥か下に広がる 12:34
今日お世話になるバス  山頂駅と茶臼岳山頂 山頂駅から茶臼岳山頂  全員集合        山頂にむけて出発    広がる平野部    山頂の火口 12:41 山頂に立つ那須岳神社の鳥居 13:46 山頂から南月山 13:46 山頂から男鹿山塊 13:49 山頂にて一休み 13:52 山頂の那須岳神社の祠 13:54
 山頂の火口       山頂の鳥居をくぐる    山頂から南月山     山頂から男鹿山塊   山頂にて休憩      那須岳神社の祠    山頂にて思い思いに時を過ごす 13:56 山頂から三本槍ヶ岳と朝日岳 14:03 展望を満喫して下山 14:11 登山道際に咲くリンドウ 14:35 ロープウェイ山頂駅から仰ぎ見る朝日岳 14:39 殺生石から見る茶臼岳 15:25
山頂で思い思いに休憩  山頂から三本槍ヶ岳  下山開始         リンドウ          朝日岳を仰ぎ見る    殺生石から茶臼岳  

2008年 朝日旅行主催「車窓展望の山旅」第4回は 野趣と展望の火山「茶臼岳」として実施されました。
このツアーは東北道を下って茶臼岳にかかるロープウェイ乗り場まで行き、山頂駅から茶臼岳山頂まで ややワイルドな登山道を登るショートな山歩きを楽しみながら登頂して、山頂展望を楽しみ、殺生石にあるこれもワイルドな 硫黄泉似て入浴するという趣向でした。
当日は台風が東シナ海にあって、秋雨前線を刺激してとても不安定な気象でしたが、 偶然にもこの日だけが秋雨前線が後退してつかの間の晴れ間をもたらしてくれました。
しかし東北道を下るにつれて日光や高原山、那須連山などの山頂が雲に覆われ、 茶臼岳山頂に登ってもガスの中になるのではないかと心配していました。
茶臼岳にかかるロープウェイ乗り場からロープウェイに乗ったとき、正面に茶臼岳山頂は見えたときには大変驚きました。 途端に元気が出てきたことは言うまでもありません。
山頂駅で昼食を済ませてからいよいよガラガラのスリップしやすい登山道を登ります。 しかも上半分は岩場もどきの急登です。それでも慣れない足裁きで何とか登頂できました。
山頂ではガスに覆われた周囲の山々がすぐに顔を出し、北に三本槍ヶ岳や朝日岳が、南には南月山が、西には男鹿山塊 の山々が見え、眼下には山頂噴火口が広がっていました。 東を見れば眼下に広大な那須野ヶ原が広がっています。
山頂展望を満喫して、道ばたに咲くリンドウなどの秋の花を愛でながら下山、2時間のショートな山歩きが無事に終わりました。
ロープウェイで下って、バスに乗って殺生石まで下って、熱い硫黄泉のに浸かってここでも野趣を味わい、一路東北道を 上って帰路につきました。
運良くきわどい晴れ間にぶつかって今回も展望を楽しむことが出来ました。
次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。
(登頂記録)
*山名:茶臼岳(1915m)
*年月日:2008年09月17日(水)
*天候:晴れ
*行 程
恵比寿  池 袋   蓮田SA  那須塩原駅   RW下駅   RW山頂駅
0728  0742/0820 0855/0910  1040/1100  1155/1212  1217/1250
茶臼岳山頂 RW山頂駅  RW下駅   鹿の湯   ハートランド   川口PA   池 袋  恵比寿   
1350/1400  1400/1500 1505/1510 1520/1630 1645/1705 1840/1900 1940/1952  2005

(注)「野趣と展望の火山「茶臼岳」車窓展望の山旅 2008年第4回 参加者24名 添乗員1名 講師:伊藤